searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

読書記録

THEME help
読書記録
テーマ名
読書記録
テーマの詳細
本の感想など、お気軽に!! みんなで お勧めの本を紹介しあいましょう!!
テーマ投稿数
7,481件
参加メンバー
437人
管理人
イザ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「読書記録」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「読書記録 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

読書記録の記事

1件〜50件

  • 和合亮一「詩の礫 起承転転」(徳間書店)
    2021/01/27 01:27
    和合亮一「詩の礫 起承転転」(徳間書店)

    ​​​​     和合亮一「詩の礫 起承転転」(徳間書店)​​  和合亮一という詩人がいます。この詩集は震災直後の福島からツイッターで発信された「詩の礫」、詩の言葉のつぶて、の続刊です。内容は、たとえばこんな

  • 井上光晴「明日 一九四五年八月八日長崎」(集英社文庫)
    2021/01/27 01:27
    井上光晴「明日 一九四五年八月八日長崎」(集英社文庫)

    ​​​井上光晴「明日 一九四五年八月八日長崎」(集英社文庫)   ​ 一九四五年八月九日、午前十一時二分。​   この小説のなかには、この時刻は出てこない。空襲が続く戦火の中でとり行われる結婚式をめぐる苦

  • 【もっと、やめてみた。】わたなべぽん
    2021/01/26 14:01
    【もっと、やめてみた。】わたなべぽん

    ​​ コミック本です。 【やめてみた。】を読んで面白かったので 【もっと、やめてみた。】も引き続き読んでみました。 生活の中でなんとなく使ってきたけれど 本当に必要なのかどうかわからないものって

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 「漱石・子規往復書簡」岩波文庫
    2021/01/26 00:54
    「漱石・子規往復書簡」岩波文庫

    ​​​ ぼくが時々お邪魔する「女の園」の図書館には「岩波文庫」とか「岩波現代文庫」が、きちんとそろっている。時々棚の前に立つと、何だかわくわくする。岩波文庫は、マジに教養だった。もっとも、ぼくにとって岩波文

  • 石川啄木「ローマ字日記」(岩波文庫)
    2021/01/26 00:54
    石川啄木「ローマ字日記」(岩波文庫)

    ​​ ​​夏目漱石と正岡子規の「往復書簡集」(岩波文庫)の話を書いて、昔、石川啄木の「ローマ字日記」(岩波文庫)という日記のことがテレビのバラエティというか、当時はやっていた、「へ-」の回数を競う番組で取り

  • 佐野洋子「ぼくの鳥あげる」(幻戯書房)
    2021/01/26 00:54
    佐野洋子「ぼくの鳥あげる」(幻戯書房)

    ​​ 佐野洋子「ぼくの鳥あげる」が幻戯書房という本屋さんから復刊されました。  小さい男の子はお母さんのお腹から出てきたとき、ひたいにぺったりと切手をはりつけていました。 ​ 時々は、首にへその緒を

  • 店主がいちばん好きな本。
    2021/01/25 02:23
    店主がいちばん好きな本。

    「君の膵臓をたべたい」 著者:住野よる 〈あらすじ〉 ある日、高校生の僕は病院である一冊の文庫本を拾う。 タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。 そこには、彼女の余命がもういくばくもないと書かれていて____。 映画化、アニメ化もされた本なので 知ってる方も多いのではないでしょうか。 ちなみに表紙は、私の大好きなイラストレーターloundrawさんが描かれています。 私が個人的に好きなセリフ。 「君にも、死ぬまでにやりたいことはあるでしょう? でも今、それをやってないじゃん。私も君も、もしかしたら明日死ぬかもしれないのにさ。そういう意味では私も君も変わんないよ、きっと。一日の価値は全

    みどり

    翡翠堂。

  • ディズニーのお話が楽しめる英語のオーディオブック7選
    2021/01/24 23:01
    ディズニーのお話が楽しめる英語のオーディオブック7選

    無料で聴ける英語版「不思議の国のアリス」やオードリー・ヘップバーンが朗読するディズニーストーリーのオーディオブックを紹介します。

    Shoko│Audible歴8年目

    洋書多聴ブログ|洋書とオーディオブックで英語を楽しむ

  • これからの、シンプルで丁寧な暮らし方。【みんなの家事日記】
    2021/01/24 20:59
    これからの、シンプルで丁寧な暮らし方。【みんなの家事日記】

