読書日記、読書記録、覚え書

読書日記、読書記録、覚え書
テーマ名
読書日記、読書記録、覚え書
テーマの詳細
「今日はここまで読んだ!」 「読んだ分だけの感想や、雑感を記録しておきたい」 「覚え書やメモ程度の記事だけど」・・・というブロガーさんやその記事のためのトラックバックテーマです。
テーマ投稿数
21,577件
参加メンバー
896人
管理人
からな管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「読書日記、読書記録、覚え書」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「読書日記、読書記録、覚え書 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

読書日記、読書記録、覚え書の記事

1件〜50件

  • 【本の感想】永井豪『ハレンチ学園』
    2019/10/19 07:20
    【本の感想】永井豪『ハレンチ学園』

    永井豪 『 ハレンチ学園 』は、親分こと山岸八十八(やそはち)と十兵衛こと柳生みつ子を中心にした学園コメディです。オネエ系原始人ヒゲゴジラ、ふんどし一枚の丸ゴシ、拳銃で股間を隠すマカロニといったけったいな先生が登場し、生徒たちとのエッチではハチャメチャな日々を繰り広げます。 おすすめ 度:★★★★★

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 又吉直樹の『人間』を読み終えたら、太宰治の『人間失格』が読みたくなった
    2019/10/18 22:20
    又吉直樹の『人間』を読み終えたら、太宰治の『人間失格』が読みたくなった

    ★商品を見る→又吉直樹 人間 1540円 又吉直樹の3作目の長編小説『人間』を読んだ。 昨年9月から今年5月にかけて毎日新聞夕刊で連載していた作品を 加筆修正したもの。 漫画家の夢が破れた主人公 永山が東京

    anzu_ame

    きれいの秘密を見つけよう♪

  • 【読書記録】道尾秀介「カラスの親指」道尾マジックにかかりました。
    2019/10/18 18:17
    【読書記録】道尾秀介「カラスの親指」道尾マジックにかかりました。

    道尾秀介「カラスの親指」 おすすめ度★★★★☆(4.5)今週のお題「秋の空気」 読書の秋ですね。一昨日昭和記念公園の丘で秋の空気を感じつつ、この本を読み終えましたので読書記録に残します。 作品について いつも通りの雑なあらすじ紹介をします。 主人公は詐欺師タケさん。タケさんは過去にいろいろあり、生活のために詐欺師をしています。そこで出会ったのがテツさん。一緒に詐欺をするようになります。それから、まひろ&やひろ&貫太郎という3人の少年少女と出会い、いろいろあって5人で住むことになります。各々の過去の清算のため、5人で力をあわせて詐欺を計画、実行するお話。この本は、数人の方から「おすすめだよ」と言…

    niko(ニコ)

    人生模索中ブログ(-.-)

  • 01巻:死役所ーお客様は仏様ですー
    2019/10/18 12:30
    01巻:死役所ーお客様は仏様ですー

    死役所(1) (バンチコミックス) [ あずみきし ] 価格:616円 (2019/10/18 12:12時点 … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 貯金が苦手な人にお勧めの本📚
    2019/10/18 10:37
    貯金が苦手な人にお勧めの本📚

    ティン子💫

    独身アラフォー女子FP2級のメリハリ節約術💰

  • 人生のバイブル本との出会い📕
    2019/10/18 10:36
    人生のバイブル本との出会い📕

    ティン子💫

    独身アラフォー女子FP2級のメリハリ節約術💰

  • 【本の感想】雫井脩介『望み』
    2019/10/18 07:08
    【本の感想】雫井脩介『望み』

    行方不明となった高校生の息子、殺人事件の加害者か?それとも被害者なのか? 雫井脩介 『 望み 』は、もし我が子であったなら、という問いを突き付けます。いつの間にかすれ違ってしまった親子の、いずれ分かり合えていたはずの思いが、辛くのしかかります。 おすすめ 度:★★★★★

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【本の感想】吉本佳生 編『出社が楽しい経済学』
    2019/10/17 09:01
    【本の感想】吉本佳生 編『出社が楽しい経済学』

