searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

長編小説、ノベルシリーズ THEME

help
長編小説、ノベルシリーズ
テーマ名
長編小説、ノベルシリーズ
テーマの詳細
長編小説や、シリーズもののストーリィ・物語などに関することなら、なんでもOKです。
テーマ投稿数
22,301件
参加メンバー
549人
管理人
真姫(Maki)管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「長編小説、ノベルシリーズ」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「長編小説、ノベルシリーズ 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

長編小説、ノベルシリーズの記事

1件〜50件

  • あなたのとりこ 417
    2020/02/26 09:02
    あなたのとりこ 417

     とは云うものの、袁満さんの呟いた事も満更当たっていない事も無いと頑治さんは考えるのでありました。何となく昨年の暮れからここまで、陰鬱とか不安とか不信とか憤怒とか落胆とか、そんなネガティブな感情ばかりが会社での諸事に纏わり付いていたような気もするのでありました。勿論それとは反対の好もしき感情も全く無い事もなかったでありましょうが、概観すると矢張り気の滅入る事の方が多かったような印象であります。  出雲さんはそう云うあんまり心躍らない感情の波間に、自ら好んでと云う訳ではなく浮かんでいる内に諸事に愛想尽かししていた訳で、今次の土師尾常務と一緒の水戸での営業活動が会社を辞す決断の決定打となったのでありましょう。だから早々にこの場から遁走を図って、次の全く新たな展開に期するところ大なるものがあるでありましょう。出雲さんのこれから先の方便の道は、結局出雲さんだけが決定出来るものでありますし。 「..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 416
    2020/02/24 09:03
    あなたのとりこ 416

     それに確かに、出雲さんは滅多に人に逆らったりしないし、口数も少ないし、何時も円満そうな笑いを頬から絶やさない人であります。がしかし、案外頑固な一面も、自分に対する理不尽さに遭遇したら怒気も見せる意地も持っているし、普段は温厚そうにしていても、怒ったらなかなかに怖い人に変貌するタイプに違いないと頑治さんは前から見做しているのではありました。腕っ節も、揮ったらそこそこ強そうでもありますし。 「それに前に、・・・」  出雲さんは続けるのでありました。「唐目さんから酒の席か何かで、土師尾常務と片久那制作部長は俺と日比課長と云う二番手を辞めさせたがっているんじゃないか、とかそんな話しを聞いたのを、家に帰ってからふと思い出したんですよ。そうしたらここで自分が会社を辞めるのが、まあ、間違いのない選択かなと、そんな風に思ったんです」  そう云えば確かにそんな観測を披露した事があったと頑治さんは思う..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈14〉 体育倉庫の四銃士
    2020/02/23 23:49
    ピンちゃん〈14〉 体育倉庫の四銃士

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない
    2020/02/22 06:05
    承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない

    ネット上で二次創作者のあまりよくない意見のひとつに、承認欲求モンスターになりがちであるというのがあります。やたらと絵描きさんが叩かれやすいのですが、字書きでもいるはずです。自分のつくった絵が、小説や、ネタつぶやきが、もっと騒がれてほしい。いいね押しをしてほしい。RTでひろまってほしい。多くに読まれて、アクセス数を稼ぎたい。ランキング上位にいたい。同人誌ももっと売れてほしい。とにかく、ちやほやされたい──という声が厭わしいのだと。二次創作者でなくても、ただの生活ブログや日常つぶやきツイッターであっても、数字稼ぎをしたいという望みは誰しもあるものです。せっかく労をかけたのだから、それなりの見返りがほしいと思うのは、マズローの欲求の段階説を持ち出すまでもなく、人間のすなおな欲望です。しかし、あまり、好意的には見られて...承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない

  • あなたのとりこ 415
    2020/02/21 09:04
    あなたのとりこ 415

    「どうも済みませんっス」  出雲さんがさっきと同じ事を云って今度はやや丁寧にお辞儀するのでありました。 「出雲さん、会社を辞めるんですか?」  注文したコーヒーが来る前に頑治さんは出雲さんに聞き質すのでありました。出雲さんはその問いに対して、笑って見せるだけで敢えて言葉では応えないのでありました。 「昨日の水戸での営業で何かあったんですかね?」  頑治さんのその問い掛けに今度も出雲さんは首を縦にも横にも動かさないで、口を形だけ引き攣るように笑いに動かすのみでありました。この問いにも言葉では応えないのかと思いきや、出雲さんは少しタイミングを遅らせて喋り始めるのでありまあした。 「仕事が終わって帰りの列車の中で、ちょっと許せないような事を云われまして、もうこの人の下で働くのは限界だと悟ったんスよ」 「何を云われたんですかね?」  頑治さんが畳みかけると出雲さんは出ようとした言葉..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 414
    2020/02/19 09:03
    あなたのとりこ 414

    「じゃあ、そうするか。午後二時から丁度一時間で切り上げて、駅の地下街で三時に待ち合わせと云う感じで良いかな。あんまり池袋駅の構内事情を知らないから、どこかの改札口辺りを待ち合わせ場所にすると判り易いかな」 「一時間で話しは終わるかしら?」 「何が何でも切り上げるようにするよ。この後大事な用があるからとか云って」  頑治さんとしては夕美さんの不興と我慢へのせめてもの慰撫として、一時間以内で袁満さんと出雲さんとの話しはきっぱり切り上げる心算なのでありました。 「ところで、池袋駅は改札口ってあちこちにあるんじゃないの?」 「ああそうだな。地理不案内なら返ってまごまごしそうだな」 「だったら西武百貨店の正面玄関、とかなら何となくちゃんと落ち合えそうかな」 「俺としては間違いない場所と云うなら池袋演芸場の前とかの方が確かだけど、でもそれじゃあ夕美の方が良く判らないだろうからね、あの辺は..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ
    2020/02/17 23:22
    ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 413
    2020/02/17 09:16
    あなたのとりこ 413

     袁満さんが先に電話を切るのを待ってから頑治さんが受話器を架台の上に戻すと、それとほぼ同時に夕美さんが言葉を発するのでありました。 「明日何処かに出掛けるの?」 「うん。会社で一番歳若の人が突然会社を辞めると云うんだよ。で、どうして急にそう云う決断をたのか、明日直に逢って聞き質す事になったんだよ」 「今のはその人からの電話?」 「いやそうじゃなくて、辞めると電話をしてきた当人の先輩格の別の人。その先輩格が当人に逢って話しを聞くから、一人じゃ心細いので一緒に居てくれと云う事なんだ」 「ふうん。明日は用事が出来たって事ね」  夕美さんの声が如何にも不機嫌そうに変化するのでありました。「折角久し振りに東京に出て来たあたしを放って置いて、別の用事を今の今、態々作った訳ね」 「そう云う意図じゃ更々ないけど、でも、申し訳無い」  確かに外形的にはその通りであるから、頑治さんは夕美さんか..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 【転職ライフ1】高校卒業そしてはじめての就職
    2020/02/16 03:07
    【転職ライフ1】高校卒業そしてはじめての就職

    転職ライフの始まり ゆるかった高校生時代のアルバイト 最初の面接 転職ライフの始まり 私の転職ライフは、高校卒業とともに始まった。 高校を卒業して一番最初に就職したのが印刷会社だった。 家から5分くらいで行ける場所にあったので、通勤はめちゃめちゃ楽だった。

    転職マニア

    転職ライフ!ストレスのない自由な生き方

  • 転職回数気づいたら30回以上でした。
    2020/02/16 03:07
    転職回数気づいたら30回以上でした。

    転職回数30回以上のアラフォー大人女子 体験した職種について 転職回数30回以上のアラフォー大人女子 歳は、アラフォー。我慢するのが嫌いな性格ゆえ、気づいたら転職回数が30回以上になっていた。つい最近、友人と転職の話になり、あらためて数えたら発覚した。

    転職マニア

    転職ライフ!ストレスのない自由な生き方

  • ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」
    2020/02/15 15:11
    ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」

     連載   ローズマリーの詩   32 「結婚宣言」と「家出宣言」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「結婚しよう、いますぐ!」私が妊娠を告げると、聡史はそう言って私の手をとった。「そんなふしだらな……」と、気色ばむ母に、おじ

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • あなたのとりこ 412
    2020/02/14 09:03
    あなたのとりこ 412

    「ところでその出雲さんの件は、俺以外の人にはもう話したんですかね?」 「先ず均目君に電話を掛けたんだけど、留守みたいで出なかったよ。それから那間さんのアパートにも電話したけど、こっちも出ない。だから組合員じゃないんだけど同じ営業部だから日比さんに電話したら、こちらは家に居たんだ」 「で、日比課長はどう云う反応でしたか?」 「すごく驚いたようだけど、でもすぐに出雲君の件に関して何か動こうと云う心算は無いようだったかな。明日から奥さんと娘さんと三人で信州の白骨温泉に家族旅行に行く予定らしくて、休みが明けてから会社で出雲君に話しを聞いてみるとか云っていたかな」 「ああそうですか」  頑治さんがそう応えて少し黙るのは、何だか嫌な予感が頭の隅にモヤっと兆したからでありありました。「で、袁満さんはどうする心算なんですか?」 「俺に電話をくれたのにその儘放って置く訳にもいかないから、明日の昼..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 第21話 プロポーズ
    2020/02/13 12:32
    第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」 創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。 執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」 奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。 この面会は翼が執事を通して取り付けてく...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

  • あなたのとりこ 411
    2020/02/12 09:04
    あなたのとりこ 411

    「今出雲君から、会社を辞めたいと云う電話があったんだ」 「会社を辞めたい?」 「休み明けに退職願いを出す心算のようだよ」  頑治さんは唸るのでありました。しかしこれは実のところ、全くの青天の霹靂とか驚天動地の情報と云うものでもなく、前から何時かはこの様な話しを聞く事があるかも知れないと云う思いは抱いていたから、一応袁満さんへの儀礼的反応として唸りはしたものの、その割には結構冷静にこの話しそのものは受け止められるのでありました。  頑治さんが困じたような唸り声をあげたものだから、夕美さんがワインを飲む手を止めて不安そうな目を向けるのでありました。しかし声の深刻さの割に頑治さんの表情が、どちらかと云うと気持ちの激しい波立ちを感じさせない無表情に近いものだったから、この唸り声は電話を掛けてきた相手への一種のサービスであろうすぐに理解したようでありました。夕美さんは頑治さんを見る目の力を緩..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ
    2020/02/11 23:04
    ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 410
    2020/02/10 09:02
    あなたのとりこ 410

    「それは重畳」  そう云い終るタイミングで店のウェイトレスが近寄って来たので、頑治さんは訊かれる前にコーヒーを注文するのでありました。この、頑治さんとウェイトレスの遣り取りが間に挟まったものだから、頑治さんとの会話のテンポが微妙に乱れたような具合になった夕美さんは、何となく居心地悪そうに頑治さんに黙した儘笑って見せるのでありました。 「旅行カバンが横にあるって事は、ホテルの方も引き払ってきたと云う事だよね」  頑治さんは仕切り直すような感じでそう質問を発するのでありました。 「そう。まあ今日の分の宿泊費迄は自前でなくても構わないんだけど、だからと云って、仕事はもう片付いたんだから、今日の夜も律義にホテルに泊まる必要なんかないもの。あたしとしてもさっさと頑ちゃんのところに転がり込みたいんだし」 「ああ成程。それはそうだ」  頑治さんとしては夕美さんのその思惑が嬉しいと云った顔で頷..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ
    2020/02/09 22:04
    「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。この面会は翼が執事を通して取り付けてくれたのだが、その際に婚約に関する話だと説明していた。だから当事者である桔梗を呼んだのかもしれないが、創真としては完全に想定外である。もちろん彼女にもあとできちんと話をするつもりではいたが、いまはまだ心の準備ができていない。徹に報告するためにようやく気持ちを整えたばかりだったのに、また乱れてしまった。「そちらにお掛けなさい...「オレの愛しい王子様」第21話プロポーズ

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • あなたのとりこ 409
    2020/02/07 09:15
    あなたのとりこ 409

     始業時間ギリギリに出社して来た出雲さんは、早速土師尾常務に手招きされるのでありました。自分と一緒に営業回りをする日なんだから、恐懼してもっと早く会社に出て来いと云う土師尾常務の高飛車で身勝手なお説教が、マップケース越しに頑治さんの耳にも聞こえてくるのでありました。何時もにも況してこの日は気重の出社だと云うのに、出社して早々のお小言とは出雲さんとしては幸先が慎によろしくないと云うものであります。  少しの打ち合わせの後揃って会社を出て行く二人と、ちょうど下の倉庫に向かおうとして偶々扉の辺りで並んだ頑治さんは、一タイミング歩を遅らせて二人を見送るのでありました。先に扉の外に出る土師尾常務の後から少し背中を丸めて出て行く出雲さんの後ろ姿に、これから先の気重が気配として滲み出しているような風でありましたか。  この二人が水戸での特注営業を終えて社に帰って来たのは、夕方の六時を少し過ぎた頃であ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵
    2020/02/05 15:24
    ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 408
    2020/02/05 09:03
    あなたのとりこ 408

    「唐目君は彼女が故郷から出て来るとか云っていたよなあ、ゴールデンウィークに」  均目さんが自分と那間裕子女史の事から話題を逸らそうとしてか、フォークに載せたライスを口に運びながらながらそう訊くのでありました。 「うん。仕事絡みでね。もう既にこっちに来ているけど」 「彼女は何の仕事をしているんだっけ?」 「博物館の学芸員だよ」 「その、仕事絡み、と云うのは何だい?」  再び自分と那間裕子女史の事にこの場での話しを戻らせないようにするためか、均目さんは頑治さんへの質問を畳みかけるのでありました。 「今度大学の考古学研究室と組んで、故郷にある弥生遺跡の大掛かりな発掘調査をするんで、その打ち合わせとか関係省庁への挨拶とかで出て来ているんだよ」 「ふうん。でもゴールデンウィークは大学も官庁も休みだろう?」 「仕事は明日までで、後はプライベートで五日迄こっちに居る訳だよ」 「ああ成..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)
    2020/02/04 03:11
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

    ふたりの足は、女子のロッカールームへと向かっていた。女子ロッカー、そう女子ロッカーである。OLの赤裸々な噂話から、体育会系女子の度のすぎた友情までじんわりいい具合に醸成されてしまう、乙女の聖域である。ここで鍛えられた女子が脱ぐものは、さわやかな血と汗と涙を吸ったトレーニングウェアや制服だけではない。たとえこの部屋を出るときには取り繕いの笑顔をスタンバイしたとしても、ロッカーの扉の裏にある鏡は、年年歳歳戦い疲れた女子の綻びた顔を忘れてはいないだろう。そしてまた、在籍人数にしては多すぎるグレーのボックスに囲まれた空間の中央にあるベンチは、手早い着替えが要求されるこの部隊にあって、長居してしまう同僚のからだの温みを覚えてもいた。なのはに肩を組まれたまま、そこへ連れ込まれたというに等しいティアナは、顔が熱くほてってしか...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

  • あなたのとりこ 407
    2020/02/03 09:03
    あなたのとりこ 407

    「メーデーのデモ行進に参加しないでこうして寛いでいるのは、何となくプラカードを持って歩いているあの三人に対して申し訳無いような気もするよなあ」  頑治さんはオムライスにスプーンを刺しながら云うのでありました。 「いや別に申し訳無く思う事はないんじゃないかな。あの三人はもの珍しさから、自分の意志で行進に参加しているんだし」 「しかし那間さんはどういう了見で参加したんだろう。大体あの人はああいうのはちょっと軽蔑気味に億劫がって、真っ先に一抜けたを表明するタイプじゃなかったなか」 「それはそうだな。どう云う気紛れを起こしたのかな」  均目さんが自分の前のハンバーグにナイフを入れながら応えるのでありました。「ま、後日その辺は少し詳しく聞き質してみても良いけど」 「出雲さんも明日は土師尾常務と一緒に水戸に営業回りに出るんだし、そう云う気が滅入るような仕事を直前に控えていて、良く東京駅まで..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆
    2020/02/02 06:47
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-08:ティアナ・ランスター誘惑される朝っぱらから三時間みっちりの教導を受けたティアナは、早く汗を流したかったから、もちろん向かう場所であったはず。いつも訓練のあとにシャワーは日課になっているので準備のよかったティアナは、すぐにもシャワーに向かうはずが、その足を止めているのはひとえに同行の師。さっきのなのはへの答えは出ていない。なのはも答えを出していない。答えを先読みしてしまう自分も怖い。******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第八話更新☆☆☆

  • あなたのとりこ 406
    2020/01/31 09:03
    あなたのとりこ 406

     全体行進が始まってそれを免除されている事に多少の後ろめたさを覚えるものだから、頑治さんと均目さんは街区一区画分くらいを、東京駅迄の全路程に参加する予定の袁満さんと那間裕子女史、それに出雲さんと一緒に付き合い歩きするのでありました。 「じゃあ、申し訳無いけど唐目君と俺はこの辺でばっくれる事にするよ」  均目さんがそう云って全路程参加組の三人に片手を挙げるのでありました。 「ああ判った。態々代々木公園迄出て来て貰って有難う」  袁満さんが慎に人の好い礼辞を述べるのでありました。 「折角だから東京駅まで付き合えば良いのに」  那間裕子女史がこれで放免となる頑治さんと均目さんに対して、恨みがましさの大いに籠った云い草をして見せるのでありました。 「そうしたいのは山々ではあるけど、前に云っていたように今日は随分以前から予定していた、どうしても外せない用があるから、これで勘弁してくださ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋
    2020/01/30 20:39
    ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 405
    2020/01/29 09:20
    あなたのとりこ 405

     メーデー行進に参加するのは委員長の袁満さんと書記の那間裕子女史、それにどうせ暇だからと参加を引き受けた出雲さんの三人でありましたが、一応の義理から頑治さんと均目さんも、行進には参加しないながらもメーデー中央集会が行われる代々木公園には出向くのでありました。新人組合員の甲斐計子女史はそれも免除、と云う事でありました。  那間裕子女史は昨日までの名残の寒気が、夜が明けると同時に嘘のようにすっかり緩んで、初夏晴天の好日となったが五月一日をこんなイカさない行事で潰されるのは、全く以ってげんなりであると愚痴を零すのでありました。しかし袁満さんと出雲さんは多少のお祭り気分があるようで、全総連から手渡された、徴兵制を許すな! 等と小銃を持った兵士の絵にバッテンが描いてある手書きのプラカードを、もの珍し気に眺めたり両手で差し上げたりしながら、ただ只管閉口するのみと云う風でもないのでありましたか。 「..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 404
    2020/01/27 09:16
    あなたのとりこ 404

    「ああそう」 「御茶ノ水駅に帰り着くのは十時を過ぎちゃうかもね」  これはやんわりと夕美さんが、頑治さんが態々御茶ノ水駅に迎えに来てくれるのを遠慮しようとして発した言葉のようにも聞こえるのでありました。 「今日は疲れたかい?」 「ううん、別に疲れてはいないけど」 「だったら折角待っていたんだから、一応御茶ノ水駅に逢いには行くよ」 「面倒臭いんじゃない?」 「別に俺としては億劫でも何でもないけどね」 「でもそれは何となく悪いわね。これから逢ったとしても、精々ちょっとの時間、喫茶店か何処かでお喋りするくらいしか出来ないんじゃないかしら」 「それでも構わないよ。俺としては一応夕美の顔を見て今日を終わりたいから」  その頑治さんの言葉を聞いて夕美さんがほんの少し黙るのは、然程大袈裟なところではないにしろ、ちょろっと感動したためかも知れないと頑治さんは手前味噌に推察するのでありま..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 二次創作には、うっかり子や孫ができることがある
    2020/01/26 07:01
    二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

    他人の二次創作の設定、もしくはそこに出てきたオリキャラなどを活かして、第三者がさらに派生作品を生むことを、三次創作、四次創作と呼ぶそうです。私の好きなジャンルではあまり見かけなかったのですが、原作物と二次創作の縦の構造に、さらに下請けがあるというか、むしろ二次創作者どうしの懇親会の産物という感じですね。ある二次創作小説サイトの運営者が、自作に登場するロボットのデザイン画をアマチュア絵師に任せて、その絵を小説の挿絵とさせたケースを見かけたことがあります。同人誌でも、小説書きと作画担当がペアで組んで一冊刊行している場合もあるかしれませんね。この場合は、共同作業を楽しんでいるわけです。字書きのなかには、自作の二次創作小説の挿絵を描いていただけたらいい、と思うひともいるでしょう。たとえばネット上で見かけた既製の絵師さん...二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

  • 「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/26 00:05
    「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。翼の誕生日は、今日、四月一日である。小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパーティーとも言いがたいふたりだけのささやかなお祝いが、創真は気に入っていた。「あら、創真くん」ケーキを使用人に託して、ふたりで翼の部屋に向かおうと二階に上がったところで、桔梗とばったり出くわした。これから出かけるのか、淡いピンク色のスプリングコートを羽織り、ショルダーバッグを肩に掛けている。「こんにちは」例の日帰り旅行以来なので...「オレの愛しい王子様」第20話ともに時を刻みたい

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」
    2020/01/24 20:47
    ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 403
    2020/01/24 09:03
    あなたのとりこ 403

    「判った。八時には家に居るようにするよ」 「ところで五月一日は、頑ちゃんはメーデー行進に参加しなくて良いの?」  夕美さんが話題を変えるのでありました。 「ああ、参加しなくて良いよ。大体、そんな七面倒臭いものなんか、誰も意欲的に参加したいとは考えていないから、ウチの組合内部の話し合いで、一応の義理から役員を含む三人が貧乏籤、と云う事になったんだ。全員強制的に参加と云う事になれば、ちょうど夕美がこっちに出て来る時だから困るなと心配していたんだけど」 「ああそう。それは何よりと云うものね。あたしのこの出張も四月の三十日迄に取り敢えず片付く事になっているから、後は五月五日まで祝日と有給でずっとプライベートの時間になるから、五日間みっちり頑ちゃんと一緒に過ごせるわね」 「そうだな。若しメーデー参加の予定が入っていたとしたら、貴重な一日が台無しになるところだった。まあ、何か理由を付けてサボ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 402
    2020/01/22 09:16
    あなたのとりこ 402

