searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

読書日記、読書記録、覚え書

THEME
help
読書日記、読書記録、覚え書
テーマ名
読書日記、読書記録、覚え書
テーマの詳細
「今日はここまで読んだ!」 「読んだ分だけの感想や、雑感を記録しておきたい」 「覚え書やメモ程度の記事だけど」・・・というブロガーさんやその記事のためのトラックバックテーマです。
テーマ投稿数
22,531件
参加メンバー
941人
管理人
からな管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「読書日記、読書記録、覚え書」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「読書日記、読書記録、覚え書 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

読書日記、読書記録、覚え書の記事

1件〜50件

  • 漫画:おのでらさん『コミケ童話全集』1巻
    2020/08/07 00:15
    漫画:おのでらさん『コミケ童話全集』1巻

    漫画:おのでらさん『コミケ童話全集』1巻 [画像][画像] Twitterで見かけて気になっていたマンガ。 本屋さんで単行本を発見して、即買い! 「ツルの恩が絵師」というフレーズを思いついて、…

    AT

    アッガイさんとライダーたちの華麗なる日常

  • 小林賢太郎『コントマンシップ カジャラ#2「裸の王様」上演台本』
    2020/08/07 00:15
    小林賢太郎『コントマンシップ カジャラ#2「裸の王様」上演台本』

    本:小林賢太郎『コントマンシップ カジャラ#2「裸の王様」上演台本』 [画像][画像] 上演された時に、一番気に入ったのは「丘を越えゆこうよ」だった。 そう…歌物!! 台本ではどんな風に表…

    AT

    アッガイさんとライダーたちの華麗なる日常

  • 本:『伊勢物語』大津有一校注
    2020/08/07 00:15
    本:『伊勢物語』大津有一校注

    本:『伊勢物語』大津有一校注 [画像][画像] 在原業平と思しき貴公子を主人公とする歌物語。 学生時代に読んで…それ以来読んでいない気がする。 『月は無慈悲な夜の女王』『信長公記』と、…

    AT

    アッガイさんとライダーたちの華麗なる日常

  • 【書籍レビュー】FIRE 最強の早期リタイヤ術とじぶん 2 72の法則
    2020/08/06 23:06
    【書籍レビュー】FIRE 最強の早期リタイヤ術とじぶん 2 72の法則

    ご覧いただきありがとうございます。 ゆーまんです。 今日は最近読んだ本のレビューです。 何回かに分けます。 2回目です。 ​FIRE 最強の早期リタイヤ術​ 著者は31歳でミリオネアになり早期退職

    ゆーまん

    失敗からの学びをシンプルに考え直すブログ

  • 【単行本】中島敦+ねこ助(2020)『山月記』立東舎
    2020/08/06 14:32
  • 池上 彰 著「伝える力2」
    2020/08/06 09:58
    池上 彰 著「伝える力2」

    途中まで読んで放り出してあった本を再度途中から、、   この本の発行は震災後の2012年1月、なので、震災前後の政権の人たちの話題など盛り込まれている。そんな意味では、たった10年くらいだけど時間の経

    beck

    ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、

  • 前半はやや鼻につくも、後半は熱いインテリジェンス論―『インテリジェンス 武器なき戦争』著:手嶋龍一、佐藤優
    2020/08/06 08:44
    前半はやや鼻につくも、後半は熱いインテリジェンス論―『インテリジェンス 武器なき戦争』著:手嶋龍一、佐藤優

    本の概要 諜報活動(インテリジェンス)に関する入門書。インテリジェンスの概要と、政治や外交での利用のされ方を実例ととに紹介。対談形式であるため、書きぶりはライトで読みやすい。著者は元NHKワシントン支局長で現在作家の手嶋龍一氏と、元外務省職員で鈴木宗男事件で逮捕された経歴をもつ佐藤優氏。 感想 世界を陰から動かす英米!的な陰謀論を好んで読むうちに、ここまで流れ着いてきました。 購入はしたものの、対談形式の作品は得てして浅薄になりがちであるため、若干の心配があった。前半は互いに褒め殺し的な様相でやや辟易したが、後半の対談ではいかに日本でインテリジェンスを養成するかを熱く語っており、その熱量が素晴…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 【本の感想】ウィリアム・ベイヤー『キラーバード、急襲 』
    2020/08/06 07:19
    【本の感想】ウィリアム・ベイヤー『キラーバード、急襲 』

