searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

絵本 THEME

help
絵本
テーマ名
絵本
テーマの詳細
絵本(えほん)にかんするトラックバック、どんなことでもOK。
テーマ投稿数
14,036件
参加メンバー
1,190人
管理人
井野元建具管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「絵本」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「絵本 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

絵本の記事

1件〜50件

  • 【絵本】湯本香樹実・文 酒井駒子・絵「くまとやまねこ」-仲良しの小鳥が死んでしまった。くまの悲しみが癒える日はやって来るの?
    2020/03/29 17:11
    【絵本】湯本香樹実・文 酒井駒子・絵「くまとやまねこ」-仲良しの小鳥が死んでしまった。くまの悲しみが癒える日はやって来るの?

    湯本香樹実・文 酒井駒子・絵「くまとやまねこ」 ある朝、くまは ないていました。なかよしのことりが、しんでしまったのです。 という一文から始まるこの絵本。雑誌「MOE」の「思わず泣いた感動絵本」特集に載っていて、気になり手に取った一冊だ。 ことりをそっと箱の中に入れたくま、ことりのことを思い出し大粒の涙を流すくま。周囲のみんなに「つらいだろうけど、わすれなくちゃ」と言われて家に閉じこもってしまったくま。大事なものを失くしてしまった時の喪失感、それを他人が理解するのは難しい。共感は寄せられるけど代わってあげることなどできない。 ある日、久しぶりに窓を開けると、とても素敵なお天気。ついつい外に出た…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 「童話館ぶっくくらぶ」の絵本配本(年齢にあった月2冊)を強くオススメする3つの理由とは?
    2020/03/19 14:16
    「童話館ぶっくくらぶ」の絵本配本(年齢にあった月2冊)を強くオススメする3つの理由とは?

    「童話館ぶっくくらぶ」の絵本配本を強くオススメする3つの理由とは?の記事を公開しました! ↓ 1、「童話館ぶっくくらぶ」は、絶版した“良い絵本”を復刊させるほどのこだわり! 2、子どもに媚びた絵本ではなく「感性と言葉を育み、子どもの心に響く絵本」を選ぼう! 3、絵本と子どものことで、相談にのってもらえる! について、書いています♪

    高齢出産したナスカ

    元美容部員ママ、ナスカの美容・健康・スイーツ紹介ブログ♪

  • 長男の卒園に、ささやかなお祝いを
    2020/03/13 20:12
    長男の卒園に、ささやかなお祝いを

    長男、ついに卒園の日を迎えました。 赤ちゃんのころは、人見知りで泣いてばかりいた長男。 入園したころは、集団生活を送れるのか心配もありましたが… abcdehon.hatenablog.com マイペースなのは相変わらずでも、 幼稚園でたくさんのお友達ができて いつの間にか大きくなったなぁ… 卒園2日前には、こんなお弁当を作りました。 卒園お弁当 ~メニュー~ ホイコーロ(まいたけと人参入り) たけのこご飯withチーズとのりのお顔(左:長男・右:次男) たこさんソーセージ 白身魚のフライ(冷食です) ミニトマト・レタス バナナ バナナの文字はドールの「バナペン」で書きました! 一見普通のペン…

    aya

    絵本、ときどき、英語絵本

  • 【子供向けオススメ絵本の紹介】絵本は子どもの脳を育てます
    2020/03/12 08:13
    【子供向けオススメ絵本の紹介】絵本は子どもの脳を育てます

    うちの子供たちは絵本がとても好きで、読んであげるととても喜びます。寝る前も「これ読んで!」とお気に入りの絵本を持ってきます。今回は子供の絵本について、絵本を読むことはなぜ大切なのか。何歳から読んだらいいのか。どうやって読んだらいいのか。どんな本が良いか。私の体験談とオススメもご紹介します。

    iwt1242

    Foglots(フォグロッツ)|育児を楽しみ人生を楽しむ

  • 1歳児におすすめの絵本 5選!
    2020/03/10 08:33
    1歳児におすすめの絵本 5選!

