TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

洋書 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    洋書に出てくる英語表現0129:a bone to pick【おすすめ英語フレーズ編112】

    「洋書に出てくる英語表現」の第129回は、フレーズ編の第112回として「a bone to pick」を取りあげます。A bone to pickの意味と由来直訳すると、「取り除くべき骨」となります。この表現は、「洋書に出てくる英語表現0127」で取り上げた「bone of co...

    自由気ままな医薬翻訳者F

    洋書に出てくる英語表現0129:a bone to pick【おすすめ英語フレーズ編112】

    読者になる
  • 2位

    洋書に出てくる英語表現0130:eat someone’s dust【おすすめ英語フレーズ編113】

    「洋書に出てくる英語表現」の第130回は、フレーズ編の第113回として「eat someone's dust」を取りあげます。Eat someone's dustの意味と由来直訳すると、「埃を食べる」となります。この表現は、自動車レースや競馬などで後ろを走る車や馬が前を走る車や馬...

    自由気ままな医薬翻訳者F

    洋書に出てくる英語表現0130:eat someone’s dust【おすすめ英語フレーズ編113】

    読者になる
  • 3位

    クイズで上達!洋書の英語25:洋書に出てくる英語表現0121〜0125

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第25回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0121から0125を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題洋書に出てく...

    自由気ままな医薬翻訳者F

    クイズで上達!洋書の英語25:洋書に出てくる英語表現0121〜0125

    読者になる
  • 4位

    10月の散歩。学校。セントラルパークの紅葉。かぼちゃ。

    今秋からオールバーチャルのクラスを取っています。さすがにちょっと大変になってきましたが、久しぶりに学生に戻って楽しい。こちらアメリカでの話になりますが、学生、留学生が大幅減となり、教育機関、商業スクール問わず、一般向けのオンライン学習のプログラムを始めているところが多いです。ローカル情報であれこれチェックしてみると面白い教室が見つかるかもしれません。完全リモートのバーチャルクラスだと無駄な時間は一...

    こぶり

    10月の散歩。学校。セントラルパークの紅葉。かぼちゃ。

    読者になる
  • 5位

    翻訳するのが楽しいのは親譲り?

    昭和の少年について、時計やラジオを分解したのはいいが、もとに戻せなくて怒られたみたいなエピソードを聞いたことはありませんか? 亡き父は昭和3年生まれ。ふたちの弟たちはこの「もとに戻せなくて怒られ」るタイプだったのに、父は「ちゃんともとに戻せる」少年だったそうです。 父が言うには、弟たちはただバラバラに分解することだけを面白がっていたのに対して、自分は機械の中でどんな形・素材のパーツがどのように組み合わさってどんな機能を生みだしているのかに興味があって、ひとつひとつを確認しながらパーツを外す、その読み解く過程を楽しんでいたのだ、と。 そうやって読み解いたものは記憶にも残りやすく、組み立てるときに…

    KUMYAM

    翻訳するのが楽しいのは親譲り?

    読者になる
  • 6位

    気になる新刊 ~2020年10月~

    今月は表紙がかっこいいSF作品から紹介していきます。 Bright and Dangerous Objects (English Edition) 作者:Mackintosh, Anneliese 発売日: 2020/10/06 メディア: Kindle版 『Bright and Dangerous Object』 by Anneliese Mackintosh シリーズ:ノンシリーズ カテゴリ:SF 深海ダイバーのソルヴィグには心に秘めた野望がある。火星への最初の入植者になることだ。火星移住計画の候補者には選ばれたものの、この野望を叶えることは、同時に彼女がこれまでに手にしてきたあらゆるもの…

    KUMYAM

    気になる新刊 ~2020年10月~

    読者になる

続きを見る

  • 受賞作

    受賞作

    「受賞作」であれば、ジャンル、古今東西、国内・海外、有名無名は問いません。 例えば、「第何回 ○○賞受賞作品」 「第何回 ××大賞受賞本」などの表記が、記事の内容にひと言添えてあれば、OKです。