    吉本佳生 編 『 出社が楽しい経済学 』は、経済学の解説書を読むのが億劫だという方には最適な読み物です。より深い知識を学びたくなるような、興味のあるキーワードを発見できるでしょう。出社が楽しくなるのは、おそらくステップアップしてからでしょうね。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【本の感想】ジェイムズ・クラムリー『ダンシング・ベア』
    2019/10/16 07:25
    【本の感想】ジェイムズ・クラムリー『ダンシング・ベア』

    ジェイムズ・クラムリー 『 ダンシング・ベア 』様が公認している酔っぱらいミロドラゴヴィッチ(ミロ)が主役のネオ・ハードボイルド第2弾です。かっこよさとは無縁ですが、相手が誰だろうと諦めません。どこか一本筋が通っています。ダメ人間の根っこのところにある男の矜持がミロの魅力なのです。 おすすめ 度:★★★★★

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【本の感想】ジェニファー・ライト『史上最悪の破局を迎えた13の恋の物語』
    2019/10/15 17:55
    【本の感想】ジェニファー・ライト『史上最悪の破局を迎えた13の恋の物語』

    ジェニファー・ライト 『 史上最悪の破局を迎えた13の恋の物語 』は、帝政ローマ時代から現代(ちょっと昔)まで、セレブなひとたちの破局の物語です。タイトルの”13の恋”から想像するような麗しさはなく、男と女、はたまた、男と男、イカれた人々のドロドロした痴情のもつれ話し13連発です。おすすめ 度:★★★☆☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【文庫本】泡坂妻夫(1993)『11枚のとらんぷ』東京創元社
    2019/10/15 15:33
  • 【本の感想】ジェリー・ミンチントン『うまくいっている人の考え方』
    2019/10/14 16:12
    【本の感想】ジェリー・ミンチントン『うまくいっている人の考え方』

    ジェリー・ミンチントン 『 うまくいっている人の考え方 』は、自尊心をどう高めるかがテーマの自己啓発本です。ごくあたりまえの事を述べているので、”ごもっとも”とはなります。主張に対して異論や反感を覚えません。誰が読んでも概ね共感はするものの、しかしながら、新しい発見がないのです。 おすすめ 度:★☆☆☆☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 学生さんに薦めたい:トクサツガガガ《17巻 感想》
    2019/10/14 14:57
    学生さんに薦めたい:トクサツガガガ《17巻 感想》

    アニメ、マンガ、ヒーローが大好きなオタクによる、ぐうたら独り言日記

    キョンC‐2

    ぐーたらだいあり

  • 森 絵都『みかづき』
    2019/10/14 05:40
    森 絵都『みかづき』

    ●著者・訳者・タイトル ​ みかづき [ 森 絵都 ]​ ●出版社名・発行年月日・形態・ページ数 発売日:2016年09月05日 出版社: 集英社 発行形態: 単行本 ページ数: 472p ※文庫版も出てます。 ●読むこと

    ノマ

    320life

  • No.443【世界史リブレット 58~ヨーロッパとイスラーム世界】
    2019/10/14 01:11
    No.443【世界史リブレット 58~ヨーロッパとイスラーム世界】

      評価:75点/作者:高山博/ジャンル:歴史/出版:2007年 『世界史リブレット 58~ヨーロッパとイスラーム世界』は、山川出版社の歴史シリーズ、「世界史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 高野和明さんの『ジェノサイド』を読みました
    2019/10/13 22:16
    高野和明さんの『ジェノサイド』を読みました

    高野和明さんの『ジェノサイド』を読みました。 高野さんと言えば、『13階段』とか『6時間後に君は死ぬ』を読んだことがありましたが、この作品はタイトルからなんとなく敬遠していたんですよね。 結構、売れたみたいですね。知りませんでした。 あらすじ 人類滅亡の原因を研究した「ハイズマン・リポート』。 その5番目の項目である進化した人類がアフリカのコンゴで発見されたという報告から始まります。 // リンク 現人類の驚異になることを恐れたアメリカ・ホワイトハウスは肺胞上皮細胞硬化症で余命1か月の息子をもつイエーガーらをアフリカに送り込みます。 しかし、イエーガーらは自分達も捨て駒にされることを知り、新人…

