本ブログ 古典文学 新着記事画像 新着順

  • 画像にカーソルを合わせると記事の内容が表示されます 
サブカテゴリー
源氏イラスト訳【夕顔53】もの思へる: 「…もの思へるけはひして、ある埴輪起源話 其の一:  垂仁紀に、それまでの殉死の風歴史散歩  第7回 鎌倉紀行 ー 「とはずがたり」を歩くー: 心配された雨予報でしたが、持参鳳凰刺繡断片(東博)のこと:  東京国立博物館で、「トーハク【夕顔52-2】古典常識:「褶」って何?: 源氏物語イラスト解釈です 受験 海浜公園のバラ園: 先週末、海浜公園のバラ園に行っ
aiaiaさんaiaiaさんのプロフィール古事記・日本書紀・万葉集を読むさん古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィールやなぎしきぶさんやなぎしきぶさんのプロフィール古事記・日本書紀・万葉集を読むさん古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールkarさんkarさんのプロフィール
源氏イラスト訳【夕顔52】褶だつもの: 「…褶だつもの、かことばかり引第七回 8 和尚から仕事を言われ嫌になる似多八 嫌々承諾: 【翻字】( 和尚「…)併(しか第七回 7 和尚、紛郎兵衛と似多八の法名を決める: 【翻字】( 和尚「…)併(しか【夕顔51-3】ビミョーな指示語☆「その人」: 源氏物語イラスト訳の重要古語で【夕顔51-2】「中垣のかいま見」とは?: 源氏物語イラスト解釈です 受験 かぐや姫の嘆きから連想される漢詩 9: 『竹取物語の謎を「うら」読みで
aiaiaさんaiaiaさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィール井之亀さん井之亀さんのプロフィール
第七回 6 紛郎兵衛と似多八の頭を和尚が丸める: 【翻字】 和尚「それぢやア髻(パリの鉱物博物館、鉱物店: パリの鉱物博物館と鉱物店(一つ南望楼詩話: 詩歌サークル「のほほん研究所」源氏イラスト訳【夕顔51】いと忍びて: 「…『いと忍びて、五月のころほ【夕顔50-3】古文単語「はかばかし」: 源氏物語イラスト訳の重要古語で奈良 の 大仏: とにかく でっかい ??  広大な敷
ohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールnaranoさんnaranoさんのプロフィール春秋梅菊さん春秋梅菊さんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールやなぎしきぶさんやなぎしきぶさんのプロフィール
東大寺のご本尊 盧舎那仏: iPhoneから送信第七回 5 紛郎兵衛と似多八、和尚に勧められ出家: 【翻字】 と二人は話をして居(第七回 4 道念寺で一泊 翌朝は雨で旅立てず: 【翻字】紛郎「ヘエお頼(たの)【夕顔50-2】尊敬動詞との接続の仕方☆: 源氏物語イラスト解釈です 勉強 第七回 3 尋ねた家に宿を断られ、道念寺へ行くよう言われる: 【翻字】(似多「…)オウ彼処(柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺: 30度にまでなりました!  真夏の
やなぎしきぶさんやなぎしきぶさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールやなぎしきぶさんやなぎしきぶさんのプロフィール
第七回 2 丑の刻参りの女に道案内してもらう二人: 【翻字】 似多「オイ紛さん、乃源氏イラスト訳【夕顔50】仰せられし: 「仰せられしのちなむ、隣のことマンガで分かるたのしい房中術: 中華漫画サークル「四十二蝶」の楚漢稗史: 中国古代・楚漢戦争期を舞台にし第七回 1 紛郎兵衛と似多八、丑の刻参りを目撃: 【翻字】エー二人は庄屋の宅(うならまち  元興寺(がんごうじ): 日本最初の本格的伽藍 飛鳥寺。
ohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィール春秋梅菊さん春秋梅菊さんのプロフィール春秋梅菊さん春秋梅菊さんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールやなぎしきぶさんやなぎしきぶさんのプロフィール
【夕顔49-2】謙譲語の敬意対象☆: 源氏物語イラスト解釈です 勉強 挿絵本の楽しみ(静嘉堂文庫):  静嘉堂文庫「挿絵本の楽しみ」源氏イラスト訳【夕顔49】惟光、日頃: 惟光、日頃ありて参れり。「わづ第二回 5 道を見失い、似多八が道を尋ねる(その一): 【翻字】 似多「時に紛さん、虚第二回 4 似多八、宿屋で茶碗五つ盗み、紛郎兵衛が叱る: 【翻字】 紛郎「オヤツ、何処(【夕顔48-3】古文単語「往き来」: 源氏物語イラスト訳の重要古語で
aiaiaさんaiaiaさんのプロフィール古事記・日本書紀・万葉集を読むさん古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールohtamasakazuさんohtamasakazuさんのプロフィールaiaiaさんaiaiaさんのプロフィール