書評・レビュー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/22 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
シカフさん
  • 情報提供海の底.有川浩 シカフ衛星Cシカフさんのプロフィール
  • 桜祭りで解放された米軍横須賀基地。その日の潜水艦埠頭には海上自衛隊11番艦『きりしお』が停泊していた。だが突然、ザリガニをメートル級に引き伸ばした甲殻類が無数に上陸、人々を襲い始める。逃げ遅れた子供を救出し、自衛官は『きりしお』に立て籠もる。外では機動隊が米軍、警察、自衛隊との駆け引きに、壮絶な防衛を強いられる。「空の中」でも思いましたが最後一気にケリがつくのですが、それまでは忍耐を強いられますね。

2位
shingoさん
  • 情報提供『よるのふくらみ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『よるのふくらみ』窪 美澄 新潮文庫 2016年10月1日発行よるのふくらみ (新潮文庫)以下はすべてが解説からの抜粋です。よくよく考えて、今回は尾崎世界観さんの文章こそを読んでほしいと思いました。(もちろん全文ではありません。かなりカットしています)ミュージシャンであり小説家でもある尾崎さんの「世界観」がとてもよくわかり、こんな文章が書けたらいいな、こんな風に書けたらどんなにか自由なのに。そう思う文章です

3位
shingoさん
  • 情報提供『闘う君の唄を』(中山七里)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『闘う君の唄を』中山 七里 朝日文庫 2018年8月30日第一刷闘う君の唄を (朝日文庫)新任の教諭として、埼玉県秩父郡の神室幼稚園に赴任した喜多嶋凛。三歳児クラスを担任することになり理想に燃えていたが、彼女の前に立ちはだかったのは 〈保護者会〉 という名のモンスターペアレンツたちだった。保護者たちの理不尽な要求に呆れる凛。けれど園長は、凛が驚くほどあっさりと保護者の言いなりになる。そこにはこの幼稚園の 〈保
4位 four-leaf cloverさん
  • 情報提供四十歳、未婚出産 毎日が読書日和four-leaf cloverさんのプロフィール
  • 四十歳、未婚出産1,620円Amazon ★★★★ 40歳を目前に思わぬ妊娠に揺れる、旅行代理店勤務の優子が主人公。お腹の子の父親であるイケメン部下、水野は28歳で結婚の意志もなければ子供なんてとんでもないと思っている自己中男。元を正せば、こんな男と一夜を共にした優子自体も悪いのだけれど、年齢的に子供を産める最後のチャンスだと思う優子の気持ちも解らない事はない。水野は元より、水野の彼女の紗絵、最低最悪なパワハラ
5位 0831nukoさん
  • 情報提供宝石箱の中にしまっておきたくなるような少女時代 イラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ0831nukoさんのプロフィール
  • 『ミーナの行進』  小川 洋子 (著)¥741 中公文庫(「BOOK」データベースより)美しくて、かよわくて、本を愛したミーナ。あなたとの思い出は、損なわれることがない―ミュンヘンオリンピックの年に芦屋の洋館で育まれた、ふたりの少女と、家族の物語。あたたかなイラストとともに小川洋子が贈る、新たなる傑作長編小説。第四二回谷崎潤一郎賞受賞作。 <こんな人におすすめ>1970年代前半の活気のある時
6位 shingoさん
  • 情報提供『リアルワールド』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
  • 『リアルワールド』桐野 夏生 集英社文庫 2006年2月25日第一刷リアルワールド (集英社文庫(日本))高校三年の夏休み、隣家の少年が母親を撲殺して逃走。ホリニンナこと山中十四子は、携帯電話を通して、逃げる少年ミミズとつながる。そしてテラウチ、ユウザン、キラリン、同じ高校にかよう4人の少女たちが、ミミズの逃亡に関わることに。遊び半分ではじまった冒険が、取り返しのつかない結末を迎える。登場人物それぞれの視点か
7位 宮内則幸さん
8位 0831nukoさん
  • 情報提供これからの資本主義を生き抜くための武器とは イラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ0831nukoさんのプロフィール