    velstage

    セミリタイアもどきの中年ニートブログ

  • 思考の整理学を読んだ感想
    2019/10/13 12:58
    思考の整理学を読んだ感想

    どうも。takaです。今回の記事では、2016年度東大、京大生の中で最も読まれていた本である「思考の整理学」について書いていきます。 思考の整理学 (ちくま文庫) 本の内容 お茶の水女子大学の名誉教授である外山滋比古氏が、学習とは何か?自分の頭の中に入ったことをどう染みこませていくのか?常に色々なことが頭に浮かんでくる人間の脳。そして受動的な学校教育にさらされている中で、どのようにして自分で考えて0から物事を作ることが出来る人間になるためにはについて書かれています。 不要な知識を詰め込んでも意味が無い 多くの知識を身に付けることが色々な物事を考えられるという訳ではありません。人間の脳は限界があ…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • うらみちお兄さんはサラリーマンの本音を映し出したキャラクター
    2019/10/13 12:58
    うらみちお兄さんはサラリーマンの本音を映し出したキャラクター

    どうも。takaです。今回はpixivコミックで人気がある「うらみちお兄さん」についての記事を書いていきます。 うらみちお兄さん コミック 1-3巻セット ストーリー 実際に教育テレビで放送されている「おかあさんといっしょ」と似ている教育番組で体操のお兄さんを務める表田裏道は、カメラの前ではいつもニッコリ。しかし、カメラが回っていない所だと、笑顔が無くなり、仕事のストレスで疲れた本音の顔が出てきます…… この漫画にはサラリーマンの本音が出ている サラリーマンというと、朝が来ると「来てしまった……」と落ち込み、お金の為に頭に来ても頭を下げたり、残業をしたり、諦めたくても終わらせてもらえないなど、…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 発達障害であると大人になってから分かっても、仕事が出来るようになる!!
    2019/10/13 12:57
    発達障害であると大人になってから分かっても、仕事が出来るようになる!!

    どうも。takaです。今回の記事では、星野仁彦氏の「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」について書いていきます。 発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237) 本の内容 自分の職場で、周りの空気が読めなかったり、言われたことしかやらなかったりして、浮いた存在になっている人はいませんか?この本では職場において、周りの人はどう対応していけば良いか、発達障害である人はどういう行動を心掛ければ良いのか、職場の発達障害問題に対する対策が書かれています。 発達障害は、大人になってから気付くことも多い 発達障害の人というのは、主にコミュニケーションが苦手です。悪意は無いのですが、話すと相手…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • ドラえもんの話「天つき地蔵」から感じることが出来る物のありがたみ
    2019/10/13 12:57
    ドラえもんの話「天つき地蔵」から感じることが出来る物のありがたみ

    どうも。takaです。今回の記事では、ドラえもんのてんとう虫コミックス36巻に収録されている「天つき地蔵」について書いていきます。 ドラえもん (36) (てんとう虫コミックス) ストーリー 0点のテストを捨てる場所に困ったのび太はドラえもんに「ないしょごみすてホール」というごみを捨てるためのひみつ道具を借ります。それを知ったしずかやジャイアンたちも調子に乗ってとゴミを捨てまくる中、のび太は掃除の中で見つけた「日本昔話」を読み始めてしまいます。そこに書かれていた昔話「天つき地ぞう」を読みふけるのび太。 ドラえもんは勝手に休憩してしまったのび太を探すも、大きな冷蔵庫を捨てるときにつっかえてしまっ…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 「プログラムとは何か?」が自分の家のパソコンを見て分かる
    2019/10/13 12:57
    「プログラムとは何か?」が自分の家のパソコンを見て分かる

    どうも。takaです。今回の記事では、「おうちで学べるプログラミングのきほん」について書いていきます。 おうちで学べるプログラミングのきほん プログラムのおかげで今の社会は支えられている この本を読んだのは自分がまだIT業界に入ることを志していた頃で、そのためにプログラムについて知ろうと思って購入して読んでみました。読んでみると、プログラムは自分の生きている今の世界では不可欠な存在であると知りました。 例えば、家にある扇風機、クーラー、電気、湯沸かし器。いつも移動に使っている電車や車、駅の改札、電光掲示板等、プログラムがこれらのものを使えるようにしているのです。パソコンも、スマートフォンもそう…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • プログラミングを独学で身に付けようと思っている人の道標となる本
    2019/10/13 12:57
    プログラミングを独学で身に付けようと思っている人の道標となる本