    先日1歳になった次女は、絵本が大好きです。1日に何回も私のところに絵本を持ってきて、「ん!(読んで!)」と催促します(笑)1歳娘ばぶー!(絵本大好きー!)次女に絵本の読み聞かせを始めたのは、生後3ヶ月頃。お布団にゴロンと寝せても機嫌よくして

    ヨメ

    農家嫁のバリバリ田舎ぐらし

  • 進研ゼミの『まなびライブラリー』は超おすすめ!2020年2月読書まとめ(絵本&小説) とわが家のコロナストレス。
    2020/03/02 06:52
    進研ゼミの『まなびライブラリー』は超おすすめ!2020年2月読書まとめ(絵本&小説) とわが家のコロナストレス。

    コロナ騒動、ついに休校措置までいきましたね。コロナウィルス自体には重症率などを鑑みてさほど脅えていないのですが、(正直、ヒアリ騒動やエボラウィルスのときの方が怖かった。アレルギーっ子にとってヒアリは文字通り命取りなので)卒園・入学を控えている身としては、一生に一度の式典くらいはさせてあげたいという気持ち。今のところ保育園は開けてくれているので、仕事には行っています。というか、コロナ需要で忙しすぎて...

    こゆりす

    シンプルにいこう。

  • 南伸坊「ねこはい」「ねこはいに」青林工藝社
    2020/03/01 13:46
    南伸坊「ねこはい」「ねこはいに」青林工藝社

    ​​​​​​ねこの​はいくえほんである。はいかいではなくてはいくである。  はいくのえほんであるから、いちおうしきをめぐるのである。 もちろん、めせんはねこである。  いちめんの  ねこじゃらしなり 

  • 妖怪文化研究会  「ゆる妖怪カタログ 」 (河出書房新社)
    2020/03/01 13:45
    妖怪文化研究会  「ゆる妖怪カタログ 」 (河出書房新社)

    ​ 図書館に通い始めると、当然ながらのぞいてまわる棚がふえる。ピーチ姫と隣町の図書館をのぞいていて、新着図書の棚に見つけて借り出した。「ゆる妖怪カタログ」(河出書房新社)。2015年に出された本だから、そん

  • 絵本『はるかぜのたいこ』安房直子 葉詳明著(読書散歩1700)
    2020/02/24 14:19
    絵本『はるかぜのたいこ』安房直子 葉詳明著(読書散歩1700)

    たいこをたたいて、あったまりたい!どんよりと雲のおもたい日に、こんなたいこがひとつあったら、どんなに楽しいでしょう。冬枯れの野原で、思いっきり、春風のたいこをたたきたい!そうしたら、気持ちが明るくなって、なにか素敵なことが始まるような気がしそう。寒くてた

    小夜

    風がページをめくる

  • 別役実「台詞の風景」(白水Uブックス)
    2020/02/24 00:05
    別役実「台詞の風景」(白水Uブックス)

    ​​​​別役実「台詞の風景」(白水Uブックス) ​​​​今でも、この本が新刊書店の棚にあるのかどうか、いささか心もとないのですが、面白いものは面白いということで案内しましょう。劇作家の別役実さんの演劇コラム集

  • 「2004年《書物》の旅 その12」藤沢秀行「勝負と芸」(岩波新書)
    2020/02/24 00:05
    「2004年《書物》の旅 その12」藤沢秀行「勝負と芸」(岩波新書)

    ​​​​「2004年《書物》の旅 その12」​   ​藤沢秀行「勝負と芸」(岩波新書)  2019年の夏、久しぶりに東京に行きました。東京は都会だと妙に実感しました。何しろ行く所、行く所、人が多い。ぼくが山手線の電

  • 2020年1月読書まとめ(絵本&小説)
    2020/02/22 08:43
    2020年1月読書まとめ(絵本&小説)

    2020年1月の読書記録。1月は小説が4冊、絵本が11冊でした。今年読んだ絵本の総数は11冊。絵本の年間目標はなんとなく200冊(通算数ではなく新しい本の冊数)にしていますが、年始早々いきなり出遅れました。先月の小説ベストは、「ウズタマ」。表紙もタイトルもほっこり系と思いきや、すぐに殺伐とした雰囲気になって驚き、でも結局はハートウォーミング系という、いろいろと予想と違う作品でした。お初の作家さんだったので、他の...

    こゆりす

    シンプルにいこう。

  • 絵本『おまつりを たのしんだ おつきさま』マシュー・ゴラブ著(読書散歩1699)
    2020/02/21 16:29
    絵本『おまつりを たのしんだ おつきさま』マシュー・ゴラブ著(読書散歩1699)

    メキシコの南にあるオアハカ州につたわる、お月さまのお話。絵:レオビヒルド・マルティネスお日さまの世界で、楽しそうなお祭りをみかけたお月さま。ごちそうと のみものと音楽を 準備してパペルピカドを 飾ってお月さまは 夜にお祭りをすることにしました。でも、お日

    小夜

    風がページをめくる

  • 絵本『ばばちゃんのひとり誕生日』堀田京子著(読書散歩1698)
    2020/02/21 14:16
    絵本『ばばちゃんのひとり誕生日』堀田京子著(読書散歩1698)

    秋の月が、こうこうとかがやいています。ワインを両手に、大きい声で「かんぱい」わたしのあだなは、ばばちゃんです。今日はばばちゃんの77回目の誕生日。真っ赤なバラの花、大きなケーキ、亡くなった夫の写真をテーブルにかざります。ひとりで迎える誕生日だけど、さびしく

    小夜

    風がページをめくる

  • 【絵本】 junaida「Michi 」-男の子と女の子、それぞれがたどる不思議ワールドへの旅
    2020/02/21 11:47
    【絵本】 junaida「Michi 」-男の子と女の子、それぞれがたどる不思議ワールドへの旅

    junaida「Michi 」 前回、「の」を紹介したjunaidaさん。かなり気になったので、さらに「Michi」という絵本を読んでみることにした。「の」とは違って大判でしっかりした造りのちょっと重めの絵本だ。 両表紙だ。「Michi 」というタイトルがついた左開きの方は猫を連れた赤いマフラーの男の子が主人公。右開きの「みち」の方は犬連れの赤いスカートの女の子が主人公だ。彼と彼女はいろいろな世界(ひと見開きがワンワールド)を旅をして、本のセンターで出会う。構成としてはとてもシンプル。junaidaさんの絵はいろいろ工夫されていて色も美しく、本当に素晴らしい。

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 絵本『とんでいったふうせんは』ジェシー・オリベロス著(読書散歩1697)
    2020/02/18 15:58
    絵本『とんでいったふうせんは』ジェシー・オリベロス著(読書散歩1697)

    ジーンとしちゃった。 ぼくは おとうとより「おもいで」というふうせんをたくさんもっている。おじいちゃんは、ながくいきてきたから、ぼくたちよりも たくさんのふうせんをもっている。ぼくは、おじいちゃんから いろいろなふうせんのはなしを きかせてもらっているんだ。

    小夜

    風がページをめくる

  • 絵本『月と少年』エリック・ピュイバレ著(読書散歩1696)
    2020/02/17 16:46
    絵本『月と少年』エリック・ピュイバレ著(読書散歩1696)

    月がほしいといわれたら、すぐにとりに行ってあげたいくらいだいすきな両親に月には満月や三日月を作る「月の満ち欠け屋」のおじいさんがいます。でもその仕事は年寄りには辛い仕事。そこで元気な少年ティモレオンが仕事を引き継ぐことに。ところが月へ飛んでいく大切な薬を

    小夜

    風がページをめくる

  • 【上野の森】歴史ある洋館は昔も今もこれからも・・・・
    2020/02/17 07:38
    【上野の森】歴史ある洋館は昔も今もこれからも・・・・

    今日はこの写真から↓写真に写る建物は旧東京音楽学校奏楽堂。更に進んでレンガ造りのこの建物は黒田記念堂。タイムスリップしたような趣のある素敵な建物が集まるこの場所は都民の憩いの場所、上野の森。(正式には上野恩賜公園というのだそうですが、上野公園、上野の森と

    ぽえむ*

    アナベルにかこまれて

  • 南伸坊「笑う子規」(ちくま文庫)
    2020/02/14 15:41
    南伸坊「笑う子規」(ちくま文庫)

    ​  ​  《人間というのは都合のいい生きもので、日ごろの所業を棚に上げ、初夢はめでたいやつをぜひひとつ、なんて都合のいいことを神頼みする。が、そうは問屋がおろさない、反対にひどい夢を見たりするもん

  • 絵 ベン・シャーン「ここが家だ」 文 アーサー・ビナード(集英社)
    2020/02/14 15:37
    絵 ベン・シャーン「ここが家だ」 文 アーサー・ビナード(集英社)

