TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

ファンタジー 新着記事

NEW POST
help
  • きみののぞみはなんですか?

    記録的な大雨、土砂崩れや川の氾濫。いつもいわれるのは、かって経験したことがないということ。電車の車窓で、山のふもとに家が多く建てられているのをみると、いつかは身近なところで起きても不思議はないと思わざるをえません。とにかく一日も早い復旧ができたらと願うばかりです。きみののぞみはなんですか?/五味太郎/KTC中央出版/2019年・テレビ・なにをみてるの?わたしをみてるひとをみてるの・・・たまご・どうしたいの?かえりたいのもとのところへはやくかえりたいの・お皿・なにまってるの?お料理?まさか!料理でよごれたあとにあらわれてピカッと元にもどるのをまってるのさ!黒い太い線が特徴で、笑ったり、うなずいたり、そうかとおもったり。きみののぞみはなんですか?

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる
  • うりこひめとあまんじゃく

    うりこひめとあまんじゃく/堀尾青史・文赤羽末吉・絵/BL出版/2020年1976年の復刊といいます。全国で伝承され再話も多くあります。ばさまが川でせんたくをしていると流れてきたのはうり。それは見事な布を織るようになったうりこひめは、隣村の長者のところへ、嫁にいくことになりました。うりこひめが機を織っているところへやってきたあまんじゃくが「ちいとだけとをあけろ。かためのたまだけ、あけてくれろ」と、戸を開けさせると、うりこひめをさらい柿の木谷の木にくくりつけると、あまんじゃくは、うりこひめにばけばあさまのところへ。ばさまにだされたご飯を見ると、あまんじゃくのうりこひめはがつがつしゃぶりつきます。いよいよおよめいり。よめさんは「柿の木谷をとおるのはいや、梨の木谷をいっとくれ」といいますが、とんびは「いや、柿の木谷がみ...うりこひめとあまんじゃく

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる
  • 7/7 午前一時 604話アップ予定

     ちょっと文字数が過去最長になってしまいましたが、有言実行したかったのでぶち込みました。  まあ、だらだらアップするのも疲れますしね。これで地下闘技場の戦いは終わりとなります。  サナが負け続けていたこともあってか、最後は鬱憤を晴らすように大きな花火が上がってしまいましたが...

    ぷるっと企画

    ぷるっと企画の活動日誌DX

    読者になる
  • 傷ついた心が帰る場所

    自然の猛威はとてつもなく、 人間が自然を操るものではないことを思い知らせてくれます。  人間は、小さいもの。 特に一人では。  打ちひしがれて、立てないほどに…

    自分磨きマスター☆土井

    自分磨きマスター☆土井の女性のための心理学講座

    読者になる
  • 傷ついた心が帰る場所

    自然の猛威はとてつもなく、 人間が自然を操るものではないことを思い知らせてくれます。  人間は、小さいもの。 特に一人では。  打ちひしがれて、立てないほどに…

    自分磨きマスター☆土井

    自分磨きマスター☆土井の女性のための心理学講座

    読者になる
  • こてんぐちゃん

    こてんぐちゃん/長野ヒデ子:作・絵/童心社/2011年てんぐのぼうやのこてんぐちゃんが、お父さんてんぐのやつでのうちわでちょっとあそぼとパタパタすると、鼻がにょきにょきのびました。おもしろいとパタパタつづけるとぐんぐんにょきにょき!すずめがやってきてブランコ遊び。くねくねにょきにょき!へびみたい。あららはちがやってきてちくり。いたい!いたい!わーんいたいよー!とうさんてんぐがやってきて「いたいのいたいのとんでゆけー」こてんぐちゃんもおおよろこび。父さんのながいながい鼻で、ブランコ遊びです。いたってシンプルなので、小さい子も楽しめそうです。一本足の下駄に気がついてくれるかな?こてんぐちゃん

    どんぴんからりん すつからりん

    どんぴんからりん すつからりん

    読者になる