    どうも。takaです。今回の記事では、「独学プログラマーのためのAIアプリ開発がわかる本」について書いていきます。 独学プログラマーのためのAIアプリ開発がわかる本 身に付けるべき言語が分からない時に 「自分はこんなシステムを作りたい。けれどもそれはどの言語を使うのか?」 1人の場合だと、相談する相手が乏しいのがデメリット。そんな時はMENTAというサイトを使ってメンターの方に「こういうシステムを作りたいのですが、その場合はどのような言語を身に付ければ良いですか?」と聞けば教えてもらえるので、自分の方向性が分からない時に役に立ちます。 プログラミングスクールに行けばプログラミングが出来るように…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 占冠の古本屋
    2019/10/13 11:31
    占冠の古本屋

    フラフラと巷を彷徨っている本好き中年ライダーの備忘ログ

    つくぶすま68

    つくぶすま68の備忘ログ

  • 【本の感想】伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』
    2019/10/13 07:13
    【本の感想】伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』

    伊藤たかみ 『 ミカ×ミカ! 』は、双子の小学生ミカとユウスケの物語の続編です。中学生になった二人に再会できます。思春期の恋愛模様がストーリの中核で、甘酸っぱい感傷をくすぐってくれるでしょう。ピュアな気持ちに浸りたいならおすすめの一冊です。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • No.827【世界史リブレット 70~中央アジアのイスラーム】
    2019/10/13 06:52
    No.827【世界史リブレット 70~中央アジアのイスラーム】

      評価:65点/作者:濱田正美/ジャンル:歴史/出版:2008年 『世界史リブレット 70~中央アジアのイスラーム』は、山川出版社のシリーズである、「世界史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【本の感想】夏木静子『わが郷愁のマリアンヌ』
    2019/10/12 09:04
    【本の感想】夏木静子『わが郷愁のマリアンヌ』

    1986年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門 第9位。 自由と解放感を求め、英国・クラウチ商会の支配人と …

    lepee

    Webあれこれレペ

  • No.826【世界史リブレット 102~イスラーム社会の知の伝達】
    2019/10/12 00:08
    No.826【世界史リブレット 102~イスラーム社会の知の伝達】

      評価:65点/作者:湯川武/ジャンル:歴史/出版:2009年 『世界史リブレット 102~イスラーム社会の知の伝達』は、山川出版社の歴史シリーズ、「世界史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 十蘭万華鏡 : 久生十蘭
    2019/10/11 22:58
    十蘭万華鏡 : 久生十蘭

    『十蘭万華鏡』

    sweetpea

    好きなことだけしていたい・・・

  • 【単行本】ガストン=ルルー(1988)『オペラ座の怪人』(スーパーブックス0052)長島良三訳,偕成社
    2019/10/11 13:31
  • 【本の感想】A・J・クイネル『血の絆』
    2019/10/11 07:17
    【本の感想】A・J・クイネル『血の絆』

    A・J・クイネル 『 血の絆 』は、海洋冒険小説です。荒唐無稽であっても目をつぶってあげなければなりません。異なる人生を歩んできた人々が邂逅し、目的を一つにするというロマンチックな物語には多少のご都合主義はあっても良いのです(と断言してしまおう)。 おすすめ 度:★★★☆☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【本の感想】川喜田二郎『発想法―創造性開発のために』
    2019/10/10 15:11
    【本の感想】川喜田二郎『発想法―創造性開発のために』

    知っているようで、実はよく知らない国産の発想法。それがKJ法。文化人類学者 川喜田二郎『発想法―創造性開発のために』は、KJ法の生みの親による導入の書です。日本的発想法の原点を振り返ってみたい方にはおすすめの一冊です。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【本の感想】髙樹のぶ子『光抱く友よ』
    2019/10/10 15:11
    【本の感想】髙樹のぶ子『光抱く友よ』

    髙樹のぶ子 『 光抱く友よ 』は、よいところのお嬢様であり品行方正な相馬涼子と、やさぐれ感むんむんの松尾勝美、二人の女子高生のひとときを描いた作品です。不良少女とお近づきになった優等生が、人生の悲哀を垣間見るという、ありがちなプロットですが、友情よ永遠なれ!とならないのがリアルですね。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • おさよさん『おさよさん流 がんばらなくてもキレイが続く 家事のくふう』
    2019/10/10 06:23
    おさよさん『おさよさん流 がんばらなくてもキレイが続く 家事のくふう』

