TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

歴史書 新着記事

NEW POST help
  • 三島由紀夫を考える

    Huge Nihility: The World View of Yukio Mishima 三島由紀夫の考えが好きではない、どころか嫌いなのにもかかわらず三島についての話があるとつい見入ってしまうのはどうしてなのでしょうか。 若い頃は軍服ごっこをして自衛隊員の前で大演説して割腹自殺した奇妙な小説家、という印象しかなくて読むこともしなければ調べることもなかったのですが、年を取ってきてから、なのか三島由紀夫という人が気になって仕方ありません。 三島が亡くなった時の日本は経済成長の中にあって彼は日本が「日本人の心を無くした経済大国」になることを憂いていましたが現在の日本はすっかり落ちぶれ果てていま…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる
  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」から 「伯母峰の一本足」 まあ、いろんなことを言うてますけども、やっぱりあの伯母ヶ峰峰にもう毎日のように怪物が、まあ、出没して、そして、その、、通行する人を悩ましたと。それで、猟師がこの鉄砲でも、てうちに行ったけえども、弾がはねかえってきて、どうしても、その...

    うのん

    奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん

    読者になる
  • 『戦ふ兵隊』亀井文夫

    Fighting Soldiers(1939) 一月万冊、安冨教授から『戦ふ兵隊』の映画を教えていただきました。 昭和14年製作。日中戦争のなか戦意高揚のためのドキュメンタリーとして作られました。しかしその内容が戦争で家を焼かれ立ち尽くす中国人や日本兵士の悲惨な状況を映し出すものであったために上映禁止となりネガフィルムが焼かれてしまったと書かれています。 その後ポジフィルムが発見され貴重な歴史資料として認められることになったのですが本来の映像の一部は失われてしまったということです。 尚、音楽が今ドラマになっている古関裕而氏のものですね。 この映画は観ておかねばなりません。戦争というものの無惨さ…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる
  • 漢書;外戚伝 第六十七上(8) -王皇后(iii)-

     王皇后が立てられて 9 年後、景帝が没し、王皇后の子 ( 徹 ) が帝位に就きます。これが歴史に名高い武帝です。王皇后は景帝の死後、皇太后になったのですが、皇太后の母親の 臧児が平原君 になります。父親の王仲は追尊され共侯となります。これだけなら驚かないですが、皇太后の父親の王...

    漢籍癖

    中国の古典について思う事

    読者になる
  • パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

    パコ・デ・ルシア、素晴らしい音楽でした。 スペインの映像を観ているだけでも気持ちが良くなってくるのはどういうわけでしょうか。いいなあ。 映画『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』予告編 しかしフラメンコ奏者が憧れる歌手はやはりロマなのですね。 あの歌声を聞けば他は聞けなくなってしまうのです。

    ガエル

    ガエル記

    読者になる