読書日記 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/16 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Hiromiさん

2位
たろちゃんさん
  • 情報提供「パルプ」チャールズ・ブコウスキー 柴田元幸 訳 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 私立探偵ニック・ビレーン。いつも酒を飲んで競馬に入れあげ、ろくに仕事ができないのですがそれでも依頼は来ます。妻の浮気調査だったり、いるのかいないのかよくわからない赤い雀を探してほしいという依頼だったり。それだけならまだしも“死の貴婦人”という死神が出てくるかと思えば、地球を侵略するためにやってきた宇宙人の美女まで登場します・・・・。いやもうめちゃくちゃです。(笑)行き当たりばったりです。普通こうい

3位
たろちゃんさん
  • 情報提供「ああ、堂々の自衛隊」宮嶋茂樹 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 不肖・宮嶋、堂々のデビュー作です。まず第一部ではPKOでカンボジアに派遣される輸送艦『みうら』に同乗し、艦内の自衛隊員たちを取材。『みうら』の規模は2000トン。青函連絡船が5000トン、東京⇔和歌山間のフェリーが1万数千トンとのことで、しかも『みうら』は船底が平ら。つまり波が高くなるとかなり大変なことになるわけで。そんな中での取材が始まります・・・・。途中台風に見舞われたりしてとんでもない目に遭
4位 なおきさん
  • 情報提供車椅子スペースを占有している人に場所を空けてもらう方法 なおきのブログ(200冊読了/年)なおきさんのプロフィール
  • 車椅子スペース - Wikipedia (license: CC BY-SA)都内の通勤電車には車椅子(&ベビーカー)用のスペースがあります。先日、車椅子で乗車する方と乗り合わせました。通勤時間帯ということもあり、車椅子スペースが塞がっていました。ベビーカー連れの夫婦、妊婦の方、他に健常者2人。車椅子の方は、やむをえず両ドアの真ん中あたりに止めざるを得ません。つかまるところがないので不安定そうに見えます。車椅子の方があたりをキョ
5位 かもめ組さん
  • 情報提供『父と暮らせば』 観・読・聴・験 備忘録かもめ組さんのプロフィール
  • 井上ひさし 『父と暮らせば』(新潮文庫)、読了。著者名の安心感と、表紙絵の雰囲気から、軽い読み物かな・・・・著者と娘さんのエッセイとか?という勝手な推測で、内容を確かめもせずに買ってきたのですが読んでみたら、冒頭に「ヒロシマ」「ナガサキ」というフレーズが目に飛び込んできて、そういうテーマの劇の脚本なのか!と読み始めてようやく気付きました。広島の原爆で生き残った主人公と、亡くなった父。父は幽霊となっ
6位 新サスケさん
  • 情報提供入手した4冊(3) 風の庫新サスケさんのプロフィール
  •  最近の「入手した4冊(3)」を紹介する。 同(2)は、先の11月7日の記事にアップした。 まずAmazonのkindle unlimited本で、大山賢太郎「電子書籍で読書三昧」を、12月2日にダウンロードした。 1部の抄出版らしく、発行年次がわからない。 彼のkindle本「デジタル読書の技法」で大きな恩恵を受けたので、追加金・無料ならと、タブレットにダウンロードした。期待した縦書きではなく、
7位 新サスケさん
  • 情報提供わが眼鏡の洗い方 風の庫新サスケさんのプロフィール
  •  閑話休題。 中学2年生から68歳の今まで、眼鏡を掛けている。 最近はプラスチックのレンズで、遠近両用を掛けている。昨年7月3日にアップした記事で紹介した眼鏡は、定価13万8千余円だった。プラスチック・レンズは軽いが、傷が付きやすい。 そこで、僕の経験から編み出した、眼鏡レンズの洗い方を公開する。 まずキッチン・シンクで、蛇口の水をレンズの両面に流し、粒汚れ(小さなゴミなど)を除く。 次に横長のプ
8位 かもめ組さん
  • 情報提供『完全なる首長竜の日』 観・読・聴・験 備忘録かもめ組さんのプロフィール
  • 乾緑郎 『完全なる首長竜の日』(宝島社文庫)、読了。ブックオフの平台に積んである存在感と、そのタイトルの不思議な語感から、ずっと気になってました。このミス大賞受賞作ということですが、私的にはハズレくじの方が多い印象のこのミス大賞、果たして本作は???う〜ん、こりゃミステリじゃないな(爆)。第1回の大賞受賞作でも同じことを感想に書いているので、このミス大賞というのは、「ミステリの枠からはみ出そうな作品