    「これ迄に聞いていた頑ちゃんの話しに依ると、その二人は自分達の待遇を差し置いてでも頑ちゃん達の好待遇を考えるような、献身的な人でも義に篤い人でもお人好しでもないみたいだし、屹度従業員よりも遥かに好条件を獲得したんじゃないの」 「組合の中の推察も、大体そんなところだけどね」  頑治さんは冷ややかな笑みを浮かべながら頷くのでありました。「ところで、明日の夜は大学時代の友人と会食だったよね?」  頑治さんは表情を改めて話題を変えるのでありました。 「そうね。仕事の打ち合わせの後で教授も交えて、新宿の住友ビルの中にある何とかって云う土佐料理の店で食事する事になっているわ」 「ふうん。皿鉢料理かな。鰹のシーズンの最盛期には少し早いように思うけど」 「何だかよく判らないわ。博士課程に進んだ同級生がその宴会を仕切ってくれるみたいだから、あたしはそれに乗っかるだけで、魚料理でもジンギスカンでも..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/21 18:57
    第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」 あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」 翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。 翼の誕生日は、今日、四月一日である。 小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパー...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

  • あなたのとりこ 401
    2020/01/20 09:17
    あなたのとりこ 401

     まあ、然程に熟達したコーヒー淹れの腕前は特にはないながらも、頑治さんは手動のミルで豆を挽き、紙ドリップで二杯分のコーヒーを丁寧に淹れるのでありました。夕美さんは久し振りの頑治さんの手になるコーヒーの立ち上る湯気に嬉しそうな表情をしてから、恐る恐るコーヒーカップの熱い縁に口を近付けるのでありました。  結局夕食を摂るために頑治さんのアパートを二人して出たのは、それから三時間程経ってからでありました。その三時間てえものは、コーヒーが熱過ぎたので飲むのに三時間を要したとか、久し振りの再会にすっかり時を忘れて三時間、この間の二人夫々の身に起こった何やかやの出来事を、交互に飽かず喋り合っていたと云う訳でもないのでありましたけれど、まあ待ちに待った邂逅でありましたから、あれこれ色々、と云うか、それ程色々でも無いのでありますが、まあ何やら、やる事もあったと云う事でありましたか。・・・  こちら..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)
    2020/01/20 03:45
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)

    地面に目を落としていた姫子は、顔を千歌音のほうへ向け、自分の胸にそっと手を当てる。千歌音はその言葉の含意と仕草に訳が分からなくて、もどかしそうに顔をしかめる。「でも、私は私で、姫子は姫子。そんな土くれと一緒になるなんて嫌よ。ぜったいに嫌。私も姫子も、一生このままで生きていたらいい。変わらなければいい。変わって、違うものになって、また別れてしまうくらいなら、最初から存在なんてしなければいいのに…」千歌音の瞳からぽたり、ぽたりと落ちた涙の雫。それが足元の地面に透明な斑点となり染みこんでゆく。この子はこんなにも脆い。拙い。儚い。神のように完全な美しさに近くあるのに、かよわい。だからこそ闇に囚われてしまう。邪神に魅入られてしまう。でもだからこそ、とても愛おしい。人間には善か悪かでとらえきれない危うさがある。神の呪いを受...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話 更新★★
    2020/01/20 03:45
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話 更新★★

    2020年も月と地球と太陽と元気があればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話:夕映えの穂波をたてる風を更新しました。姫子の説くなんだか煙に巻かれたような議論に、黒髪の少女は鼻を啜り上げつつ、やや困惑した表情で見つめていた。「ね、聞こえない?」「聞こえるって、なにが?」「稲穂の産声が、聞こえてくるの」やわらかな手がたわわな穂先を、黒髪に隠されないしろい耳元へ寄せる。ちくちくする軽い痛みに耐えながら、千歌音が耳をそばだてる。風がかるく唸りをあげて、頬をなで横髪を梳きあげた。(「創作小説ご案内」→「神無月の巫女二次創作小説(其の一)」→「禁色の圃(ほ)」)********神無月の巫女生誕15周年企画。いつか、どこかの、姫子と千歌音、前世の巫女ふたりのお話。神無月の巫女二次創作...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話更新★★

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(七)
    2020/01/20 03:45
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(七)

    歩めば聞き流せるような廊下での談笑の類なのかと思っていたが、そうでもないらしい。なのはは一向にここから動かずにいて、おそらく大事な交渉ごとをここで行うつもりなのだろう。正午を回った今頃は、隊員のほとんどは食堂に向かっているはずなので、人通りも少なかった。さきほどのばったり出会った清掃員すらいない。「ティアナはね、機動六課でもリーダーシップ発揮してたし。指揮官としては、八神部隊長も認めてたんだよ。わたしは、そういうの苦手だしね」「でも、あたしは…」「ああ、うんうん。わかってるって。ティアナの夢は執務官だってことはね」言うなり、なのはの腕がティアナの肩に回された。ああ、これがフェイトさん言うところのおねだりモーションなのだろうか。ティアナは誘惑の予感に、心ならずもときめいてしまう。「でも、残念だなぁ。ティアナはね、...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(七)