    ●著者・訳者・タイトル ​ おさよさん流 がんばらなくてもキレイが続く 家事のくふう お母さん仕事がラクになる! [ おさよさん ]​ ●著者プロフィール おさよさん(オサヨサン) 整理収納アドバイザー、整理収

    ノマ

    320life

  • 【本の感想】デイヴィッド・ベニオフ『25時』
    2019/10/09 07:16
    【本の感想】デイヴィッド・ベニオフ『25時』

    デイヴィッド・ベニオフ 『 25時 』は、麻薬不法所持で7年の判決を受たけた青年が、刑務所へ収監される前夜の物語です。父、恋人、親友が集う別れの夜は、裏切りあり、すれ違いあり、友情の再発見ありの濃密な24時間です。締めくくり方が良いですね。 おすすめ度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 仕事はお金とやりがいに囚われがちだけど、仕事にやりがいは見出すものではない
    2019/10/08 21:08
    仕事はお金とやりがいに囚われがちだけど、仕事にやりがいは見出すものではない

    どうも。takaです。今回の記事では、森博嗣氏の著書「やりがいのある仕事という幻想」について書いていきたいと思います。タイトルから仕事にやりがいを求めるのは良くないというのが分かりますね。 「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) 本の内容 人は仕事に就くと、お金、そしてやりがいを求めるようになります。就職活動でも学生はやりがい、スケールを求めて会社選びを行っています。それはなぜか?それは働くこと=つまらないこと、苦しいことというのが前提になっていて、やりがいを求めないと退屈だったり、苦しさに耐えて仕事を続けることが嫌になるからではないでしょうか? この本では、やりがいを求めている人達に…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 本を読むことが楽しくなるようにする
    2019/10/08 21:08
    本を読むことが楽しくなるようにする

    どうも。takaです。今回は、本を読むことが楽しくなるようにする方法について、自分の体験談も踏まえて話していきたいと思います。 なぜ本を読むのか まずは、これまで読書週間が無かった自分がなぜ本を読もうとするのかについて考えてみましょう。例えば「ビジネスで大きな成果を出す方法を知りたい」「大きな成果を出している人は皆本を読んでいるから真似しよう」「教養を身に付けたい」等が思い浮かぶのではないでしょうか? いきなり自分の目的に沿っている本を読もうとすると苦痛 ただ、自分の目的に合った本を読むことは、読書習慣が無い人にとっては苦しいです。やらなければならないという義務感が頭の中にあるので、次第に気が…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 【読書効果】大人の読書に効果的なのは、「速読」より「遅読」
    2019/10/08 21:08
    【読書効果】大人の読書に効果的なのは、「速読」より「遅読」

    どうも。takaです。今回の記事では、適菜収氏の「遅読術」について書いていきます。 遅読術 (ベスト新書) 本の内容 多くの本、情報があふれている今の時代、大事なのはとにかく大量に情報を浴びることではなく、質の良いものを選ぶこと。この本では、知識、情報を多く集めることに対して異を唱えています。ある程度年齢に脂がのった大人向けの本です。 読む本は選ぶ 読む本を選ぶことは重要です。限られた時間の中で世界中の本を全て読むなんてことは無理ですし、売っている本は必ずしも良い本という訳ではありません。Amazonのレビューを見れば感じると思いますが、全ての本が良い評価をされている訳ではなく、中には低い評価…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 野村克也氏の人生を支えた言葉がぎっしり詰まった世界の名言集
    2019/10/08 21:08
    野村克也氏の人生を支えた言葉がぎっしり詰まった世界の名言集

    どうも。takaです。今回の記事では、野村克也氏の著書、「知となる、世界の最強名言105」について書いていきます。 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え 本の内容 テスト生としてプロ野球界に入り、生涯一捕手として、45歳まで現役を続け、引退後はヤクルト、阪神、楽天で監督を務め、評論家として現在もプロ野球界に携わっている野村克也氏が、本を読むことで触れた偉人の名言、恩師である草柳大蔵氏のアドバイスや若い頃監督に言われて嬉しかった言葉、他の選手が言って自分が感心した言葉等を、自分の経験と織り交ぜて書かれています。 言葉は選ばなければいけない どんなに良いことを言ったと自分が…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 知識・教養を身に付けるための具体的な方法が書かれている書籍
    2019/10/08 21:07
    知識・教養を身に付けるための具体的な方法が書かれている書籍

