TOPICS

ファンタジー 新着記事

1件〜50件

  • ふまんがあります

    ふまんがあります/ヨシタケシンスケ/PHP研究所/2015年わたしはいまおこっているなぜならおとなはいろいろとズルいからだ。ちゃんともんくをいってズルいのをやめてもらおう。「どうしておとなはよるおそくまでおきているのに、こどもだけはやくねなくちゃいけないの?」「どうしておふろにはいるじかんを、おとながかってにきめちゃうの?」「どうしておとうとがわるいのに、わたしばっかりおこられるの?」「どうしてパパはじぶんがほしいものはすぐにかうのにわたしのほしいものはかってくれないの?」「どうしてニュースをみなくちゃいけないの?わたしはアニメがみたいのに!」まだまだふまんがどっさり。子どもの不満に、納得いく答えだせるかなあ。パパのりゆうがとっても苦しいのです。これじゃ納得しません。もっとも、パパもこどもだってズルいと反論です...ふまんがあります

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる
  • 白銀の墟 玄の月2

    小野不由美 白銀の墟 玄の月2 民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗の行方を追う泰麒は、ついに白圭宮へと至る。それは王の座を奪い取った阿選に会うためだった。しかし権力を恣にし

    鯉のぼり

    読書備忘録

    読者になる
  • パンはころころ・・ロシア、ホットケーキ・・ノルウエー、ほか

    パンはころころロシアのものがたり/マーシャ・ブラウン・作絵八木田宜子・訳/冨山房/1996年新装版ロシアのこの話は、いろいろな再話がありますが、マーシャ・ブラウンというので借りてきました。お爺さんがお婆さんにパンを作ってと頼みますが粉がないというお婆さん。こねばちの底、粉箱の底の粉をかき集めて、出来上がったパンが、ころころ逃げ出します。パンは、のうさぎ、おおかみ、ひぐまから逃げ出し、きつねからも逃げようとするのですが・・・パンが逃げ出すときの歌は、そのまま読んでも面白くないので即興で歌うのが楽しそうです。昔話の特徴の、繰り返しが楽しい話です。裏表紙には、おじいさん、おばあさん、のうさぎ、おおかみ、ひぐまが、パンを追いかけていて、表表紙には、きつねが木のそばで、みんなをながめています。おだんごぱん/せたていじ・訳...パンはころころ・・ロシア、ホットケーキ・・ノルウエー、ほか

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる
  • ぴたっ!

    ぴたっ!/あずみ虫:さく・え/福音館書店/2013年ぞうの親子がらっこの親子がきりんの親子がかもの親子がカバの親子がふくろうの親子がくまの親子がぴたっ!からだをよせあいます。ぞうとらっこのあとは予想できます。どの親子もとっても幸せそう。作者紹介には、アルミ板をカッテイングする技法で、作品を制作しているとありました。ぴたっ!

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる
  • 白銀の墟 玄の月1

    小野不由美 白銀の墟 玄の月1 戴国に麒麟が還る。王は何処へー乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王

    鯉のぼり

    読書備忘録

    読者になる
  • ガリレオの苦悩

    東野圭吾 ガリレオの苦悩 “悪魔の手”と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙

    鯉のぼり

    読書備忘録

    読者になる