  • ビンちゃん〈8〉 絡み合う指の束の間の乱舞
    2020/01/18 22:58
    ビンちゃん〈8〉 絡み合う指の束の間の乱舞

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 400
    2020/01/17 09:05
    あなたのとりこ 400

    「さてそうなると、未だ夕食には早いからどうやって時間を潰すかな。・・・」 「散歩なんかより、これから頑ちゃんのアパートに行く、と云うのはどう?」 「まあ、それでも構わないけど、でも俺のアパートに上がり込んでまったりしていると、肝心の夕食の時間を逸するかも知れないなあ」 「別に良いじゃない。夕食の時間がきっちり決められている訳じゃないんだから」 「ま、それはそうだけど」  夕美さんが泊まるのはビジネスホテルであり、観光地の観光旅館のように夕食が宿泊プランに付属しているのではないのだから、何時に何処で夕食を摂ろうとそれは随意でありますか。頑治さんの心配は的外れで間抜けなもののようであります。 「こっちに出て来てあたしが先ず行きたい処って云ったら、頑ちゃんのアパートと云う事になるものね。他は後回しで良いもの」 「ウチに置いていった見張りのネコの報告も聞きたいから、と云うのもあるか」..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 399
    2020/01/15 09:03
    あなたのとりこ 399

    「まあ、それは仕方が無いか」  頑治さんは少し落胆の表情をして見せるのでありました。  と云う事で、二人はその儘駅構内の通路を歩いて中央線のホームに移動するのでありました。もう夕方に近い時間になっていたから通路は急ぎ足に行き交う人で非常に混み合っていて、夫々が一つずつ下げた夕美さんの持ってきた大きな旅行カバンが、二人横に並んでのスムーズな足の運びを苛立たしく邪魔するのでありました。  御茶ノ水駅で電車を降りて改札を抜けると、夕美さんはこの地を去ってから然して長い時間が経過していたと云う訳でもないのに、斜陽にやや赤みを増した駅前の交差点の雑踏に懐かしそうに目を細めるのでありました。もう自分はこの地の人間ではないと云う思い做しが、前に見慣れたこの光景への懐かしさをいや増すのでありましょうか。  二人は大学の裏手にある、今宵夕美さんが泊まるビジネスホテルの方に向かって、矢張り手に下げ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ローズマリーの詩〈31〉 口をつぐんだ罪
    2020/01/13 12:45
    ローズマリーの詩〈31〉 口をつぐんだ罪

     連載   ローズマリーの詩   31 口をつぐんだ罪破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。アフリカに赴任する聡史の子を宿してしまった。迷った私は、千里さんの店を訪ねた。私の迷いを見抜いた千里さんが「変なこと考えてないでしょうね

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • あなたのとりこ 398
    2020/01/13 09:04
    あなたのとりこ 398

     夕美さんも頑治さんをほぼ同時に見付けて、逸る気持ちを弄ぶように足手纏いに絡む両手に下げた大きな旅行バッグを持て余しつつ、頑治さんの方に向かって小走りに駆け寄って来るのでありました。その前に勿論、この荷物共は、先ずは見付けた頑治さんに手を挙げて見せる挨拶の動作をも忌々しく邪魔したのでありました。 「見慣れないフォーマルな格好をしているから、見違えるところだったよ。ま、実際はどんな格好をしていても、夕美を見違える事なんか絶対にしないんだけど」  頑治さんはそう云いながら、傍まで来た夕美さんの如何にも重そうな方の荷物を受け取るために片手を差し伸べるのでありました。 「一応仕事絡みでの上京だからね」  夕美さんは素直に頑治さんに大きな方の旅行バッグを手渡して、それから頑治さんの顔をまじまじと見るのでありました。「変わり、なさそうね」 「一か月ちょっとでの再会だから、そんな短い時間では変..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第七話更新☆☆☆
    2020/01/13 07:31
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第七話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-07:ティアナ・ランスター勧誘される「ティアナ・ランスター二等陸士の臨時教導。受講者は、高町なのは一名」「へ?」開いた口が塞がらない。この人から貰いたいものはまだいくらも残っていて、あと一箇月もない別れが惜しいというのに。こちらから渡すものなどありえない。「なのはさん、それ本気ですか?」「本気だよ。ティアナに教わりたかったんだから」「…なぜ?」******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二次創作小説・考察レヴューのご注意★いつもお読...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第七話更新☆☆☆

  • ピンちゃん〈7〉 金賞の報酬
    2020/01/12 11:57
    ピンちゃん〈7〉 金賞の報酬

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 397
    2020/01/10 09:18
    あなたのとりこ 397