    ハヤブサを操る殺人者とそれを追う女性TVキャスターを描いたサスペンスです。ハヤブサを意のままに操る殺人者、という無敵ともいえるキャラクターが登場します。獲物たる人を殺害し、大空へ飛び立ってしまうハヤブサは、殺人者の痕跡を残しません。この殺人者をどのようにして捕まえるのか、興味津々です。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • No.837【日本史リブレット 16~古代・中世の女性と仏教】
    2020/08/06 01:00
    No.837【日本史リブレット 16~古代・中世の女性と仏教】

     評価:65点/作者:勝浦令子/ジャンル:歴史/出版:2003年  『日本史リブレット16~古代・中世の女性と仏教』は、山川出版社の日本史シリーズ、「日本史リ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • お金の大学 ビジネス系YouTuber 両学長 書籍発売 ☆感想☆
    2020/08/05 21:22
    お金の大学 ビジネス系YouTuber 両学長 書籍発売 ☆感想☆

    みなさま ご覧いただきありがとうございます 一体どうやったらこんな考えが生まれるんだろう 今日は書籍についてです 楽天で予約してようやく手元へ届きました 何気なしにYouTubeを見ていて

    ゆーまん

    失敗からの学びをシンプルに考え直すブログ

  • 【書籍レビュー】FIRE 最強の早期リタイヤ術とじぶん 1 年間400万円で夫婦が生活し続ける
    2020/08/05 21:21
    【書籍レビュー】FIRE 最強の早期リタイヤ術とじぶん 1 年間400万円で夫婦が生活し続ける

    ご覧いただきありがとうございます。 ゆーまんです。 今日は最近読んだ本のレビューです。 何回かに分けます。 ​FIRE 最強の早期リタイヤ術​ 著者は31歳でミリオネアになり早期退職されています。

    ゆーまん

    失敗からの学びをシンプルに考え直すブログ

  • 【文庫本】篠原悠希(2018)『青春は探花を志す:金椛国春秋』KADOKAWA
    2020/08/05 19:22
  • 次はなに読む?いろいろな本の探し方、出会い方まとめ
    2020/08/05 11:44
    次はなに読む?いろいろな本の探し方、出会い方まとめ

    「おもしろい本を読みたい!」この記事では今、読書熱が高まっているあなたのために「本の探し方、出会い方」をまとめました。新しい物語や情報にふれる知的な興奮は何にも代えがたいものですよね。新しい一冊と運命の出会いを果たすためできること。ぜひ参考

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 田中角栄についての資料的価値の高いドキュメンタリ作品―『決定版 私の田中角栄日記』著:佐藤昭子
    2020/08/05 08:36
    田中角栄についての資料的価値の高いドキュメンタリ作品―『決定版 私の田中角栄日記』著:佐藤昭子

    本の概要 昭和最大の疑獄事案であったロッキード事件で逮捕された田中角栄氏。その秘書を長年に渡り務めた佐藤昭子氏によるドキュメンタリ的作品。自らの日記を紐解きつつ稀代の政治家であった田中角栄氏の素顔を浮かび上がらせる。 感想 当初はロッキード事件=陰謀、という文脈から本作品を手にしたが、稀代の政治家の素顔を知るということで人となりの妙を純粋に楽しめた。 天才政治家の素顔とは 現今の政治家とは時代が違うので仕方ないが、田中角栄氏の魅力が良く伝わってくる。 終戦直後から角栄氏の死まで半世紀に渡り時を共にしてきたわけだから、作品全般に関してポジショントークになっていることは割り引いて考えねばなるまい。…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 【本の感想】桂望実『週末は家族』
    2020/08/05 07:13
    【本の感想】桂望実『週末は家族』

