TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴史書 新着記事

NEW POST help
  • 八 資朝・俊基関東下向の事 付けたり御告文の事 ~3~

     すぐに万里小路大納言信房卿を勅使として、この告文を関東へお下しになる。 相模入道は秋田城介を使って告文を受け取り、その場で開封しようとしたのを、二階堂出羽入道満蘊が厳しく諫めて、「天子が武人に対して直接告文を下されたことは、異国にも我が国にもまだその

    いかるのうた

    「太平記」読み~その現実を探りながら~現代語訳付き

    読者になる
  • 八 資朝・俊基関東下向の事 付けたり御告文の事 ~2~

     七月七日、今夜は牽牛織女の二つの星が、かささぎが橋を渡して一年の思いを解き放す夜なので、王朝人の風習として竹竿に願いの糸を掛け庭先に果物を並べて、七夕の祭りを行う夜であるが、世の中が騒がしい折なので、詩歌を供える風流人もなく、管弦を奏する楽人もいない。

    いかるのうた

    「太平記」読み~その現実を探りながら~現代語訳付き

    読者になる
  • 『キリング・ストーキング』クギ その7 『残酷な神が支配する』萩尾望都

    『キリング・ストーキング』 韓国映画で描かれる過激な残酷性と情愛をそのままにBLマンガに仕立て上げた作品でした。 しかもここでさらなる風味を加えるのが警察官ヤン・スンベです。 彼の存在も(ソウルからやってきた)田舎警察官の下っ端で先輩からいびられているキャラという立ち位置です。 貧困貧相でいじけまくっているウジン。肉体美だけが取り柄で他にはなにもない(とりあえず生活できる家と財産があるだけましの)狂暴男サンウ、といった設定は華麗な耽美BLを求める派からはどうにもしょぼく惨めなキャラと背景なのですが私にはたまらなく最高のキャラ設定なのではありました。 そうでなければここまで引き込まれることはなか…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる
  • 八 資朝・俊基関東下向の事 付けたり御告文の事 ~1~

     土岐と多治見が討たれて後、帝のご謀反の一部始終があらわになったので、鎌倉の使者長崎四郎左衛門泰光と南条次郎左衛門宗直の二人が上洛して、五月十日、資朝、俊基両人を召し捕り申し上げる。 土岐が打たれた時、生け捕りの者は一人もなかったので、白状は決してなかろ

    いかるのうた

    「太平記」読み~その現実を探りながら~現代語訳付き

    読者になる
  • 『キリング・ストーキング』クギ その6 『残酷な神が支配する』萩尾望都

    続けます。『キリング・ストーキング』と『残酷な神が支配する』の比較評になりますので双方のネタバレになります。ご注意を。 『残酷な神が支配する』の主人公ふたりはふたりとも裕福で片親からとはいえ愛されて育ちました。ふたりとも白人男性であり頭もよく優れた才能も持ち同性の友人もガールフレンドもいるという恵まれた身の上であり、だからこそ突然襲ってきた「義父からの性暴行を受け続ける」というアクシデントによってジェルミは「地獄へと突き落とされてしまう」悲劇を読者はより感じてしまうのです。 イアンとなればもう「王子様」と呼んでもいいほどすべてが恵まれた青年で彼自身は母親が早く死んでしまったことを除けばなにもか…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる