書評、レビュー

書評、レビュー
テーマ名
書評、レビュー
テーマの詳細
「すべての人間は、生まれながらに知ることを欲する」 本を読んでいる全ての人は、常に何か知ることを欲し、 本の中に並べられた活字達を見て、何かを得ていくだろう。 今まで、自然の成るままに読んでいった本たちを、 見返して、レビューを書く人々。 彼らは、本当に本が好きで、それを人に薦めたくて、それを他の本好きと共有したい。 と、言うことで、今回「本のレビュー」をテーマに、みんなの話をお聞かせ下さい。 活字に惚れて、活字に助けられた人も多いはず。 「book-reviews save the earth」の壮大なテーマの元に、この、コミュニティーを盛り上げていきましょう!
テーマ投稿数
65,378件
参加メンバー
2,102人
管理人
からな管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「書評、レビュー」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「書評、レビュー 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

書評、レビューの記事

1件〜50件

  • 【honto発売日:2019/11/13】11月新刊のGAノベル(11/15日発売)
    2019/11/13 18:42
    【honto発売日:2019/11/13】11月新刊のGAノベル(11/15日発売)

    投稿日:2019/08/21JUGEMテーマ:読書「エリスの聖杯/磐 くじら (著),夕薙 (イラスト)」エリスの聖杯posted with ヨメレバ常磐 くじら/夕薙 SBクリエイティブ 2019年11月15日 楽天ブックスAmaz

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【本の感想】ジョー・ゴアズ『死の蒸発』
    2019/11/13 07:53
    【本の感想】ジョー・ゴアズ『死の蒸発』

    ジョー・ゴアズ といえばDKAシリーズが代表作。ダン・カーニーを筆頭とした探偵事務所の面々が主役のハードボイルドです。『 死の蒸発 』は、DKAシリーズの第1作目。リチャード・スタークの悪党パーカーが出演するという巨匠の遊び心が楽しかったりします。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2827】〔組織内での批判は、意味があるのか〕
    2019/11/13 04:56
    【気づき2827】〔組織内での批判は、意味があるのか〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • “発展”の是非を問いかける 『言の葉の樹』
    2019/11/12 12:13
    “発展”の是非を問いかける 『言の葉の樹』

     ル=グウィンの長編SF。 宇宙連合エクーメンがもたらす文明を受け入れた、惑星アカが舞台。 アカの支配勢力は、産業や経済を飛躍的に発展させる半面、それまでの文化を全否定しようとしてた。徹底的な焚書。 エクーメンから派遣された監察官、主人公の

    天竺堂

    天竺堂の本棚

  • 【本の感想】古川日出男『僕たちは歩かない』
    2019/11/12 07:08
    【本の感想】古川日出男『僕たちは歩かない』

    物語が枝葉をつけて大きく拡散していくような、言語表現の豊饒さに魅せられる 古川日出男 。『 僕たちは歩かない 』は、結論から言ってしまうと、どうにもしっくりきません。古川日出男作品として、つまらない、と言いたくなります。26時間制の東京に込められたメッセージとは何でしょうか? おすすめ 度:★★☆☆☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2826】〔親亡き後の故郷の位置づけをあらためて考える〕
    2019/11/12 06:28
    【気づき2826】〔親亡き後の故郷の位置づけをあらためて考える〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【気づき2825】〔遠方にいる親のためにできること〕
    2019/11/11 22:42
    【気づき2825】〔遠方にいる親のためにできること〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【honto発売日:2019/11/11】11月新刊の光文社キャラクター文庫(11/12日発売)
    2019/11/11 19:04
    【honto発売日:2019/11/11】11月新刊の光文社キャラクター文庫(11/12日発売)

    JUGEMテーマ:読書「ことぶき酒店御用聞き物語 4 サクラリゾートのゴシップ /桑島かおり (著)」ことぶき酒店御用聞き物語 4posted with ヨメレバ桑島かおり 光文社 2019年11月12日 楽天ブックスAmazonKi

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 大島弓子、「文學界」「MOE」の最新号!(2019.11/3週)
    2019/11/11 11:49
    【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 大島弓子、「文學界」「MOE」の最新号!(2019.11/3週)

    大島弓子「キャットニップ3」 さて、出る本。大島弓子の「グーグーだって猫である」の続編シリーズ「キャットニップ3」(11/14)出ます。ご自身も猫好きの角田光代さんがこのシリーズに対してこんなことをコメントしています。 《このシリーズは私にとって、言葉を持たない生きものと暮らすための指南書であり、いのちを知るための哲学書であり、愛についての啓蒙書である》--角田光代 ですな、ですな、ですな。で、3巻、猫たちも歳をとり1日に2度も病院に行くこともあるとか。そんな喧騒の日々が描かれています。ネコエッセイマンガの最高峰!もちろん、買う!!