    週末里親として施設の少女を預かる夫婦の、一風変わった家族の物語です。本作品の一過性の家族は、家族という存在を所有し続けないという意味において、今のサブスク時代に合致しています。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【mammamyの本棚】7月の読書記録
    2020/08/04 23:32
    【mammamyの本棚】7月の読書記録

    7月に読んだ11冊の紹介と感想。台所のおと、木になった亜紗、すべて真夜中の恋人たち…。

    mammamy

    Humming with Amy

  • お金ノウハウ小ネタ集(古いけどなかなか骨太)―『得する生活 お金持ちになる人の考え方』著:橘玲
    2020/08/04 08:36
    お金ノウハウ小ネタ集(古いけどなかなか骨太)―『得する生活 お金持ちになる人の考え方』著:橘玲

    本の概要 士業の肩書がない(と思います)のに異様な位お金と法律に詳しい橘氏の実践的作品。『マネーロンダリング』といった金融小説作品もあるが、今回は実践的な知識を披露。ちなみにWikipediaによると氏は元『宝島30』(すでに廃刊となりました)の編集長であったとのこと。 感想 橘氏の作品はどれを読んでも、へえー、すごいなあと感じてしまう。何がすごいかと言えば法やルール、あるいは仕組みの裏ないし行間を読む力である。それは本作が出版されてからほぼ20年たち、作中に記述される事実(利息制限法に定める上限金利やすでにないクレジットカードのサービス、航空券マイレージなど)が現実と変わってしまったとしても…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 7/31 秋田犬の日 『ソウルメイト』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/08/04 07:49
    7/31 秋田犬の日 『ソウルメイト』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村7月31日は「秋田犬の日」です。これは、1931年7月31日に9匹の秋田犬が天然記念物の指定を受けたことを祝って制定されたもののようです。ということで、今回は、秋田犬はでてきませんが、7種類の犬の物語、馳星周『ソウルメイト』をおすすめします♪7月31日は何の日?『ソウルメイト』作者の馳星周は先月の直木賞を受賞した作家です。受賞作は、この『少年と犬』。旦那とこの受賞について話していて、受賞作は犬を題材とした感動系らしいよ、と私が言ったら、

    masaco

    あしたの図書室

  • 【本の感想】藤沢周『雨月』
    2020/08/04 07:40
    【本の感想】藤沢周『雨月』

    藤沢周『雨月』は、ラブホテル従業員が巻き込まれた不思議な物語です。 雨月というと上田秋成『雨月物語』を思い浮かべます。なるほど、本作品は、怪異譚なのでしょう。ただし、これが分かるのは最終ページまで待たなければなりません。 […]

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【文庫本】篠原悠希(2018)『幻宮は漠野に誘う:金椛国春秋』KADOKAWA
    2020/08/03 17:11
  • 本を通販で買うおすすめストアは?読書家、本好きに嬉しいのはAmazonである理由
    2020/08/03 15:00
    本を通販で買うおすすめストアは?読書家、本好きに嬉しいのはAmazonである理由

    あなたはAmazon派ですか?楽天派ですか?それとも他の通販サイト?わたしはもっぱらAmazonで本を買うことが多いです。この記事では「本の通販はAmazonがおすすめ!」という理由と、その他の通販サイトの比較・考察をご紹介します。本を月に

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 【本の感想】葉室麟『蜩ノ記』
    2020/08/03 08:15
    【本の感想】葉室麟『蜩ノ記』

    無実の罪で腹を切らればならぬ武士と、その周辺の者たちの三年間を描いた時代小説です。本作品の設定から、主人公の死すべき運命が変えられないというのは、想像に難くありません。とすると、全編を通して、漢をどう見せてくれるのか、が注目すべきポイントです。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 息子「相当エロかったよ。」 オヤジ「まあ、そうかもね」―『ダイイングアイ』著:東野圭吾
    2020/08/03 07:03
    息子「相当エロかったよ。」 オヤジ「まあ、そうかもね」―『ダイイングアイ』著:東野圭吾