9位 むさみかさん
  • 情報提供とりあたま炎上 忖度無用のチキンレース! 編 主婦の戦う読書日記むさみかさんのプロフィール
  • とりあたま炎上 忖度無用のチキンレース! 編1,620円Amazon とりあたま炎上 忖度無用のチキンレース! 編 読んでみました (マンガ・西原理恵子)+(コラム・佐藤優)=「最強コンビ」によるニュース解説第6弾! 右ページに佐藤優氏のコラム左ページに西原理恵子氏のマンガが配置されて見開き2ページで、その週話題になった時事問題に対して一言語るという形式になっています 佐藤優氏のコラムはとてもよくまとまっていますたまに やや
10位 夢見さん
  • 情報提供おかずから 夢見るババアの雑談室夢見さんのプロフィール
  • 面倒なので お正月には作らない鶏しんじょフードプロセッサーに材料入れてスイッチを押す取り出してラップで包む蒸し器で蒸すこと15分ばかしラップを外してフライパンで焼き色をつける冷めてから切る鶏ひき肉で作るかまぼこみたいなの海老も入れて作ってみました(ただフードプロッセサーを 時々やたら使いたくなるんです)いつもはミキサーで材料を混ぜたら厚手のフライパンで焼いてる伊達巻もどきハンディブレンダーを使って後
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 beckさん
  • 情報提供斉藤孝 著「50歳からの孤独入門」 ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、beckさんのプロフィール
  • この方の読書量は豊富なので、文章の中身が濃い。 巻末に記された、本書で取り上げた作品の数の多さもそれを物語っている。  ところで、50歳とは15年以上昔の話だが、15年くらいは誤差のうち、、、これ...
12位 るなのひるねさん
13位 ごまめさん
  • 情報提供第166回・和泉ワンコイン寄席 ごまめ〜の〜いちょかみごまめさんのプロフィール
  • 第140回・和泉ワンコイン寄席今日は、久しぶりに、ワンコイン寄席へ。お目当ては、智丸さんといわみせいじさん。もちろん、伯枝さんもですが・・・・・。和泉シティプラザここにある、和泉市の図書館は素敵です。一、笑福亭智丸・・・・・・・・・・「転失気」今日は、智丸さんの落語が聞きたくて、ワンコイン寄席に。丁度、会場へ行くエレベーターで楽屋入りする智丸さんに、バッタリ。ご挨拶をして、厚かましくも色紙をお願い、それも短歌ファンなので、落語家笑
14位 KAORUさん
  • 情報提供早く帰って欲しい時は 薫は只今シエスタ中!KAORUさんのプロフィール
  • 老母は茶飲み友達を畳みとカーペットが敷いてある和室に通す今の季節ファンヒーターを点けているので暖かくて部屋から出るのが嫌になるみたいで結構な時間おしゃべりが続く仲の良い人は良いんだけどそうじゃない人の場合はどうするのか と言うとフローリングのリビングに通すそしてエアコンも点けずファンヒーターも点けない底冷えがしてジッとしてはいられないって状況を作るらしい老母自身も寒くて凍えそうになりながら話し相手
15位 asyuuさん
  • 情報提供図書館巡り asyuu@forestasyuuさんのプロフィール
  • 寒いね。午後からクロモリロードで図書館巡り。まずは伊丹のことば蔵にて返却して新刊コーナーで目に付いた本を借りる。酷道の新刊も出るんやね、これは注目。ついで宝塚市の西図書館にて返却して、数冊本を借りる。散歩という言葉につい惹かれてしまう。ヘミングウェイに関するこの本を読んでいたら、ヘミングウェイの短編集を読んでみたいなと思っていたので、タイミングがいいだろう。それほど予約も入らない本だろうから、延長
16位 はなゆめ爺やさん
  • 情報提供高村薫     「冷血」(上)(新潮文庫) はなとゆめ+猫の本棚はなゆめ爺やさんのプロフィール
  • カポーティの傑作「冷血」は実際にカンサス州で起こった、農場主一家4人の殺害事件を捜査関係者や加害者2人を含め事件関係者に綿密に取材し、事件に至る過程から、加害者が死刑に至るまでを描いている。 このカポーティの作品を深く読み込んで、高村は、同じように歯科医家族4人の殺害、加害者も2人の事件を創造して、綿密に事件に至るまでの過程、捜査、裁判、死刑に至るまでの過程を描く。カポーティの作品を参照しているとはい
17位 白蓮さん
  • 情報提供実家の掃除。(掃除機&拭き掃除) 白い木蓮の花の下で白蓮さんのプロフィール
