searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

読書感想文

THEME help
読書感想文
テーマ名
読書感想文
テーマの詳細
あなたの読んだ本の感想を、忘れてしまわないうちに書き込んでおきましょう! 気軽にトラックバックしてくださいね。
テーマ投稿数
20,319件
参加メンバー
895人
管理人
のだめ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「読書感想文」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「読書感想文 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

読書感想文の記事

1件〜50件

  • No.648【日本史リブレット 34~秀吉の朝鮮侵略】
    2020/10/23 00:06
    No.648【日本史リブレット 34~秀吉の朝鮮侵略】

     評価:70点/作者:北島万次/ジャンル:歴史/出版:2002年  『日本史リブレット 34~秀吉の朝鮮侵略』は、山川出版社による、「日本史リブレット」シリー…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 10/21 乙一の誕生日 『GOTH』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/22 21:25
    10/21 乙一の誕生日 『GOTH』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月21日は多彩な作家・乙一の誕生日です。乙一といえば、ホラーだったり、ミステリーだったり、青春小説だったり、冒険小説だったり、と作風の幅が広すぎることでも有名です。また、いろいろな別名義を持っていることも知られています。(例えば、『くちびるに歌を』の中田永一など)。ということで今回は、乙一の初期の代表作であり、本格ミステリー大賞やこのミステリーがすごい2003年2位などに選ばれた『GOTH』をおすすめします♪10月21日は何の日? 『GOT

    masaco

    あしたの図書室

  • 10/19 海外旅行の日 『ぎゅぎゅっとインド』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/21 17:54
    10/19 海外旅行の日 『ぎゅぎゅっとインド』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月19日は「海外旅行の日」です。これは、『とお(10)くへい(1)く(9)』のごろ合わせから制定されたようです。また、年末年始に海外旅行にいく場合に、10月中旬あたりから予定や計画をたてる人が多いことにもちなんでいるようです。今年はなかなか遠くまでの旅行にいけなさそうですが、今回は本のなかだけでも旅をしようということで、鈴木博子『ぎゅぎゅっとインド』をおすすめします♪10月19日は何の日? 『ぎゅぎゅっとインド』著者はインドへ一人旅

    masaco

    あしたの図書室

  • 書評【人生100年時代の60歳からの家】湯山重行(著)
    2020/10/21 09:47
    書評【人生100年時代の60歳からの家】湯山重行(著)

    ​​ 1964年生まれの建築家である著者が、人生後半60歳からの 理想の家について紹介した1冊。 第2の人生をどう生きるか? まずはじっくり考えることが大切。 子供たちが巣立った60歳からはどんな家で 暮ら

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 天秤座新月のサビアン*あの「7つの習慣」でハードな空模様を切り抜けよう!
    2020/10/20 22:20
    天秤座新月のサビアン*あの「7つの習慣」でハードな空模様を切り抜けよう!

    10月17日新月。天秤座での新月らしく「バランスを取りなさい」と伝えられているような…でも、どうやって?思い出したのがあの世界的ベストセラーでした。    天…

    宮代彩也乃

    太陽と月の物語~自分を見失っている貴女へ

  • 渡辺実「大鏡の人々」(中公新書)
    2020/10/20 21:18
    渡辺実「大鏡の人々」(中公新書)

    ​​​​​​ 《2004年 書物の旅 その21》 渡辺実「大鏡の人々」(中公新書) ​​  受験参考書ではありませんが、平安時代とはどんな時代だったかという事を「大鏡」を解読しながら平安朝古文の素人にも面白く、ホント

  • レイモンド・ブリッグス「風が吹くとき」あすなろ書房
    2020/10/20 21:18
    レイモンド・ブリッグス「風が吹くとき」あすなろ書房

    ​​​​​レイモンド・ブリッグス「風が吹くとき」あすなろ書房 ​​ ​​ 「エセルとアーネスト」というアニメーション映画に感動して、知ってはいたのですが読んではいなかったレイモンド・ブリッグスの絵本を順番に読

  • 『死んだレモン』フィン・ベル
    2020/10/20 19:50
    『死んだレモン』フィン・ベル

    絶対絶命ピンチの状態から始まります。主人公がなぜだか車椅子に乗ったまま、崖から逆さ吊り状態になっています逆さ吊り状態の今と、この状態にいたるまでの5ヶ月前からの出来事が交互に語られます。主人公フィン・ベルは、アルコール依存症、離婚、そして、ついには泥酔して交通事故を起こし下半身の機能を失ってしまいました。死に場所を求めて選んだ場所がニュージーランドの南端、最果ての町。やりきれないスタートですが、こ...

    今日は旅日和

  • 10/18 ドライバーの日 『ガソリン生活』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/20 18:31
    10/18 ドライバーの日 『ガソリン生活』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月18日は「ドライバーの日」です。これは、「ド(10)ライ(1)バ(8)-」のごろ合わせのようです。ドが10、ていうのは、「とお」ってことなのかな?ということで今回は、ドライバー→車→ガソリンということで、伊坂幸太郎『ガソリン生活』をおすすめします♪10月18日は何の日? 『ガソリン生活』題名から見るとエッセイかな?と思ったのですが、ユーモアあふれながらも本格的な推理小説でした。そして、語り手はなんと、車。緑色のデミオ、通称緑デミが

    masaco

    あしたの図書室

  • 【怠けてるのではなく、充電中です。】ダンシングスネイル
    2020/10/20 12:11
    【怠けてるのではなく、充電中です。】ダンシングスネイル

    ​ 怠けてるのではなく、充電中です。 昨日も今日も無気力なあなたのための心の充電法 [ ダンシングスネイル ]​ タイトルに魅力を感じて読んでみた。 プロローグで著者は、 ひどい憂鬱と無気力に侵されていた

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 『水を縫う』寺地はるな
    2020/10/19 18:21
    『水を縫う』寺地はるな

    昨晩は10時半過ぎまで頑張って起きていたせいか、今朝は4時半まで眠れましたやっぱり寝るのが早すぎなのかな。さて、読書日記です。寺地はるなさんの『水を縫う』を読みました。泣きました~むっちゃ良かったです。松岡ファミリーのお話。祖母、母、長女、長男、離婚して離れて暮らす父とその友人。それぞれの視点から順番に語られて行きます(父親以外の)。「父の友人」黒田さんに一番泣かされました。この視点を変えて書く書き...

    今日は旅日和

  • 書評【野菜はくすり】
    2020/10/19 12:59
    書評【野菜はくすり】

    ​ 野菜はくすり 老けない、寝込まない、太らない [ 村田裕子 ]​ 「食べることは生きること。 何を食べてどう生きるか。 あなたは考えていますか?」 そんな言葉からはじまるこの本は、 美味しく野菜

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 池澤夏樹 個人編集 日本文学全集 10 ~ 能・狂言 説教節 浄瑠璃 その2
    2020/10/18 12:15
  • ちばてつや「ひねもすのたり日記(1)」(小学館)
    2020/10/18 00:31
    ちばてつや「ひねもすのたり日記(1)」(小学館)

    ​​​ちばてつや「ひねもすのたり日記(1)」(小学館)​ ​  ​ ヤサイクンの四月のマンガ便に入っていたマンガを見て驚きました。あのちばてつやの新刊マンガです。  ​現在75歳から65歳くらいの年齢の人で、この

  • いせひでこ「ルリュールおじさん」(理論社)
    2020/10/18 00:30
    いせひでこ「ルリュールおじさん」(理論社)

    ​​​いせひでこ「ルリュールおじさん」(理論社)  ​​いせひでこさんという絵本作家、いや、絵描きさんとお呼びする方がいいかもしれませんね。その方の「ルリュールおじさん」(理論社)という絵本を図書館で

  • 石牟礼道子追悼文集「残夢童女」(平凡社)
    2020/10/18 00:30
    石牟礼道子追悼文集「残夢童女」(平凡社)

    ​​​​​​石牟礼道子追悼文集「残夢童女」(平凡社)​​  ​​石牟礼道子が亡くなって二年たちました。平凡社から追悼文集が「残夢童女」と題されて、2019年の夏に出版されました。  ​​それぞれ「傍にて」、「渚の人