    ​​ 自分らしい暮らしの工夫、 心地よいシンプルな空間作り、 食を大切に楽しむ 3つの章から構成されています。 働く女性、専業主婦の女性、 いろいろなインスタ主婦たちが紹介されていて 面白いです

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 矢作俊彦「ららら科学の子」(文藝春秋)
    2021/01/24 02:13
    矢作俊彦「ららら科学の子」(文藝春秋)

       矢作俊彦「ららら科学の子」(文藝文庫)    夏休みが始まって一週間、「ゆかいな仲間」のチビラたちが「ヤサイクン」に連れられてやってきた。チビラ1号こと小学校4年生の「コユチャン姫」が、マンガの棚

  • 赤坂真理「箱の中の天皇」(河出書房新社)
    2021/01/24 02:13
    赤坂真理「箱の中の天皇」(河出書房新社)

    「東京プリズン」(河出文庫)で高く評価された作家の新作。​​赤坂真理「箱の中の天皇」(河出書房新社) ​  出版当初、天皇退位という出来事もあって、とても話題になったように思うのですが、その後がどうなっ

  • 鈴木敏夫 「禅とジブリ」 (淡交社)
    2021/01/23 00:50
    鈴木敏夫 「禅とジブリ」 (淡交社)

    ​​​ この本を案内しようとと思ったのは表紙をスキャナーで写真にとってみると、手抜きの構成のようなんだけれど、これが結構面白い。たった、それだけ。  「禅とジブリ」、この写真ネ! ​ 鈴木敏夫という

  • 四方田犬彦「詩の約束」(作品社)
    2021/01/23 00:50
    四方田犬彦「詩の約束」(作品社)

    ​​​​​ 「詩の約束」(作品社)は、ぼくにとっては最新の四方田犬彦。詩をめぐって、テーマを決めて書き継いできた連載をまとめた一冊。四十年前に、怠惰な学生だったぼくが、「映像の召還」に驚いて以来、読み続けて

  • 荒川洋治 「黙読の山」 (みすず書房)
    2021/01/23 00:50
    荒川洋治 「黙読の山」 (みすず書房)

    ​​詩人の荒川洋治のエッセイ集がみすず書房から、連作のように出ていて、なんとなく気になっていた。隣町の駅前に新しくできた図書館を利用するようになって、初めて出かけて棚を見ていると、ズラッと並んでいて思わ

  • 【空虚成分】媛ひめる
    2021/01/22 18:42
    【空虚成分】媛ひめる

    ​​ 著者は私と同じ今年50歳になる女性。 「精神年齢は、おそらくまだ中学生だと思う」 などと後書きで書いているが、 この本を読む限り素晴らしい才能の持ち主だと思う。 ・くしゃみとルービックキューブ

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 言葉の響きの美しさを堪能できる「ことばの生まれる景色 」
    2021/01/22 11:35
    言葉の響きの美しさを堪能できる「ことばの生まれる景色 」

    知らなかった世界や、知らなかった言葉、知らなかった概念が人生の中に登場することによって、自分の世界の中にそれまでなかった色彩が広がってゆきます。未知の世界を知ることで、自分の世界はどんどん鮮やかに彩られていきます。言葉の響きの美しさを堪能で

    言の葉

    心地よく丁寧に暮らしていく。₀:*゚✲゚

  • 大岡信「古典を読む 万葉集」・「詩人・菅原道真」(岩波現代文庫)
    2021/01/21 00:18
    大岡信「古典を読む 万葉集」・「詩人・菅原道真」(岩波現代文庫)

     ​​「折々のうた」の大岡信が亡くなって二年がたちました。以前こんな案内を、高校生に向けて書いたことがあります。​ ​  大岡信(おおおかまこと)​  この名前を聞いてピンと来る人は新聞をよく読む人

  • 最新情報 石塚真一「BLUE GIANT SUPREME 8」(小学館)
    2021/01/21 00:18
    最新情報 石塚真一「BLUE GIANT SUPREME 8」(小学館)

    ​​​​​​「ヤサイクン」のマンガ便、石塚真一の「BLUE GIANT SUPREME 8」(小学館)をが届きました。​​​ ​​​ ヨーロッパの若いミュージシャンと競うように腕を磨く、宮本大。8巻の前半は、同じ21歳。おなじ