  • 日本には『子を持って知る親の恩』と言う言葉がある。自分が親となり子育ての苦労を経験して、初めて親のありがたさが分かるものだ。大辞林 第三版「子を持って知る親の恩」と言う言葉をは独身だったり、子どものいない夫婦をあげつらう時に「あの人は子どもがいないから分からないんだよ。『子を持って知る親の恩』って言うし」みたいな風に使う人がいるけれど、私は常々「それは違うんじゃね?」と疑問に思ってきた。と言うのも
18位 リネさん
  • 情報提供『ヤノマミ』 ちった図書室 〜Cittagazze〜リネさんのプロフィール
  • 読み始めた時は、まるで観光気分だった。日常を離れて湿気を含んだ広大な森の中へ。安全な場所、清潔で居心地の良い場所からコーヒーを飲みつつ、原始の生活を垣間見る。机の上の「浄水器のカートリッジを買う」なんてメモを見て、自分を笑ってみたりして。しかし……、読み進めるにしたがって、そんな余裕は全く無くなった。「圧倒的な生命と死」の前に消え失せた。広くて遠いと思っていたアマゾンの森が、あまりに小さく儚いと知
19位 みっちゃんさん
  • 情報提供「誰とでもどんなことでも分かりあえる」というのは幻想にすぎない 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
  • 幻想 : 現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。「幻想を抱く」「戦争のない未来を幻想する」戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 【私たちは完全には分かりあ
20位 かぼすさん
  • 情報提供週末、本とカフェ好き初心者が無計画に京都をぶらりと行く⑤ 東京で読書と散歩三昧、時々ウェブ編集かぼすさんのプロフィール
  •  前回の記事(リンク)に引き続き、京都の旅です(*´ω`)。ようやく2日目へと入ります。この日、お訪れたカフェの一部はすでに記事としてまとめているのでそれもリンクさせながらまとめていこうと思っています。でははじめまーす(*´ω`)(スタート地点はK's Villaです)では、今日も宜しくお願いします!続きを読む
21位 ジェリーさん
  • 情報提供スミレのように踏まれて香る  よしなしごとジェリーさんのプロフィール
  • スミレのように踏まれて香る (朝日文庫)スミレというのは、ひょんなことからある時期私のニックネームだったことがあり未だにその名前で私を呼ぶ人も少なくない。自分としてはかなり思い入れのある名前なので、この題名を観た瞬間にこれは読まなくては と思った(笑)カトリックの修道女でもあり女子校の校長でもあった方の著書。こういう系統の本を手に取ったのは久々で最初はなんとなく著者の肩書に気後れし、年取った分、どこか
22位 カッパさん
  • 情報提供言い出しにくいけど実は苦手なものとマタニティブルー?! 断酒と心身健康の為の読書カッパさんのプロフィール
  • アラフォー初産婦のカッパです。みんなに会うたびに「元気なあかちゃん産んでね」「1人の体じゃないんだからね」「よかったねーおめでとう!!」と言ってくれます。有難いし、私だって妊婦さんにあったらそう言うけどここだけのはなし、、、。私、子供も赤ちゃんも苦手、、、。あったら「うわーー!可愛いね」とか言ってたけど、そう言わないと非国民みたいだから言ってた。だから、親戚の集まりが妹や義姉が子供連れてくるので苦手に
23位 tadasiさん
  • 情報提供全電源喪失の記憶 証言・福島第1原発ー1000日の真実 気まぐれ日記tadasiさんのプロフィール
  • 全電源喪失の記憶――証言・福島第1原発――1000日の真実 [単行本]共同通信社原発事故取材班祥伝社2015-03-062014年3月10日から78回にわたって共同通信社から配信された長期連載である。筆者は巻頭で、「故に反原発とか原発推進とかいう議論にも本書は与(くみ)しない」等と、その立場を明記した上で、「安全とは何か。原発とはどうあるべきか。原発とどう向き合っていくべきかー。読者のみなさんに是非考えていただきたい」
24位 夢見さん
  • 情報提供振り返れば いい加減^^; 夢見るババアの雑談室夢見さんのプロフィール
  • 近場のイトーヨーカドーが撤退後 その建物に入ったのはメガドンキーそれから電気屋さん お茶屋さん 服屋さん数軒 食事関係チェーン店建物的にはリニューアルしたような感覚でもって開店当初は人が多いから避けたいぞーとそのまま一度も行ってなかった入院した病棟の廊下から その建物は真正面に看板が見えてメガドンキーの広告が新聞に入ると気になって眺めるものの・・・・・新しいお店開拓も面倒な気がして今日は姑の家に読
