searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

古典

THEME help
古典
テーマ名
古典
テーマの詳細
古典に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
テーマ投稿数
639件
参加メンバー
56人
管理人
からな管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「古典」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「古典 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

古典の記事

1件〜50件

  • 扇の風は誰のため? 
    2020/07/24 17:41
    扇の風は誰のため? 

    ひさびさの和歌鑑賞日記。 (前回がいつだったかは、すでに忘却の彼方) 今回は、中務(なかつかさ)という、平安時代の女性歌人が詠んだ、七夕の歌。 あまの河 河辺すずしき たなばたに 扇の風を 猶やかさまし 拾遺和歌集 巻第十七 雑秋 【普通の意訳】 天の川のほとりには、すずしい風が吹いていますけれども、織姫さまには、もっと扇の風をお貸ししたほうがいいのかしら。どうかしら。 分かるようで、よく分からない歌である。 涼しい川風が吹いているらしいのに、なんでもっと「たなばた(織姫)」に送風しなくちゃならないのか。 織姫、よほど暑がりなのだろうか。 更年期特有のホットフラッシュで、体温調節に困難を抱えて…

    ねこんでるねこたま

    湯飲みの横に防水機能のない日記

  • 牡丹華(ぼたんはなさく)
    2020/04/30 20:33
    牡丹華(ぼたんはなさく)

    桜は「散る」、梅は「零れる」、朝顔は「萎む」、菊は「舞う」、多彩な終焉の表現がある中、崩れるとはいかにも王座らしいですねと指が止まりました。穀雨も末候ですね。今日から五日間は牡丹華(ぼたんはなさく)という季節です。

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 偽りの時雨
    2020/04/15 00:12
    偽りの時雨

    ピエ・ブックスさんの『てんきごじてん』、翻訳家のW先輩が下さった、宝物のような本です。眠れない夜によく読んでいます。私が一昨日、助けられた言葉は「偽(いつわり)の時雨」――『続後拾遺和歌集』の藤原定家の歌「偽りのなき世なりけり神無月誰が誠より時雨初けん」に基づく言葉で、意味は……

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
    2020/03/15 20:21
    菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

    昔の人は蝶のことを「夢虫」や「夢見鳥」と呼んでいました。由来は荘子の『胡蝶の夢』。「不知周之夢為胡蝶与 胡蝶之夢為周与」(夢の中で蝶なのか、蝶の夢の中なのか……)美醜や貴賤など二元論で語られるものは全て、人間の「知」が生み出した結果であり、「そんなものは見せかけに過ぎない」と荘子は語ります。

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 3 道一~4
    2020/02/11 23:55
    3 道一~4

     南嶽いかにしてかこの道得ある、江西いかにしてかこの法語をうる。 その道理は、われ向南行(コウナンコウ)するときは、大地おなじく向南行するなり。余方もまたしかあるべし。 須弥(シュミ)大海を量としてしかあらずと疑殆(ギタイ)し、日月星辰(ニチガツショウシ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 3 道一~3
    2020/02/11 23:55
    3 道一~3

     並舎老婆子は、説汝旧時名なりとはいはざるなり。並舎老婆子、説汝旧時名なりといふ道得なり。 【現代語訳】 南嶽はその理由として、家々の老婆は お前の昔の名前をよぶであろうから、とは言っていないのです。家々の老婆はお前の昔の名前をよぶであろうから、という話

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 道一~2
    2020/02/11 23:55
    2 道一~2

     いかなるかこれ莫帰郷(マクキキョウ)。莫帰郷とはいかにあるべきぞ。東西南北の帰去来、ただこれ自己の倒起なり。まことに帰郷道不行(ドウフギョウ)なり。 道不行なる、帰郷なりとや行持する、帰郷にあらざるとや行持する。 帰郷なにによりてか道不行なる。不行にさ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 馬祖道一~1
    2020/02/11 23:55
    1 馬祖道一~1