  • 高村光太郎「智恵子抄」
    2021/01/21 00:18
    高村光太郎「智恵子抄」

    ​ ​​十代の終わりから、二十代の初め、詩と出会い、読みはじめる。そういう体験は、今の若い人たちにもあるのだろうか。  「智恵子抄」の高村光太郎、「春と修羅」の宮沢賢治、「在りし日の歌」の中原中也。やが

  • 【まばたきのおもひで】常盤貴子
    2021/01/20 18:49
    【まばたきのおもひで】常盤貴子

    ​​ 女優として活躍している著者。 彼女の演技力は素晴らしいと思っているので エッセイ集を興味を持って読んでみた。 結婚していたのはなんとなく知っていたけれど 「夫」と本の中に出てくるとドキッとし

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 感想『江戸絵皿絵解き事典 絵手本でわかる皿絵の世界 河村通夫/著』
    2021/01/20 11:42
    感想『江戸絵皿絵解き事典 絵手本でわかる皿絵の世界 河村通夫/著』

    江戸時代というと、文化や生活様式がまるで違う歴史の教科書の中の世界という感覚をもっていました。ですので、このお皿がその江戸時代から何百年の時を経た現代まで今なお存在し続けていることに驚きました。しかも、このお皿を実際に江戸時代の人が使ってい

    言の葉

    心地よく丁寧に暮らしていく。₀:*゚✲゚

  • 10年後君に仕事はあるのか?
    2021/01/19 07:50
    10年後君に仕事はあるのか?

     この本の初版は2017年。まさか、3年後にこんな事態になっているとは思いもよらなかったことでしょう。  この3年、いえ、この1年で劇的に働き方が変わり、不要…

    masayo

    my life style

  • 村田喜代子「八幡炎炎記」・「火環-完結編」(平凡社)
    2021/01/19 01:07
    村田喜代子「八幡炎炎記」・「火環-完結編」(平凡社)

    ​ ​​黒澤明が監督した最後から二つ目の映画「八月の狂詩曲」の原作者が村田喜代子。原作の名は「鍋の中」(文春文庫)。​  長崎の被爆者の老婆と孫の姿を描いた秀作ですが、その映画には、主人公「鉦おばあち

  • 島田雅彦「虚人の星」(講談社)
    2021/01/19 01:07
    島田雅彦「虚人の星」(講談社)

    ​​ ​島田雅彦という作家が、「海燕」という雑誌から、「優しいサヨクのための嬉遊曲」(「島田雅彦芥川賞落選作全集 (上)」 河出文庫所収)という作品で、さっそうとデビューしたのは1983年。​  ​ようやく学校を

  • No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】
    2021/01/18 00:10
    No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】

    評価:55点/作者:神田由築/ジャンル:歴史/出版:2009年   『日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 穴埋めでふむふむする――「型」で学ぶはじめての俳句ドリル 夏井いつき・岸本尚毅
    2021/01/17 22:29
    穴埋めでふむふむする――「型」で学ぶはじめての俳句ドリル 夏井いつき・岸本尚毅

    寒波は一応通り過ぎたようですが、土日はどこに行っても人も多いだろうし、無理して出かけることもないか―、ということで、読書に勤しんでおりました。ちょっと読書の記事が重なっていますが、12月の上旬に、教えてもらった本とか、ネットで見かけた本とか

    如月ローズ

    ゆるっとおひとりさま生活

  • 最新情報 ハロルド作石「7人のシェイクスピア 9」(講談社)
    2021/01/17 00:10
    最新情報 ハロルド作石「7人のシェイクスピア 9」(講談社)

    ​​​​「7人のシェイクスピア」最新刊  表紙はエリザベス一世から「黒い婦人」(ブラックレディ)と呼ばれることになる、「7人のシェイクスピア」の一人「詩の女神」リーこと、于俐(ユウ・リー)がエリザベス

  • 松浦寿輝「名誉と恍惚」(新潮社)
    2021/01/17 00:10
    松浦寿輝「名誉と恍惚」(新潮社)

