TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

学術・専門書 新着記事

NEW POST help
  • 【まとめ】思想と対立 ~一流と二流の相違と出世のための階段【38】

    まとめ38 思想と対立 ~一流と二流の相違と出世のための階段 このまとめの要旨 書いたものの一覧 まとめ38 思想と対立 ~一流と二流の相違と出世のための階段 このまとめの要旨 思想的に対立することもあるけど、それは一流同士であればそれなりなら相手の立場を尊重すると思うけど、二流になれば出世の階段として思想を利用しててまともなこと言えないから罵ってばかりで、そんな人が権力に近寄ろうとするから見えないところで腐敗が進むのかもしれないね、というようなお話のまとめ。 書いたものの一覧 www.waka-rukana.com 保守と左翼って違うようだけど似てるところもあるんじゃない、理想社会を求めてる…

    羽架 瑠夏奈

    日々是〆〆吟味

    読者になる
  • 令和2年8月分 特許出願等統計速報

    令和2年8月分 特許出願等統計速報が公表されました。前年同月比で、特実、意匠、商標とも減少です。 四法全てが減っており、おそらくお盆休みを長めに取った方が多か…

    123

    知的財産と調査

    読者になる
  • 日本知財学会 第18回年次学術研究発表会 プログラム

    日本知財学会第18回年次学術研究発表会 プログラムが公表されています。2020年11月28日、29日の土日に、電気通信大学からWebで開催されます。 IPラン…

    123

    知的財産と調査

    読者になる
  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「こうしてヒトになった」(マイケル・ブライト著/化学同人)

    <新刊情報>書名:こうしてヒトになった~人類のおどろくべき進化の旅~著者:マイケル・ブライト絵:ハンナ・ベイリー訳者:堀江里美発行:化学同人時間を巻きもどしてみましょう。一匹の賢いサルが木から下りて、世界をすっかり変えてしまった。ほかのどんな動物にもできなかったことである。わたしたちの起源をたどり、人類の歴史にその名を刻んだ親せきたちに会いにいこう。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「こうしてヒトになった」(マイケル・ブライト著/化学同人)

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • ●科学技術ニュース●NIMSと日油、柿渋をヒントに、汎用性の高く多機能な接着材料を開発しサンプル出荷を開始

    物質・材料研究機構(NIMS)と日油は、日本古来の天然塗料である柿渋をヒントに、金属、セラミックス、有機材料など様々な材料に接着し、防錆などの機能を付加できる高分子を開発、サンプル出荷を開始した。使用先の材料を選ばず、様々な機能を付加できる汎用的な接着材料として、インフラ・半導体・自動車産業など幅広い分野での利用が期待される。NIMSと日油の共同研究チームは、汎用性の高い接着材料の実現を目指し、柿渋に注目して開発を行った。柿渋は日本古来から用いられてきた天然由来の防水塗料であり、魚網や釣り糸、うちわや傘などに使用されてきた実績がある。この渋柿の接着成分であるポリフェノールを活用することで、金属や無機・有機材料など様々な材料の表面によく接着する高分子材料の開発に成功した。さらに、開発材の汎用性の高さを生かし、金属...●科学技術ニュース●NIMSと日油、柿渋をヒントに、汎用性の高く多機能な接着材料を開発しサンプル出荷を開始

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「材料力学<増補>」(戸伏 壽昭、稲葉 忠司、池田 忠繁、竹市 嘉紀、小野 勇一、松井 良介著/コロナ社)

    <新刊情報>書名:材料力学<増補>~機械設計の基礎~著者:戸伏壽昭、稲葉忠司、池田忠繁、竹市嘉紀、小野勇一、松井良介発行:コロナ社材料力学は、機械要素の設計において基礎となる重要な学問である。同書では、大学での教育・研究および企業における実務経験に基づき、材料力学で重要な基本的な内容をわかりやすく解説しながら、機械要素の設計で必要な課題を解決するための内容も取り上げ、15章構成とした。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「材料力学<増補>」(戸伏壽昭、稲葉忠司、池田忠繁、竹市嘉紀、小野勇一、松井良介著/コロナ社)

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • 人間が経験することによって認識が可能な科学的に存在しうる世界と、経験を超えた領域へ哲学的思考によって捉えられる世界の違いによる、科学者と哲学者の相違

    経験世界の科学と思考能力の向かい先を見る哲学者 理解出来る領域としての経験世界 【ロック『人間悟性論』】 経験世界に限定して考える科学 【カント『純粋理性批判』】 哲学者と科学の微妙な関係 〜経験世界以外も人間は考える 【ヘーゲル『精神現象学』,フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』,ハイデガー『存在と時間』】 【アリストテレス『形而上学』】 前回のお話 矛盾とは認識できない領域への思考である哲学や思想へといざなう日常的な契機となる ~論理的解決では果たされず残されるままの矛盾 - 日々是〆〆吟味 経験世界の科学と思考能力の向かい先を見る哲学者 形而上学 (講談社学術文庫) 作者:…

    羽架 瑠夏奈

    日々是〆〆吟味

    読者になる
  • 「ブランド・インキュベーション戦略 -- 第三の力を活かしたブランド価値協創」

    有斐閣のブランド戦略に関する近刊です。 ブランドが生成されるプロセスに関して、時間軸に踏まえた新たな枠組みを提唱。多くの事例を通して、企業と消費者に加え、第3…

    123

    知的財産と調査

    読者になる
  • 【まとめ】保守と左翼の成り立ちや違いと似ているところ【37】

    まとめ37 保守と左翼の成り立ちや違いと似ているところ このまとめの要旨 書いたものの一覧 まとめ37 保守と左翼の成り立ちや違いと似ているところ このまとめの要旨 保守や左翼の対立から、思想の違いからくる対立と、いやいやそれは実のところ一流と二流の違いでもあり、二流は出世の階段として思想を利用している、というようなお話のまとめ。 書いたものの一覧 www.waka-rukana.com 経済システムが変化したことによって政治システムまで変わってしまってフランス革命が起こってしまいました、ーというようなお話。 www.waka-rukana.com そんなフランス革命に反対する形で保守思想とい…

    羽架 瑠夏奈

    日々是〆〆吟味

    読者になる