TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

本ブログ テーマ(新着記事)

THEME help
  • あなたのとりこ 557
    2021/01/20 09:23

    あなたのとりこ 557

    「要するに均目君は、私等が危機を煽って昨年の暮れのボーナスみたいに、出さずに済ませられるのならそうしようと企んでいると思っている訳かな?」 「そうですね」  均目さんは何の屈託も遠慮もなく頷くのでありました。「それに春闘で妥結した我々の新賃金やら賃金体系も、あわよくば反故にしたいと考えているんでしょうし」 「何だ、社長に対するその失礼なもの云いは!」  またここで土師尾常務が大変な剣幕でしゃしゃり出て来るのでありました。「それに勝手な憶測で、妙な云い掛かりを付けられるのは大いに心外だ」 「そんな風にすぐにムキになるところが益々怪しいですね」  土師尾常務が幾ら凄んで見せても、この人物に針の先程も心服していない均目さんには端から利かないようであります。寧ろ益々鼻で笑われるのがオチでありますか。  社長が土師尾常務を手で軽く押し退けて背凭れから身を起こすのでありました。「春闘..

  • 定年前、しなくていい5つのこと-「定年の常識」にダマされるな!
    2021/01/20 09:19

    定年前、しなくていい5つのこと-「定年の常識」にダマされるな!

    大江 英樹光文社光文社新書p.260最後のページで「ステレオタイプな定年論に惑わされることなく、「自分はどうしたいのか」「自分にとって最も心地よいことは何なのか」を自分自身で考えることが、一番大事なことだと思います。」(p260)と書いてあるように、たくさんの定年本にある①退職金を使った財産運用 ②再雇用で働く ③夫婦旅行 ④地域コミュニティへの参加 ⑤趣味の発見 といった教訓は必ずしも正しくはなく、場合によ...

  • かきがら 小池昌代 幻戯書房
    2021/01/20 09:09

    かきがら 小池昌代 幻戯書房

    小池昌代は私が新刊を楽しみにしている作家の1人なのだけど、今回も「ううむ」と唸ってしまうほど面白かった。小池昌代の作品は決して派手ではないし、物語自体は淡々としていて起伏は少なめなのだけど、感覚に訴えてくる系の文章で他の作家さんに似た人がい

  • 囚われの山 伊東潤 中央公論新社
    2021/01/20 09:09

    囚われの山 伊東潤 中央公論新社

    『囚われの山』は八甲田雪中行軍遭難事件をテーマにした作品。作者の伊東潤は初めて読む作家さんなのだけど、Twitter界隈で「面白い」と言う噂を効いたので予約してみた。私はそこそこ面白く読んだのだけど、八甲田雪中行軍遭難事件はファンと言うかマ

  • 子供向けの本がシンプルで分かりやすい
    2021/01/20 07:50

    子供向けの本がシンプルで分かりやすい

    私は一応成人していますが、子供向けの本を読むことがあります。 理由は簡単です。大人向けの本より分かりやすいし、基本のことができていないので子供に戻ろうという感じです。 例えば、整理整頓や片付けについて。 大人向けの本を読んでみるものの、情報が多すぎて、私の脳内では処理しきれません。 最近、読んだ子供向けの本はこれです。 // リンク 漫画になっていて、内容もシンプルで分かりやすい。 基本のことしか書かれていませんが、それが一番大事です。整理整頓や片付けについてのやり方は年齢関係ないですね。 学校では「整理整頓しましょう」と簡単に言うけれど、その具体的なやり方ってなかなか教えてもらえないと思いま…

  • 将棋指しの腹のうち 先崎学 文藝春秋
    2021/01/20 07:49

    将棋指しの腹のうち 先崎学 文藝春秋

    前回読んだ『うつ病九段』が予想外に面白かったのと「棋士って、どんな物を食べているんだろう?」と言う興味から照にとってみた、先崎学は作家でもエッセイストでもなくプロの棋士。だけど、雑誌等でエッセイを書いた経験が豊富とのことで、それなりに文章が