    ​ ​松浦寿輝「名誉と恍惚」(新潮社)         2016年、話題をさらった作品だが、読み終えて考え込んでしまった。小説を映画化する話はよくある。では、その逆は、映画のように小説を書くということに込められ

  • ナリス化粧品【ルクエ7日間お試しセット】
    2021/01/15 15:08
    ナリス化粧品【ルクエ7日間お試しセット】

    新年早々、とっておきのふきとり化粧水を 見つけました! 美容サイト、女性誌でも話題の ふきとり化粧水売り上げシェア5年連続No.1のナリス化粧品「Luque -ルクエ- 」 アラフィフの私は、夏は脂性肌。冬は混

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 谷川俊太郎「62のソネット」
    2021/01/15 00:46
    谷川俊太郎「62のソネット」

    ​ ​​​六十二のソネット  41  谷川俊太郎   空の青さをみつめていると 私に帰るところがあるような気がする だが雲を通ってきた明るさは もはや空へは帰ってゆかない   陽は絶えず豪華に捨て

  • 若桑みどり「イメージを読む」(ちくま学芸文庫)
    2021/01/15 00:46
    若桑みどり「イメージを読む」(ちくま学芸文庫)

    ​ 数年前、中野京子さんという方の「怖い絵」(角川文庫)という本が、ラ・トゥールの「いかさま師」の女の顔を表紙にして出版されて以来、爆発的にヒットして、「高校生に」と思って図書館に揃えたのですが、全く

  • 大村 はま 「優劣のかなたに」(ちくま学芸文庫)
    2021/01/15 00:46
    大村 はま 「優劣のかなたに」(ちくま学芸文庫)

     以前、ブログで大村はまについて書いた。その後、知人から「大村はまさんの『優劣のかなたに』という詩がいいですね。」という言葉をいただいた。彼女も長く教職にある人だった。ブログの追記に乗せたが、これだけ

  • 【ミニマルご飯】沼畑直樹 下条美緒
    2021/01/14 17:41
    【ミニマルご飯】沼畑直樹 下条美緒

    ​​ ミニマリストの著者が、提案するミニマルごはん。 食事は常に質素! シンプルにだしをとり、 野菜を入れ、塩だけを使って味付けした おかずと白飯。 ミニマルご飯は、温かく静かで、落ち着いた毎日

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 【シャドーハウス】第87話 視察
    2021/01/14 10:19
    【シャドーハウス】第87話 視察

    セダンチェアに乗って、子ども達の棟にやってきたエドワード。 星付きが見守る中、視察スタートです。 事情を知らな … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 電子書籍ってすばらしい…!
    2021/01/13 10:38
    電子書籍ってすばらしい…!

    今日は趣味の話。昔から本が好きで、学生時代はよく図書室を利用してました。が、社会人になってからめっきり読書量が減ってしまい…。本を所有するデメリット読書量が減った理由、それはずばりお金とスペースの問題!本って借りるのはいいけど、買うとけっこ

    ぽち子

    ぽちこもり暮らし

  • 【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51
    2021/01/13 09:57
    【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51

    呪霊操術・極ノ番「うずまき」について語るニセ夏油。 「今は待つ」と自分に言い聞かせて聞いている体を装う虎杖です … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 抽象を愛す 医者は患者の何をみているのか――プロ診断医の思考 國松淳和
    2021/01/12 18:17
    抽象を愛す 医者は患者の何をみているのか――プロ診断医の思考 國松淳和

    寒波に身も心もやられながらも、日々読書とかしています。ちょっと前に読了したのだけど、読み終わった後しばらく興奮状態で、うまく言葉に出来ないまま過ぎていたのが、こちらの國松先生の「医者は患者の何をみているのか」です。医者は患者の何をみているか

    如月ローズ

    ゆるっとおひとりさま生活

  • 【ここちいい毎日】石田ゆり子
    2021/01/12 15:02
    【ここちいい毎日】石田ゆり子

    ​​ 2003年に発行された古い本です。 今から17年前の本ですね。 石田ゆり子という女優が30代を迎え 美容、健康、ファッション、暮らしなど その当時感じていたことを本に残しています。 若かりし頃のショ

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線
    2021/01/12 10:35
    【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線

