ミステリー・推理 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/15 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
squibbonさん
  • 情報提供平成元年頃の名古屋古本屋事情(郊外編) 備忘の都squibbonさんのプロフィール
  • 前回に続き、筆者が中学・高校の頃に通っていた名古屋の古本屋の話です。筆者の実家は名古屋の北の方にあったため、自転車で20分も走れば隣接する春日井市に出られました。JR勝川駅から北へのびる商店街を200メートルほど行き、路地を入ると「勝川古書センター」がありまし...

2位
bookmanさん
  • 情報提供星夜航行(上) [book] ミステリー三昧bookmanさんのプロフィール
  • 飯嶋和一/新潮社/お薦め度 ★★★★上・下巻1100頁の超大作永禄六年(1563年)一向宗乱にて、沢瀬甚五郎の祖父、父は家康に反旗をひるがえした。謀反人の小倅を小姓衆に取り立てた家康の嫡男三郎信康、その主君が家康への謀反?で自刃させられ、小姓頭の石川修理亮が追い腹をめした。甚五郎は出奔、永い旅が始まる・・・傑出した才覚、剣術、騎馬術、鉄砲術・・・をもつ甚五郎が堺の豪商、菜屋助佐衛門に巡りあうことが、

3位
やまーちょさん
4位 bookmanさん
  • 情報提供芥子の花 金春屋ゴメス [book] ミステリー三昧bookmanさんのプロフィール
  • 西條奈加/新潮社/お薦め度 ★★★★ シリーズ第二弾!若手の作家が時代劇にトライしているのは、わたし的にはうれしい限りです。著者もそうですが、「バッテリー」の”あさのあつこ”も「弥勒の月」でデビュー、ふたりともこれから期待が出来そう・・・今回のミッションはアヘン探索。アヘンとくれば潜入捜査。辰次郎、松吉がその役を勝手にかってでる。苦労の末、黒幕の正体を見たまではよかったが、脱出に一苦労。そこで真打登
5位 Kikiさん
6位 squibbonさん
更新時刻:18/10/15 17:30現在