TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

文庫 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    第1話 生い立ち 1

    吾輩の名前は、カメ子。 ニホンイシガメである。 年齢は7歳。性別オス。 オスなのになぜ、名前がカメ子かって? それについて書けば、少々長くなるがいいかぇ。 吾輩は、今から7年前はっきりとした日はわ分からぬが、 「ある温泉施設」の池で産まれた。同じ時期に40~50匹ぐらい 産まれたので、餌代がかかり、口減らしのため里子に出された。 実に悲しいものだ・・・。 吾輩が、主人と初めて出会ったのは、「ある温泉施設」のロビーに 置かれていた水槽の中である。たまたま宿泊に来ていた主人が、 水槽の横に貼られている「里親募集」の張り紙をみつけて、応募し 抽選で当選したそうだ。 このとき、今は亡き「カメ吉」と吾輩…

    樋下由美子(ひのしたゆみこ)

    第1話 生い立ち 1

    読者になる

続きを見る

  • ぷち書評(本・漫画・小説のぷちレビュー)

    ぷち書評(本・漫画・小説のぷちレビュー)

    買った本の感想を2〜3行で綴るぷちレビュー。 「批評・レビュー」と名乗るほど大げさじゃないけれど、ちょっとしたつぶやき感想。

    テーマ投稿数 1,042件

    参加メンバー 110人

  • 三浦しをん

    三浦しをん

    直木賞作家「三浦しをん」さんの本についてのトラコミュです。 書評・感想など。

    テーマ投稿数 90件

    参加メンバー 17人

  • ロックンロールな本や漫画はございませんか

    ロックンロールな本や漫画はございませんか

    兎にも角にもロックンロールをビンビンに感じる本や漫画ならなんでもトラック・バックして下さいっ 

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 8人

  • 司書

    司書

    図書館員、司書に関すること。公立図書館、学校図書館に関すること。 図書館で働く仕事。図書館に関わる仕事等。 図書館で働いた人、勉強中の人。

    テーマ投稿数 420件

    参加メンバー 18人

  • 泣ける本

    泣ける本

    読んで思わず涙する本について、トラックバックしてください。 通勤電車で読むときは要注意・・・。

    テーマ投稿数 152件

    参加メンバー 20人

  • 速読を極める

    速読を極める

    速読に関連する記事がある方はぜひ掲載を!速読お薦め本、速読体験記、速読挑戦記録など。

    テーマ投稿数 84件

    参加メンバー 17人

  • 天誅組

    天誅組

    かって菊池寛や大岡昇平が天誅組に取材した小説を新聞に連載しましたが、新選組ほどポピュラーにはなっておりません。天誅組の事跡とメンバー(みな魅力的です)について世上の関心を高めたい志ある方、ご参加ください。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 2人

  • 新カント学派とその周辺

    新カント学派とその周辺

     前世紀初頭の哲学界を席捲した新カント学派関連の記事を書いたら、お気軽にトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 普通の本をスピリチュアルに読む

    普通の本をスピリチュアルに読む

    ごく一般的な雑誌や本、漫画、記事などを読んだときに、なんとなくスピリチュアルな輝きを感じたら、トラックバックしましょうぜ。 別に堅く構えなくてもいいです。「この本はこうよむと、ある意味スピリチュアルといえるな」というような読み物にであったら、それを自分の言葉で語ってみませんか。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • リトルプレス・フリーペーパー・プチブック

    リトルプレス・フリーペーパー・プチブック

    リトルプレス・フリーペーパー・プチブックなど、限られた場所で販売されている小冊子。自分で作っている方も、これから作ってみたい方も、読んでみたい方も、愛読している方も、みなさんどうぞ。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • マイルス・デイビスを聴く

    ラウンド アバウト ミッドナイト 写真のネガを見ているかのようなジャケットが印象的で、コロンビアと契約した最初のアルバムです。これを録るにあたってプレスティッジと残っていたアルバム4枚を同時期に録音している。俗にいうマラソンセッションと呼ばれていて、クッキンなどが有名である。このアルバムも同じ匂いのするジャズで、このころの音は何も考えずに音に乗れて好きである。 メンバーは、ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズという豪華スターである。チェンバースとジョーンズのベースとドラムのコンビはアートペッパーのリズムセクションなど他の有名なアルバムにも参加していて、どれもマイルスの香りがする。このアルバムからマイルスは有名になっていくのだけど、恩師であるチャーリー・パーカーが若くして亡くなって引き継いだようにも思える。 マイルスの凄い所はジャズの枠組みを変えてしまうところで、恩師のチャーリーが作ったビバップからクール、モードへと変化し、そしてフュージョンへと切り開く才能は桁違いだと思う。