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【本の感想】菅浩江『そばかすのフィギュア』
    2019/11/11 09:42
    【本の感想】菅浩江『そばかすのフィギュア』

    菅浩江 『 そばかすのフィギュア 』は、びっくり仰天のアイディアとか、ハードSFのガジェットが飛び出すわけじゃありませんが、かえってそれが古さを感じさせないのでしょう。SFならではの舞台装置を借りながら、人の内面をじっくりと見つめたバリエーションの広い作品集となっています。 おすすめ 度:★★★★★

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【honto発売日:2019/11/08】11月新刊の蜜猫Novels(11/11日発売)
    2019/11/10 18:34
    【honto発売日:2019/11/08】11月新刊の蜜猫Novels(11/11日発売)

    投稿日:2019/10/27JUGEMテーマ:読書「乙女ゲームのモブに転生したので全力で推しを応援します(仮) /水嶋 凛 (著),yos (イラスト)」乙女ゲームのモブに転生したので全力で推しを応援します! 蕩けるキスは誰のもの?post

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • Le Miroir des Sports 1935/7/25 ル・ツール特集 その3
    2019/11/10 10:51
    Le Miroir des Sports 1935/7/25 ル・ツール特集 その3

    Miroir des sports紙は週刊なのですが、 ツールが始まると週一では追いつかず、 週3回発行されています。  MARDI(火曜)は黒褐色インク  JEUDI(木曜)は緑インク  SAMEDI(土曜)は赤茶色インク で印刷されるとタイトルの下に書いてあり...

    AncienneB

    Ancienne Bicyclette

  • 【本の感想】横山秀夫『深追い』
    2019/11/10 07:47
    【本の感想】横山秀夫『深追い』

    横山秀夫 『 深追い 』は、三ツ鐘警察署を舞台とした連作短編集です。同じ職場に務める警察官らが近接する住居で暮らし、独特のコミュニティを形成されています。生活空間に縦社会が持ち込まれているのが特徴的です。息苦しさが漂う人間ドラマが展開されます。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2824】〔60歳を前にして、ようやく覚悟できたこと〕
    2019/11/10 07:36
    【気づき2824】〔60歳を前にして、ようやく覚悟できたこと〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【honto発売日:2019/11/08】11月新刊のディアプラス文庫:モノクローム・ロマンス文庫(11/9日発売)
    2019/11/09 19:03
    【honto発売日:2019/11/08】11月新刊のディアプラス文庫:モノクローム・ロマンス文庫(11/9日発売)

    投稿日:2019/10/26JUGEMテーマ:BL小説「溺愛モラトリアム/間之あまの 小椋ムク 」溺愛モラトリアムposted with ヨメレバ間之 あまの/小椋 ムク 新書館 2019年11月09日 楽天ブックスAmazonKi

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【honto発売日:2019/11/08】11月新刊のレジーナ文庫(11/12日発売)
    2019/11/09 18:45
    【honto発売日:2019/11/08】11月新刊のレジーナ文庫(11/12日発売)

    JUGEMテーマ:読書「 Eランクの薬師(1)/雪兎ざっく 」Eランクの薬師(1)posted with ヨメレバ雪兎ざっく/鳴海マイカ アルファポリス 2019年11月 楽天ブックスAmazonKindle7nethonto

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【本の感想】カール・ハイアセン『殺意のシーズン』
    2019/11/09 09:18
    【本の感想】カール・ハイアセン『殺意のシーズン』

    犯罪小説界のマーク・トウェインと評されるのをちょいちょい目にする カール・ハイアセン 。『 殺意のシーズン 』は、以降の作品と趣が違っていて、犯罪小説と言えなくもありません 。著者の作品の殆どはフロリダの環境保護の姿勢が色濃く出ています。本作品は、その姿勢がストレートに伝わってきます。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2822】〔自分を支え、深めるサイクルをつくる〕
    2019/11/08 21:28
    【気づき2822】〔自分を支え、深めるサイクルをつくる〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【FireHD8のレビュー】旅行ガイドブックにもおすすめ(るるぶもOK)
    2019/11/08 21:06
    【FireHD8のレビュー】旅行ガイドブックにもおすすめ(るるぶもOK)

    読書&海外ドラマ好きの、あとう(@ato_ganai)です。 アマゾンFireHD8購入して1年以上経ちましたが

    ato

    あとうマネーブログ

  • 自分の境界線をはっきりさせることの重要性!!
    2019/11/08 19:41
    自分の境界線をはっきりさせることの重要性!!

    みなさんは、自分と相手に対しての境界線というモノをしっかり持ってますか?? 境界線を決めることで、他人の問題は他人の問題だと割り切れるようになります。 アドラーの心理学でも、「課題の分類」というものが人間関係において重要視されています。 それは、 「自分の課題と相手の課題とを分類していく必要がある」ということ。 あらゆる対人関係のトラブルというモノは、 他者の課題に踏み込むこと、あるいは自分の課題に土足で踏み込まれることによって引き起こされること。 境界線があることで、直接関係の無い話で自分に責任があるように感じたり、必要以上に他人から影響を受けたりすることは少なくなってくるのです。他人を怖い…

    あき

    本を通して、人生をより深く生きる!

  • 勇気を出して、一歩進むために必要なこと。
    2019/11/08 19:40
    勇気を出して、一歩進むために必要なこと。

    前回の記事の続きです! www.akilearning.com 好きなことで生活したいのになぜ出来ないのか? 自分自身も考えてみました。 するといくつか理由があることに気がつきました。 不安定な収入、世間体、親からの反対などを考えてしまっていませんか? 実際、自分はそうでした。 行動に移せなくて引っかかってたものみたいです。 しかし、これらはどうにかなる問題だということ。 着目してほしいのは、人生の選択、何かを意思決定をする前の、 自分の内なる気持ちが問題なのです。 それは、 自分の中にいつの間にかつくりあげられた「謎の憲法」があるからです。 「謎の憲法」は過去の経験や体験によって作られてきま…

    あき

    本を通して、人生をより深く生きる!

  • ついていない時こそ、自分と向き合い、新たな道を開くチャンス!考え方次第で人は変われる!
    2019/11/08 19:39
    ついていない時こそ、自分と向き合い、新たな道を開くチャンス!考え方次第で人は変われる!

    今回紹介する本は、 斉藤直子さん、木村博美さんの 「自分を変えるということ」です! 自分についてに関する本です! 変わりたいけど、変われない人にぴったりの本です! 少しでも参考になればと思っています! 一部を紹介しています!! 気になった方は是非手に取ってみてください! はじめに 最高の人生とは あなたを幸せにできるのは、あなたしかいない 不遇なときこそチャンス 幸福とは何か はじめに あなたは今の自分に満足しているだろうか 人間関係に悩んだり、将来のことで不安になったりしていないだろうか。 「人生はいつでも変えられる」 自分の人生をどう生きるかは自分次第です。 変わるのも自分次第。 あなたが…

    あき

    本を通して、人生をより深く生きる!

  • 【honto発売日:2019/11/07】11月新刊のカドカワBOOKS(11/9日発売)
    2019/11/08 18:54
    【honto発売日:2019/11/07】11月新刊のカドカワBOOKS(11/9日発売)

    投稿日:2019/10/04JUGEMテーマ:読書「スキル『台所召喚』はすごい! 3 〜異世界でごはん作ってポイントためます〜 /しっぽタヌキ (著),紫藤 むらさき (イラスト)」スキル『台所召喚』はすごい! 3 〜異世界で

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【honto発売日:2019/11/07】11月新刊のツギクルブックス(11/9日発売)
    2019/11/08 18:43
    【honto発売日:2019/11/07】11月新刊のツギクルブックス(11/9日発売)

    投稿日:2019/08/21JUGEMテーマ:読書「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました4 /富士とまと、 村上ゆいち」ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました4posted with ヨメレバ富士 とまと/

