TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

ヤングアダルト トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    『世界のはての少年』読了その後……

    先日の読書会の課題図書はこちら。ジェラルディン・マコックラン『世界のはての少年』読んだ方は、面白かった~!と絶賛。……また詳しくは述べませんが、今読むのにふさわしい本です。超絶、おすすめ!絶海孤島でのサバイバル譚。事実の断片から構築されながら現実を超えていく物語の力、そして、想像を超え、事実を超越してく現実の凄み。驚異的、衝撃的な読書体験が得られます。最後の最後まで、物語が終わっても気を抜かないで、...

    ktomoka

    子どもたちへ 本を届けよう

    読者になる

続きを見る

  • 絵本*児童書 Lover+++

    絵本*児童書 Lover+++

    *絵本の虫。 **児童文学が好物。 *大人になったって好きなものは好き。 ***一生読める。 *すき・すき・すき・すき・すき・すき。 そんな人は参加しましょっ! たくさーんの、いっぱーいの素敵な物語、共有させてください☆

    テーマ投稿数 721件

    参加メンバー 63人

  • 図書館で借りた本

    図書館で借りた本

    同じ本なのに書店で買う本とどことなく違う図書館の本。 あなたは図書館でどんな本を借りて どんな本を読みましたか?

    テーマ投稿数 1,190件

    参加メンバー 69人

  • 歴史上の女性(日本)

    歴史上の女性(日本)

    日本の歴史上の女性に関することなら時代を問いません。ご参加お願い致します

    テーマ投稿数 186件

    参加メンバー 15人

  • 音楽本

    音楽本

    音楽に関する本のコミュニティーです。 自伝・ディスクガイド・講義録などお気軽にトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 佐伯泰英

    佐伯泰英

    平成の時代小説を牽引する佐伯泰英氏に関連することでしたら小説やドラマに限らず何でもトラックバックして下さい。 トピックやアンケートもドシドシやって下さい! 佐伯泰英氏の代表的なシリーズは下記のとおりです。 「居眠り磐音江戸双紙」 「密命」 「鎌倉河岸捕物控」 「酔いどれ小籐次留書」 「吉原裏同心」 「交代寄合伊那衆異聞」 「狩り(夏目影二郎始末旅)」 「秘剣、悪松」 「古着屋総兵衛影始末」 「長崎絵師通吏辰次郎」

    テーマ投稿数 160件

    参加メンバー 5人

  • 週刊少年ジャンプ

    週刊少年ジャンプ

    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は集英社が発行する週刊の少年向け漫画雑誌。昭和43年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌44年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。週刊誌の最高発行部数を記録した。略称は「ジャンプ」「WJ」 など。

    テーマ投稿数 6,998件

    参加メンバー 134人

  • 新書本が大好き!!

    新書本が大好き!!

    新書版として出版されている本。 コンパクトに専門的なことがシンプルに学べて非常に便利。 お勧めの新書・読者感想などを皆さんで共有できたらと思います!!

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 5人

  • 海堂 尊

    海堂 尊

    海堂尊氏の作品についてのトラコミュです。 書評・感想など、どんどんトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 6人

  • ガーデニングの本

    ガーデニングの本

    ガーデニングの本に関することなら何でもどうぞ。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 3人

  • 六十代

    六十代

    若い者には負けない心算でマダマダ頑張るぞ

    テーマ投稿数 106件

    参加メンバー 9人

続きを見る

  • 『世界のはての少年』読了その後……

    先日の読書会の課題図書はこちら。ジェラルディン・マコックラン『世界のはての少年』読んだ方は、面白かった~!と絶賛。……また詳しくは述べませんが、今読むのにふさわしい本です。超絶、おすすめ!絶海孤島でのサバイバル譚。事実の断片から構築されながら現実を超えていく物語の力、そして、想像を超え、事実を超越してく現実の凄み。驚異的、衝撃的な読書体験が得られます。最後の最後まで、物語が終わっても気を抜かないで、...

    ktomoka 子どもたちへ 本を届けよう
    読者になる

続きを見る

続きを見る