     洪州江西(コウゼイ)開元寺大寂(ダイジャク)禅師、諱(イミナ)道一(ドウイツ)、漢州十方県人なり。南嶽に参侍すること十余載なり。 あるとき、郷里にかへらんとして、半路にいたる。半路よりかへりて焼香礼拝(ライハイ)するに、南嶽ちなみに偈をつくりて馬祖にた

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 道楷~5
    2020/02/02 12:07
    道楷~5

     你(ナンジ)見ずや、隠山(インザン)死に至るまで、肯て人を見ず。趙州(ジョウシュウ)死に至るまで、肯て人に告げず。 匾担(ヘンタン)は橡栗(ショウリツ)を拾うて食(ジキ)とし、大梅(ダイバイ)は荷葉(カヨウ)を以て衣とす。紙衣道者(シエドウシャ)は只紙

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 3 道楷~3
    2020/02/02 12:07
    3 道楷~3

     止(タダ)此の如くなるに於て、何ぞ須(モチイ)ん苦苦として貪恋することを、如今(イマ)歇(ヤメ)ずんば、更に何(イズ)れの時をか待たん。 所以(ユエ)に先聖(センショウ)、人をして只(タダ)今時を尽却せんことを要せしむ。能く今時を尽さば、更に何事か有ら

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 道楷~2
    2020/02/02 12:07
    2 道楷~2

     あるとき、衆(シュ)にしめすにいわく、「夫(ソ)れ出家は、塵労を厭ひ生死を脱せんことを求めんが為なり。心を休め念を息(ヤ)めて攀縁(ハンエン)を断絶す、故に出家と名づく。豈(アニ)等閑(ナオザリ)の利養を以て、平生(ヘイゼイ)を埋没すべけんや。 直(ジ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 芙蓉道楷~1
    2020/02/02 12:06
    1 芙蓉道楷~1

     芙蓉山の楷祖(カイソ)、もはら行持見成の本源なり。国主より定照(ジョウショウ)禅師号ならびに紫袍(シホウ)をたまふに、祖うけず、修表(シュヒョウ)具辞す。国主とがめあれども、師つゐに不受なり。 米湯(ベイトウ)の法味つたはれり、芙蓉山に庵せしに、道俗の

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 玄沙宗一~1
    2020/01/20 11:34
    1 玄沙宗一~1

     福州玄沙宗一(ゲンシャシュウイツ)大師、法名(ホウミョウ)は師備、福州閩(ミン)県の人也。姓は謝氏なり。幼年より垂釣(シチョウ)をこのむ。小艇(コブネ)を南台江にうかめて、もろもろの漁者(ギョシャ)になれきたる。 唐の咸通(カンツウ)のはじめ、年甫(ネ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 大医道信~1
    2020/01/20 11:34
    大医道信~1

     第三十一祖大医禅師は、十四歳のそのかみ、三祖大師をみしより、服労九載なり。すでに仏祖の祖風を嗣続(シゾク)するより、摂心無寐(ムビ)にして脅不至席なること僅(ワズカニ)六十年なり。化(ケ)、怨親(オンシン)にかうぶらしめ、徳、人天にあまねし。真丹の第四

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 慧可~6
    2020/01/13 09:46
    1 慧可~6

     かなしむべし、はづべし、仏祖行持の功徳分より生成(ショウジョウ)せる形骸を、いたづらなる妻子のづぶねとなし、妻子のもちあそびにまかせて、破落ををしまざらんことは。 邪狂にして身命(シンミョウ)を名利の羅刹にまかす、名利は一頭の大賊なり。名利をおもくせば

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 二祖慧可~1
    2020/01/13 09:46
    二祖慧可~1

     真丹(シンタン)第二祖、太祖正宗普覚(ショウシュウフガク)大師は、神鬼(ジンキ)ともに嚮慕(キョウボ)す、道俗おなじく尊重(ソンジュウ)せし高徳の祖なり、曠達の士なり。伊洛に久居して群書を博覧す。くにのまれなりとするところ、人のあひがたきなり。 法高徳