    概要 バーテンダーの雨村は、ある日勤務後の深夜に何者かに襲われる。そのショックにより過去の記憶を失う。失われた記憶は、自分が起こした交通事故のことであった。その後忽然と現れた謎の女性瑠璃子に溺れつつ、雨村は自分の過去の記憶を取り戻していく。自らの記憶に秘められた事件の裏とは。 感想 本嫌いの中学生の息子に色々読み与えているうちに、彼は東野圭吾が気に入りました。本作はそんな息子が古本屋で選んで買ってきた作品。読後息子の感想は、「うーん。面白かったけど、相当エロい。」 そこで私も読んでみました。確かにエロい。 失礼ながら本作には、読後特段大きな印象が残りませんでした。 ある意味、純粋に結末の読めな…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 7/30 新美南吉の誕生日 『てぶくろをかいに』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/08/02 14:27
    7/30 新美南吉の誕生日 『てぶくろをかいに』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村7月30日は新美南吉の誕生日です。新美南吉は、1913年7月30日に生まれた児童文学作家です。「ごんぎつね」なんかが一番有名でしょうか。ごんぎつねが発表されたのは、彼が19歳のときだったようです。結核で29歳の若さで亡くなっているため、作品はそれほど多くはないのですが、どれも彼のやさしさがにじみ出た作風になっていると思います。今回は、少し季節外れですが、私が一番好きな作品『てぶくろをかいに』をおすすめします♪7月30日は何の日?『てぶくろをかい

    masaco

    あしたの図書室

  • 米国が操る日本、乗っかる政治家・裁判所・マスコミ―『冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相』著:石井一
    2020/08/02 08:59
    米国が操る日本、乗っかる政治家・裁判所・マスコミ―『冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相』著:石井一

    本の概要 ロッキード事件で日本の政治の表舞台から去ることを余儀なくされた、元内閣総理大臣 田中角栄。希代の天才政治家であった田中は本当に悪かったのか?実際の罪状はどのようであったのか?否、田中は米国に、そして仲間のやっかみによって葬られたのだ。 かつて田中派に属し、その後国土庁長官、自治大臣等を歴任した、元国会議員の石井氏が丁寧に綴る冤罪の構図と尊敬する田中角栄へのオマージュ。 感想 政治家というと、オヤジ・金に汚い・声だけでかい等々、私にとっては余りよいイメージはない。不信感という単語しか思い浮かばない。 しかし本書の第一印象は、政治家のそれに反し、なかなか良かった。率直に申し上げると、書き…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 【本の感想】ウォーレン・キーファー『リンガラ・コード』
    2020/08/02 08:21
    【本の感想】ウォーレン・キーファー『リンガラ・コード』

    1960年初頭の、独立後間もないコンゴを舞台としたエスピオーナージです。本作品は、枝葉末節に拘っているので、本筋を見失いがち。寄り道があり、なかなか先に進ませてくれません。そのせいか、徐々に明らかとなる真相も、盛り上がりに欠けるのです。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • No.836【日本史リブレット 14~東アジア世界と古代の日本】
    2020/08/02 06:43
    No.836【日本史リブレット 14~東アジア世界と古代の日本】

     評価:65点/作者:石井正敏/ジャンル:歴史/出版:2003年  『日本史リブレット 14~東アジア世界と古代の日本』は、山川出版社の日本史シリーズ、「日本…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 道化師の蝶 : 円城塔
    2020/08/01 23:09
    道化師の蝶 : 円城塔

    『道化師の蝶』

    sweetpea

    好きなことだけしていたい・・・

  • 30代のわたしがおすすめする、Kindle Unlimitedで読めるおすすめマンガ5選
    2020/08/01 09:37
    30代のわたしがおすすめする、Kindle Unlimitedで読めるおすすめマンガ5選