  • 鳩護 河﨑明子 徳間書店
    2021/01/20 07:49

    鳩護 河﨑明子 徳間書店

    河﨑明子は私が大注目している推し作家。必ず直木賞を取る人だと信じていている。北『颶風の王』でデビューして以降、なんだかんだと北海道をテーマにした作品を書き続けていたけれど『鳩護』では北海道を離れている。物語の舞台は東京。主人公はどこにでもい

  • なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 村山太一 飛鳥新社
    2021/01/20 07:49

    なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 村山太一 飛鳥新社

    ビジネス系の本の感想は基本的には書かないようにしているのだけど、ちょっと面白かったので感想を残しておきたい。私は週イチペースで図書館に通っていて、自分自身が読む本、職場で使う絵本と紙芝居、娘の好きそうな本、夫の好きそうな本を借りてくる。『な

  • 眠れる美女 秋吉理香子 小学館
    2021/01/20 07:49

    眠れる美女 秋吉理香子 小学館

    『眠れる美女』は秋吉理香子のバレエミステリ第2段とこのと。私はバレエミステリ第1段の『ジゼル』を読んでいないので、前作の人間関係等は知らずに手にとった。『ジゼル』を読んでいなくても問題なく楽しむことが出来たけど、前作を読んでいた方がもって深

  • 白蟻女 赤松利市 光文社
    2021/01/20 07:49

    白蟻女 赤松利市 光文社

    赤松利市は初挑戦の作家さん。すでに数冊、出版されておられるようだけど今までなんとなく目につかなかった。今回の『白蟻女』は表紙に惹かれて表紙借り。農作業中の若夫婦と、薄ぼんやりと幽霊らしき女性が描かれていた。好き嫌いはさておき、どちらも最近に

  • ささやかな諦観、僕はただピアノを弾く 映画『ピアニストを撃て』レビュー
    2021/01/20 07:28

    ささやかな諦観、僕はただピアノを弾く 映画『ピアニストを撃て』レビュー

    1960年公開、ヌーヴェル・ヴァーグの代表者であるフランソワ・トリュフォー監督作品である。------------昔つかんだ「大ピアニスト」・サロヤンとしての栄光。それは、妻が興行師と寝たおかげで掴んだ偽の栄光だった。妻は良心に耐えかね、自殺した。今夢破れた場末酒場のピアニスト・シャルリの孤独。一度は栄光をつかんだ者の残余の人生の過ごし方。人生の傍観者として生きているシャルリ。妻の自殺後、誰とも関係を深めようとし...

  • 004.ひと [ 小野寺史宜 ]
    2021/01/20 06:14

    004.ひと [ 小野寺史宜 ]

    本のタイトル・作者 ​ ひと [ 小野寺史宜 ]​ 本の目次・あらすじ 17才の時、料理人だった父が死んだ。飛び出してきた猫を避けて。 20才の時、母が死んだ。家の布団のなかで、突然死だった。 鳥取から東京の大

  • XLで奥までトントンされて8話ネタバレ 入れないから…
    2021/01/20 05:49

    XLで奥までトントンされて8話ネタバレ 入れないから…

    今回はXLで奥までトントンされて…リベンジHから抜け出せない!8話あらすじ・ネタバレ、感想・見どころまで紹介します。 またもやXLで奥までトントンされて…リベンジHから抜け出せない!8話あらすじ・ネタバレでも、エロシーン …

  • 抱かれてたまるか!4巻ネタバレ 腰が動いちゃう!
    2021/01/20 05:48

    抱かれてたまるか!4巻ネタバレ 腰が動いちゃう!

    今回は抱かれてたまるか!ライバル同期が私を愛で追いつめる4巻のあらすじ・ネタバレ、感想・見どころまで紹介します。 抱かれてたまるか!ライバル同期が私を愛で追いつめる4巻あらすじ・ネタバレをご覧いただくとわかりますが… & …

  • その警察官、ときどき野獣はアニメがあるのか?
    2021/01/20 05:48

    その警察官、ときどき野獣はアニメがあるのか?

