TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

出版社・書店 新着記事 NEW POST

help
  • 読了本ストッカー:『偏愛読書トライアングル』瀧井朝世/新潮社

    偏愛読書トライアングル [単行本(ソフトカバー)]瀧井 朝世新潮社2017-10-202018/1/16読了。三冊の書籍を関連づけて紹介する、まさに書評の見本のようなブックガイドです。↓読みたい本リスト追加↓知の逆転 (NHK出版新書) [新書]知の英断 (NHK出版新書) [新書]人類の未来―

    記述師

    記述師文庫堂

    読者になる
  • 最高のお風呂時間に! ~ウチのお風呂作法 そなたは風呂を知らなすぎる~

    こんにちは。おみまい堂書店です。 今日は、この本。持っていきますね。 大ヒットした映画『テルマエ・ロマエ』。 そのテルマ

    omiten

    おみまい堂書店物語

    読者になる
  • 今月の【本の雑誌】。2017年12月号

    本の雑誌414号2017年12月号 [単行本(ソフトカバー)]本の雑誌社2017-11-09↓読みたい本リストに追加↓ファインダーズ・キーパーズ㊤㊦ スティーヴン・キング 文藝春秋 ダーク・マター ブレイク・クラウチ 早川書房 ハヤカワ文庫NVカーソン・ライダーシリーズ#07キリング

    記述師

    記述師文庫堂

    読者になる
  • 腰が痛い

    金欠で発狂しそうなきょうこの頃、某ミニコミ誌の発送作業があり都内某所山谷へと向かう。電車賃ももったいないし、13:00集合予定なのでまだ余裕があるから、最初は歩いていこうかと考えていた。弊社から山谷まで、徒歩で1時間ちょっとというところだろうか。ところが、御徒町のてんやで天丼を食しているうち、歩いていくのが段々と面倒に感じてしまう。それにしても、時おり、てんやの天丼がむしょうに食べたくなるときがある。なぜなのだろうか。それはともかく、山谷某所で発送作業。あがった印刷物を丁合(ちょうあい:ページ順に並べていくこと)し、それを二つ折りにすれば、ミニコミとしては一丁あがりというわけだ。ところがその号は、いつもの倍近くのページ数に膨れ上がってしまっていた。それを組んだ(DTPのこと)のは小生なので、「しまっていた」とい...腰が痛い

    wind-dust

    風塵社的業務日誌

    読者になる
  • コロナウイルスを完璧に終わらす方法

    SCOOP TWEET JAPANES     COPY RIGHT FREE★コロナウイルスを完璧に終わらす方法★コロナウイルスも遺伝子です生命体ですから遺…

    真鍋卓介 基本平和主義者 発明家 世界貢献

    オウム真理教より危険 世界中認定済みカルト創価学会

    読者になる
  • SCOOP TWEET JAPANES COPY RIGHT FREE★コロナ...

    この投稿をInstagramで見る SCOOP TWEET JAPANES COPY RIGHT FREE ★コロナウ…

    真鍋卓介 基本平和主義者 発明家 世界貢献

    オウム真理教より危険 世界中認定済みカルト創価学会

    読者になる
  • 日本の食べ物の歴史を知ろう! ~食べ物の声を聴け!~

    こんにちは。おみまい堂書店です。 今日は、この本、持っていきますね。 食文化研究家の魚柄仁之助さんの、日本の料理の変貌と

    omiten

    おみまい堂書店物語

    読者になる
  • 結晶のかけら

    ウーンウーンとうなるサイレンが、古びた木枠の窓の向こうから聞こえてきた。教室の中が、急にざわめき立った。このサイレンが炭鉱事故の発生を知らせることを、子ど...

    riverpress

    岩手県盛岡市 【リヴァープレス社】 編集者日記。

    読者になる
  • 化石のような朽木

    お元気ですか? とある山にあるカフェの庭に、こんな朽木を見つけました。 どこか悲しそうな古生物時代の動物のような、時間に

    omiten

    おみまい堂書店物語

    読者になる
  • 今月の【本の雑誌】。2017年11月号

    本の雑誌413号2017年11月号 [単行本(ソフトカバー)]本の雑誌社2017-10-11↓読みたい本リストに追加↓忘れられた花園㊤㊦ ケイト・モートン 東京創元社 創元推理文庫秘密㊤㊦ ケイト・モートン 東京創元社 湖畔荘㊤㊦ ケイト・モートン 東京創元社 闇夜にさまよう女 セルジ

    記述師

    記述師文庫堂

    読者になる
  • ■花の少ない季節にこそ「生きているうちが華だ」と言ってしまおう──週替わりの夕暮れ[2/21-24]

    ●2月21日(別に好きではないが)「中央集権」的な雲行き。●2月22日友人がコントラバスを習っているとかで、その演奏会のために室見へ。久し振りの室見川河口...

    編集長

    図書出版・花乱社 編集長日記 

    読者になる