25位 ぼけやまさん
  • 情報提供5分前の話を簡単に忘れちゃう 青山祐己の酔いどれ音楽!ぼけやまさんのプロフィール
  • もともと曜日感覚のある生活はしてないけれど、この時期は尚更で、居酒屋は毎日金曜日みたいな混み具合だからもう、ヘトヘトです。昨日も凄かった。お皿を下げているタイミングで連続で注文されると、流石に覚えきれなくてですね…俺、聖徳太子じゃ無いですから!みたいな気持ちになるんですが、なかなか御構い無しなもんで…まぁ、居酒屋のみならず、飲食店あるあるですな。弥太郎、新酒が続々と入ってきております。今のところ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 つばめさん
27位 キング登山さん
28位 小夜さん
  • 情報提供絵本・鬼のかいぎ(1382) 風がページをめくる小夜さんのプロフィール
  • 読書散歩  1382歩 鬼のかいぎ立松和平 文  よしながこうたく 絵時は平安、琵琶湖の近くに、大きなクヌギの木がありました。多くの生きとし生けるものが、その木をよりどころにしていました。しかし、田んぼが影になると、村人たちが、帝にお願いして、その木を切ったのです。それに怒った鬼たちが森に集まり、会議をはじめました…。今昔物語を下敷きに、自然の使いである「百鬼」の闘いをユニークに描いた創作絵本。その後
29位 地方自治翁さん
  • 情報提供入管法改正で政権は大丈夫か? 地方自治日記地方自治翁さんのプロフィール
  •    サイト案内(目次) 前稿では、特に日本の最大の課題である少子化対策との整合性から、外国人の在留資格を拡大した今般の出入国管理法等の改正は不適当であることについて綴りました。 「入管法改正は戦略を欠いた場当たり政策」  本稿では、自民党、安倍政権の党利党略、私利私略からみても、あまり有利な賭けとは思われないことについて綴ります。 安倍政権の力の源泉は? 森友、加計学園問題、安保法制等の強行採決、
30位 sordumさん
  • 情報提供あわわ・・・ 乱読記sordumさんのプロフィール
  • とんでもなく時間が過ぎました。このブログを書いていたところは1人目の妊娠中。それから引っ越したり、2人目を産んだり、そしてまた引っ越し・・と、過ごしているうちになんだか管理画面に入れなくなり、放置しているうちに時間が過ぎ去り・・・。いまや浦島太郎の気分です。でも、昔書いた書評は簡単に消す気分でもなくてまた復活しようかな〜。(見てる人はいないだろうけど・・・・)
31位 生田修平さん
  • 情報提供映画「マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年)」 閉じた僕の世界生田修平さんのプロフィール
  • アベンジャ−ズの一員として地球を守るために戦ってきたソー。彼の前に突如現れたのは、死の女神・ヘラ。そいつは、アベンジャーズのメンバーですら持ち上げることができない、ソーの究極の武器・ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、圧倒的なパワーでアスガルドへ攻撃をはじめる。ヘラの野望を知ったソーは、盟友ハルク、宿敵ロキらと破天荒なチームリベンジャーズを結成し、極限バトルに挑む!果たして、ソーたちは史上最強の
32位 みっちゃんさん
  • 情報提供実証主義と「自虐史観」 〜 日本の歴史学者がバカにされている理由 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
  • 実証主義(じっしょうしゅぎ、英: positivism、仏: positivisme、独: Positivismus)は、狭い意味では実証主義を初めて標榜したコント自身の哲学を指し、広い意味では、経験的事実に基づいて理論や仮説、命題を検証し、超越的なものの存在を否定しようとする立場である。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立
33位 あいらさん
  • 情報提供垣根涼介「信長の原理」 徒然日記あいらさんのプロフィール
  • 戦国モノは何冊も読んではいるのですが、思えば信長を主人公に据えた物語を読んだ記憶がないことに気がつきました。他の物語では、信長はその物語の主人公の主、もしくは敵。もしくは過去の人間だった。出番は少ないが出てきただけで圧倒的な存在感を醸し出す大物舞台俳優みたいな感じで、どこか遠くの人と言う立ち位置の人だった。この物語は、信長が信長の目線で自らを語る物語だ。とても新鮮だった。信長の原理。それは、蟻の原