    「それはどうですかねえ。ただ俺の言葉を停滞していた会話を少し活性化させる好都合な接ぎ穂だと捉えて、上手く社長が利用しただけじゃないですかねえ」  頑治さんは謙譲からだけではなく、実のところあの社長には、人を見る目とか好機を的確に捉える目とかをあんまり期待しない方が無難だろうと云う読みかあるものだから、そんな風に冷えた語調で応えるのでありました。 「まあ何事にも敏くピンとくるタイプじゃないけど、それでも唐目君の発言にちょっと瞠目したような様子は充分あったよ。それにあの社長だけじゃなくてあの場に居た殆どが、唐目君の発言にグッと引き込まれたのは間違いない。まあ、一人を除いて」  均目さんに除かれた一人とは土師尾常務に間違いないでありましょう。 「そうね。確かに唐目君の発言にはあたしも、おお、とか思ったもの」  那間裕子女史が頑治さんの方に向けた目を、まるでその時を再現するように少し大袈..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 396
    2020/01/08 09:03
    あなたのとりこ 396

     本来ならばこういう締め括りの発議は、袁満さんよりは土師尾常務辺りがするべきところではありましょう。しかし当人としてはこの会議に然したる思い入れも期待も無いものだから、それに元々気が利かない性質でもあって、ケチを付ける事はするけれどそんな役割なんぞは全く興味も無さそうで、さっさと立ち上がろうとするのでありますか。  反省会と云う程のものではないけれどこの会議の後、甲斐計子女史を除いた従業員一同は馴染みの神保町駅近くの居酒屋で例に依って一献傾けるのでありました。酒杯を取り交わす時の話題としては、先程の土師尾常務の重職の者にあるまじき子供じみた振る舞いや発言に対する鬱憤晴らしが先ずあって、それから次には那間裕子女史の土師尾常務に対する寸分の遠慮も無い食って掛かりようへの驚嘆等でありましたか。  土師尾常務への欠席裁判的批判や論いは何時もの事と云えば何時もの事でありますが、一同は那間裕子..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ローズマリーの詩〈30〉 受胎告知
    2020/01/07 18:39
    ローズマリーの詩〈30〉 受胎告知

     連載   ローズマリーの詩   30 受胎告知破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。再会を果たしたおじと千里さんは、最近、よく会っているようだ。もう、『スカボロー・フェア』も歌わなくてすむらしい。しかし、私の体には、小さな変化

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ピンちゃん〈6〉 彼女に捧げる1分間の即興
    2020/01/06 13:50
    ピンちゃん〈6〉 彼女に捧げる1分間の即興

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 395
    2020/01/06 09:04
    あなたのとりこ 395

     袁満さんが土師尾常務の口がようやく閉じたのを見極めて云うのでありました。 「まあ、総括として、出雲君と袁満さんの今後の仕事の遣り方が少し具体的になったと云うのは、今日の会議の収穫ではないですかね」  均目さんが荒れた場の空気を一端沈めるようにそう纏めるのでありました。 「確かにそれは良かったかな」  袁満さんが力強く頷いて出雲さんの方を見るのでありました。その袁満さんの目に出雲さんも大きな頷きを以って応えるのでありました。 「常務が人をへこませる事ばかりに矢鱈に熱心で、建設的な意見は欠片も持っていないと云う事が判った事も収穫の一つかしらね」  気の強い那間裕子女史は未だ土師尾常務に対する侮蔑を止めないのでありました。しかし土師尾常務の方はと云えば、天敵を睨むような目付きで凄んで見せて、力を入れた頬の小さな波打ちで奥歯の噛みしめを表して口惜しさを覗かせはするけれど、唇は引き結ん..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)
    2020/01/06 03:44
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)

    「そうね。野山の自然になった果実や草花や河川の水や魚や貝、それらは意思を持っていないけど、自分で餌を捕ったり、光を浴びたり水分や養分を取ることを、生まれながらに知っているのよね。私も千歌音も、その恩恵に預かって生きている。だからどんな小さな命にも感謝しないといけないわ」姫子の教え諭すような物言いに、千歌音は瞳を伏せて口をすぼめた。いつもはそんな姫子の言葉を、ただ黙ってしたがっているだけなのに。どうしても、きょうだけは、いまことのときは言い出さずにはおられない。「…ときどき思うの。その他の命を犠牲にしなきゃ成り立たない自分の身体なんて、なくなってしまえばいいんじゃないかって…」「…な、何を言うの、千歌音?!」姫子は驚いて、空いたほうの手で千歌音の片腕をきつく掴んでしまった。千歌音はそれでも動じなかった。相手の痛さ...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)

カテゴリー一覧
商用