    どうも。takaです。です。今回の記事では、池上彰氏と佐藤優氏の著書「僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から『知識と教養』を身につける70の極意」について書いていきます。 僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 本の内容 ジャーナリストの池上彰氏と、元外交官の作家、佐藤優氏が、知識と教養を身につけるための情報ツールの使い方、特徴等を踏まえて、対談形式で書かれています。 新聞は「飛ばし読み」をする。全部読もうとしない 私は情報を集める時、新聞を読んだ方が良いのかと思い、新聞を購入して読んだことがあるのですが、どう…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 池上彰氏の本の中では「知る力」を鍛えるのにお勧めの一冊!!
    2019/10/08 21:07
    池上彰氏の本の中では「知る力」を鍛えるのにお勧めの一冊!!

    どうも。takaです。今回の記事では、ジャーナリストである池上彰氏の著書、『わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方』について書いていきます。 わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方 (集英社新書) わかりやすいは「わかったつもり」を招く 「難しいことをわかるようにする」ためにわかりやすい説明をする、聞くという経験があると思います。しかし、わかりやすいは罠を招くことがあります。 ニュースに関して言えば、政策の説明を聞いて、1つの見方に気を取られて他の見方に気が付かないということがあります。これは自分にとって都合の良い所があったから起こることです。人間は自分にとって都合の良いことを聞けば、…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 山里亮太(南海キャンディーズ)「天才はあきらめた」を読んで
    2019/10/08 15:59
    山里亮太(南海キャンディーズ)「天才はあきらめた」を読んで

    2019年6月、山ちゃんこと山里亮太(南海キャンディーズ、吉本芸人)が女優・蒼井優と結婚しました。 そのときに、ちょうどポイントが余っていたので山里亮太著「天才はあきらめた」を電子書籍で購入しました。 天才はあきらめた (朝日文庫) 作者: 山里亮太 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/07/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る 思い出したときに読んでは、忘れ、また読んでの繰り返しでやっと最近読み終えました。 「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。 嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、どんなに悔しいことがあ…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 【本の感想】村上龍『トパーズ』
    2019/10/08 07:06
    【本の感想】村上龍『トパーズ』

    村上龍 『 トパーズ 』は、都会の夜とマニアックな性愛が主役となる女性の視点で描かれた短編集です。読み終えるごとに疲労感が蓄積します。官能というより暴力に近いですね。グロスクと言っても良いでしょう。現実というものの一つの捉え方として理解はできます。 おすすめ 度:★★★☆☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • ガリレオシリーズ、やっぱりおもしろい
    2019/10/07 16:44
    ガリレオシリーズ、やっぱりおもしろい

    沈黙のパレード [単行本]東野 圭吾文藝春秋2018-10-11突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れ

    栞子

    栞子さん的年金暮らし(序章)

  • 『あなたの人生には、いいことしか起こらない』鈴木真奈美さんの新刊【感想】
    2019/10/06 16:24
    『あなたの人生には、いいことしか起こらない』鈴木真奈美さんの新刊【感想】

    こんにちは。 今日は、また読んだ本の紹介をさせて下さい。 鈴木真奈美さんの新刊が発売されたので、すぐに購入して読みました。 今回のタイトルは『あなたの人生には、いいことしか起こらない』です。 鈴木真奈美さん、大変人気の方ですので、ご存知の方も多いと思います。 もう既に同じ本を読まれた方もいらっしゃるのでは?と思ったりもします。 と言うのも、今回購入した本、できればメッセージ本が欲しかったのですが、開店から2時間たっていたからかもう完売していまして、やはりたくさんのファンがいらっしゃるんだな、と。 でも、いいんです。 メッセージ本は必要な方のところへ届いたんだと思っています。 それに、私は前作の…

    光の人生ノート ~My Scrap Book~

  • 時代小説の人気シリーズ『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』感想
    2019/10/06 16:23
    時代小説の人気シリーズ『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』感想