    綾瀬心原 音像と薫る粒たち
    読者になる
  • タンノイと300Bとミャンマーのコーヒー

    ちょっと気になる音を探して脚を伸ばしています。300Bという名の真空管の音が気になって片田舎の喫茶店に来ました。こじんまりとしたお店ですが、マスターが一人で切り盛りしていて目の行き届いた心地よい空間です。淡い赤色の柔らかい紅い紙でカバーされたメニューをみるとマナーの注意書きが書いてある。お子様のマナーが悪く他のお客様からクレームが出た場合は即刻お引き取り願い、高級なオーディオもあり機材を破損された場合は修理請求します。これでお店を守ってきました。とあるのを見て、芯の通ったマスターやなと思いながらマスターをみるととても優しそうな方で、なんとなく注記されたのが解かる。 さてと、オーダーをするにあたり今日のおすすめのコーヒーが珍しいミャンマーの豆だったので頼んでみた。ちょっとお高い値段ですが、8割ほどの席は埋まっていて人気があるようです。オーダーしてから豆を挽いてドリップしてくれるので挽きたての香りが漂っていて香しく午後のけだるい時間を浮かせてくれます。とても上品な味わいで濃い目が好きな拙者には物足りなさが残るけど、ローストされたナッツが旨い。このコーヒーは飲み終わってしばらくするとかろやかな酸味がふわっと戻ってきて、それが柑橘系の味わいに似ているのが特徴だと思う。

    綾瀬心原 音像と薫る粒たち
    読者になる
  • ヒラリー・ハーンを聴く

    Youtubeで良く聴いていたのでCDを買ってみました。2002年の録音で、メンデルスゾーンop64、ショスタコーヴィチop77のヴァイオリン協奏曲です。11歳でデビューですから、この録音時ですでにキャリアは12年となりちょっと驚きです。でも、五嶋みどりも11歳でニューヨークフィルと上演してますから、珍しくもないと言えばそうなのかもと思える。 メンデルスゾーンよりショスタコーヴィチの方がグッとくる感じで、エネルギッシュに弾きまくる音に弾きこまれれるのだけど、オーケストラの音がもやっとしていて、アンバランスなのが気になって仕方がない。情緒的な音を求める方にはメンデルスゾーンop64は不向きだと思えるのでしょうが、テンションの高い音の連なりはエレキギターの早弾きで育った人種には心地良いです。そのあたりでは五嶋みどりさんも似た傾向だと思えます。幼くしてデビューする人は既に技術ができているわけで、子どもの頃の方がよりアップテンポに指が動くだろうから似てくるのでしょうかね。 ショスタコーヴィチの音楽は交響曲などを聴いても近代的だなと思える。音の飛び方を聴いているとインプロビゼーションでディストーションするところがチラッと垣間見える。そんな意味でもハーンの弾き方はショスタコービッチの音楽とマッチしているのでしょう。でも、何故かサンプル録音はメンデルスゾーンである。

    綾瀬心原 音像と薫る粒たち
    読者になる

続きを見る

  • ガラクタの語り部

    DIY製品や調理器具、PCや顕微鏡、カメラなどを突発的に買っては飽きていきます。 そのままにしておくのは忍びないので供養の目的でそれぞれの商品の思い出について語っていきます。 本もよく読むのでそちらの紹介もするかも

    読者になる
  • 音像と薫る粒たち

    スローなライフでオーディオを通して音楽を楽しんでいるホームページに、日々のできごとをエッセイ風に記録しています。過去の思い出と現在がクロスオーバーしながら、本を読んだり美味しいものを食べたり旨いお酒を呑んだりしながら、ほんわかしてます。

    読者になる
  • ここどこか ~読書嫌いだった男の読書ブログ~

    大学を卒業しても読書が嫌いだった読書人の、読書嫌いにも優しい書籍紹介ブログ。 やわらかい文章につづるレビューのほか、読書するようになったエピソードも更新予定。 実際のタイトルはもう少し長いです。

    読者になる
  • 読書の世界

    これまで読んだ本の紹介と感想を綴っていくブログです。

    読者になる
  • よたよた

    与太話を書いています。暇つぶしにどうぞ。

    読者になる

続きを見る