書評・レビュー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/24 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
eakumさん

2位
kazuさん
  • 情報提供677冊目 帰郷/浅田次郎 ヘタな読書も数撃ちゃ当るkazuさんのプロフィール
  • 「帰郷」浅田次郎著・・・★★★★学生、商人、エンジニア、それぞれの人生を抱えた男たちの運命は「戦争」によって引き裂かれた――。戦争小説をライフワークとして書く著者が、「いまこそ読んでほしい」との覚悟を持って書いた反戦小説集。戦後の闇市で、家を失くした帰還兵と娼婦が出会う「帰郷」、ニューギニアで高射砲の修理にあたる職工を主人公にした「鉄の沈黙」、開業直後の後楽園ゆうえんちを舞台に、戦争の後ろ姿を描く

3位
三原白さん
  • 情報提供◆『恋するダイアリー』ペニー・ジョーダン 白の感想三原白さんのプロフィール
  • ◆『恋するダイアリー』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン) 夫から離婚を言い渡され、一人で誕生日の夜を過ごすはめになったキティは、ライフコーチから言われた日記をつけることにする。“十年後の誕生日までに達成したいことを十個あげてみましょう”──「インラインスケートをマスターする」「口の中でとろけるようなペストリーを焼けるようになる」「サルサをマスターする」「十四番地に越してきたセクシーな新しい隣人のよ
4位 シカフさん
  • 情報提供怪盗の伴走者. 三木笙子 シカフ衛星Cシカフさんのプロフィール
  • 伴走者/反魂蝶/怪盗の伴走者明治の世を賑わす怪盗ロータス。彼は高広の前に時折姿を現す。先月の末、凌雲閣でロータスが盗みを失敗。再度狙うと予告状が届き、怪盗ロータスの一連の窃盗事件について主任検事となった安西が策を練る。そして、その夜ロータスが狙いを定めたものは、絵ではなかった。(怪盗の伴走者、より)君なら僕と同じ速さで走ることができる。ロータスと安西の出会い、一緒に駆け抜けた日々、再会の後。という
5位 あにあむさん
  • 情報提供ワキヤくんの主役理論 ラノベ寸評−意見には個人差がありますあにあむさんのプロフィール
  • 著者:涼暮皐出版社:MF文庫ワキヤくんの主役理論主人公は、青春を最大限に楽しむためのメソッド「主役理論」を掲げる・我喜屋未那。ようやく勝ち取った一人暮らし。アパートの隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトでバイト先も趣味嗜好もすべてが同じ……違うのは、真逆の「脇役哲学」を掲げていること。そんな叶と壁越しに口げんかを続け、同時に部屋の壁を蹴破ってしまいます。当然大家さんに叱られると思ったら
6位 kazuさん
  • 情報提供675冊目 ラブコメの法則/東山彰良 ヘタな読書も数撃ちゃ当るkazuさんのプロフィール
  • 「ラブコメの法則」東山彰良著・・・★★★博多で映画評論家をしている松田杜夫、独身。見た目は悪くないくせに、彼女なし。一体なにが災いしているのか? そんな彼がシングルマザーの岩佐まち子に恋をした! 甥の裕樹をダシに使い、積極的にアプローチ。そんな中、映画の試写作品盗難事件が発覚する。その取引現場を見たかもしれない彼は、真相を探ることに――。美人でキョーレツなおばたちに振り回されながら疾走する青春恋愛
7位 kazuさん
  • 情報提供676冊目 無関係な死・時の崖/安部公房 ヘタな読書も数撃ちゃ当るkazuさんのプロフィール
  • 「無関係な死・時の崖」安部公房著・・・★★★☆自分の部屋に見ず知らずの死体を発見した男が、死体を消そうとして逆に死体に追いつめられてゆく『無関係な死』、試合中のボクサーの意識の流れを、映画的手法で作品化した『時の崖』、ほかに『誘惑者』『使者』『透視図法』『なわ』『人魚伝』など。常に前衛的主題と取り組み、未知の小説世界を構築せんとする著者が、長編「砂の女」「他人の顔」と並行して書き上げた野心作10編を
8位 シカフさん
  • 情報提供東京B級グルメ放浪記. 鈴木隆祐 シカフ衛星Cシカフさんのプロフィール
  • 食の安全や定番商品の開発秘話などのルポが主体で、グルメ記事をきちんと書いたことがない筆者が半年は外食三昧10キロ増。自分を犠牲?にして書きあげたB級グルメの一冊です。でも、ワタクシも挑戦するには辛い年齢です。。。それでも行ってみたいお店:サンドイッチ@はまの屋パーラーオムライス@光栄軒カツカレー@キッチン南海
9位 ma2373さん
  • 情報提供ブックオフで立ち読みができなくなっていく 走って、登って、読書する!?ma2373さんのプロフィール
  • 最近ブックオフで立ち読みしづらい環境になってきています。たとえば三宮センター街店では、プロパーのマンガはほとんどの商品が袋に入れられていて立ち読みできなくなっています。その結果、プロパーの棚周辺は閑散としていました。もうひとつは、本をヤフオクで出品している関係でこういうことになっているのでしょうが、単行本のプロパー棚で袋詰めされているケースが増えてきています。写真はブックオフ高槻別所店のものですが
10位 shingoさん
  • 情報提供『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)IT企業Jプロトコルの中井優一は、東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。同僚の伴浩輔とともにバンコクでの商談を成功させた優一は、帰国の途上、澳門(マカオ)の娼婦から予言めいた言葉を告げられる −「あなたは、王として旅を続けなくてはならない」。やがて香港の子会社の代表取締役として出向を命じられた優一
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 citeさん
  • 情報提供パーフェクト・プラン from butthole with loveciteさんのプロフィール
  • 映画『パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画』('11/"Thin Ice") 鑑賞。金に困った保険のセールスマンが、ほんの出来心から勧誘先の老人の高価なバイオリンを盗むことに。だが計画は思いもよらぬ展開となり、泥沼にはまっていく…(←Netflixより引用)って話で、主演は...