    Amazonが提供している本とマンガの読み放題サービス「Kindle Unlimited」加入したり、退会したりを繰り返しながら2年ぐらい気が向いた時に使っています。なんだか最近になってマンガのラインナップがずいぶんと充実してきた気がするん

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 【評判口コミ】古本買取「ブックサプライ」を試してみました。23冊の本が¥3,500以上に!
    2020/08/01 09:36
    【評判口コミ】古本買取「ブックサプライ」を試してみました。23冊の本が¥3,500以上に!

    古本を処分したい!そんな時、最近ではメルカリやラクマなどフリマアプリを利用する人が多いと思います。でも「別に高額で売れなくても良い」「それより手間なくサクッと売りたい!」という人もいますよね。特に本なんて一冊の単価は低いですから、フリマアプ

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 7/28 なにわの日 『ナニワ・モンスター』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/08/01 09:31
    7/28 なにわの日 『ナニワ・モンスター』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村7月28日は「なにわの日」です。「な(7)に(2)わ(8)」のごろ合わせで、大阪市浪速区が制定したようです。ということで、今回は現役医師の作家・海堂尊『ナニワ・モンスター』をおすすめします♪7月28日は何の日?『ナニワ・モンスター』舞台は架空都市・関西の浪速府。浪速診療所の医師・菊間徳衛は、最近巷で騒がれている<新型インフルエンザ・キャメル>について、ある疑問を持っていた。まだ日本に入ってきていないインフルエンザの型だが、マスコミ

    masaco

    あしたの図書室

  • 一緒に居るだけが友達ではない!―『きみの友だち』著:重松清
    2020/08/01 09:04
    一緒に居るだけが友達ではない!―『きみの友だち』著:重松清

    本の概要 交通事故で松葉杖なしに歩けない恵美と病気がちな由香。人気者のブンのもとに現れるデキメンのモト。彼らの周囲で変化する人間関係。ちょっとしたことで友人が友人でなくなり、相手を完膚なきまでに叩き潰す残酷さ。人間の弱さを優しく描くとともに友達とは何かを問う良書。作者の重松清氏は『ビタミンF』で直木賞受賞。小中高生などティーンを主人公に多く取り上げ、中学受験や高校受験での問題文として出題されることもしばしば。『流星ワゴン』はじめ、ドラマ化作品も多い。 感想 昨日はわくわくしながら眠りにつきました。 私は就寝前に本を読むのですが、昨日この本を読み終え、じんわりしながら読書灯を消し、ああ早くこの気…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 【本の感想】東野圭吾『夜明けの街で』
    2020/08/01 07:12
    【本の感想】東野圭吾『夜明けの街で』

    不倫をテーマにしたミステリです。妻帯者の、大きく揺れ動く心模様が主軸となってストーリーは展開します。不倫ものにありがちなエロチックなシーンは殆どなく、この手のお話しが苦手な読者でも、抵抗感は少ないかもしれません。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【単行本】ロバート・キヨサキ,シャロン・レクター(2001)『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントー経済的自由があなたのものになる』(白根美保子訳)筑摩書房
    2020/07/31 18:17
  • 岩波文庫的?佐藤正午『月の満ち欠け』
    2020/07/31 12:08
    岩波文庫的?佐藤正午『月の満ち欠け』

    久しぶりに朝から晴れた。タオルケットと綿毛布を洗濯してベランダに干す。夕方、そろそろ干していた洗濯物を取り込もうとベランダに出た時、視界の右端、ベランダの隅に何かが落ちているのが見えた。夫が釣具の手入れでもして置き忘れたルアーのように見える

    ユズ

    読書日記のようなもの

  • 読書好きにおすすめの本棚4選。部屋にフィットする本棚が買える
    2020/07/31 10:56
    読書好きにおすすめの本棚4選。部屋にフィットする本棚が買える