    ​   「ここが家だ」 ​​​絵ベン・シャーン 文アーサー・ビナード​​ ​​​ 和合亮一の「詩の礫 起承転転」の中で、「『米美術館、福島だけ貸し出し拒否ベン・シャーン巡回展』によせて」という詩に出会いまし

  • 池澤夏樹「熊になった少年」(スイッチ・パブリッシング)
    2020/02/14 15:35
    池澤夏樹「熊になった少年」(スイッチ・パブリッシング)

    ​​​池澤夏樹「熊になった少年」(スイッチ・パブリッシング) ​​ ​ 「ゴールデン・カムイ」という漫画を読んでいると、アイヌの人たちにとっての「熊」の存在が、かなり詳しく描かれていて、そこがこの漫画の面

  • サマド・ベへランギー(さく)・ファルシード・メスガーリ(え)「ちいさな黒いさかな」(ほるぷ出版)
    2020/02/10 00:07
    サマド・ベへランギー(さく)・ファルシード・メスガーリ(え)「ちいさな黒いさかな」(ほるぷ出版)

    ​​​​​​​​​​  ​サマド・ベヘランギーという人の「おはなし」に、ファルシード・メスガーリというイランの絵描きさんが「絵」を描いた童話「ちいさな黒いさかな」。今から50年前に「アンデルセン童話賞」をもらった作

  • 高木仁三郎(ぶん)・片山健(え)「ぼくからみると」(のら書房)
    2020/02/10 00:06
    高木仁三郎(ぶん)・片山健(え)「ぼくからみると」(のら書房)

    ​​​​​​高木仁三郎さんが「ぶん」を書き、彼のアイデアを片山健さんが絵にした絵本がある。​​​「ぼくからみると」(のら書房) ​「かがくのとも」という福音館の子供向け科学雑誌の80年代の一冊がリニューアルさ

  • 佐野洋子「ぼくの鳥あげる」(幻戯書房)
    2020/02/10 00:05
    佐野洋子「ぼくの鳥あげる」(幻戯書房)

    ​​ 佐野洋子「ぼくの鳥あげる」が幻戯書房という本屋さんから復刊されました。  小さい男の子はお母さんのお腹から出てきたとき、ひたいにぺったりと切手をはりつけていました。 ​ 時々は、首にへその緒を

  • 堀江敏幸「象の草子」(講談社)
    2020/02/05 22:58
    堀江敏幸「象の草子」(講談社)

    ​​現代語訳絵本「御伽草子」《堀江敏幸「象の草子」》(講談社) ​​ 今や、押しも押されぬ大作家(?)。早稲田で教えていらっしゃるそうで、二十代で直木賞を取った朝井リョウ君のセンセイだそうですね。お書

  • エランベルジェ原作・中井久夫文・絵「いろいろずきん」(みすず書房)
    2020/02/05 22:57
    エランベルジェ原作・中井久夫文・絵「いろいろずきん」(みすず書房)

    ​​​​エランベルジェ原作・中井久夫文・絵「いろいろずきん」(みすず書房) ​​ ​​​ 精神科のお医者んの中井久夫さんが、フランスのお医者さんのエランベルジェさんの童話に、自分で挿絵を描いた絵本があります。「

  • ますむらひろし「ゴッホ型猫の目時計」(小学館)
    2020/02/05 15:18
    ますむらひろし「ゴッホ型猫の目時計」(小学館)

    ​​​ ますむらひろし「ゴッホ型猫の目時計」(小学館)   ​​​ 偉大なる「ヒデヨシ」様の生みの親、マンガ家ますむらひろしの「ゴッホ」です。棚を片付けていたら出てきました。これは案内しないわけにはいきませ

  • 町田尚子「ねことねこ」こぐま社
    2020/02/05 15:17
    町田尚子「ねことねこ」こぐま社

    ​​​​​​​町田尚子「ねことねこ」こぐま社​​ 「バカ猫百態」と題したアホ・ブログの主人公、「ゆかいな仲間たち」のヤサイクン家の黒と白の猫くんたち、ジジ君とキキちゃんの絵本が出来ました。  というのは、もち

