TOPICS

純文学 新着記事

1件〜50件

  • リンゴ、収穫期に大打撃 長野、「今年は絶望的」

    リンゴ、収穫期に大打撃長野、「今年は絶望的」共同通信社2019/10/1606:20、配信より二階氏、台風「まずまず」発言を撤回過去にないのではポンプ車200台出動©KYODONEWS台風19号の影響で千曲川が決壊し、水につかったリンゴ=13日、長野市台風19号の大雨で千曲川の堤防が決壊して浸水した長野市の国道18号は「アップルライン」と呼ばれ、両側には多くのリンゴ農園が並ぶ。今回の被害で畑や直売所は軒並み泥水に漬かり、「今年は絶望的だ」と生産者は頭を抱えている。堤防が決壊した付近のリンゴ畑では濁流で果樹が根こそぎ倒れ、収穫直前の赤く熟した実が泥の中に沈んでいた。「手もお金も掛けて、後は収穫するばっかりだったのに」。50年以上前からリンゴを作り、直売所「倉石農園」を営む倉石忠昌さん(81)は肩を落とした。決壊箇...リンゴ、収穫期に大打撃長野、「今年は絶望的」

    森鴎外 文学・文化論攷

    森鴎外 文学・文化論攷

    読者になる
  • 1968 「その目の不調は脳が原因」(若倉雅登)

    10/16-1968 「その目の不調は脳が原因」 ――心療眼科医が教える――著者名:若倉 雅登 出版年月:2019年6月 出版社:集英社新書982著者略歴:1949年東京都生まれ、北里大医学部卒、同大助教授、井上眼科病院名誉院長、 ≪まぶしくて見えない! ぼやけたり歪んだりして

    honda

    図書のささやき

    読者になる
  • タウシュベツは崩壊寸前?(4)

     途中から林道に入った。道の入口には柵があり、事前に借りてきた鍵で錠前を開ける。鍵は許可を受けた二十人に渡される。熊の生息域なので、徒歩で侵入するのは危険である。道の両脇に茂る蕗を食べに、熊がしばしば出現する。食べちらかしたあたりは、蕗が倒れたり、茶色く枯れている。  車が止まった。奇蹟的に雨はやんでいた。そこからは糠平ダムに沈んだ、旧士幌線の線路跡を進んでいく。林の中に続く道には、流木が横たわ…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • 「君のまだ見ぬOGASAWARA(小笠原)+1」(pdf)

    「僕の人生観を変えかねないような世界を、垣間見せてくれたのは海そのものである」  小笠原諸島の自然と接した体験を、詩的な文体で印象的につづったエッセイ「君のまだ見ぬOGASAWARA」をアップロードします。「東洋のガラパゴス」にあるジャングル、海の生物、島々のたどった歴史に触れてみませんか。  改版にあたり、巻末にエッセイ、リュック・ベッソンの『グラン・ブルー』を加えました。  以下のリンクをクリック…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • 両陛下、台風被害に心痛め、・・・

    両陛下、台風被害に心痛め=上皇后さま誕生日行事は中止2019年10月15日15時53分時事通信社配信より宮内庁の西村泰彦次長は15日の定例会見で、天皇、皇后両陛下が台風19号による甚大な被害に心を痛め、犠牲者や遺族、被災者に哀悼とお見舞いの気持ちを持たれていることを明らかにした。西村次長によると、両陛下は一日も早く安否不明者が見つかり、被災地の復旧が進むことを願っている。長年にわたり多くの被災地を見舞ってきた上皇ご夫妻も、今回の被災地域の広さや決壊した堤防の数は比較できる災害の記憶がなく、心を痛めているという。上皇后さまは20日が85歳の誕生日。2日後に陛下の即位礼正殿の儀などが控えているため、祝賀行事は例年より簡素化することが決まっていたが、台風被害を受けてご一家でのお祝いの昼食以外全ての行事を取りやめる。私...両陛下、台風被害に心痛め、・・・