    テーマ投稿数 990件

    参加メンバー 20人

  • 再読本

    再読本

    再読した本の感想

    テーマ投稿数 290件

    参加メンバー 25人

  • 本や書籍の質問集・ブックバトンの回答記事

    本や書籍の質問集・ブックバトンの回答記事

    本や読書に関する質問集やブックバトンなどの回答をはじめとする、Q&A形式の記事専用のトラックバックです。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 7人

  • ハードボイルド・ノワール

    ハードボイルド・ノワール

    男臭く、悲劇的な内容の話などについての読書や感想、新刊の小説について等なんでも

    テーマ投稿数 202件

    参加メンバー 22人

  • ロマンス

    ロマンス

    初々しい初恋物から甘々のハーレークインロマンスまで恋愛に関する物ならなんでも。男女にかかわらず同性同士でも可。感想レビューなど

    テーマ投稿数 2,315件

    参加メンバー 47人

  • 読書情報誌・PR誌・小冊子

    読書情報誌・PR誌・小冊子

    出版社や書店が発行している、読書情報誌・PR誌・小冊子に関する話題、あるいは地方や大学などの、マニアックでローカルな読書情報誌などのご紹介など、それらを含めた記事のトラックバックテーマです。 「この本、読みたいなあ、読んでみようかなあ」と思うような情報や、インタビューやエッセイで知る作家さんの肉声や本音が満載のジャンル。皆さんの隠れた読書ソースの1つだと思っています。 有名どころでは、「図書」「波」「本」「青春と読書」「本の窓」「本の旅人」 「學燈」「ちくま」「一冊の本」「新刊ニュース」「新刊展望」etc・・・がありますね。 (他にもあると思いますが、これくらいしか思い浮かびませんでした・・・すみません・苦笑)

    テーマ投稿数 82件

    参加メンバー 17人

  • 食に関する本

    食に関する本

    レシピ集、食べ歩きの本、食の文化史など、「食」にまつわる本の感想、紹介をしてみませんか?

    テーマ投稿数 190件

    参加メンバー 31人

  • 写真集

    写真集

    写真集、デジタル写真集、フォトブック、フォトエッセイ、写真展、書店サイン会等に関する話題でしたら、どんなジャンルでもOKです。

    テーマ投稿数 264件

    参加メンバー 95人

  • ノーベル賞作家

    ノーベル賞作家

    わりと穴場なのが、ノーベル賞作家。 最近の日本人作家では大江健三郎ですが、私、「遅れてきた青年」しか読んだことがありません。 ダイナミックさを感じる作品であったと記憶しています。 皆さん、古今東西、古いものから新しいものまで、ノーベル賞作家の著作や話題をTBしていきましょう!

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 11人

  • 中国武侠小説

    中国武侠小説

    武侠小説がめっさ面白い。もっとメジャーになってもいいと思う。 一部のマニアにだけ読まれてるなんて、もったいない。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

  • 洋書の英語

    「洋書の英語」では、さまざまな翻訳書籍とその原書(洋書)によく出てくる英語表現を取り上げます。洋書を読みこなす上で知っていた方が良い表現、英語学習や英会話に役立つ表現などを豊富な実例とともに紹介していきます。

    読者になる
  • 一緒に英語で勉強するブログ

    一人ではなかなか進まない英語の勉強。文法も単語もよいけれど たまにはちょっと寄り道。 興味のあるものを私と一緒にゆっくり学んでいきましょう。

    読者になる
  • すてきな英語絵本

    英語絵本の宝庫オーストラリアより素敵な絵本をご紹介。あらすじ、英語の難易度、その絵本にまつわる話などの他、読み聞かせの際のアドバイスも。和訳されている人気の絵本や、まだ日本語に訳されていない掘り出し物の絵本も紹介しています。

    読者になる
  • 洋書多聴ブログ|洋書とオーディオブックで英語を楽しむ

    王道から無料配信されているオーディオブックまで幅広く紹介中。

    読者になる
  • MY LIFE_SELF

    英語と旅と本とわたし。 イギリスでの生活(コロナで一時帰国中)について。 読みやすい洋書の紹介。 ちょっとごほうびが多めの生き方。

    読者になる

続きを見る