TOPICS
  • 1位

    花の鎖

    湊かなえ 花の鎖 両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。職場結婚したが子供ができず悩む美雪。水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。花の記憶が3人の女性を繋いだ時、見えてくる衝

    鯉のぼり

    読書備忘録

    読者になる
  • 2位

    落下する夕方

    江國香織 落下する夕方 梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。逃げることも、攻

    鯉のぼり

    読書備忘録

    読者になる

続きを見る

  • 漫画雑誌全般 感想

    漫画雑誌全般 感想

    メジャー誌からマイナー誌まで、漫画雑誌の感想なら何でもOK。お気軽にトラックバックして情報交換しましょう

    テーマ投稿数 631件

    参加メンバー 45人

  • 自転車本でチャリライフを始めよう!

    自転車本でチャリライフを始めよう!

     スポーツバイクに乗りたい! 自転車生活を楽しみたい! メタポを解消したい! でも少し不安が。その方法が分からない。  まずは色々な本を読んで情報収集だ、と思っているあなた。一緒に自転車に関する本の情報交換をしましょう。

    テーマ投稿数 122件

    参加メンバー 22人

  • コミックエッセイ

    コミックエッセイ

    エッセイであり、コミックであり、笑って泣いて共感して楽しめる「コミックエッセイ(エッセイコミック)」についてのトラコミュ。 たかぎなおこ 上大岡トメ 太田垣晴子 小栗左多里 杉浦さやか 安野モヨコ k.m.p 細川貂々 とぽすけ グレゴリ青山  コンドウアキ  西原理恵子 森下えみこ

    テーマ投稿数 324件

    参加メンバー 41人

  • もえたん

    もえたん

    受験用英単語集「もえたん」がTVアニメになります! 2007年夏放送開始予定です。 そこで、もえたんアニメ化に関する情報。 また、英単語集を使ってみての感想など、もえたんに関することならどんなことでもOKです^^ また、アニメが放映されればそちらのレビューも募集します。 ぜひ、気軽にトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 126件

    参加メンバー 30人

  • ブログ村限定・無料モニターキャンペーン

    ブログ村限定・無料モニターキャンペーン

    「にほんブログ村メンバー限定!Bibuly無料モニターキャンペーン」アマゾンギフト券プレゼントの応募用トラコミュです。 ※キャンペーンについてご存じない方は、まずこちらをご覧ください。 https://www.bibuly.com/regist/new_blogmura.php

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 13人

  • 「必読書150」を読む

    「必読書150」を読む

    ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された思想家、作家、学者たちの著作を読み、話題にしましょう。 ・人文社会科学 プラトン、アリストテレス、アウグスティヌス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、マキァベッリ、モア、デカルト、ホッブズ、パスカル、スピノザ、ルソー、カント、ヘーゲル、キルケゴール、マルクス、ニーチェ、ウェーバー、ソシュール、ヴァレリー、フロイト、シュミット、ブルトン、ハイデッガー、ガンジー、ベンヤミン、ポランニー、アドルノ&ホルクハイマー、アレント、ウィトゲンシュタイン、レヴィ=ストロース、マクルーハン、フーコー、デリダ、ドゥルーズ&ガタリ、ラカン、ウォーラーステイン、ケージ、サイード、ベイトソン、アンダーソン、本居宣長、上田秋成、内村鑑三、岡倉天心、西田幾多郎、九鬼周造、和辻哲郎、柳田國男、時枝誠記、宇野弘蔵 ・海外文学 ホメロス、旧約聖書『創世記』、ソポクレス、『唐詩選』、ハイヤーム、ダンテ、ラブレー、シェイクスピア、セルバンテス、スウィフト、スターン、サド、ゲーテ、スタンダール、ゴーゴリ、ポー、エミリー・ブロンテ、メルヴィル、フローベール、キャロル、ドストエフスキー、チェーホフ、チェスタトン、プルースト、カフカ、魯迅、ジョイス、トーマス・マン、ザミャーミン、ムージル、セリーヌ、フォークナー、ゴンブローヴィッチ、サルトル、ジュネ、ベケット、ロブ=グリエ、デュラス、レム、ガルシア=マルケス、ラシュディ、ブレイク、ヘルダーリン、ボードレール、ランボー、エリオット、マヤコフスキー、ツェラン、バフチン、ブランショ ・日本文学 二葉亭四迷、森鴎外、樋口一葉、泉鏡花、国木田独歩、夏目漱石、島崎藤村、田山花袋、徳田秋声、有島武郎、志賀直哉、内田百?、宮澤賢治、江戸川乱歩、横山利一、谷崎潤一郎、夢野久作、中野重治、川端康成、折口信夫、太宰治、大岡昇平、埴谷雄高、三島由紀夫、武田泰淳、深沢七郎、安部公房、野坂昭如、島尾敏雄、大西巨人、大江健三郎、古井由吉、後藤明生、円地文子、中上健次、斎藤茂吉、萩原朔太郎、田村隆一、吉岡実、坪内逍遥、北村透谷、福沢諭吉、正岡子規、石川啄木、小林秀雄、保田與重郎、坂口安吾、花田清輝、吉本隆明、江藤淳