  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!ヨシタケシンスケの新刊絵本、「Casa BRUTUS」はバンクシーの特集!(2020.2/1週)
    2020/02/03 11:44
    【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!ヨシタケシンスケの新刊絵本、「Casa BRUTUS」はバンクシーの特集!(2020.2/1週)

    さて、出た本。ヨシタケシンスケ「もしものせかい」、出ました。もしも、とは?アマゾンの紹介文を引用。 「やあおはよう。とつぜんでもうしわけないんだけど ボク もしものせかいにいくことになりました----」 いつもいっしょのあの子がどこかへ行ってしまう。 どうして君なの? どうして今なの? 大事なものを突然失ったとき、思いがけない別れが訪れたとき。 心にぽっかりと空いた穴は、どうやって埋めたらいいんだろう。 なんども読み返したくなる優しい物語。 ヨシタケシンスケの新たな世界が広がる絵本! もしも、いろいろありそう。楽しい「もしも」もあれば悲しい「もしも」もあるけれど、ここで取り上げられてるのは悲し…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【絵本】junaida「の」-これは言葉と絵でつながっていく永遠のような物語
    2020/01/31 11:32
    【絵本】junaida「の」-これは言葉と絵でつながっていく永遠のような物語

    junaida「の」 この表紙、赤いコートを着てちょっと口を開いた女の子。その口元に、フっと飛び出したような小さな「の」の字。これが絵本のタイトルだ。「の」?なに?なに?なに?答えは見開きを3つ4つ見ていけばすぐに分かる。この絵本は「の」でつながっていく物語。例えば最初のフレーズは わたしの 右ページに「わたしの」というフレーズがあり、左ページに表紙の女の子の帽子を脱いだ横顔の絵、次のページからは お気に入りのコートの/ポケットの中のお城の/いちばん上のながめのよい部屋の/王さまのキングサイズのベッドの と続いていく。全部で39の見開きがこのように「の」でつながっていくのだ。なるほど、なるほど…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • ⋆大人になってからも泣いた絵本。地刺しがま口完成しました⋆
    2020/01/30 18:09
    ⋆大人になってからも泣いた絵本。地刺しがま口完成しました⋆

    インスタもぼちぼち更新中 ^^お気軽にコメントやフォローをいただけたら嬉しいです ^^rie_clover4こんにちは♪先日三男が幼稚園から借りてきた絵本。「ないたあかおに」私が子供の頃、保育園で先生に読んでもらった本。その物語がとっても悲しくて・・・幼心に少しだけ

    Rie

    *さかみちの白い家〜北欧ナチュラル〜*

  • 岡田准一などの芸能人の自宅界隈のカフェで秋のひと時(再訪):プースカフェ(PAUSE CAFE)
    2020/01/30 08:34
    岡田准一などの芸能人の自宅界隈のカフェで秋のひと時(再訪):プースカフェ(PAUSE CAFE)

    「岡田准一・ユーミン・内野聖陽など芸能人の自宅と隠れ家風カフェ:世田谷区岡本(散策)」で書いたプースカフェ(PAUSE CAFE)を訪れ(世田谷区 岡本 2-33-23 社会福祉法人泉会 泉の家1階)、今年(2019年)、この界隈に引っ越してきた岡田准一・宮崎あおい夫妻の家などを探訪しながら、秋の散策をしてきました。「岡田准一・ユーミン・内野聖陽など芸能人の自宅と隠れ家風カフェ:世田谷区岡本(散策)」と重複する部分が...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 【 自分の中の図書館 】
    2020/01/28 21:12
    【 自分の中の図書館 】

    6歳の時から、一日1冊、本を読むと決め、高校卒業までに年間最低365冊の本を読んできました大学に入ってからは、ひとつの講義につき最低でも30冊の参考文献が出る…

    ○世界一周セラピスト○

    ○地球を旅するマッサージ@東京○

  • 科学に親しむ絵本 「みつけよう かがく」シリーズ
    2020/01/23 16:57
    科学に親しむ絵本 「みつけよう かがく」シリーズ

    実体験と絵本で科学的な考え方に親しむ 小さな子どもにとって生活の中で見たり聞いたり経験したりすることは学びにつながります。五感を使って経験したことを吸収して、子どもはすくすくと育つのでしょう。 子どもは日々の生活の中でもたくさんの経験をしますが、周りの大人の働きかけ次第で子どもの学びが深く広くなると思います。大人が語りかけたり、本を読み聞かせたりすると、子どもの視野が広がります。物事に対して多様な視点を得ることができます。 子どもがなんとなく見て聞いて感じていたことを、大人が言語化してやると子どもは語彙が増えるし、頭の中が整理されます。疑問を持ったり、答えを探したりしながら論理的に考えることが…

    iyasaka

    iyasakaの子育て

  • かがくのとも傑作集! 
    2020/01/20 09:00
    かがくのとも傑作集! 

