TOPICS
  • Ducks in a Row

    I Can Read シリーズ Level 1

    NANA@eiseka

    eiseka的英語多読ルーム

    読者になる
  • Weekend photo sanpo

    旧洋書絵本の会から移転してきました。

    sachitoyo

    洋書絵本の会

    読者になる
  • 英検2級二次試験

    ドイツ語と旅行と動物と。たまに子育て。

    こるも

    こるこ日和

    読者になる
  • USE OF FORCE(BRAD THOR)

    #1NewYorkTimesbestsllingauthorという文句につられて、読んでみた。まず、この前に読んだ英国英語に対して、何と、クリーンな米国英語なのだろうと驚いた。それだけで、嬉しくなった。頭にすっと入ってくるし、辞書で調べる回数も大幅に減った。ストーリー的には、テロリストに対抗するCIAにいわゆる外部委託された会社のスペシャリストがテロリストグループの大規模なテロを未然に防ぐという物語だ。若い作家のせいか、新しい、今風なところが目新しく感じた。まず、敵が、ISISである。(ロシアの影があるが。)高性能なドローンにより追跡やら、道案内やらもある。テロ対策なのに、外部委託されている会社がある。従来のスパイ小説だと、情報を得るために拷問をするのは、敵国の場合が多かったように感じるが、何しろ、敵は、ISI...USEOFFORCE(BRADTHOR)

    thomaz

    ミステリーな森の生活

    読者になる
  • ナンガ・パルバート単独行(ラインホルト・メスナー)

    ラインホルト・メスナーの最高傑作とも言われる本書を読んでみた。ラインホルト・メスナーとはどんな人間なのかを知りたいためだ。驚いたことに、5歳の頃から、父親に絶壁の山登りの英才教育を受けていたとのことだ。そして、ご存知の通り、8000M級の山々を単独で登山しはじめる。特に、このナンガ・パルバートは、3度目の挑戦であり、その難易度は、非常に高かった。その中で、メスナーが、やり遂げるまでの心理描写を中心に描いているユニークな本だ。過去、失敗に終わったのは、自分の心、孤独に耐えられる心の強さを持っていなかったためと反省し、自分の過去、現在の心理を分析して描写するという、いまだかって読んだこともない山行記録なのだ。正直、読みにくいし、暗いイメージが続くので、飛ばしながら読んだが、頂上までの最後の登りのところと、天候悪化で...ナンガ・パルバート単独行(ラインホルト・メスナー)

    thomaz

    ミステリーな森の生活

    読者になる
  • Whisper

    冬月

    Slash×Slash

    読者になる
  • 本:The Rumor

    Title: The RumorAuthor: Lesley Karalibrary Book/336pp/2018 Rumors/Paranoia/Murder/Single mothers 子供の学校のお迎えで、小耳に挟んだ噂話。暇な主婦たちのくだらないゴシップと、最初はバカにしていたのですが...........”It starts with a rumor. Whispers at the school gate.”シングルマザーのJoannaは、息子の学校でヒソヒソとささやかれている噂話を耳にします。それは、何十年か前に、怪奇殺人で世を騒がせたサイコパ...

    こぶり

    過ぎ去りしdays

    読者になる