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 達磨~16
    2019/12/19 12:25
    1 達磨~16

     また真丹国にも、祖師西来よりのち、経論に倚解(イゲ)して、正法をとぶらはざる僧侶おほし。これ経論を披閲(ヒエツ)すといへども、経論の旨趣にくらし。この黒業(コクゴウ)は今日の業力(ゴウリキ)のみにあらず、宿生(シュクショウ)の悪業力なり。 今生(コンジ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 達磨~15
    2019/12/19 12:25
    2 達磨~15

      梁の普通よりのち、なほ西天にゆくものあり、それなにのためぞ。至愚のはなはだしきなり。悪業(アクゴウ)のひくによりて、他国に跉跰するなり。歩歩に謗法(ボウホウ)の邪路におもむく、歩歩に親父の家郷を逃逝(トウゼイ)す。 なんだち西天にいたりてなんの所得か

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 達磨~3
    2019/12/06 18:24
    1 達磨~3

     初祖、金陵にいたりて梁武と相見(ショウケン)するに、梁武とふ。「朕(ワレ)、即位より已来(コノカタ)、寺を造り、経を写し、僧を度すること、勝(ア)げて紀すべからず、何の功徳か有る。」 師曰く、「並びに功徳無し。」 帝曰く、「何の以(ユエ)にか功徳無き。

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 達磨~2
    2019/12/06 18:24
    2 達磨~2

     いづれの生縁(ショウエン)か王宮(オウグウ)にあらざらん、いづれの王宮か道場をさへん。このゆゑに、かくのごとく西来せり。 救迷情の自己なるゆゑに驚疑なく、怖畏せず。救迷情の遍界なるゆゑに驚疑せず、怖畏なし。 ながく父王の国土を辞して、大舟(ダイシュウ)

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 達磨~1
    2019/12/06 18:24
    1 達磨~1

     真丹初祖の西来東土は、般若多羅尊者(ハンニャタラソンジャ)の教勅なり。航海三載の霜華、その風雪いたましきのみならんや、雲煙いくかさなりの嶮浪なりとかせん。 不知のくににいらんとす、身命(シンミョウ)をおしまん凡類、おもひよるべからず。これひとへに伝法救

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 臨済慧照~1
    2019/11/28 11:51
    1 臨済慧照~1

     臨済院慧照(エジョウ)大師は、黄檗(オウバク)の嫡嗣(テキシ)なり。黄檗の会(エ)にありて三年なり。純一に辨道するに、睦州陳尊宿の教訓によりて、仏法の大意を黄檗にとふこと三番するに、かさねて六十棒を喫す。 なほ励志(レイシ)たゆむことなし。大愚にいたり

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 臨済~2、黄檗
    2019/11/28 11:51
    2 臨済~2、黄檗

     師、黄檗(オウバク)に在りしとき、黄檗と与(トモ)に杉松(サンショウ)を栽(ウ)うる次(ツイ)でに、黄檗、師に問うて曰く、「深山の裏(ウチ)に許多(ソコバク)の樹を栽えて作麽(ナニニカセン)。」 師曰く、「一には山門の与(タメ)に境致(キョウチ)と為し

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 宣宗~1
    2019/11/28 11:50
    1 宣宗~1

     唐宣宗皇帝は、憲宗皇帝第二の子なり。少而(ショウニ)より敏黠(ビンカツ)なり。よのつねに結跏趺坐(ケッカフザ)を愛す、宮にありてつねに坐禅す。 穆宗(ボクソウ)は宣宗の兄なり。穆宗在位のとき、早朝罷(ソウチョウハ)に、宣宗すなはち戯而(ケニ)して、龍牀

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 法演~3
    2019/11/07 18:52
    法演~3

    演和尚、あるときしめしていはく、「行(ギョウ)は思(シ)を越ゆることなく、思は行を越ゆることなし。」 この語おもくすべし。日夜に之を思い、朝夕に之を行ふべし。いたづらに東西南北の風にふかるるがごとくなるべからず。 いはんやこの日本国は、王臣の宮殿(グウデ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 法演~2
    2019/11/07 18:52
    法演~2