  • 書評【つかず離れず婚】和田秀樹(著)
    2020/10/17 13:00
    書評【つかず離れず婚】和田秀樹(著)

    ​​ 精神科医の著者が書いた本です。 定年を迎える世代の妻に向けた内容です。 夫婦仲良く過ごすのが一番ですが、 それができないのであれば「つかず離れず婚」を 著者は勧めています。 そして最終的

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • ロバート・デイリー/レイプ
    2020/10/17 11:08
    ロバート・デイリー/レイプ

    映画と本と音楽と

    azu

    あず記

  • 【介護施設の最強見極め5ステップ】須永圭一
    2020/10/16 19:30
    【介護施設の最強見極め5ステップ】須永圭一

    ​ これだけは知っておきたい介護施設の最強見極め5ステップ はじめての介護施設選び [ 須永圭一 ]​ 「自分は介護とは無縁」 そう思っている人は多いと思います。 他人事なんですね。 でも、介護は家族や

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • ジル・バシュレ「わたしのネコがちいさかったころ」(平凡社)
    2020/10/16 00:52
    ジル・バシュレ「わたしのネコがちいさかったころ」(平凡社)

    ​ ジル・バシュレ「わたしのネコがちいさかったころ」(平凡社) ​ 図書館の新入荷の棚で見つけました。ネコの話だと思いました。まったく人をくった「ネコ」のお話しでした。  ​​​​​​​​ジル・バシュレというフ

  • ジョン・ネイスン「ニッポン放浪記」(岩波書店)
    2020/10/16 00:52
    ジョン・ネイスン「ニッポン放浪記」(岩波書店)

    ​​​ジョン・ネイスン「ニッポン放浪記」(岩波書店) ​ 大江健三郎と柄谷行人の対談集を読んでいて、この名前が気になりました。ジョン・ネイスンです。対談の中では大江の「個人的な体験」の英訳者として名前

  • No.922【日本史リブレット 84~兵と農の分離】
    2020/10/16 00:07
    No.922【日本史リブレット 84~兵と農の分離】

    評価:60点/作者:吉田ゆり子/ジャンル:歴史/出版:2008年  『日本史リブレット 84~兵と農の分離』は、山川出版社による、「日本史リブレット」シリーズ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 書評【おしゃれの制服化】一田憲子(著)
    2020/10/15 15:45
    書評【おしゃれの制服化】一田憲子(著)

    ​ おしゃれの制服化 「今日着ていく服がない! 」から脱する究極の方法 [ 一田 憲子 ]​ 1964年生まれの編集者、ライターである著者が 書いた本です。 おしゃれのプロではない視点で 悩みやコンプレックス

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 塩の道は人の道(2)泥沼の虎
    2020/10/15 00:09
    塩の道は人の道(2)泥沼の虎

    甲斐の虎・武田信玄。扇谷上杉氏と山内上杉氏。虎のいない国の虎。ドロドロ武田一族。定恵院と嶺松院。偉大な弟の武田信繁。お公家さんとモラルハザード。三条夫人と諏訪…

    天乃 みそ汁

    映像&史跡 fun

  • 10/13 引っ越しの日『引っ越し大名三千里』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/14 18:28
    10/13 引っ越しの日『引っ越し大名三千里』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月13日は「引っ越しの日」です。これは明治天皇が京の御所から江戸城に入城した日にちなんで制定された記念日です。ということで今回は、土橋章宏『引っ越し大名三千里』をおすすめします♪10月13日は何の日? 『引っ越し大名三千里』徳川五代将軍、綱吉の時代。譜代大名の松平直矩は後に「引っ越し大名」とあだ名されるほど、度重なる国替えを命じられていました。彼が3歳の時から、越前大野→山形→姫路→越後村上→姫路と、5回も引っ越しを繰り返し、さすが

    masaco

    あしたの図書室

  • 『ひりつく夜の音』小野寺史宜
    2020/10/13 19:35
    『ひりつく夜の音』小野寺史宜

    小野寺史宜さんの『ひりつく夜の音』を読みました。やっぱり小野寺ワールド好きだなぁ主人公は46歳のプロのジャズクラリネット奏者、下田保幸。バンドのリーダーが亡くなり、解散してからは、音楽教室の講師でギリギリの生活を送る日々です。ある日、警察から電話があり、駅でトラブルを起した佐久間音矢という青年が身元引受人にあなたの名前を挙げていると聞かされます。小野寺さんの書く会話のテンポがとてもいいです。ところど...