  • 『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版』  瀧本 哲史 (著)¥540 講談社文庫(「BOOK」データベースより)非情で残酷な日本社会で、20代が生き残るための思考法とは何か?不安に立ちすくむ日本人が、今こそ学ぶべき「本物の資本主義」とは何か?東大、マッキンゼーを経て、京大で人気No.1の授業を持つ客員准教授が世に問う必読の書。2012年度ビジネス書大賞受賞の名著をエッセンシャル版にして文庫
9位 かりあさん
  • 情報提供堆塵館/エドワード・ケアリー 本と空想を旅する日々〜かりあ読書日記〜かりあさんのプロフィール
  • あらすじロンドンのはずれにある堆塵館。そこはゴミの山を財産を築いたアイアマンガー一族が住んでいた。主人公クロッド・アイアマンガーもそんなアイアマンガー一族の純血であった。彼らはそんなたくさんの物から形成されたゴミの中で生きつつ、一人一人が生まれた時に誕生の品として贈られる物を大切にしていた。例えばマッチ箱、痰壷、トースター、ドアの取っ手、鼻毛切りハサミ…主人公クロッドは浴槽の栓。そしてそん
10位 mayuxxmayuさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 内田重太郎さん
  • 情報提供エイモス・チュツオーラ『文無し男と絶叫女と罵り男の物語』(1987) 海外文学読書録内田重太郎さんのプロフィール
  • 文無し男と絶叫女と罵り男の物語作者: エイモスチュツオーラ,Amos Tutuola,椎名正博,樋口裕一出版社/メーカー: トレヴィル発売日: 1994/07メディア: 単行本この商品を含むブログを見る★★★二千年前のナイジェリア西部に存在したラケツ・タウン。そこの王は予言によって宮殿から息子を追い出し、息子は文無し男と渾名される。さらに、副王は予言によって家から娘を追い出し、娘は絶叫女と渾名される。また、王の片腕は予言によ
12位 A Bouquiniste de Seto『 Stargate 』さん
  • 情報提供大人の塗り絵・・・超本格的です。 A Bouquiniste de Seto 『 Stargate 』A Bouquiniste de Seto『 Stargate 』さんのプロフィール
  • ※※※主に取り扱っている中古書籍を紹介しているブログです※※※大人の塗り絵。単色で塗るのではなく、影をつけたり濃淡を施したりと。本格的に塗り絵に取り組みたい方、上級者におすすめの塗り絵本が入荷しています。『名画で楽しむパズル塗り絵』出版:宝島社欄外に措定された色を色番号の指示通りに塗っていくと、名画が誕生します。フェルメール・ゴッホ・ルノワール・マネ、北斎・写楽・広重など80点と盛りだくさん。見たこ
13位 massironaさん
  • 情報提供イルマ・ラクーザ『もっと、海を──想起のパサージュ』 255字で巡らす愛おしい本たちmassironaさんのプロフィール
  • イルマ・ラクーザ著『もっと、海を──想起のパサージュ』 新本史斉訳 (鳥影社) 記憶は時間を遡り、より深く、より先へ進んでゆく。止まることのない想起の源、そのすべては経験の蓄積からなるのだと感じ入る。国境を越えて幾つもの国々と言語を縦横無尽に彷徨い続けた幼少からの確かな経験は、人と出会い、文学や音楽の深みを知り、散らばる自分の属する場所や書くことについて探求し、幾層にも自己を高める、今の“私”を形
14位 no13さん
  • 情報提供入倉は言葉が話せなくなりました… 新入社員の仕事と読書とたまに恋愛と…no13さんのプロフィール
  • こんばんは! ご無沙汰しております(^O^) 入倉です! おかげさまで ここのところ 毎日イベント&毎日お見合いの日々です。 もう曜日感覚がないです…笑 もう後半戦になりラストスパートなのですが… で… ついに昨日の婚活イベントで… 最後のインフォメーションをしているときに… そうです… 言葉が出なくなりました。笑 さすがに焦りました。笑 疲れか? 疲れだろうな…笑 疲れしか考えられない… それかボケ
15位 シカフさん
  • 情報提供BLOOD ARM.大倉崇裕 シカフ衛星Cシカフさんのプロフィール
  • BLOOD ARM/怪獣チェイサー沓沢の住む町は四方を山に囲まれ、山間の平地部分に集落が点在する。山頂に天体観測の研究所が建設されたが、サイトで謎の噂が絶えない。原因不明の地震が頻発する中、北側の過疎地に配達に向かった沓沢が見たものは破壊され尽くした集落と、自分に襲いかかる触手だった。山の話からオタクの話まで、シリアスからお笑いまで。その上に更になんと触手モノまでお書きになれるとは驚きです。裏表紙にホラー
更新時刻:18/08/22 07:30現在