    その警察官、ときどき野獣は2021年1月現在、アニメは残念ながらありません😢 あのたまらなくカッコイイ熊野が動いて見られたら、ドキドキしちゃうのに💗 その警察官、ときどき野獣がアニメでない …

  • 幼馴染は一卵性の獣 10話ネタバレ 前も後ろも感じちゃう!
    2021/01/20 05:48

    幼馴染は一卵性の獣 10話ネタバレ 前も後ろも感じちゃう!

    今回は幼馴染は一卵性の獣~スパダリ双子とトロトロ3人生活~10話のあらすじ・ネタバレ、感想・見どころまで紹介します。 いやあ、相変わらず、幼馴染は一卵性の獣~スパダリ双子とトロトロ3人生活~10話あらすじ・ネタバレ一言で …

  • 冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第8章  謎の神殿現る?…2
    2021/01/20 01:44

    冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第8章  謎の神殿現る?…2

    (やはり、ここは今までの所とは、何かが違う…) 本能的に裕太は、感じ取っていた。もっとも入り口からして、いかにも何かありそうな雰囲気があるのだ。だがジュンペイ…

  • Nietzsche先生と Café に行く
    2021/01/20 00:45

    Nietzsche先生と Café に行く

    ​​​​お気に入りの ちょっとそこまでBAG  書店のレジ回りに 置いてある  本を入れるキャンパス地のミニバッグ  Büchertasche ー moses Verlag  出版社が 企画している 小物です  黒地の方には 

  • 食と時の共有の大切さを思う、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読んで
    2021/01/20 00:37

    食と時の共有の大切さを思う、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読んで

     1月9日、山際寿一著、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読み終えました。京都大学の学風に、アフリカでのゴリラ研究、アフリカの人々との交流やゴリラの生...

  • 大局観って?
    2021/01/19 23:20

    大局観って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

  • 車がスピンして救急車で運ばれたあの日 その1
    2021/01/19 23:01

    車がスピンして救急車で運ばれたあの日 その1

    どうも。現在雪国で暮らすtamaminaoです。このところ大雪で道路状況が大変悪い日が続いています。この季節になると、いつも、思い出すのが、雪道でスピンして電柱に激突したあの日のこと…もう7年くらい前になるでしょうか(遠い目)。 実際に大きな事故を起こしてみて、「こうしておけばよかった」「えっ!こんな請求がくるの!?」などの学び(?)がありましたので、今日はそのことを書かせて頂きます。 「もしも」のときの参考になれば幸いです。 圧雪アイスバーンの日に事故は起きた 車がぐるんぐるん回りながら吹っ飛んだ 事故の瞬間はスローモーション 電柱に激突して車は大破 エアバッグの危険性 続きは「その2」で …

  • orange(2)高野苺
    2021/01/19 22:57

    orange(2)高野苺

    orange(2)アクションコミック高野苺現役高校生で別マデビューを果たし、10年間女子中高生から絶大な人気を得続けている高野苺の本格SFストーリー。少女漫画ファンのみならず幅広い男性・女性漫画読みからも絶賛の声多数!!第一巻は、集英社版2

  • スティーブ・ジョブズ(1) (Kissコミックス)
    2021/01/19 22:57

    スティーブ・ジョブズ(1) (Kissコミックス)

    スティーブ・ジョブズ(1)Kissコミックス講談社ヤマザキマリウォルター・アイザックソンウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1

  • ひゃーNumber、マジすか?としさんも!
    2021/01/19 22:26

    ひゃーNumber、マジすか?としさんも!

    あらあら!Number編集部@numberweb梅林茂 SEIMEI龍玄とし オペラ座の怪人川井郁子 ホワイト・レジェンド塩入俊哉 Hope & Legacy松尾泰伸 天と地のレクイエム美弥るりか ロミオとジュリエット高田茜 バラード第1… https://t.co/oO5eYf0Hse2021/01/19 17:36:22としさん