    今日は旅日和

  • 書評【美肌、太らない、老けないは食べ方が9割】
    2020/10/13 13:48
    書評【美肌、太らない、老けないは食べ方が9割】

    ​​ 若い時は、食についてあまり深く考えたことのなかった私。 でも、年を重ねると食の大切さを 実感するようになりました。 この本は、管理栄養士が食について わかりやすく説明しています。 女性の体の

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • ちばてつや「ひねもすのたり日記(3)」(小学館)
    2020/10/13 12:15
    ちばてつや「ひねもすのたり日記(3)」(小学館)

    ​ちばてつや「ひねもすのたり日記(3)」(小学館)​  ​​​さて、「ひねもすのたり日記」第3巻ですね。後期高齢者の日常を生きるちばてつや先生、マンガ大学の学長さんまで務めるご活躍で、とても「ひねもすのた

  • 吉本隆明「佃渡しで」
    2020/10/13 12:15
    吉本隆明「佃渡しで」

    ​​​​​​​​吉本隆明「佃渡しで」(「吉本隆明代表詩選」(思潮社)」        「佃大橋から勝鬨橋を臨む」​​ ​      ​「佃大橋」​​ ​東京の月島に住む友人が歩いて「佃大橋」を渡っています。ぼくには

  • 牧野信也『イスラームとコーラン』(講談社学術文庫)
    2020/10/13 12:14
    牧野信也『イスラームとコーラン』(講談社学術文庫)

    ​​​​《2004年 書物の旅「ぼくが50歳だった頃、教室で」その22》​牧野信也『イスラームとコーラン』(講談社学術文庫)                  ​講談社BOOK倶楽部​  一学期に中国の話が出てきて、ふ

  • 司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫)
    2020/10/13 12:14
    司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫)

    ​​​ 《2004書物の旅 その17》​ 司馬遼太郎「燃えよ剣(上・下)」(新潮文庫)  NHKが、所謂「大河ドラマ」で源義経を題材にしたことは二度あります。一度目は1966年、主役が当時の尾上菊之助、女優の寺島

  • 『海辺の王国』ロバート・ウェストール作 坂崎麻子訳 徳間書店
    2020/10/13 12:13
    『海辺の王国』ロバート・ウェストール作 坂崎麻子訳 徳間書店

    ​​​「100days100bookcovers no20」(20日目) ​『海辺の王国』ロバート・ウェストール作 坂崎麻子訳 徳間書店  SODEOKAさんが選んだ小泉八雲の『骨董・怪談』から、KOBAYASIさんはどこに飛ぶのかしら?八雲

  • 10/11 国際ガールズ・デー 『校閲ガール』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/11 23:23
    10/11 国際ガールズ・デー 『校閲ガール』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月11日は、「国際ガールズ・デー」です。これは、国連総会で制定された記念日で、女の子の人権に考え、教育とエンパワーメントを推進していくというイベントが世界各国で開催されるようです。ということで今回は、「ガール」つながりで、宮木あや子『校閲ガール』をおすすめします♪10月11日は何の日? 『校閲ガール』河野悦子は、週刊誌と女性ファッション雑誌が主力の総合出版社、景凡社ので働くOL。景凡社のファッション誌が大好きすぎて編集者になろうと決

    masaco

    あしたの図書室

  • 塩の道は人の道(1)神の化身
    2020/10/11 16:33
    塩の道は人の道(1)神の化身

    越後の龍・上杉謙信。毘沙門天の化身。龍剣を持つ不動明王。金満国家と直江兼続。謙信と信玄のファッション対決。上杉四天王と上杉二十五将。川中島の戦い。    塩の…

    天乃 みそ汁

    映像&史跡 fun

  • 佐藤正午「鳩の撃退法(上・下)小学館文庫
    2020/10/11 00:49
    佐藤正午「鳩の撃退法(上・下)小学館文庫

    ​​​佐藤正午「鳩の撃退法(上・下)小学館文庫​   ​​​ 今年も冬の・芥川賞・直木賞の発表がありました。。芥川賞が古川 真人「背高泡立草」、直木賞が川越 宗一「熱源」でしたね。芥川賞は、今読んでいるとこ