    わくわく・にんげん! 福音館書店の「かがくのとも傑作集」はちびっこが科学を知るための良書ばかりです。 「かがくのとも傑作集」の中で、「わくわく・にんげん」は人間の体の仕組みをおもしろく楽しくわかりやすく教えてくれます。 自分の体という身近なものを題材にして、科学的な視点を持つということがとても素晴らしいと思います。 いずれは学校で習うことですが、学校での学習の前に科学的な捉え方を知っていると子どもの視野が広がります。論理的な考え方ができるようになります。 そして遊びや日常生活の中の物事と科学が結びついている子は、学校でのまなびの吸収も速いです。 机に向かう本格的な学習が始まる前に、楽しい遊びや…

    iyasaka

    iyasakaの子育て

  • 【絵本】ひろたあきら「むれ」-よしもとの芸人はどんな絵本を作ったのか?「MOE絵本屋さん大賞」新人賞受賞!
    2020/01/15 11:34
    【絵本】ひろたあきら「むれ」-よしもとの芸人はどんな絵本を作ったのか?「MOE絵本屋さん大賞」新人賞受賞!

    ひろたあきら「むれ」 昨年の「MOE絵本屋さん大賞」で新人賞を受賞した絵本。作家のひろたあきらがよしもと所属の芸人さんってことでちょっと気になって読んでみた。 よのなかには さまざまな むれがあります。 で始まるこの絵本。最初の見開きは ひつじの むれです。いっぴきだけ けが ありません。 と左側にあり、右側にはたくさんのひつじ。まぁ、こういうのは絵本のパターンとしてよくある。間違い探しというか、仲間はずれ探しというか。子供たちはこういうの好きだよなぁ。この後、首の短いキリンや骨だけの魚、走ってる鳥、カラフルなうんこ、足があるオバケを探すページが続く。その後、さらに透明人間の群れから透明人間じ…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 乗り物が登場するおすすめ絵本
    2020/01/12 00:10
    乗り物が登場するおすすめ絵本

    いろいろな絵本がありますが、乗り物が登場する絵本はいつも子供たちに大人気です。 今日は、「乗り物」がテーマの、我が家で大人気の絵本を2冊紹介したいと思います!

    むぎ

    つぎの旅行はどこに行く?

  • 読書会⑦2016年
    2020/01/09 19:59
    読書会⑦2016年

    研究室で開催している読書会が、気づいてみたら、思いのほか長く続いていました。そこで、2016年の1月から、少しずつ、まとめ記事を書き始めました。だんだん現在に近づいてきて、あと少しです。毎年、その都度、書いておけばよかったのになぁ……と反省しつつ。2016年 (平成28年) 7年目5月●R.J.パラシオ作『ワンダー』(ほるぷ出版、2015) →関連記事「ワンダー(Wonder)」を読んで聴いて。」6月●サリー・ガードナー作『...

    ktomoka

    子どもたちへ 本を届けよう

  • 季節の移り変わりを愛する絵本
    2020/01/09 12:54
    季節の移り変わりを愛する絵本

    子どもと一緒に季節の変化や年中行事を楽しもう 新年を迎え、今年はどんな一年にしようかと目標を考えたり、家族の幸せや心身の健康を願ったりするのはいいものですね。新年のカレンダーに家族の誕生日や行事を書き込んだり、それぞれの目標ややってみたいことを話し合ったりできると素晴らしいと思います。 我が家も毎年、ほんの小さな目標を考えています。例えば、「2kg痩せるぞ」とか「プランター菜園をやってみるぞ」とか、「毎日英語の本を読むぞ」とか…。無理のない程度の小さな目標でいいのです。未来に希望を持ちながら生きていきたいなと思います。 受験を控えたお子さんがいるご家庭では、苦しいお正月かもしれません。しっかり…