    部屋にぴったりサイズの本棚、欲しいデザインが見つかる。通販で買えるおすすめ本棚を紹介。

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 書店の「選書サービス」まとめ。プロがあなたのために本を選んでくれます
    2020/07/31 10:16
    書店の「選書サービス」まとめ。プロがあなたのために本を選んでくれます

    今、選書サービスが注目されています。年間約8万冊と言われる出版物。その中から自分にあった本を探すのも一苦労ですよね?そんな人におすすめなのが選書サービスです!選書サービスとは?その名の通り、プロが本を選んでくれるサービスのこと。選書専門業者

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 大竹聡「最高の日本酒 関東厳選 ちどりあし酒蔵めぐり」
    2020/07/31 09:08
    大竹聡「最高の日本酒 関東厳選 ちどりあし酒蔵めぐり」

    こういう仕事がしたい(爆)神奈川からは相模原の相模灘と海老名のいづみ橋。いづみ橋は以前飲んだことがあるので相模灘を飲んでみたい。

    ひろ

    湘南☆浪漫

  • 【本の感想】神道と神社の歴史研究会 編『日本人として知っておきたい神道と神社の秘密』
    2020/07/31 07:17
    【本の感想】神道と神社の歴史研究会 編『日本人として知っておきたい神道と神社の秘密』

    初心者にピッタリな神道と神社の関連書籍を、ということで手に取ったのが本書。解説されている内容については、知らないことばかりで、今更ながら無知蒙昧さを痛感した次第です。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 6月に読んだ本まとめ
    2020/07/31 06:21
    6月に読んだ本まとめ

    6月に読んだ本まとめ 097.デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する [ カル・ニューポート ] 098.痩せない豚は幻想を捨てろ [ テキーラ 村上 ] 099.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー [ ブ

    ノマ

    320life

  • 【小学生おすすめ絵本】野球のサインが生まれたのは?『耳の聞こえないメジャーリーガーウィリアム・ホイ』
    2020/07/31 06:08
    【小学生おすすめ絵本】野球のサインが生まれたのは?『耳の聞こえないメジャーリーガーウィリアム・ホイ』

    夏休みに向けて読みたい本を探し中です。 わが家の息子は、4月から小学1年生になりました。 8月からはじめての夏休みを迎えます。 夏休みの宿題の中に、本を5冊以上読んで感想を書こうというものがあるみたいです。 それもあって、どんな本がいいかなぁとネットや書店で本を探しているところです。 そして、先日書店の店頭でみてきっと息子が好きだろうと思う絵本があったので、珍しくすぐに購入しました。 (普段は、絵本や本は基本的に図書館派。図書館で借りて何度も読んだり手元に置いておきたい本だけ購入するという感じでした。しかし、今年は4月以降のコロナの状況や引っ越しの関係で図書館に行くことができていません・・・)…

    goldkiwi

    絵本のある暮らし

  • 【読書】最近読んだ本いろいろと、便利なアプリ
    2020/07/30 12:31
    【読書】最近読んだ本いろいろと、便利なアプリ

    ご訪問ありがとうございます。読書が大好きで、生活の一部になっています。最近読んだ本を、何冊か紹介させていただきます。『カケラ』 湊 かなえ/著湊 かなえさんが大好きで、すべての本を読んでいます。読みだしたら止まらないことも多く、何度睡眠不足になったことか 笑

    Naoko

    杉の家で暮らす 

  • 金森喜久雄「サッカー界における顧客の創造」
    2020/07/30 08:45
    金森喜久雄「サッカー界における顧客の創造」

    少しだけだけど、ロペス・セホーン体制への移行、交渉経緯が載っていて興味深かった。強化部に押し切られた感じが何とも。どんなスタイルを思い描いてオファーを出し...