34位 ホルモンさん
  • 情報提供【実体験】大学を中退する前にやるべきこと5選 大学中退ブログホルモンさんのプロフィール
  • この記事を読んでほしい人・大学中退を考えている人・大学中退をした人・現在、学生の方こんにちは、ゆーたです!仮想通貨で大損して、精神がやられました。嫌なことがあったかたは以下の記事を見て、こんなアホなやつもいるんだなと思って下さい。笑www.cyutai-freeter.jpさて最近、大学中退に関して2つのことを感じています。・大学中退前にやっておいて良かったこと・大学中退前にやらずに後悔したこと「学生」というだ
35位 ママレードさん
  • 情報提供パドヴァ  ―大学の街 日々雑感ママレードさんのプロフィール
  • 4日間滞在していたヴィチェンツァとヴェネツィアの間にパドヴァの街があります。今回のイタリア旅行の最後は、帰国の飛行機が夜の便だったので、朝にヴィチェンツァを発って半日だけでしたがパドヴァに寄ってみました。パドヴァの駅を降りて新しいビルの間の道をしばらく行くと、ヴィチェンツァにも流れていたバッキリオーネ川に行きあたり、橋を渡ると街の様子が歴史的な街区に入ったことを感じさせます。最初に訪れたところが、
36位 suoyimaiさん
  • 情報提供数学ガールの秘密ノート やさしい統計 さがしもの工房suoyimaiさんのプロフィール
  • 今回は統計がテーマです。最初のグラフの見せ方の話はとても参考になりました。グラフは見せ方によって、良くも悪くも錯覚してしまうため、作成者の意図を正しくくみ取る必要があるということがわかりました。表だけよりもグラフの方がぱっと見でわかると思い込んでいましたが、決してそうではないんですね。平均、偏差、確率(二項定理を使った)についてもわかりやすく説明されています。ただし、ミルカさんが出てくると一気に難易
37位 たろちゃんさん
  • 情報提供「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 山陰地方の山脈の奥に隠れ住む“辺境の人”にぽつんと紅緑村に置いて行かれた万葉。村の若夫婦に引き取られ育てられましたが、やがて製鉄業で界隈に君臨する赤朽葉家に嫁ぎます。子供の頃から未来の光景を見ることのできた万葉は千里眼奥様と呼ばれるようになります。その娘で長女の毛毬、そして語り手である孫の瞳子。赤朽葉家、女三代の物語です・・・・。しっかりと世界観を作っておられるなという印象ですね。万葉と毛毬が丁寧
38位 幻の民さん
39位 むさみかさん
  • 情報提供七十歳死亡法案、可決 主婦の戦う読書日記むさみかさんのプロフィール
  • 七十歳死亡法案、可決読んでみました 2年後、お義母さんが死んでくれる。「家族」の本音を、生々しくリアルに描く新・家族小説。 増え続ける社会保障費で破産目前の日本が「日本国籍を有する七十歳以上の国民は誕生日から30日以内に死ななければならない」という七十歳死亡法案を可決することから始まります 2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は義理母(84)の介護がやっと終わると喜びを隠しながらもほっとしますなんと15年も
40位 あやこさん
  • 情報提供原田マハさん著書「花々」を読みました。 本のある暮らしあやこさんのプロフィール
  • スポンサーリンクおはようございます!!あやこです(^^♪今日は久しぶりに読んだ小説、原田マハさん著書「花々」の紹介です。ビジネス書ばかり読んでいると、小説を読みたい衝動に駆られます。なので、インスタグラム上でパッと目を引いた装丁が綺麗な「花々」を読みました。私は本を選ぶ上で、装丁に引かれることも多々あります。本は一種の作品だからです。それではいってみましょう!(ネタバレありです!)あ
41位 office_kmotoさん
  • 情報提供宮部 みゆき 著 『昨日がなければ明日もない』 私の引き出しoffice_kmotoさんのプロフィール
  •  杉村三郎シリーズの第五弾。話はもう杉村の元妻今多菜穂子や娘の桃子、そして菜穂子の父、今多コンツェルンとは関係ない『希望荘』以来独立して探偵事務所で起こる話である。今回は帯にあるように自己中の“ちょっと困った”女たちであるシングルマザーを相手に杉村が事件の真相を解明する。 話は3篇。まずは「絶対零度」である。杉村探偵事務所の10人目の依頼人は筥崎静子という五〇代後半の女性が事務所を訪ねてく...
