TOPICS

古本・古書 新着記事

1件〜50件

  • 2年ぶりの富士山

    フラフラと巷を彷徨っている本好き中年ライダーの備忘ログ

    つくぶすま68

    つくぶすま68の備忘ログ

    読者になる
  • 里中満智子の世界

     こんなのも出てきたが探してるもの出てこず。   【特装版】「エリア別だから流れがつながる世界史」 里中満智子 特別カバー 5,200円 …

    kinokine

    ギョギョームの秘密

    読者になる
  • 【アート&ギフト月間】ナチュラルな香りに包まれて~!アロマカタリストさんをご紹介♪

    オーストラリア・シドニーの日本の古本屋 ほんだらけフルオブブックスです! 11月好評開催中の店内展示イベント ART & GIFT at Full Of Books (アート&ギフト月間) 今日はただいま店内を ほのかなアロマの香りに包んでくれている、 アロマカタリスト (小山真...

    YOMISUKE

    FULL OF BOOKS ほんだらけブログ

    読者になる
  • 日本語を学んでいる人と楽しく交流!シドニー・ジャパニーズ・ブッククラブ!

    Fun night with NIHONGO♥️  Sydney Japanese Book Club ~beginner~ was held last night!  11月8日(金)の夜に行われた シドニー・ジャパニーズ・ブッククラブ からのひ...

    YOMISUKE

    FULL OF BOOKS ほんだらけブログ

    読者になる
  • 琉球の王権と神話・おもろさうし・最後の琉球王国・首里城入門・歴史を語る沖縄の海・など

    昨日は沖縄県内古書店有志のセリ市「書遊会」でした~ 琉球沖縄関連のいい本たっぷり仕入れました。す...

    ちはや書房

    ちはや書房 沖縄セレクト古本屋日記

    読者になる
  • Juan Ponç (November 28, 1927 – April 4, 1984)

    《パブロ・カザルスへのオマージュ》 パブロ・カザルス 1876年12月29日 - 1973年10月22日 カザルスといえばバッハの『無伴奏チェロ組曲』だろう。 20世紀最大のチェリストで、深い精神性を感じさせる演奏だといわれているが、凡庸たる自分には難解すぎる。

    ダメオ

    愛に恋

    読者になる
  • 零戦「二二型甲」竣工

    日本海軍の零式艦上戦闘機「二二型甲」を作成しました。 二一型から発動機の換装による出力向上を図った機体です。 キットはハセガワ1/72のベテラン傑作キットです。息の長いキットです。 零戦の各型を作成しましたが二二型はバランスの取れたスマートな機体だと思います。 兵装強化と速度向上を目指した五二型と比べると優雅さの残る機体です。 零戦には不思議な魅力を感じます。どの角度からみても飽きません。 五二型への繋ぎとなるピンチヒッター的な機体なので生産数は少なめです。 二二型甲はエースパイロットが好んだ機体です。ラバウル航空戦での活躍が有名です。 高初速の20粍2号銃を装備しているので五二型と同等の兵装になります。 実際には無いですが推力式単排気管を装備した二二型を作成したくなりました。

    kmiyazaki

    ザッキーハウス

    読者になる
  • 東京都より野球選手実使用ユニフォーム、サインボールの郵送買取

    東京都より野球選手実使用ユニフォーム、サインボールの郵送買取。名古屋を中心に全国から古本・おもちゃ・DVD・CDなど出張買取・郵送買取いたします。古本買取「漫遊堂」

    漫遊堂

    古本全国出張・宅配買取 漫遊堂日記

    読者になる
  • エリザベス・テイラー part2

    1947年、マンハッタンのコウノトリクラブで両親と一緒にいた15歳のリズ。 1941年 1948年 いつ見てもお美しいですね。 ゾッとするような輝きです。 失礼ながら、未だにジンジャー・ロジャースとどちらが美しいのか迷っています。

    ダメオ

    愛に恋

    読者になる
  • 関西遠征

       21日、日帰りの関西遠征します。大阪から宝塚手塚治虫記念館『にゃんこ展』観て神戸ちんき堂『根本敬まつり』へ行ってきます。   手塚治虫ア…

    kinokine

    ギョギョームの秘密

    読者になる
  • 滝田ゆう落語劇場 滝田ゆう

    とにかく古書店で田中小実昌、殿山泰司、滝田ゆうの本を見つけたら買わなければいけない。 必ず誰かが狙っている。 それほど人気が高いのだ。 今回神戸で見つけたこの本、落語を漫画で描くのはいいとして、あまりにも文字が小さすぎて読み辛い。 更にオチがよく分からないものもあった。 だが、この人の絵は真似することのできない、彼独特なもので戦前の玉ノ井を描いたら右に出る者がいない。 私の知らない時代の昭和であっても郷愁を感じる。 惜しまれるは空襲で、滝田さんは記憶だけを頼りに玉ノ井を描いたそうだが、大したものだ。 故にこの人の絵はどれをとっても楽しめる。 今後とも滝田買いを続けたいと思う。

    ダメオ

    愛に恋

    読者になる
  • 夢路紀行抄 ―星の丸み―

    夢を見た。 断崖を、延々下り続ける夢である。 それも『デスストランディング』に登場する、ロープ用パイルを使いながら。 パイルを突き刺し、ロープを垂らし、右に左にトラバースを繰り返しつつ下降してゆく。 ロープの限界、30メートル圏内に、次の下降の起点と為し得るポイント――パイルを刺すのに格好な岩棚を求めながら。 そんなことを幾度となく繰り返すうち、自分が取りついているこの壁のことも分かってきた。 大海原の真っ只中に聳え立った円柱だ。 円周は、そう大したことはない。どんなに多く見積もっても、20メートルは超えないだろう。 尋常でないのは高さの方だ。私が居るのは中腹あたりのはずなのに、その段階で既に…

    山岳嶺峰

    穢銀杏狐月

    読者になる
  • こんな時代もありました。

    まだ邦楽も聞いてた頃、買いました。 以下は弟が買ったやつ。     夜会VOL.20「リトル・トーキョー」(Blu-ray Disc) 7…

    kinokine

    ギョギョームの秘密

    読者になる