    iyasaka

    iyasakaの子育て

  • 赤ちゃんが産まれたら買いたい絵本
    2020/01/09 10:21
    赤ちゃんが産まれたら買いたい絵本

    絵本に興味がある人もない人も、子育てには絵本があったほうが良いことを知っていますか? 私は元々、本は好きだったし、絵本はいくつか揃えたいと思いました。 揃えて良かったなと思った絵本を紹介していきます。 今回は新生児の頃にオススメの絵本です。 産まれたばかりの赤ちゃんに、絵本を読んでも意味があるのかな、と思う方もいるかもしれませんが、私は自分で読んで、ついでに一緒に見ている、というスタンスで読み聞かせをしていました。 読み聞かせをしよう!と頑張ったことはありません。 選ぶ基準は、自分が好きかどうかでいいと思います。 赤ちゃんが手を伸ばしてきても大丈夫なように、厚めの絵本だと破られません。危なくな…

    サエ

    サエの子育てブログ

  • 戦争と平和について考える絵本・児童書
    2020/01/07 14:51
    戦争と平和について考える絵本・児童書

    平和に感謝しよう 広い世界を見回せば、戦争や紛争は今の時代にもあります。過去を振り返れば、日本にも暗く苦しく厳しい時代がありました。貧困だって外国だけでなく現代の日本にも身近なところにあります。 今年、平和にお正月が迎えられたことに感謝したいと思います。生きている限り、不満や不安やイライラや悩みや苦しみや悲しみなどネガティブな感情も経験するけれど、平和な時を過ごせていることに感謝して、できるだけ前向きに生きられるようにがんばりたいと思います。 そして、遠い世界にも身近なところにも苦しみや悲しみを抱えた人がいることを忘れずにいたいです。無理のない範囲で…、たとえ小さなことでもいいから他人のために…

    iyasaka

    iyasakaの子育て

  • 【 サンタさん作戦大成功! 】おすすめ絵本
    2019/12/28 11:27
    【 サンタさん作戦大成功! 】おすすめ絵本

    クリスマスプレゼント選びが楽しい今日この頃✨ベイビーちゃんたちへの贈り物を選ぶのに本屋さんをうろうろしておりましたらば洋書コーナーにてこんな素敵な仕掛け絵本を…

    ○世界一周セラピスト○

    ○地球を旅するマッサージ@東京○

  • 『いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ』ことばを絵で表現するピクトグラム入り絵本
    2019/12/26 00:08
    『いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ』ことばを絵で表現するピクトグラム入り絵本

      タイトル:いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ 文:マリア・ホセ・フェラーダ(María José Ferrada) 絵:パト・メナ(Pato Mena) 

    そらまる

    ころりん ころらど COLORIN COLORADO

  • 【絵本】ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない」-輪ゴム一つで思いが広がる想像力絵本の傑作
    2019/12/25 17:46
    【絵本】ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない」-輪ゴム一つで思いが広がる想像力絵本の傑作

    家の中に輪ゴムが落ちてるのを見つけた女の子。喜び勇んでお母さんにおねだりする。「ねぇ このわごむ、わたしに ちょうだい!」、お母さんは「ああ。ドーゾ。」とそっけないが、女の子は大喜び!なぜならずっと欲しかったのだ。「わたしだけのもの」が。 というわけで始まった「わたし」と「わごむ」のハネムーン!一緒にお風呂に入ったり、夜も一緒にベッドイン。さらにさらに夢は広がる。大人になったらこの輪ゴムでお洒落をしたいし、もらったたくさんのラブレターをこの輪ゴムで束ねたい。ケガをしたら腕を吊ったり、トレーニングにも利用できそう。輪ゴム一つでどんなところにもひとっ飛び。好きなところに行くことができる!