  • 2021年発売 スヌーピーが雑誌付録一覧
    2021/01/19 22:17

    2021年発売 スヌーピーが雑誌付録一覧

    まだまだスヌーピーの勢いがとまりません。 今のところ バッグが多めですが、時計や加湿器など より実用的な物も多くていいですねぇ~。 cookpad plus クックパッド プラス 2021年 春号 【付録】 スヌーピー 超BIGなキャンバストートバッグ SNOOPY SUPERMARKET BAG BOOK 【付録】 スヌーピー ショッピングバッグ SNOOPY 三つ折り財布 BOOK minimal wallet 【付録】 スヌーピー 三つ折り財布 ESSE エッセ 3月号 増刊 特装版 【付録】70周年アニバーサリー デザイン スヌーピー 豆皿2枚セット ゼクシィ 2021年 3月号 【付…

  • 橙色 (48)
    2021/01/19 21:52

    橙色 (48)

    キノコ採集は、軽く雨が降った日の翌日、晴れの日に行くことが多い。森や林に入るとまだ地面が湿っており、植物や腐葉土の香りを乗せた湿度のある空気が流れ、見上げれば、木々の合間から青空が見える、そのような日は気分も乗るものである。しかし、そのような日に限ってよく出くわすものがある。濡れた水苔や下草の上を移動する橙色の伸び縮みする枝のような物、初めて見た時は、一瞬、地球外生物かと思ったほどであった。 それは、ヤツワクガビル(八輪陸蛭:Orobdella octonaria Oka)である。ヤツワクガビルは、主にミミズ等を捕食する陸生のヒルの1つであるが、両側及び腹面が鮮やかな橙色、背面中央が濃緑色とい…

  • 2021年 1月期 ぼやき用ページ
    2021/01/19 21:01

    2021年 1月期 ぼやき用ページ

    新年あけましておめでとうございます。 昨年の元日にうpしたぼやきページで、2020年はオリンピックイヤーだってウッキウキで書いていたのに、とんでもないパラダイムシフトが起こって、1年後の2021年もオリンピックイヤーは続いているのだけど、決して楽観視はできない状況になるとは誰が予想したでせうか…。 毒にも薬にもならない事ばかりぼやいているブ…

  • ちょっと待ってよ、シンデレラ(改訂版)scene9もう1つのシンデレラ物語…22
    2021/01/19 20:39

    ちょっと待ってよ、シンデレラ(改訂版)scene9もう1つのシンデレラ物語…22

    「必ず何か、見えてくるから… とにかく試してみることね! その後で、結果が見えてくるはずよ」大家さんはそう言うと、エラに向かって「大丈夫!」とにっこりと微笑ん…

  • 笠置山と三神宮と『卑弥呼の三女神社』
    2021/01/19 20:26

    笠置山と三神宮と『卑弥呼の三女神社』

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

  • 収入半減以上が7割、「死にたいと思った」が3割。音楽・映画・演劇業界を対象としたアンケート結果を受けて【コロナ禍】
    2021/01/19 20:18

    収入半減以上が7割、「死にたいと思った」が3割。音楽・映画・演劇業界を対象としたアンケート結果を受けて【コロナ禍】

    【コロナ禍で「死にたいと思った」人が3割。音楽・映画・演劇業界から悲鳴、補償を求める声相次ぐ】 なかなかにヘヴィでショッキングな見出しがハフポストに公開されました。 今日はこの記事について触れていきますので、「自分も同じように感情がネガティブになっている」という方はそっとこのページを閉じてください。 マジ、暗い話ですから...。 この記事を共有したいのは、「自分はコロナの影響受けていないから余裕余裕◎」とか「自分も厳しい状況だけど、なんとか乗り切ってやるぜ!」というそんな方です。

  • 『大阪ベストカフェ』昭文社ムック
    2021/01/19 19:40

    『大阪ベストカフェ』昭文社ムック

    カフェ大阪のカフェがギュッと詰まった、写真を見ているだけで笑顔になる本でした。山のようにメモとりました裏表紙は『Bird』の入り口ですねドーナツ食べたいなぁ。しみじみ、カフェはもう生活にかかせない存在だなぁ…。カフェでお茶を飲んだり、食事をしたり、そして、それと共に読書を楽しんだり、おしゃべりしたり。食べて、さっと出るというのは、カフェの楽しみ方とは違うと思うのです。ラーメン屋さんとかうどん屋さんとか...

