おすすめ本 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/22 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
人生楽しみさん
  • 情報提供ミッション・インポッシュブルの進化 日々雑記人生楽しみさんのプロフィール
  • こんばんは。  1990年代から始まる映画シリーズと言えば、「ジェラシック・パーク」や「ホーム・アローン」などを思い出しますが、トム・クルーズが主演する「ミッション・インポッシュブル」シリーズも忘れてはならない映画です。  今年は、その「ジェラシック・パーク」も「ミッション・インポッシュブル」も最新作が公開され、我々を楽しませてくれました。「ジェラジック・パーク」最新作の情報は前回ご紹介したので、今回

2位
shinkuさん

3位
FREEDOM 自由さん
  • 情報提供炎上する相続 FREEDOM 自由FREEDOM 自由さんのプロフィール
  • 図書館で借りたので、バーコード部分は削除しました。−−−−−−−−上記の本と別件ですが、今回ご紹介した本以外にも「相続」についての本、相続の時に深く関わるような本(例でいえば、成年後見制度に関する本、葬儀に関する本)などが出版されているので、「自分はまだ関係ない、自分の家族にもまだ関係ない」との考えを捨て、「いつ何時、自分に自分の家族に降りかかること」として考え、相続に関する本を読まれていたほうがい
4位 のぶたんさん
  • 情報提供人身事故で東海道線が止まっていたので、江ノ島経由で帰ります! 一期一会のぶたんさんのプロフィール
  • おはようございます!!! 今日のめざましテレビの占いで、てんびん座は6位でした! 懐かしい人に連絡してみます! 今日も楽しい一日になりそうで〜す♪ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★今日も最後まで読んで頂き、有難うございます!2009年3月23日からブログをスタートして今日で連続更新3,439日目です!明日も更新しますので、読んでいただけると嬉しいです♪では、今日も一日楽しみましょう!
5位 つねちゃんさん
  • 情報提供№952 桐野夏生「ロンリネス」 おすすめ本 本が友達ジョギングは恋人つねちゃんさんのプロフィール
  • こんにちは中ちゃんです。今日のおすすめは、桐野夏生「ロンリネス」です。東京湾岸のタワマンに暮らす岩見有紗は、夫とのトラブルを乗り越えたかに見えたが再びぎくしゃくしている。そんななか、同じマンションに住む高梨と急接近し、ママ友でW不倫中の美雨ママに相談をするうちに、有紗は高梨に強く惹かれていることに気づく――自分の身の丈に合った生活を提唱する夫、それ以上の生活を夢見、タワーマンション、娘のお受験との
6位 kasuterakunさん
  • 情報提供「坂の上の雲(二)」司馬遼太郎 おすすめ本の紹介ブログkasuterakunさんのプロフィール
  • 日清戦争へ。新装版 坂の上の雲 (2) (文春文庫) 司馬 遼太郎 文藝春秋 1999-01-10 売り上げランキング : 126126AmazonKindle楽天ブックス by ヨメレバ戦争が勃発した…。世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍少佐秋山
7位 kasuterakunさん
8位 こぶた*さん
9位 サニーさん
10位 kasuterakunさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 つらつら綴るさん
  • 情報提供時間管理に悩むあなたに読んでほしい一冊 そして、つらつら綴るつらつら綴るさんのプロフィール
  • 人間誰しもが平等に持っているもの、時間。賢く時間を使いたい。僕がこう考えていたときに出会った1冊の本がある。あまり詳しく書くと著作権の問題が起きる(というかそういうのがコワい)ので、この本から僕自身が受けた影響についてちょっとだけ紹介する。手帳に全部書き込むようになった本については後ほど紹介するとして…今回紹介する本を読んで、僕はtodoリストやリマインダーを消した。その代わりに手帳を購入。そして、手
12位 kansasさん
  • 情報提供天才 本記kansasさんのプロフィール
  • 拝啓「天才」石原慎太郎が田中角栄を切り取る。 石原慎太郎は、嘗ては田中角栄元首相の金権政治を鋭く批判する側だった。それが逆に評価する側として小説を書き上げたものが本書である。 「俺はいつか必ず故郷から東京に出てこの身を立てるつもりでいた」という文章から始まるこの小説は、田中角栄本人が自己の人生を語る回顧録のスタイルをとっています。しかし、何故回顧録としたのだろう。「政治に関わった者としての責任でこ
13位 snaoさん
  • 情報提供怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック 中野京子 一日一冊読書評snaoさんのプロフィール
  • 怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック [ 中野 京子 ]KADOKAWA少し前に上野で「怖い絵」展がありましたが、それ用に書かれたらしい一冊余談ですがこの怖い絵は、日本では知名度が高いけれど世界的にはあまり有名ではなく、貸出料も安いのにそれなりの集客が見込める主催者側にはおいしい企画だそうで…ちょうど最終日、その美術館の前を通ったのですがものすごい行列でした上野にはよく行くのですが、普段はガラガラなのに
更新時刻:18/08/22 07:30現在