    森鴎外 文学・文化論攷

    森鴎外 文学・文化論攷

    読者になる
  • 台風19号で長野市の千曲川の堤防が決壊した原因について、国土交通省は、・・

    台風19号で長野市の千曲川の堤防が決壊した原因について、国土交通省は、・・千曲川決壊、過去最大の水量による水圧越水も重なる台風19号10/15(火)8:29配信毎日新聞配信より千曲川決壊、過去最大の水量による水圧越水も重なる台風19号台風19号の大雨で決壊した千曲川=長野市穂保で2019年10月14日午前10時30分、本社ヘリから台風19号で長野市の千曲川の堤防が決壊した原因について、国土交通省千曲川河川事務所は、過去最大の水量による水圧と越水が重なった可能性があるとみている。【写真特集】千曲川決壊何もかも流され…決壊したのは長野市穂保(ほやす)地区の千曲川左岸の堤防で、1984年に完成し、2007年に幅を7メートルから2倍超の17メートルにまで広げる工事をしたばかりだった。河川事務所や市などによると、13日早...台風19号で長野市の千曲川の堤防が決壊した原因について、国土交通省は、・・

    森鴎外 文学・文化論攷

    森鴎外 文学・文化論攷

    読者になる
  • ぼくがイヌ派だった頃(30)

     とにかく、大五郎が臆病だったことは、お分かりいただけたと思う。臆病な犬ほどよくほえると言うが、大五郎の場合は、声の大きさが並外れていた。ドスがきいた応援団長が、絶叫しているみたいだった。鳴き出すとしばらく止まらない。周囲の丘に響いて山彦となり、自分の声とともにワンワン輪唱してるみたいだった。  恐らく、迷惑に感じている人が多かったろう。二十世紀の頃だったから、世の中は今ほどピリピリしていなかっ…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • 1967 「観光公害」(佐滝剛弘)

    10/15-1967 「観光公害」 ―インバウンド4000万人時代の副作用―著者名:佐滝 剛弘 出版年月:2019年7月 出版社:祥伝社新書574著者略歴:1960年愛知県生まれ、東大卒、NHKディレクター、京都光華女子大教授、NPO産業観光学習館専務理事、 ≪東京オリンピック・パラリ

    honda

    図書のささやき

    読者になる
  • 1966 「二度読んだ本を三度読む」(柳 広司)

    10/14-1966 「二度読んだ本を三度読む」著者名:柳 広司 出版年月:2019年4月 出版社:岩波新書1776著者略歴:1967年生まれ、小説家、 ヒトそれぞれ好みはあっても読書の味を知るものは幸い、寺島実郎氏はジェロントロジー宣言―「知の再武装」で100歳人生を生き抜く、

    honda

    図書のささやき

    読者になる
  • 主観としての台風(2)

    昨夜は月明りが眩しかった。ベランダの窓を開け、ふと西空に目を向けるときれいな月が出ていた。未曾有の被害をもたらす台風19号千葉南部に壊滅的な被害をもたらした15号を超える過去最強クラス今度ばかりは東京も被害の蚊帳の外にはいられない。気象庁とメディアはそのように東京住民にメッセージを送り続けていたが結果はどうか?率直に言えば、関東に上陸した台風で ”いまだ経験したことのない”穏やかな台風だった。先月の...

    エイミ

    エイミスピリット

    読者になる
  • 台風

    昨夜から未明にかけて、首都圏は台風に見舞われました。台風19号。最強と言われていましたが、私が住むマンションには特に被害はありませんでした。この前、千葉県に甚大な被害をもたらした15号のときも、なぜか我が家は停電しませんでした。道を挟んで向かい側は軒並み停電していたのですが、ラッキーでした。今回の19号、各地で河川の氾濫などの猛威を振るったようですが、私は正直拍子抜けの感じです。窓という窓に英国国旗のような形で養生テープを張り、浴槽に水をため、2Lペットの水を何本も買い込み、カロリーメイトをいくつも備蓄して備えたのですが、結果的にはどれも必要ありませんでした。まぁ、必要ないほうが良いのですけれど。それにしても、各地の河川が氾濫する様には、テレビで見ているだけで震え上がるような恐怖を感じさせられました。被災地の皆...台風

    とびお

    うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー

    読者になる