    オクー

    また、本の話をしてる

  • おじいちゃんやおばあちゃんの絵本・児童書
    2019/12/22 09:54
    おじいちゃんやおばあちゃんの絵本・児童書

    シルバー世代と交流しよう!! 私は結婚するときにこれだけは気をつけようと心の中で決めたことがあります。それは夫の家族や親族の悪口を言わないこと!です。 特に舅・姑の悪口を絶対に夫の前で言わないことにしています。幸い、遠く離れて別々に暮らしていますし、とても良い人達だし、実際に不満も不平もありません。しかし、どんなに良い人たちでも義理の親というのは嫁にとって気をつかう存在です。面倒くさいと感じたりすることも時にはあるけれども、そういうことを夫には言わないようにしています。 子どもを授かったときにさらに心の中で決めたことがあります。舅・姑に我が子をたっぷり可愛がってもらおうと…。離れて暮らしている…

    iyasaka

    iyasakaの子育て

  • 【絵本】第12回MOE絵本屋さん大賞は竹下文子×町田尚子「なまえのないねこ」、絵本大賞で3冠獲得です!!
    2019/12/21 22:21
    【絵本】第12回MOE絵本屋さん大賞は竹下文子×町田尚子「なまえのないねこ」、絵本大賞で3冠獲得です!!

    第1位竹下文子・町田尚子「なまえのないねこ」 第12回の「MOE絵本屋さん大賞 」、去年までヨシタケシンスケさんが4連覇していたのですが、今年は竹下文子さんが文章を書き、町田尚子さんが絵を描いた「なまえのないねこ 」が大賞に輝きました。パチパチパチ!「なまえのないねこ」、このブログでも紹介した「リブロ絵本大賞」、そして「未来屋えほん大賞」に続いて絵本大賞3冠です。僕も読んで感想を書いてるので読んでみてください。猫好きはもちろんのことそうではない人にもおすすめ! 2位以下は次の通り。ヨシタケさん残念ながら2位でしたが2冊ランクインです。さすが! 第2位 ヨシタケシンスケ 「ころべばいいのに」 第…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 絵本『スタンリーとちいさな火星人』サイモン・ジェームズ著(読書散歩1658)
    2019/12/21 13:40
    絵本『スタンリーとちいさな火星人』サイモン・ジェームズ著(読書散歩1658)

    千葉茂樹 訳かあさんが泊りがけで仕事に出かけた日、スタンリーは火星へと飛びたった。すると入れ替わりに、小さな火星人がやってきた。その火星人は、手を洗わず、野菜を食べす、学校に行くとけんかばっかりして…。 パパもお兄ちゃんも優しくて火星人を認めてあげるの。

    小夜

    風がページをめくる

  • せなけいこ展
    2019/12/16 16:57
    せなけいこ展

    「ねないこだれだ」、「いやだいやだ」の絵本全作品、全ページの原画を大公開!『ねないこだれだ』誕生50周年!絵本原画250点、大集合!小さい頃、こわいもの見たさで、気になって気になってたまらなかったあの絵本。いやだ、いやだ、あーんあん、って言ったとき、言いたいとき。仲間がいる気がしたり、おさな心に身につまされたりしたあの絵本。なつかしいと感じる人がたくさんいるはず。もう50歳になるんですね。というこ...

    ktomoka

    子どもたちへ 本を届けよう

  • たかく とびたて 女の子 〜スペインの絵本〜
    2019/12/15 22:55
    たかく とびたて 女の子 〜スペインの絵本〜

      たかく とびたて 女の子原題:Cuando las niñas vuelan alto作:ラケル・ディアス・レゲーラ Raquel Díaz Reguera発行年:2019年  出版社:汐文社対象:

    そらまる

    ころりん ころらど COLORIN COLORADO

  • 【BOOK NEWS】明日夜10時からのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」は「ヨシタケシンスケ×梅佳代」!
    2019/12/06 17:42
    【BOOK NEWS】明日夜10時からのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」は「ヨシタケシンスケ×梅佳代」!

    ううううむ、これはこれは!どっちもファンなんでとてもうれしいぞ。絵本作家のヨシタケシンスケさんと写真家の梅佳代さんが語り合う1時間。どちらも既成のジャンルに新風を吹き込んだ改革者同士。どんな話が聞けるのかとても楽しみです。番組ホームページはこちら! ヨシタケさん、新刊が立て続けに発売になってますが、12月にあと1冊出る予定。来週紹介します。梅佳代さんは「白い犬」がやたらと好き。 ◯今年はこれがよかったぞ! ◯「白い犬」、まだ見てない人はぜひぜひ! 【書評ランキングに参加中】 ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

    オクー

    また、本の話をしてる

カテゴリー一覧
商用
読者になる