  • 片山恭一『世界の中心で愛を叫ぶ』(小学館)
    2020/10/11 00:49
    片山恭一『世界の中心で愛を叫ぶ』(小学館)

    ​​​​​​《2004書物の旅 「ぼくが50歳だった頃、教室で」その18》 片山恭一『世界の中心で愛を叫ぶ』(小学館)  ぼくが50歳だったころ、教室で十代の生徒たちに語っていました。その頃の「読書案内」復刻版です。

  • 10/10 島の日『島はぼくらと』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/10 22:44
    10/10 島の日『島はぼくらと』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月10日は「島の日」です。これは、1998年(平成10年)10月10日10時10分に日本の有人島425島を見直して光をあてよう、とする日本の島425プロジェクトがスタートしたことにちなんで制定されたようです。日本の有人島がそんなにあるんだ!というのが、まず驚きです。ということで今回は、島で暮らす4人の高校生の物語、辻村深月『島はぼくらと』をおすすめします♪10月10日は何の日? 『島はぼくらと』瀬戸内海に浮かぶ冴島には、小学校、中学

    masaco

    あしたの図書室

  • 池澤夏樹 個人編集 日本文学全集 10 ~ 能・狂言 説教節 浄瑠璃 その1
    2020/10/10 20:15
  • 書評【はじめての薬膳】武鈴子(著)
    2020/10/10 13:57
    書評【はじめての薬膳】武鈴子(著)

    ​ 症状別 身近な食材で不調を改善 はじめての薬膳ごはん [ 武 鈴子 ]​ 年を重ねると、健康が一番だと感じるようになります。 健康であるためには、毎日の食生活が大切なんですね。 体の不調を感じるよう

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 10/9 塾の日 『みかづき』~今日は何の日?からの読書を♪
    2020/10/09 23:06
    10/9 塾の日 『みかづき』~今日は何の日?からの読書を♪

    にほんブログ村10月9日は「塾の日」です。これは、「じゅ(10)く(9)」のごろ合わせから制定された記念日のようです。ということで今回は、昭和から平成の塾業界を舞台にした、森絵都『みかづき』をおすすめします♪10月9日は何の日? 『みかづき』これは学習塾を舞台にした、昭和30年代から平成にかけた、親子三代の大河ドラマです。こう書くと、重いな、読みにくいな、と思うかもしれません。私も読む前はそう思いましたが、1章読んだ後は面白すぎてとまらず、あっという

    masaco

    あしたの図書室

  • 『50代からの疲れをためない小さな習慣』岸本葉子
    2020/10/09 19:12
    『50代からの疲れをためない小さな習慣』岸本葉子

    岸本葉子さんのエッセイ『50代からの疲れをためない小さな習慣』を読みました。このエッセイの中で著者が書いているんですが、40代と50代では疲れ方が違うと。もう、ホントに思い切り大きく頷きましたいやー、疲れ方が尋常ではないというか。残業した、雨の中を自転車通勤した、暑かった、寒かった、重たかった…と、ちょっとしたことのダメージの残り方がとても大きいのです。夜7時半とか8時に寝てしまうことも少なくないです。暑...

