書評・レビュー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/28 05:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
さくらさん

2位
三原白さん
  • 情報提供□『高慢と偏見とゾンビ』 白の感想三原白さんのプロフィール
  • □『高慢と偏見とゾンビ』"Pride and Prejudice and Zombies" 2016(Blu-ray) 18世紀末の英国。ベネット家の五人姉妹は、謎の疫病から発生したゾンビを退治するため、日夜腕を磨いていた。が、母親の関心事は娘たちの結婚のことばかり。折しも近所のネザーフィールド屋敷に若い財産持ちの青年ビングリーが引っ越してくる。次女エリザベスは、ビングリーの友人であるダーシー大佐の高慢さに驚くが、彼は彼女の戦いぶりに興味を持

3位
eakumさん
4位 あにあむさん
  • 情報提供魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(3) ラノベ寸評−意見には個人差がありますあにあむさんのプロフィール
  • 著者:刈野ミカタ出版社:MF文庫J魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(3)神霊魔剣を操る貴族の乙女のみが通うグランディスレイン魔法学園。そこに入学した魔力ゼロにして唯一の男。ユーベルが主人公。「愛は偉大、超便利、マジ効率いい」が座右の銘であり、順調にハーレム「王閥」を拡大させています。前巻で学園最大姫閥「桜花夜会」の主・アンリエットを落とした…かにみえたユーベルですが、
5位 あにあむさん
  • 情報提供異世界取材記 ラノベ寸評−意見には個人差がありますあにあむさんのプロフィール
  • 著者:田口仙年堂出版社:ファンタジア文庫異世界取材記 〜ライトノベルができるまで〜主人公は中堅ラノベ作家。編集からのオーダーである「無双とハーレム」を体験するため、KADOKAWAが用意したルートで異世界取材へと赴く。ってなんのこっちゃ? 作品世界では、ラノベ作家は「実体験」をもとに作品を仕上げることが多いようで、異世界にも取材旅行に出かけるようです。さらに編集と闘うため、格闘技的にも強いようで… 若干(
6位 かずさんさん
  • 情報提供休まない男(笑) スパルタスロンとUTMBへの遥かなる道かずさんさんのプロフィール
  • 昨年、惨敗とご報告したトレニックワールド100mile 100km in 彩の国でしたが、今回は何とかリベンジ完走したことは、すでにご報告したところである。 この大会、共にUTMB完走を目...
7位 shingoさん
  • 情報提供『 A 』(中村文則)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『 A 』中村 文則 河出文庫 2017年5月20日初版A (河出文庫)「一度の過ちもせずに、君は人生を終えられると思う? 」 女の後をつける男、罪の快楽、苦しみを交換する人々、妖怪の村に迷い込んだ男、首つりロープのたれる部屋で飛び跳ねる三つのボール、無情な決断を迫られる軍人、小説のために、身近な女性の死を完全に忘れ原稿を書き上げてしまった作家 − 。いま世界中で翻訳される作家の、多彩な魅力が溢れ出す13の「生」の物
8位 まおまおさん
  • 情報提供【歌舞伎】十五代目片岡仁左衛門さんの人となりがよく分かる1冊 通勤時間の本は何にする?まおまおさんのプロフィール
  • おはようございます。「まおまお」で〜す。いつもブログを見ていただきありがとうございます。今回の書籍の紹介はコレです。小松 成美『仁左衛門恋し』(徳間書店,2014) 780円(税別)仁左衛門恋し (徳間文庫カレッジ) [文庫]小松 成美徳間書店2014-12-05この書籍をサクッというと十五代目片岡仁左衛門さんのインタビュー集。関西の歌舞伎界のことや十五代目片岡仁左衛門さんの人となりなどが分かる内容となっています。目次はじ
9位 宮内則幸さん
  • 情報提供やさしい落語(柳家 花緑・監修):書評「最近の客はやりづらくってしょうがないや」 本のブログ ほん☆たす宮内則幸さんのプロフィール
  •  書評こぼれ話  関西の人にとって  桂枝雀の落語ほど印象に残る笑いはないのでは  ないか。  ある時期単身赴任をしていた頃  桂枝雀の落語を録音して  寝る前に聞いていたことがあった。  笑い過ぎて  眠るどころではなかったが。  そのあたりが私の落語ブームの第一次、  そして今が第二次だろうか。  そこで今日は  柳家花緑さん監修の  『やさしい落語』。  いつか寄席デビューをしたら  報告し
10位 shingoさん
  • 情報提供『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『ツ、イ、ラ、ク』姫野 カオルコ 角川文庫 2007年2月25日初版ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)地方。小さな町。閉鎖的なあの空気。班。体育館の裏。制服。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々 − 。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人達へ贈る、かつてなかったピュアロマン。 恋とは、「墜ちる」もの。(角川文庫)恋とは、するものではない。恋とは、落ちるものだ。どさっと
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 shingoさん
  • 情報提供『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷煩悩の子 (双葉文庫)桐生極(きわみ)は小学五年生。いつも周囲にずれを感じているが、なぜなのかよく分からない。どういう局面でも腑に落ちないし、落ち着かない。でも、油断はしていない。ただひとつだけ分かっているのは、いまここで間違ったら、先々どんくさい人間になりかねないということだ − 。世界と向き合い始めた少女の日々の観察と分析をシニカルなユーモアで描
12位 ridiaさん
  • 情報提供順位スゴい…つか、集計ミスってるんじゃ? こんな本を読んだridiaさんのプロフィール
  • マンガアニメ ジャンル順位22位、は、公式ジャンルに移転してるブログが少ないのかもしれないしまあまあ有るかもね。 昨日はちゃんとマンガの感想の記事書いたし! もういっこは映画の感想記事だけど。公式ジャンルしてる記事じゃないけど。 が、全体ブログランキング4204位はありえないっしょ。順位高すぎ。アクセス数1万超えとかになってるワケでもないのに。アクセス数以外にも判断基準があるのかな
更新時刻:17/05/28 05:30現在