おすすめ本 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/04/28 22:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
人生楽しみさん
  • 情報提供宮城谷昌光 春秋の呉越を描く!(その3) 日々雑記人生楽しみさんのプロフィール
  • こんばんは。  宮城谷さんが描く春秋時代の呉越。今週は、待ちに待った文庫本の第5巻を読んでいました。「呉越春秋 湖底の城 五」(宮城谷昌光著 講談社文庫 2016年)【伍子胥 復讐の行方】  第四巻は、雌伏の時を過ごしていた伍子胥とその一行がいよいよ呉の国の公子光のもとで信頼を得て勇躍する姿が描かれて、みごとに次作へと続く終わり方でした。(ここからネタバレとなりますが・・・)  公子光は、呉王である僚の

2位
こぶた*さん

3位
こぶた*さん
4位 こぶた*さん
5位 乃木耀数さん
  • 情報提供社会がザワついた問題作!綾辻行人「殺人鬼――覚醒篇」 文字が空から降ってくる乃木耀数さんのプロフィール
  • 今日の一冊。今日は綾辻行人「殺人鬼――覚醒篇」をご紹介。綾辻氏と言えば、島田潔が活躍する「館シリーズ」や映画化・アニメ化もされた「Another」ホラーものの「深泥丘シリーズ」をはじめ多くのヒット作を持つ「新本格」ミステリー作家の代表的人物である。そんな綾辻氏の異色作が「殺人鬼――覚醒篇」そして続編の「殺人鬼――逆襲篇」だ。この殺人鬼は1990年に双葉社から刊行された。その後双葉ノベルス→新潮文庫と版
6位 読むだけ元気お届け人さん
7位 kasuterakunさん
8位 anneseaさん
9位 みくら さんさんかさん
  • 情報提供第2569日目 〈推理小説読書の第一期を振り返る。〉 Let's be Friends,みくら さんさんかさんのプロフィール
  •  昨年の秋から、江戸川乱歩や横溝正史を皮切りにして、遅ればせながら推理小説に淫した日々を重ねて今日へ至っていることを、これまでにも何度か本ブログにて述べてきた。今年になってからは専ら現代の作物ばかり読み耽ってそれらの概ねについて感想めいたコメントをモレスキンのノートに書き留めているが、遅かれ早かれそれらの幾つか(全部ではあるまい)はやがて相応しい分量を伴って清書された後、ここにお披露目されることで
10位 ウチ○さん
  • 情報提供3月はこんな本を読んだ! 本釣停日乗ウチ○さんのプロフィール
  • 今晩は(^^♪海の中も春本番になってきたようです・・・定点観測的に注視しています「大黒海釣り施設」の釣果情報、↓↓↓http://daikoku.yokohama-fishingpiers.jp/choka.phpチョット前まではほとんどシーバスのみ、の貧果の日が多かったんですが、ここのところ俄かに賑やかに!今週日曜日(4/23)には一人でイシモチ33尾、なんて釣果も。シリヤケイカもヒイカ・スミイカなど混じりながら好調の様子。なにより期待されるアジ・サバ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 こぶた*さん
12位 読むだけ元気お届け人さん
13位 みなもとかおるさん
14位 ホロコサンさん
15位 読むだけ元気お届け人さん
  • 情報提供「脳男」(映画)観ました! 「言葉こそ人生」"今ここを生きる心"の裏側読むだけ元気お届け人さんのプロフィール
  • という訳で、早速「脳男」の映画の方も鑑賞しました。 これ良かったです! 原作とは違うストーリーになっていましたが、これはアリでした。 映画作品という限られた枠で上手く怖さが表現されています。 俳優陣もいい感じでした。 ちょっと心理的に怖いのはどうも・・・って方以外にオススメです。脳男 [DVD]posted with amazlet at 17.04.25バップ (2013-08-28)売り上げランキング: 55,640Amazon.co.jpで詳細を見る_/_/_/
更新時刻:17/04/28 22:30現在