    今日は旅日和

  • 佐藤愛子『気がつけば、終着駅』を読んでスカッとした
    2020/10/09 14:26
    佐藤愛子『気がつけば、終着駅』を読んでスカッとした

    商品を見る→佐藤愛子 『気がつけば、終着駅』 1320円 3年程前に 佐藤愛子さんの『90歳。何がめでたい』を読んで 元気なおばあちゃんの毒舌エッセーが面白かったので 『気がつけば、終着駅』を本屋でみつけて

    anzu_ame

    きれいの秘密を見つけよう♪

  • 週刊 読書案内 阿部了・阿部直美「おべんとうの時間(2)」(木楽社)
    2020/10/09 09:12
    週刊 読書案内 阿部了・阿部直美「おべんとうの時間(2)」(木楽社)

    ​​​阿部了・阿部直美「おべんとうの時間(2)」(木楽社) ​ ​​​ 「おべんとうの時間(2)」(木楽舎)の表紙の女性は熊本県の山の中の村で働いている村田佐代子さんです。愛林館「村づくりスタッフ」という肩書

  • 週刊 読書案内 阿部了・阿部直美「おべんとうの時間」(木楽社)
    2020/10/09 09:12
    週刊 読書案内 阿部了・阿部直美「おべんとうの時間」(木楽社)

    ​阿部了・阿部直美「おべんとうの時間」(木楽社)​ ​​​​​ 「おべんとうの時間」(木楽舎)の創刊号です。某所座り込みノンビリ読書のネタは尽きません。  表紙の写真の女性は千葉県安房郡の海女、里見幸子さん

  • No.921【日本史リブレット 26~戦国時代、村と町のかたち】
    2020/10/09 00:09
    No.921【日本史リブレット 26~戦国時代、村と町のかたち】

     評価:60点/作者:仁木宏/ジャンル:歴史/出版:2004年  『日本史リブレット26~戦国時代、村と町のかたち』は、山川出版社の歴史シリーズ、「日本史リブ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【英会話はすべて2文でつながる】佐藤圭
    2020/10/07 17:52
    【英会話はすべて2文でつながる】佐藤圭

    ​ 英会話はすべて2文でつながる [ 佐藤 圭 ]​ 1989年生まれの著者。 母子家庭で育つが、貧しい中6浪して 横浜市立大学に進学する。 言語教育、英語教授法などを研究。 英語講師を10年以上経験。 数々

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 『そこにはいない男たちについて』井上荒野
    2020/10/06 20:49
    『そこにはいない男たちについて』井上荒野

    井上荒野さんの『そこにはいない男たちについて』を読みました。最愛の夫を亡くした料理教室の実日子先生と、大嫌いな夫と暮らす生徒のまり。可哀想なのは自分の方に決まっていると思う2人。「どちらかというと」で定義すると、どちらかに当てはまりそうに思いました。実日子先生は自分のことも他人のことも大切に、対等に思える人です。だからこそ、何よりも大切に思っていた夫が急死したことで、なかなか立ち直れずにいます。で...

    今日は旅日和

  • 長谷川孝幸著【絶対失敗しない! ササるプレゼン】を読んだ感想 書評
    2020/10/06 18:51
    長谷川孝幸著【絶対失敗しない! ササるプレゼン】を読んだ感想 書評

    ​ 絶対失敗しない! ササるプレゼン - 成果を上げるプレゼンテーションのすべてー 【オンライン完全対応】 [ 長谷川 孝幸 ]​ 私は、セミナーに参加することが大好きで 今までにいろいろなセミナーに参加してき

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 小林まこと・惠本裕子「JJM女子柔道部物語(08)」(講談社・EVEING KC)
    2020/10/06 09:25
    小林まこと・惠本裕子「JJM女子柔道部物語(08)」(講談社・EVEING KC)

    ​ 小林まこと・惠本裕子「JJM女子柔道部物語(08)」(講談社・EVEING KC)​​      最新刊情報:2020・4・23新刊 ​​小林まこと「女子柔道部物語」第8巻です。​​​​「神楽えも」ちゃんも、柔道を始めて1年、高校二

  • レイ・ブラッドベリ「華氏451」(ハヤカワ文庫)
    2020/10/06 09:25
    レイ・ブラッドベリ「華氏451」(ハヤカワ文庫)

    ​​​​​​​​《BOOKCOVERCHALLENGE:no1》​​​​​ レイ・ブラッドベリ「華氏451」(ハヤカワ文庫)​  友達から指名されてフェイスブック上で始めた【BookcoverChallenge】​をブログに転載します。「新コロちゃん」騒

カテゴリー一覧
商用