    こんにちは。 本を読み終えました! 髙田郁さんの人気シリーズ『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』です。 ご存知ですか? 私は髙田郁さんの大ファンで、全作品を読んでいます。 この『あきない世傳(せいでん)金と銀』シリーズも、もう7巻目だなんて早いですね。 ▼6巻の『本流篇』を読んだ感想も紹介しています。 www.mitsu-note.com 今日は『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』の紹介と感想です。 『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』の紹介 内容 読みどころと感想 最後に 『あきない世傳 金と銀』をおすすめしたい人 『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』の紹介 2019年8月 角川春樹事務所 …

    光の人生ノート ~My Scrap Book~

  • 『鹿の王 水底の橋』の感想【おすすめ本】ファンタジーで医療サスペンス
    2019/10/06 16:23
    『鹿の王 水底の橋』の感想【おすすめ本】ファンタジーで医療サスペンス

    上橋菜穂子さんの『鹿の王水底の橋』を読みましたので、その内容と感想を紹介します。『水底の橋』は本屋大賞となった『鹿の王』の続編となっていますが、『水底の橋』から読んでも楽しめます。医療サスペンスの要素を含んだファンタジーですが、この1冊に様々な要点が詰まっています。

    光の人生ノート ~My Scrap Book~

  • 秋の夜長におすすめのミステリーは北森鴻さんの香菜里屋シリーズ【連作短編集】
    2019/10/06 16:23
    秋の夜長におすすめのミステリーは北森鴻さんの香菜里屋シリーズ【連作短編集】

    秋の夜長にピッタリの本を紹介します。上質なミステリー、北森鴻さんの小説、香菜里屋シリーズです。『花の下にて春死なむ』からはじまり、全部で4作品ある連作短編集です。丁寧に描かれた切なくて深い一つひとつのミステリーに、マスターの工藤が出すビールとお料理が魅力的です。

    光の人生ノート ~My Scrap Book~

  • 正しいインプット方法を学んで学び効率を最大化させよう!!
    2019/10/06 11:11
    正しいインプット方法を学んで学び効率を最大化させよう!!

    どうも。takaです。今回の記事では、樺沢紫苑氏の「学び効率が最大化するインプット大全」について書いていきます。 学び効率が最大化するインプット大全 本の内容 精神科医、作家として、活動し、「学びを結果に変えるアウトプット大全」を出版してベストセラーを叩き出した樺沢紫苑氏が、どのようにしてインプットをすれば記憶に定着しやすいのか、その方法等について書かれています。 本を読む、映画、テレビを観る時は感想を言うことを前提にする 学んだことを脳に定着させるためには、インプットの他にアウトプットが必要です。インプットしたら2週間に3回はアウトプットをしないと、脳が不要だと認識し、忘れてしまいます。これ…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 筋トレこそがダイエット、気分転換に一番効果のあるツール
    2019/10/06 11:11
    筋トレこそがダイエット、気分転換に一番効果のあるツール

    どうも。takaです。今回の記事では、「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」について書いていきます。 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 本の内容 Twitterで@badassceoとして筋トレ、人生、人間関係等に関してツイートし、4桁以上のリツーイト、5桁以上のいいねを叩き出しており、総合格闘技に打ち込んだ経験を活かして現在筋トレと栄養学を日本に普及させようとしているTestosterone氏が、人生を良い方向に導くために必要なこと、それは筋トレであり、そして筋トレの効果を力説していく内容です。 気持ちを良い方向に…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

  • 常に自分の身近に存在するインターネットWEBについて知ろう
    2019/10/06 11:11
    常に自分の身近に存在するインターネットWEBについて知ろう

    どうも。takaです。 今回ご紹介するのは、渡辺将人著「図解満載 Web技術の重要用語解説」(技術評論社)です。 [図解満載] Web技術の重要用語解説 本の内容 Webは自分達の生活で、使わない日は無いと言っても過言ではないです。分からないことを調べる時はスマートフォンやパソコンでインターネットにアクセスしてグーグル先生に聞いたり、Twitter、facebook等のSNSもWebありきで成り立っています。 この本では、自分達が身近で常日頃から使っているインターネットのWeb画面だったり、検索ボタンを押したら何が起こって検索結果が表示されるのか等、インターネットの仕組み、技術が書かれています…

    TAKAFUMI

    本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです

カテゴリー一覧
商用