TOPICS

ホラー・怪奇 新着記事

1件〜50件

  • <最怖>花(長編)

    車の免許取ったばかりの頃って、みんな仲間内で集まっていったことない道とかドライブしまくったりするよな。 一昨年の俺もそうで、夏休みに実家に帰ったときに、地元に残った友達から誘われて何度かドライブに行っていた、その時に起きた事件を書こうと思う。 お盆の少し前くらい、朝からかなり暑い日だったのを覚えている。 中学の頃の同級生で、地元にいた頃は良くつるんでいた腐れ縁の友達から 「女の子誘ったからドライブいこうぜ」 と電話があって、午前中のうちに迎えにきてくれることになった。 俺は友人がどういう意図で俺を誘ったのか知っていたが…w 要するに、友人はその時付き合いたい女の子がいて、1対1じゃ誘えないから…

    かける

    <最怖>この世で最も怖い話まとめ

    読者になる
  • <最怖>信仰(長編)

    孤独だった俺の話を暇つぶしに聞いてください。 小学校5年生の時、交通事故で両親を亡くして祖父に引き取られた。 その時から俺の時間は止まってしまったようになって何も考えられなかった。 事故の前のことは何も思い出せなくなり、何もかも楽しくなくなった。 転校した先の小学校でも、何もしゃべれず、全く友達もできなかったし、友達を作りたいとも思わなかった。 ただ、朝になったら学校に行き、自分の席に座って授業にのみ集中し、学校が終わればすぐに家に帰った。 先生は気を使っていたようだが、みんな気味悪がっていたと思う。 いつもステテコと腹巻姿の祖父は優しく、慣れない手つきで家事をしつつ、俺の好物の鳥の唐揚げを良…

    かける

    <最怖>この世で最も怖い話まとめ

    読者になる
  • <最怖>赤いコートと黒服の噂

    私が大学で体験したことを語ろうと思う。 こんなことをするのは初めてなので、長くて読みにくいだろうし、作り話と思われるかもしれない。 私自身も何処までが現実でどこまでが幻覚なのか、私にももう分からないから。 春先の事だった。 私は社交性に乏しかったから、周りとはあまり関わらない生活を送っていた。 だがその年は、随分多くの噂話を聞いたように思う。 ただ私自身は当時そういったものに全く興味が無く、人喰い峠やら幽霊電車やら山の祟り神やらを聞いても、どうとも思わなかった。 反応したのは、斜め前の席に座っていたVだった。 「へえ、さっきの詳しく聞かせてよ。」 Vはいつもへらへらしていて、男女問わず誰とでも…

    かける

    <最怖>この世で最も怖い話まとめ

    読者になる
  • 日々の恐怖 10月14日 タヌキ(5)

    日々の恐怖10月14日タヌキ(5)ある日、お袋が買い物に行っている時にお絵書きを始めたが、途中で書くものが無くなって、和室の押入れの襖なんかにも書き殴ったらしい。案の定、帰宅したお袋が激怒して、書いた物全て捨てられたみたいだ。その時に、お気に入りの一枚だけ隠したと言う。当然、みんな絵が気になる。姉貴に、「見せろよ!」と言うと、渋々見せてくれた。何だか良く判らないものだ。「狸・・・?」「犬・・・?」「猫・・・?」「狐・・・?」「ピカソみたいだ・・・。」様々な意見が出た。姉貴に、「何、これ?」と聞くと、“ムスッ!”としながら、「たしか、馬・・・・・。」と答えた。これを、「馬だ。」と言う姉貴も凄いが、「自分の絵だ。」と思う狸の感覚も素晴らしい。伯母のアドバイスを基に、写真立てに入れて神棚の端に置くことにした。「昔から...日々の恐怖10月14日タヌキ(5)

    大峰 正楓

    大峰正楓の小説・日々の出来事・日々の恐怖

    読者になる