    テーマ投稿数 357件

    参加メンバー 64人

  • お話文

    お話文

    幼児や児童につたえたい事やあそびを書いた文を創作しませんか!子供さん達にお話してみませんか!心の安寧を育むような、お話文ができたらいいなと思っています。素人ですが いっしょに作ってみませんか!どなたか・お教えいただけませんか!いっしょに考えていただけませんか!共に推進いたしましょう。

    テーマ投稿数 117件

    参加メンバー 8人

  • 村上春樹あれこれ

    村上春樹あれこれ

    村上春樹に関することならなんでも ※ 2009.8 管理人を引き継がせていただきました。

    テーマ投稿数 335件

    参加メンバー 109人

  • 絵本♪

    絵本♪

    絵本のことならなんでもトラックバックしてください。図書館の絵本♪無料絵本♪売っている絵本♪布絵本♪手作り絵本のことも歓迎します♪

    テーマ投稿数 811件

    参加メンバー 36人

  • 乙一

    乙一

    作家乙一の読書感想、書評、レビューを語ろう! 本格ミステリ大賞受賞・このミステリーがすごい! 一般文芸小説・ライトノベル作品 ドラマ化映画化などの映像化・その他、乙一に関する記事ならなんでも。 <代表作> ZOO 暗いところで待ち合わせ きみにしか聞こえない CALLING YOU KIDS 死にぞこないの青 GOTH リストカット事件 失踪HOLIDAY しあわせは子猫のかたち ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜 銃とチョコレート 夏と花火と私の死体

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 18人

続きを見る

  • かんぺきなこども

    かんぺきなこども/ミカエル・エスコフィエ・作マチュー・モデ・絵石津ちひろ・訳/ポプラ社/2019年マカロン夫妻のピエールという子。かわいくて、かしこくて、れいぎただしい。あそんでもちっともちらかさないし、よくねむりぎょうぎもよくて勉強もよくできて・・・。いうことなしのかんぺきなピエール。ところがある日、パパ、ママが朝おきるのが遅く、ピエールを仮装大会があるとミツバチの恰好をさせて、急いで学校に送り出すと、その日はクラスの写真を撮る日で、みんなから大笑いされてしまいます。「ぼく、いやだぁー!!」と駄々をこねるピエールをパパ、ママがつれていったさきは?でだしにびっくりです。なにしろ「こどもストアー」があって、おんがくかタイプやすうがくしゃタイプなどのあらゆるタイプのこどもをかうことができるのです。ピエールは、マカロ...かんぺきなこども

    どんぴんからりん すつからりん どんぴんからりん すつからりん
    読者になる
  • おわりのない話

    世界むかし話8/イギリス・アイルランド/三宅忠明/ほるぷ出版/1979年暗いあらしの晩、一等航海士が船長にむかし話をきかせてくれといわれ、語ったのが・・「暗いあらしの晩でした。船長さんがブリッジで一等航海士にいいました。「むかし話をきかせてくれ。」そこで、一等航海士は語りはじめました。『暗いあらしの晩でした。船長さんがブリッジで一等航海士にいいました。「むかし話をきかせてくれ。』そこで一等航海士は語りはじめました。・・・・おなじ話がどこまでもつづくパターンの昔話。日本のものはめずらしくありませんでしたが、これまで外国のものはほとんどよんだことがありませんでした。この話はイングランドの昔話。多分、子どもが寝るまで語られたであろう、おわりのない話。多分外国にも数多くありそうですので、紹介されていないだけなのかもしれ...おわりのない話

    どんぴんからりん すつからりん どんぴんからりん すつからりん
    読者になる
  • 子年新年会@2020

    昨日は毎年恒例、その年の干支にちなんだメニューを頂く新年会でした。今年は子年と言うことで、ねずみの好きな食べ物はチーズ!とチーズ調理をチョイス。

    平沢沙里 High-Clear Voice
    読者になる
  • きょうのぼくは どこまでだって はしれるよ

    きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ/荒井良二/NHK出版/2019年はみ出すほどの白い馬は”あさやけ”。おおきなまちのおいわいのひ森山をこえてまちへ。いよいよぼくはみんなのまえで走ります。「きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ!」がなんども繰り返されます。希望の象徴でしょうか。「ちょうちょがへやのなかにまよいこんできましたよしばらくここでみちくさしてねしばらくここであそんでね」とよびかけるやさしいまなざし。一ページ、一ページが絵画をみるようです。開いたページをそのままにしてファンタステックな風景を眺めつづけました。この詩には手書き文字がふさわしいようです。きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

    どんぴんからりん すつからりん どんぴんからりん すつからりん
    読者になる
  • アルテミス・ファウル 北極の事件簿

    オーエン・コルファー アルテミス・ファウル 北極の事件簿 妖精世界を守る地底警察は、ゴブリンの犯罪組織に手を焼いていた。地上の何者かが、ゴブリンに力を貸しているらしい。ルート司令官は、アルテミス・ファ

    鯉のぼり 読書備忘録
    読者になる

続きを見る

続きを見る