TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

古本・古書 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    アメリカ三題 ―楚人冠の新聞記事から―

    思わず声を立てて笑った。 楚人冠全集第十四巻、『新聞記事回顧』を読み進めていたときである。 頁を捲った私の眼に、このような記事が飛び込んで来たのだ。 嘗てパリの労働者間に酒類に代へて石油飲用の流行したることあり。又露国が戦時禁酒を行へる当時、酒に窮してオーデコロン、オーデキニンを飲用したるものありと聞く。 大正八年三月二十五日の社説に書かれた文らしい。 大正八年といえば西暦にして1919年、およそ101年前である。 なんとこんな昔から、ロシア人のアル中ぶりが知れ渡っておったとは――。 つい先日もロシアでは、酔いを得ようと手指消毒液を呑み干して、七人が死亡したばかりである。 2016年には入浴剤…

    山岳嶺峰

    アメリカ三題 ―楚人冠の新聞記事から―

    読者になる
  • 2位

    愛用の裁ちばさみ。

    もう30年近く使用しています。 なんの変哲もない、小中学校の家庭科で使うようなステンレスのはさみ、 スーパーで在ったのを買いました。 当時で2000円しなかったと思います。 ・・・最近はさすがに、切れ味が

    saruyuri

    愛用の裁ちばさみ。

    読者になる
  • 3位

    1925年のダマスカス ―フランス軍、暴徒に対して爆弾投下―

    1925年、シリア、ダマスカスの市街に於いて。 フランス軍は暴徒鎮圧に爆発物を投入し、ナポレオン・ボナパルトの勇壮な精神の輝きが遺憾なく受け継がれていることを内外に示した。 (長谷川哲也『ナポレオン 獅子の時代』13巻より) 順を追って説明しよう。 すべての元凶はイギリスである。 この年の四月一日、エルサレムに築かれたヘブライ大学の開校式に出席するため、アーサー・ジェームズ・バルフォア卿がパレスチナに乗り込んだことが始まりだった。 そう、アーサー・ジェームズ・バルフォア。 第一次世界大戦当時外務大臣の席に在り、例の三枚舌外交を発揮して、中東に百年経っても解決されない大混乱を惹き起こした張本人と…

    山岳嶺峰

    1925年のダマスカス ―フランス軍、暴徒に対して爆弾投下―

    読者になる
  • 4位

    ムーミンコミックス展は体力勝負

    フラフラと巷を彷徨っている本好き中年ライダーの備忘ログ

    つくぶすま68

    ムーミンコミックス展は体力勝負

    読者になる

続きを見る

  • イラスト・絵本

    イラスト・絵本

    絵本が好きな人 イラストが好きな人 描いた絵を気軽にトラバ☆

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 19人

  • 絵本*児童書 Lover+++

    絵本*児童書 Lover+++

    *絵本の虫。 **児童文学が好物。 *大人になったって好きなものは好き。 ***一生読める。 *すき・すき・すき・すき・すき・すき。 そんな人は参加しましょっ! たくさーんの、いっぱーいの素敵な物語、共有させてください☆

    テーマ投稿数 755件

    参加メンバー 65人

  • 図書館で借りた本

    図書館で借りた本

    同じ本なのに書店で買う本とどことなく違う図書館の本。 あなたは図書館でどんな本を借りて どんな本を読みましたか?

    テーマ投稿数 1,196件

    参加メンバー 69人

  • 歴史上の女性(日本)

    歴史上の女性(日本)

    日本の歴史上の女性に関することなら時代を問いません。ご参加お願い致します

    テーマ投稿数 198件

    参加メンバー 14人

  • 音楽本

    音楽本

    音楽に関する本のコミュニティーです。 自伝・ディスクガイド・講義録などお気軽にトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 佐伯泰英

    佐伯泰英

    平成の時代小説を牽引する佐伯泰英氏に関連することでしたら小説やドラマに限らず何でもトラックバックして下さい。 トピックやアンケートもドシドシやって下さい! 佐伯泰英氏の代表的なシリーズは下記のとおりです。 「居眠り磐音江戸双紙」 「密命」 「鎌倉河岸捕物控」 「酔いどれ小籐次留書」 「吉原裏同心」 「交代寄合伊那衆異聞」 「狩り(夏目影二郎始末旅)」 「秘剣、悪松」 「古着屋総兵衛影始末」 「長崎絵師通吏辰次郎」

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 週刊少年ジャンプ

    週刊少年ジャンプ

    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は集英社が発行する週刊の少年向け漫画雑誌。昭和43年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌44年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。週刊誌の最高発行部数を記録した。略称は「ジャンプ」「WJ」 など。

    テーマ投稿数 7,220件

    参加メンバー 134人

  • 新書本が大好き!!

    新書本が大好き!!

    新書版として出版されている本。 コンパクトに専門的なことがシンプルに学べて非常に便利。 お勧めの新書・読者感想などを皆さんで共有できたらと思います!!

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 6人

  • 海堂 尊

    海堂 尊

    海堂尊氏の作品についてのトラコミュです。 書評・感想など、どんどんトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 6人

  • ガーデニングの本

    ガーデニングの本

    ガーデニングの本に関することなら何でもどうぞ。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 3人

続きを見る

  • アメリカ三題 ―楚人冠の新聞記事から―

    思わず声を立てて笑った。 楚人冠全集第十四巻、『新聞記事回顧』を読み進めていたときである。 頁を捲った私の眼に、このような記事が飛び込んで来たのだ。 嘗てパリの労働者間に酒類に代へて石油飲用の流行したることあり。又露国が戦時禁酒を行へる当時、酒に窮してオーデコロン、オーデキニンを飲用したるものありと聞く。 大正八年三月二十五日の社説に書かれた文らしい。 大正八年といえば西暦にして1919年、およそ101年前である。 なんとこんな昔から、ロシア人のアル中ぶりが知れ渡っておったとは――。 つい先日もロシアでは、酔いを得ようと手指消毒液を呑み干して、七人が死亡したばかりである。 2016年には入浴剤…

    山岳嶺峰 穢銀杏狐月
    読者になる
  • 盲滅法 深沢七郎対談集・庶民列伝/深沢七郎・円と楕円の世界・四十歳のオブローモフ/後藤明生・など

    深沢七郎と後藤明生、文学の古本入荷です。 お持込買取・出張買取ご利用ありがとうございました! ...

    ちはや書房 ちはや書房 沖縄セレクト古本屋日記
    読者になる
  • 谷崎潤一郎「初昔きのふけふ」初版

    本書はアマゾンのカタログに別に「初音きのふけふ」としても掲載があるのに苦笑。初音ってどういう意味や?

    智林堂店主 奈良の古本屋・智林堂店主のブログ
    読者になる
  • 言語・方言(津軽弁)

     大学時代の友人(この友人には自分の人生が救われた、と思い続けている)が青森県弘前市出身だったので、青函連絡船に乗ってゴールデンウィーク、夏休みなど頻繁に...

    saiseidoh 本の彩生堂
    読者になる
  • 愛用の裁ちばさみ。

    もう30年近く使用しています。 なんの変哲もない、小中学校の家庭科で使うようなステンレスのはさみ、 スーパーで在ったのを買いました。 当時で2000円しなかったと思います。 ・・・最近はさすがに、切れ味が

    saruyuri さ・る・の・あ・な・た
    読者になる

続きを見る

続きを見る