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 『むらさきのスカートの女』 今村夏子 著
    2019/11/08 08:16
    『むらさきのスカートの女』 今村夏子 著

    せつない。物語がミステリー仕立てのトリックなものなので、読み終わって、はて?と、思うんだけど、書いてあることはみんな、結婚していなくて、正社員でもない、一...

    civaka

    ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

  • 【本の感想】ウィリアム・リトル『サイキック・ツーリスト 霊能者・超能力者・占い師のみなさん、未来が見えるって本当ですか? 』
    2019/11/08 07:19
    【本の感想】ウィリアム・リトル『サイキック・ツーリスト 霊能者・超能力者・占い師のみなさん、未来が見えるって本当ですか? 』

    ウィリアム・リトル 『 サイキック・ツーリスト 霊能者・超能力者・占い師のみなさん、未来が見えるって本当ですか? 』は、タイトルどおり、霊能者や超能力者、占い師は、本当に未来を見ることができるのか、という真実を探求する旅の記録。良質のノンフィクションです。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【honto発売日:2019/11/06】11月新刊のマーマレード文庫(11/8日発売)
    2019/11/07 18:24
    【honto発売日:2019/11/06】11月新刊のマーマレード文庫(11/8日発売)

    投稿日:2019/10/11JUGEMテーマ:読書「いきなり婚約者〜強引社長と溺愛同棲〜 /希彗まゆ (著)」いきなり婚約者〜強引社長と溺愛同棲〜posted with ヨメレバ希彗まゆ ハーパーコリンズ・ジャパ

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【本の感想】三浦つとむ『弁証法とはどういう科学か』
    2019/11/07 07:45
    【本の感想】三浦つとむ『弁証法とはどういう科学か』

    三浦つとむ 『 弁証法とはどういう科学か 』は、結論から言ってしまうと、本書はヘーゲル弁証法を紐解くものではありません。「哲学とか宗教とか名のる古くさい迷信のとりこ」のような表現をするように、著者は、哲学不要論者なのです。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 角田光代/今、何してる?
    2019/11/07 07:36
    角田光代/今、何してる?

    読み終えた後、とても丁寧に日々を過ごしたくなった。 本を読むのが好きでよかった。

    azu

    あず記

  • Le Miroir des Sports 1935/7/25 ル・ツール特集 その2
    2019/11/06 18:57
    Le Miroir des Sports 1935/7/25 ル・ツール特集 その2

    Le Miroir des Sports 1935/7/25 ル・ツール特集。 このフランス週刊スポーツ紙は、 Le Petit Parisien傘下のもと、 1920年から1944年まで発行されました。 戦後はBut et Blubと名を変えて、 1...

    AncienneB

    Ancienne Bicyclette

  • 【後悔しない生き方】売れっ子は売れるだけの理由がある
    2019/11/06 18:51
    【後悔しない生き方】売れっ子は売れるだけの理由がある

    山里亮太著「天才はあきらめた」を読みました 山里さんが天才かはともかくとして(天才の定義によるので)、その才覚...

    じょご

    ジョゴろぐ

  • 【honto発売日:2019/11/06】11月新刊の講談社ノベルス(11/8日発売)
    2019/11/06 18:45
    【honto発売日:2019/11/06】11月新刊の講談社ノベルス(11/8日発売)

    JUGEMテーマ:読書「QED憂曇華の時 /高田崇史 (著)」QED 憂曇華の時posted with ヨメレバ高田 崇史 講談社 2019年11月08日 楽天ブックスAmazonKindle7nethonto

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 【honto発売日:2019/11/05】11月新刊のハヤカワJA文庫:ハヤカワSF文庫(11/6日発売)
    2019/11/06 18:38
    【honto発売日:2019/11/05】11月新刊のハヤカワJA文庫:ハヤカワSF文庫(11/6日発売)

    JUGEMテーマ:読書「 JKハルは異世界で娼婦になった/平鳥コウ 」JKハルは異世界で娼婦になったposted with ヨメレバ平鳥 コウ 早川書房 2019年11月06日 楽天ブックスAmazonKindlehonto