    それぞれの思惑を秘めながら、京都の伊根に向かう市松・八幡・榊田・日下部美智の四人。 新幹線の中で仲良くトランプ … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 芥川龍之介 「地獄変、その他」(芥川龍之介全集 ・ちくま文庫)
    2021/01/12 01:12
    芥川龍之介 「地獄変、その他」(芥川龍之介全集 ・ちくま文庫)

    ​ ​高校一年生の国語の教科書に『絵仏師良秀』(宇治拾遺物語)という説話が出てきます。​  ​​​自分の家が燃えるのを目の当たりにして「あはれしつるせうとこかな」、つまり「ああ、もうけ「所得」たものだ」をしたと嘯

  • 【キングダム】第666話 闇の淵
    2021/01/11 13:21
    【キングダム】第666話 闇の淵

    飛信隊に来た理由を明かした礼。 でも、羌瘣は気が付いていた様子。 祭で何があったのか聞こうとした羌瘣でしたが、 … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 吉本隆明 「17歳」
    2021/01/11 02:03
    吉本隆明 「17歳」

    ​​​​​​​​​​​   ​​ 十七歳     吉本隆明​   きょう   言葉がとめどなく溢れた   そんなはずはない   この生涯にわが歩行は吃りつづけ   思いはとどこおって溜まりはじめ   と

  • 《余は如何にして屠殺人になりしか》 佐川光晴「牛を屠る」(双葉文庫)
    2021/01/11 02:03
    《余は如何にして屠殺人になりしか》 佐川光晴「牛を屠る」(双葉文庫)

    ​​佐川光晴「牛を屠る」(双葉文庫)      北大法学部を出て、出版社に勤め、上司とやりあってやめてしまった男が、どうして屠殺場に来たのか。 ​​​​「この学歴であれば、営業でも総務でもいいので、事務所

  • No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】
    2021/01/11 00:05
    No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】

    評価:55点/作者:藤原重雄/ジャンル:歴史/出版:2014年  『日本史リブレット 79~史料としての猫絵』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史リ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【眠りのチカラ】ヨシダヨウコ
    2021/01/10 16:51
    【眠りのチカラ】ヨシダヨウコ

    ​​ 寝具店の長女として生まれた著者が 睡眠についてわかりやすく紹介しています。 「24時間戦えますか?」 そんなCMがあったが今は睡眠を大切にする時代へ 変わりつつある。 笑顔で毎日生活するためには

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • まむし三代記 : 木下昌輝
    2021/01/10 10:34
    まむし三代記 : 木下昌輝

    『まむし三代記』

    sweetpea

    好きなことだけしていたい・・・

  • 長田弘 「奇跡-ミラクル」(みすず書房)
    2021/01/10 00:21
    長田弘 「奇跡-ミラクル」(みすず書房)

       ​​​ぼくは長田弘の良い読者ではなかった。詩も読まなかった。ある小説に引用されていた詩が気になって、詩集「奇跡 ― ミラクル」(みすず書房)を手にとった。天使がリュートをひいている絵が、白い表紙を飾っ

  • 竹内敏晴 「ことばが劈かれるとき」「ちくま文庫」
    2021/01/10 00:21
    竹内敏晴 「ことばが劈かれるとき」「ちくま文庫」

    ​​  ​​​今でもあるのかどうか知らない。昔、使っていた筑摩書房の教科書。一年生の最初の教材に演出家?竹内敏晴のエッセイ​「出会うという奇跡」​というエッセイが載っていた。いかにも新入生向けの題がついていて

  • 中島京子「長いお別れ」(文藝春秋)
    2021/01/10 00:21
    中島京子「長いお別れ」(文藝春秋)

    ​​​​​​​​​ 映画館で、映画「長いお別れ」を見た。気になったところが何か所かあって、中島京子の原作「長いお別れ」(文藝春秋)を読んだ。 ​ 原作は「全地球測位システム」から「QOL」まで、八篇の短編を

  • 【冷凍名人が伝授 冷凍保存でこんなに節約】岩崎啓子
    2021/01/08 18:25
    【冷凍名人が伝授 冷凍保存でこんなに節約】岩崎啓子

    ​​ 冷凍名人が冷凍保存の方法について 紹介しています。 週1回の買い物でOK! 節約、 時短 食品ロスなしでとても便利な冷凍保存。 私自身も冷凍保存は活用していますが オクラやトマト、ピーマンな

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

カテゴリー一覧
商用