12位 隅の老人さん
  • 情報提供1798.駈け出した死体 隅の老人のミステリー読書雑感隅の老人さんのプロフィール
  • 駈け出した死体The Case of The Runaway Corpse読了日2017/11/20著 者E・S・ガードナーE.S.Gardner訳 者田中西二郎出版社早川書房形 態ポケミス341ページ数251発行日1975/10/15(7版)ISBN4-15-00009-2上の著者名を すると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。日、今年一番の冷え込みだとかいう、気象情報がテレビで伝えられているが、なるほど雲の合間から薄日が差してはいるものの、温度は上がらず10
13位 かつきさん
14位 ヨッシィー☆さん
15位 ridiaさん
  • 情報提供今日はいい夫婦の日 2017/11/22 こんな本を読んだridiaさんのプロフィール
  • だんなデスノートがベストセラーになる勢いらしいですね。(だんなデスノートについての記事→だんなデスノートvs.うちの旦那が素敵 ) 夫婦やカップルの皆さん、円満ですか? あれ、今ってカップルって言わない?…アベック?連れ合い? 恋人同士? ラバーズ? 今時の言い方がわからないけど、らぶらぶの2人のことね。入籍してるか男女かなんて瑣末なことよ。 えーうちは結婚して12年?13年?そのくらいになるんですが、つまりア
16位 zさん
  • 情報提供021 / 454 U.W.F.外伝 zの無差別級読書logzさんのプロフィール
  • 10点満点で、7点。面白かった。リアルタイムで見たことはないんだけれど、シュートボクシングに始まりK-1やリングス、みちのくプロレスにまで上がった流浪の格闘家、平直行の自伝。自伝と言っていいのかなあ。基本的に格闘技の世界で生きてきた、平の目から見たプロレスと格闘技の境界線、といったほうがいいのかもしれない。新鮮だったのが、前田日明のことを認めているというか、尊敬している感じが伝わってくること。色々本を読
17位 鈴林さん
18位 zさん
  • 情報提供020 / 453 1993年の女子プロレス zの無差別級読書logzさんのプロフィール
  • 10点満点で、7点。面白かったが、タイトルには違和感があるな。インタビュー集だし、1993年の話題が多いわけでもないし、そこを中心に時系列で追っているわけでもない。「全女を駆け抜けたレスラーたち」くらいの方が、内容に合致していると思う。1993年はJWPもLLPWもあったが、当時全女にいた、あるいは全女出身だったレスラーばかりで、例外は尾崎魔弓、里村明衣子、広田さくら、ロッシー小川だけ。ロッシー小川は全女のスタッフ
19位 さくらさん
20位 ヨッシィー☆さん
21位 隅の老人さん
  • 情報提供1797.弱った蚊 隅の老人のミステリー読書雑感隅の老人さんのプロフィール
  • 弱った蚊The Case of The Drowsy Mosquito読了日2017/11/17著 者E・S・ガードナーE.S.Gardner訳 者尾坂力出版社早川書房形 態ポケミス309ページ数213発行日1989/02/28(5版)ISBN4-15-00009-2上の著者名を すると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。在はあまり見かけなくなった蚊帳(かや)、僕の子供の頃は庶民の家では夏の必需品で、パタパタはたいてから中に入るという、蚊よけは欠かせないものだ
22位 ほたてさん
23位 吉永圭佑さん
更新時刻:17/11/24 07:30現在