    神無月

    FANTASTIC倶楽部

  • 目をそむけてはイカンのだ 『クジラアタマの王様』
    2019/11/06 13:37
    目をそむけてはイカンのだ 『クジラアタマの王様』

     冒険と刺激に満ちた別の世界で生きたいと願ったり。ここではないどこかに“真のオレ”がいるに違いないと思ったり。 そんな夢想にふけってた青少年のころから、何十年も経った現在。 オッサンになってしまった自分は、別の世界も“真のオレ”も存在しない

    天竺堂

    天竺堂の本棚

  • 毎晩でもかよいたい 『古本屋台』
    2019/11/06 13:37
    毎晩でもかよいたい 『古本屋台』

     誰が呼んだか「古本屋台」。 それはリヤカー式の木製屋台で、おでんやラーメンを出しそうな風情だけど、赤ちょうちんには「古本」の2文字が。 内側は書棚になっており、マニアのツボをグイグイ刺激するオタカラが詰まってる。文学系やサブカル系、マンガ

    天竺堂

    天竺堂の本棚

  • 【本の感想】瀧澤美奈子『150年前の科学誌NATUREには何が書かれていたのか』
    2019/11/06 07:10
    【本の感想】瀧澤美奈子『150年前の科学誌NATUREには何が書かれていたのか』

    瀧澤美奈子 『 150年前の科学誌NATUREには何が書かれていたのか 』は、世界で最も権威ある総合学術誌「Nature」がどのような理念が掲げられて出発し、どのような道のりを歩んできたのか、雑誌制作に関わった科学者らの具体的な活動を通して明らかにしていきます。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • No.640【世界史リブレット 121~アフリカの植民地化と抵抗運動】
    2019/11/06 06:25
    No.640【世界史リブレット 121~アフリカの植民地化と抵抗運動】

      評価:70点/作者:岡倉登志/ジャンル:歴史/出版:2010年 『世界史リブレット 121~アフリカの植民地化と抵抗運動』は、山川出版社のシリーズ、「世界…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【気づき2820】〔「未来は明るい」と思えば、未来は明るい〕
    2019/11/06 06:05
    【気づき2820】〔「未来は明るい」と思えば、未来は明るい〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 十二国記後半2巻、ヨシタケシンスケ、「BRUTUS」最新号!(2019.11/2週)
    2019/11/05 12:09
    【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 十二国記後半2巻、ヨシタケシンスケ、「BRUTUS」最新号!(2019.11/2週)

    白銀の墟 玄の月 第三巻 posted with ヨメレバ 小野 不由美 新潮社 2019年11月09日 楽天ブックス Amazon Kindle 白銀の墟 玄の月 第四巻 posted with ヨメレバ 小野 不由美 新潮社 2019年11月09日 楽天ブックス Amazon Kindle さて、出る本。話題沸騰の十二国記、18年ぶりの書き下ろし新作、後半の2冊が出ます。「白銀の墟 玄の月」第3巻、第4巻(11/9)、新潮文庫からです。今、読んでますがまだ1巻の半ば。大きなコンペが明日で終わるのでこれから追いあげます。しかし、まぁ、小野不由美。健在です。当たり前か。 それにしても、第1巻の…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【本の感想】ビル・S・バリンジャー『赤毛の男の妻』
    2019/11/05 07:18
    【本の感想】ビル・S・バリンジャー『赤毛の男の妻』

    ビル・S・バリンジャー 『 赤毛の男の妻 』は、殺人を犯した男女の逃避行と、彼らを追う刑事の行動を軸にしたミステリです。追うもの追われるものの視点がスイッチして緊迫感を盛り上げます。いわゆる最後の一撃が、この作品を味わい深いものにしています。 おすすめ 度:★★★★★

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2819】〔最初はしんどい方が身のため〕
    2019/11/05 05:58
    【気づき2819】〔最初はしんどい方が身のため〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • No.639【世界史リブレット 60~サハラが結ぶ南北交流】
    2019/11/05 00:04
    No.639【世界史リブレット 60~サハラが結ぶ南北交流】

      評価:70点/作者:私市正年/ジャンル:歴史/出版:2004年 『世界史リブレット 60~サハラが結ぶ南北交流』は、山川出版社の「世界史リブレット」シリー…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 中古マンション購入のススメ:小島紀昭(著)
    2019/11/04 20:53
    中古マンション購入のススメ:小島紀昭(著)

    マンション管理員Meg★です。最近も、どんどんマンション関係の本を読んでいます。◆中古マンション購入のススメ◆ 小島紀昭20 年以上にわたり都心で不動産の営業として、賃貸・購入を問わず数え切れないほどのお客様に住まいを紹介して来られた著者が書かれている

    Meg

    夢見る♡パート主婦 Megのブログ

  • 【文学賞】第73回毎日出版文化賞、川上未映子さん、ブレイディみかこさんさんなど受賞!!
    2019/11/04 17:57
    【文学賞】第73回毎日出版文化賞、川上未映子さん、ブレイディみかこさんさんなど受賞!!

