TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

ノンフィクション トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    法学部盛衰記

    大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書) 作者:天野 郁夫 発売日: 2009/05/01 メディア: 新書 法政大学の歴史は1880年(明治13年)の東京法学社の設立から始まる。同大学の校歌(佐藤春夫作詞)は「青年日本の代表者」と謳っているが、東京法学社が設立された時代はまさに近代日本の青年時代の始まりだった。 当時、日本の最大の課題は、幕末に欧米列強と締結した不平等条約の改正だった。その改正に当たって、列強から西欧と同等の国内法の整備を求められたため、法制の整備・確立を図るための人材育成が急務となっていた。 1871年(明治4年)、司法省に明法寮(後の司法省法学校)が設立され、パリ大学…

    tamagawatushin

    法学部盛衰記

    読者になる

続きを見る

  • 春には春の花が咲く

    春には春の花が咲く

    ブログ小説。 少年の頃に負った心の傷を抱えながら、大人に成長をする切なさを描き、幸せや、愛とは何かを問いかけます。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 昨今の本屋さん

    昨今の本屋さん

    昨今の本屋さんに関することなら、商品の事やお店の事などどんなことでもOKです。お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 9人

  • TRPGリプレイ

    TRPGリプレイ

    TRPGリプレイの感想のコミュです。 リプレイ感想、自作リプレイなど、TRPGリプレイに関することをまとめていきましょう

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 6人

  • TOC(制約条件理論)

    TOC(制約条件理論)

    ザ・ゴールで有名な物理学者エリヤフ・ゴールドラット氏の作ったTOC(制約条件理論)に関する記事。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • うたの絵本

    うたの絵本

    うたの絵本,音がなる絵本について記事を書いたときに,トラックバックしてください.

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 私のベスト本2009

    私のベスト本2009

    2009年のベスト本を!

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 自己啓発書・ビジネス書の紹介

    自己啓発書・ビジネス書の紹介

    自己啓発書・ビジネス書の中で、実際に読んでおすすめしたい本がありましたら、こちらへトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 10人

  • 読書や本にまつわる話

    読書や本にまつわる話

    読書や本に関する記事がありましたら、こちらへトラックバックしてください。おすすめの本やオリジナルの読書法などを紹介してください。

    テーマ投稿数 1,493件

    参加メンバー 130人

  • セドナメソッド

    セドナメソッド

    ザ・シークレットの講師の約半数もの人が実践しているというセドナメソッド。もしかしたら、引き寄せの法則の真髄が隠されているかもしれない。 セドナメソッドに関連することはこちらまでトラックバックお願いします。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 1人

  • 冠句

    冠句

    元禄六年初興行以来の歴史をもつ日本の伝統短文芸、冠句。 数少ないはずの冠句の仲間が集う場を持ちたいとトラコミュを作りました。 冠句以外の五七五文芸も歓迎です。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 法学部盛衰記

    大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書) 作者:天野 郁夫 発売日: 2009/05/01 メディア: 新書 法政大学の歴史は1880年(明治13年)の東京法学社の設立から始まる。同大学の校歌(佐藤春夫作詞)は「青年日本の代表者」と謳っているが、東京法学社が設立された時代はまさに近代日本の青年時代の始まりだった。 当時、日本の最大の課題は、幕末に欧米列強と締結した不平等条約の改正だった。その改正に当たって、列強から西欧と同等の国内法の整備を求められたため、法制の整備・確立を図るための人材育成が急務となっていた。 1871年(明治4年)、司法省に明法寮(後の司法省法学校)が設立され、パリ大学…

    tamagawatushin 多摩川通信
    読者になる

続きを見る

続きを見る