    ひろ

    湘南☆浪漫

  • バブル崩壊と銀行再編の歴史を当事者の証言を交えて再構築する―『ドキュメント銀行 金融再編の20年史 1995-2015』著:前田裕之
    2020/07/30 07:41
    バブル崩壊と銀行再編の歴史を当事者の証言を交えて再構築する―『ドキュメント銀行 金融再編の20年史 1995-2015』著:前田裕之

    本の概要 日本経済新聞社編集委員の前田氏による、金融業界再編の20年史をまとめた力作。報道で伝えられた事実にとどまらず、当時の銀行トップの考え・思い、監督省庁の方針や狙い、さらに当時の時代背景や政治家の意向にまで言及。まとまりや咀嚼具合が絶妙であり、読み物としての完成度は高い。 感想 処分しようかと思いその前に再読した。ところが、改めてその完成度の高さに驚いた。業界の復習用、そして参考文献を参照するために、もう少し手元に置いておこうと思った。 銀行業界・関連業界に携わる人は必携 本書の内容は、金融業界、なべても銀行業界の現代史である。業界そのものが小難しい固いイメージがあるが、本書は非常に読み…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

  • 【本の感想】マイクル・スワンウィック『大潮の道』
    2020/07/30 07:06
    【本の感想】マイクル・スワンウィック『大潮の道』

    大洪水が定期的におこる惑星を舞台に繰り広げられる、テクノロジーと魔法の物語です。細かな設定が語られないため、雰囲気で理解するしかないという如何にもな90年代SFです。とっつき難くく、読み進めるのに時間を要しますが、読了してみればサプライズも随所にあって満足度は高いでしょう。

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【単行本】ロバート・キヨサキ(2013)『<改訂版>金持ち父さん貧乏父さん―アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』(白根美保子訳)筑摩書房
    2020/07/29 21:00
  • 本の読み放題サブスク5選。タイプ別に紹介【電子書籍】
    2020/07/29 15:19
    本の読み放題サブスク5選。タイプ別に紹介【電子書籍】

    月々の定額料金でサービスが使い放題になる、いわゆるサブスクが増えています。この記事ではサブスクの中でも、本(電子書籍)の読み放題に特化してご紹介。本といっても、千差万別ですよね。実は読み放題サブスクによって得意ジャンルがあるんです。小説や雑

    ホシカワ

    名著が読みたい

  • 山口敏太郎「暴露と闘え!プロレスLOVE」
    2020/07/29 08:57
    山口敏太郎「暴露と闘え!プロレスLOVE」

    最後の方に書かれている「プロセス・ファイト」と定義されているものがいまいちよく分からなかったけど(苦笑)色んな考え方がありますね、という印象。

    ひろ

    湘南☆浪漫

  • 佐藤多佳子「夏から夏へ」
    2020/07/29 08:56
    佐藤多佳子「夏から夏へ」

    陸上日本代表男子リレーチームの戦い。まさか、メダル争いをするようになるとはね…。日本人らしい細かい技術を是非とも来年に延期した東京五輪で爆発させてほしい。

    ひろ

    湘南☆浪漫

  • リズム感のある童話作品。大人にこそ読んでほしい―『注文の多い料理店』著:宮沢賢治
    2020/07/29 08:23
    リズム感のある童話作品。大人にこそ読んでほしい―『注文の多い料理店』著:宮沢賢治

    本の概要 岩手県出身の詩人・童話作家、宮沢賢治。37才で逝去するも、死後作品が知られるようになり、現在は国民的作家として位置づけられる。本作品では、東北の方言を重用、自然を擬人的に取り扱い自然と人間との調和的世界観が色濃く出ている。 感想 海外で育ってしまった中学生の娘に日本語をもう少し知ってもらうために読ませたものです。また、新型コロナウイルスの影響で外出できず、少し時間ができたことから親として自身も読んでみました。表題作の『注文の多い料理店』は小学生の時に教科書に出たものを読んで以来ですが、大人になって読み返すと受ける印象が大分異なります。今回は特に宮沢賢治が描く自然との一体感や美しさに感…

    海外オヤジ

    海外オヤジの読書ノート

カテゴリー一覧
商用