    今年の毎日出版文化賞が決定しました。川上未映子さんの「夏物語」が文学・芸術部門で受賞、特別賞にはブレイディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が選ばれています。どちらも今年読んでとてもおもしろかった本なので、なんだかうれしいです。よかった、よかった。未読の人はぜひ読んで欲しいなぁ。他の受賞者にもパチパチパチ! ◯川上未映子さん「夏物語」の僕の感想はこちら ◯ブレイディみかこさん「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」の感想 企画部門の「シリーズ ケアをひらく」は2000年から始まっているシリーズ物で、すでに35冊発売されていて、小林秀雄賞、大宅壮一ノンフィクション賞…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【本の感想】吉田修一『あの空の下で』
    2019/11/04 07:32
    【本の感想】吉田修一『あの空の下で』

    吉田修一 『 あの空の下で 』は、ANAの機内誌『翼の王国』に連載されていた12作品と、旅にまつわる6つのエッセイが収められた作品集です。直接的にしろ、間接的にしろなんらか旅にふれられていて、(旅にそそられはしませんが)まさに旅の空で読む物語の体裁となっています。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

  • 【気づき2818】〔日本がこのまま沈んでいかないために〕
    2019/11/04 07:02
    【気づき2818】〔日本がこのまま沈んでいかないために〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • No.638【世界史リブレット 103~スワヒリ都市の盛衰】
    2019/11/04 00:36
    No.638【世界史リブレット 103~スワヒリ都市の盛衰】

      評価:70点/作者:富永智津子/ジャンル:歴史/出版:2008年 『世界史リブレット 103~スワヒリ都市の盛衰』は、山川出版社の「世界史リブレット」シリ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【映像化】塩田武士原作のドラマ「歪んだ波紋」、NHKBSプレミアムで本日22時スタート!全8回です
    2019/11/03 11:46
    【映像化】塩田武士原作のドラマ「歪んだ波紋」、NHKBSプレミアムで本日22時スタート!全8回です

    歪んだ波紋 posted with ヨメレバ 塩田 武士 講談社 2018年08月09日 楽天ブックス Amazon Kindle 原作がとてもおもしろかったのでこれはとても楽しみ!塩田武士の「歪んだ波紋」は、「誤報」をテーマにした物語です。新聞、テレビ、ネット、そこで記者として働く人々と彼らが書いた記事、誤報や虚報や虚偽放送なども織り交ぜたストーリーは、まさに「いま」を描いていて読み応えたっぷりでした。この本について僕が書いた書評は次のような言葉で締めくくられています。 ポスト・トゥルース=おもしろければ何でもいい、という考えがはびこり始めているこの社会。報道とは何か?真実とは何か?マスコミ…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【気づき2817】〔充実した毎日を送るための条件〕
    2019/11/03 08:21
    【気づき2817】〔充実した毎日を送るための条件〕

    配慮、気遣い、常識・非常識など、人により微妙に違いがあります。どのように考え、どのように行動したらいいのかを毎日の生活のなかで感じていきたいと思います。

    充実人生

    感じるということ。

  • 【本の感想】ケン・フォレット『ペテルブルグから来た男』
    2019/11/03 07:51
    【本の感想】ケン・フォレット『ペテルブルグから来た男』

    ケン・フォレット 『 ペテルブルグから来た男 』は第一次世界大戦前夜を舞台とした冒険小説です。著者の代表作のひとつ『針の眼』のように、歴史の、”もしかして”、に想いを馳せさせる作品となっています。当時の世界情勢のみならず、英国に押し寄せる変化の波が背景となっていて興味をそそられます。 おすすめ 度:★★★★☆

    lepee

    Webあれこれレペ

カテゴリー一覧
商用