  • よふかしのうた 6巻 【都会の夜で恋の研究!ナズナの過去が少し明らかにも・・・】
    2021/01/19 19:15
  • 朝勉継続中〜効率的な勉強時間の取り方が課題〜
    2021/01/19 18:58
  • 【honto発売日:2021/01/19】1月新刊のKADOKAWA文芸(単行本)(1/20日発売)
    2021/01/19 18:40

    【honto発売日:2021/01/19】1月新刊のKADOKAWA文芸(単行本)(1/20日発売)

    JUGEMテーマ:BL小説「Manner of Death/Sammon 」Manner of Death(1)posted with ヨメレバSammon/南 知沙 KADOKAWA 2021年01月20日頃 楽天ブックスAmazo

  • 【honto発売日:2021/01/19】1月新刊のファンタジア文庫(1/20日発売)
    2021/01/19 18:40

    【honto発売日:2021/01/19】1月新刊のファンタジア文庫(1/20日発売)

    投稿日:2021/01/06JUGEMテーマ:読書「織田信奈の学園 1 /春日 みかげ (著),みやま 零 (イラスト)」織田信奈の学園(1)posted with ヨメレバ春日 みかげ/みやま 零 KADOKAWA 2021年01月20日

  • 【honto発売日:2021/01/19】1月新刊の集英社文庫(1/20日発売)
    2021/01/19 18:40

    【honto発売日:2021/01/19】1月新刊の集英社文庫(1/20日発売)

    JUGEMテーマ:読書「サクラオト /彩坂美月 (著)」 オススメ!サクラオトposted with ヨメレバ彩坂 美月 集英社 2021年01月20日 楽天ブックスAmazonKindle7nethonto

  • 【honto発売日:2021/01/19】1月新刊の集英社オレンジ文庫(1/20日発売)
    2021/01/19 18:40

    【honto発売日:2021/01/19】1月新刊の集英社オレンジ文庫(1/20日発売)

    投稿日:2021/01/06JUGEMテーマ:読書「探偵はときどきハードボイルド /かたやま 和華 (著者),ほたか 乱 (画)」探偵はときどきハードボイルドposted with ヨメレバかたやま 和華/ほたか 乱 集英社 2021年01

  • 小腹が空いたら、茎ワカメ?スペシャルストーリー 時には寄り道をして…15
    2021/01/19 18:35

    小腹が空いたら、茎ワカメ?スペシャルストーリー 時には寄り道をして…15

    こんばんは!暇人です。今朝も霜がおりたのか、車のフロントガラスが氷っておりました。大学病院の診察日でして駅まで送ってもらう時に、「さ、寒い((+_+))」文句…

  • 【クプルムの花嫁】寡黙な鎚起銅器職人と天真爛漫な金髪ギャルの婚約を描く漫画
    2021/01/19 18:17

    【クプルムの花嫁】寡黙な鎚起銅器職人と天真爛漫な金髪ギャルの婚約を描く漫画

    この記事では狼少年は今日も嘘を重ねるの作者が描く職人×ギャルの恋愛漫画『クプルムの花嫁(namo/エンターブレイン)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。

  • 【暮らし】手帳が続かない方へ。三日坊主を卒業する3つのコツ
    2021/01/19 18:14

    【暮らし】手帳が続かない方へ。三日坊主を卒業する3つのコツ

    夫と私と3人の子供たちムリなくすっきり『つづく、暮らし』 こんばんは!整理収納アドバイザー takaです。 家族がラクにできる片付けと自分らしく暮らしを楽しむ…

  • 満月珈琲店の星詠み~おすすめ本~『シンデレラ時代は終わった?』
    2021/01/19 17:53

    満月珈琲店の星詠み~おすすめ本~『シンデレラ時代は終わった?』

     ご訪問ありがとうございます 今日は、久しぶりのおすすめ本の紹介です。  満月珈琲店の星詠み望月麻衣 満月の夜にだけ開店する、珈琲店がある。マスターと店員は猫…

  • いわさきちひろ さん 模写2
    2021/01/19 17:07

    いわさきちひろ さん 模写2

    いわさきちひろ さんの模写2です。 いわさきさんの絵にはシャンソンが似合う気がします。こんな選曲 いかがでしょうか。曲を聴きながらご覧ください。 甘い暴力(D…

  • orange : 1 (アクションコミックス)
    2021/01/19 16:24

    orange : 1 (アクションコミックス)