42位 幻の民さん
43位 塔子さん
  • 情報提供華麗なるギャツビー ホワイト・リネン塔子さんのプロフィール
  • レオナルド ・ディカプリオ主演の「華麗なるギャツビー」を観た。5年ほど前の映画で、予告を観たときに、ゴージャスでおもしろそうだなぁとは思ったものの、ストーリーを知っているので躊躇していた。ディカプリオもあまり好きなわけじゃないし。しかしいざ観てみたら、映像がきれいで、それだけでもじゅうぶん価値のある映画だと思った。お話の内容は、私には深い部分が理解できないままなのだが、原作の美学とはまた違う(原作は
44位 かぼすさん
45位 はなゆめ爺やさん
  • 情報提供石ノ森章太郎   「章説 トキワ荘の青春」(中公文庫) はなとゆめ+猫の本棚はなゆめ爺やさんのプロフィール
  • 章太郎は高校を卒業して上京し、最初に住んでいたアパートをでて、漫画家を目指して豊島区椎名町にあった、漫画家ばかりが住んでいる「トキワ荘」の2階にやってくる。 そこは寺田ヒロオを筆頭に、藤子不二雄、ツノダジロウ、赤塚不二夫などそうそうたる漫画家が住んでいた。昭和30年だった。 そのころの雑誌は、すべて月刊雑誌。雑誌には漫画も掲載されたが、小説と混在していた。章太郎も作品が掲載されていたのが「漫画少年」
46位 ドメニコさん
47位 たんぽぽさん
  • 情報提供「四人組がいた」高村薫 映画と本の『たんぽぽ館』たんぽぽさんのプロフィール
  • 田舎力を見よ!四人組がいた。 (文春文庫)〓村 薫文藝春秋* * * * * * * * * *車もめったに通らぬ山奥の寒村。いつも郵便局兼集会所に集まるのは元村長、元助役、郵便局長、キクエ小母さんの老人四人組。一見、退屈極まりない村だが、怪しげな気球アーティストや保険外交員の娘に始まり、果てはタヌキほか動物たちがやってきては騒動を巻き起こす。「日本の田舎」から今を描く、痛烈なブラックユーモア小説。*
48位 ぽけっとさん
  • 情報提供京都の味シリーズ2 豆大福 ぽけっと博物館日誌ぽけっとさんのプロフィール
  • 京都駅のお土産やさんで、出町ふたばの豆大福みつけたーなかなかお店には行けないから、駅で買えるのラッキー帰宅と同時に3個消えました今日は午後から事務取扱いの説明会。事務系の人の話を聞く時、本社が京都だと実感します。
49位 大吉さん
  • 情報提供『下町人情銭湯 明日の湯』(秋山浩司) 大吉堂 読書録大吉さんのプロフィール
  • ([あ]9-1)明日の湯: 下町人情銭湯 (ポプラ文庫)東京の下町にある銭湯「明日の湯」の三代目三助の元に起こる騒動。今流行りの「お仕事小説+日常の謎+恋愛要素」という作品のひとつでしょうが、実はお仕事小説としてもミステリとしても恋愛要素も今ひとつ中途半端な感じがするのです。だからと言って面白くなかったかというとそうではなく、とても居心地のいい作品だったのです。それは明日の湯という銭湯の心地好さに通じるものな
50位 かず吉さん
  • 情報提供西村賢太 二度はゆけぬ町の地図 夜ふかしの読書ブログかず吉さんのプロフィール
  • 知る人は知る知らない人は知らない? 芥川賞作家・西村賢太の私小説作品です。二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫) [ 西村賢太 ]価格:473円(税込、送料無料) (2018/12/11時点)著者  西村賢太書名  二度はゆけぬ町の地図発行  角川文庫西村賢太(芥川賞)、車谷長吉(直木賞)は賞をとる前から作品を読んでいる作家で、私小説フアンの私としては何とも気になる2人です。残念ながら車谷長吉は、すでに亡くなっていますが・
更新時刻:18/12/16 12:30現在