    綺麗な絵と6人のやり取りが最高なorange ストーリーだけじゃなく、登場人物の会話が最高に面白い! 絶対読んで欲しい一冊です。 双葉社版には巻末に「春色アストロノート」が掲載されてます。 双子の女の子の話ですが、これも面白い~♪ 作者の高野苺さんが住んでいる長野県松本市がorangeの舞台 作品に出てくる景色もキレイ~

  • 一人称単数 村上春樹 文藝春秋
    2021/01/19 16:06

    一人称単数 村上春樹 文藝春秋

    お久しぶりの村上春樹。『騎士団長殺し』からだと3年ぶりの新作。今回は新作と言っても長編小説ではなく短編集で、短編集的には6年ぶり。ファン待望の1冊だと言っても良いと思う。…なんてことを書いておいて恐縮だけど、私は村上春樹のファンって訳じゃな

  • 犬がいた季節 伊吹有喜 双葉社
    2021/01/19 16:06

    犬がいた季節 伊吹有喜 双葉社

    お久しぶりの伊吹有喜。『なでしこ物語』シリーズがイマイチ好きになれなかったので少し遠ざかっていたけれど、今回は青春物と聞いて手に取ってみた。アオハルだなぁ~『犬がいた季節』は三重県にある公立高校が舞台で昭和から令和へと時代を追いつつ、高校生

  • 影に対して 遠藤周作 新潮社
    2021/01/19 16:06

    影に対して 遠藤周作 新潮社

    遠藤周作の死後24年を経て未発表作品『影に対して』が発見された。『影に対して』は文芸誌『三田文学』に全文が掲載されていて、私はすでに三田文学を購入している。私は遠藤周作フリークだけど『影に対して』自体はそこまで面白いとも思えなかったので「単

  • 魯肉飯のさえずり 温又柔 中央公論新社
    2021/01/19 16:06

    魯肉飯のさえずり 温又柔 中央公論新社

    温又柔は初挑戦の作家さん。台湾で生まれ、国籍は台湾だけど3歳から日本で暮らしていて、作家として日本で活動されているとこのと。Twitter界隈で話題になっていたので借りてみた。私は台湾の事は深く知らないのだけど、作者と同じように台湾で生まれ

  • 推し、燃ゆ 宇佐見りん 河出書房新社
    2021/01/19 16:06

    推し、燃ゆ 宇佐見りん 河出書房新社

    宇佐見りんの作品を読むのは『かか』に続いて2冊目。『かか』はイマイチ楽しむことが出来なかったけれど、『推し、燃ゆ』は予想外に楽しめた。ちなみに『推し、燃ゆ』は第164回芥川龍之介賞候補になっている。(この感想を書いている時点では結果は不明)

  • 盤上に君はもういない 綾崎隼 角川書店
    2021/01/19 16:06

    盤上に君はもういない 綾崎隼 角川書店

    Twitterでやたら推されていたので手にとってみた。題名からして将棋がテーマだってことはお察しの通り。将棋がテーマの作品って不思議と名作が多い気がする。『聖の青春』とか『将棋の子』とか。『踊り子と将棋指し』も良かったし、漫画だと『3月のラ

  • 風よあらしよ 村山由佳 集英社
    2021/01/19 16:06

    風よあらしよ 村山由佳 集英社

    久しぶりに「人を殺せるほどの厚い本」を読んだ。厚くて熱い1冊。主人公は婦人解放運動家の伊藤野枝。大正時代の文学作品を読むと、避けては通れない人物なので、私は伊藤野枝の名前とザックリした経歴は知っていたけれど『風よあらしよ』を読むまで、詳しい

カテゴリー一覧
商用