    翌日に上堂して、衆(シュ)にしめしていはく、 『楊岐(ヨウギ)乍(ハジ)めて住す、屋壁(オクヘキ)疎(オロソ)かなり。  満牀に尽く雪の珍珠を撒(チ)らす。  項(ウナジ)を縮却して暗に嗟嘘(サキョ)す。  翻(カエ)って憶(オモ)ふ、古人樹下に居せしこ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 法演~1
    2019/11/05 14:27
    法演~1

     五祖山の法演禅師いはく、「師翁はじめて楊岐(ヨウギ)に住せしとき、老屋敗椽(ハイテン)して風雨の弊はなはだし。ときに冬暮(トウボ)なり、殿堂ことごとく旧損(クソン)せり。そのなかに、僧堂ことにやぶれ、雪霰(セッサン)満牀、居不遑処(キョフコウショ)なり

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 法常~7
    2019/11/05 14:27
    法常~7

    天龍は師の神足なり。俱胝(グテイ)は師の法孫なり。高麗の迦智(カチ)は、師の法を伝持して、本国の初祖なり。いま高麗の諸師は、師の遠孫(オンソン)なり。 生前(ショウゼン)には、一虎一象よのつねに給侍(キュウジ)す、あひあらそはず。師の円寂ののち、虎象(コ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 法常~6
    2019/11/05 14:27
    法常~6

    あるとき、馬祖ことさら僧をつかはしてとはしむ、「和尚そのかみ馬祖を参見せしに、得何(トクガ)道理、便住此山(ビンジュウシザン)なる。」 師いはく、「馬祖われにむかひていふ、即心是仏。すなはちこの山に住す。」 僧いはく、「近日仏法また別なり。」 師いはく、

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 2 真際従諗~5
    2019/10/26 23:39
    2 真際従諗~5

     しかあれば、行持の至妙は不離叢林なり。不離叢林は脱落なる全語なり。 至愚のみづからは、不唖漢をしらず、不唖漢をしらせず。阿誰(アスイ)か遮障せざれども、しらせざるなり。 不唖漢なるを、得恁麽(トクインモ)なりときかず、得恁麽なりとしらざらんは、あはれむ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 1 真際従諗~4
    2019/10/26 23:39
    1 真際従諗~4

     あるとき、衆(シュ)にしめしていはく、「你(ナンジ)若し一生叢林を離れず、不語なること十年五載すとも、人の你を喚んで唖漢(アカン)と作すことなからん。已後(イゴ)には諸仏もまた你を奈何(イカン)ともせじ。」 これ行持をしめすなり。しるべし、十年五載の不

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • 3 真際従諗~3
    2019/10/24 19:15
    3 真際従諗~3

     趙州の趙州に住することは、八旬よりのちなり、伝法よりこのかたなり。正法正伝せり。諸人これを古仏といふ。 いまだ正法正伝せざらん余人(ヨニン)は、師よりもかろかるべし。いまだ八旬にいたらざらん余人は、師よりも強健(ゴウケン)なるべし。壮年にして軽爾(キョ

    いかるのうた

    『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート

  • http://echizenbooks.com/archives/232
    2017/11/22 09:42
    http://echizenbooks.com/archives/232

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    えちぜん

    えちぜんのひとりごと

  • http://echizenbooks.com/archives/193
    2017/07/01 11:09
    http://echizenbooks.com/archives/193

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    えちぜん

    えちぜんのひとりごと

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2920.html
    2017/05/12 06:37
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2920.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2916.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2916.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2914.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2914.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2909.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2909.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2906.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2906.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2896.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2896.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2899.html
    2017/05/12 06:36
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2899.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2889.html
    2017/05/04 21:42
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2889.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2888.html
    2017/04/01 06:37
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2888.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2661.html
    2017/04/01 06:37
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2661.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2879.html
    2017/04/01 06:37
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2879.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2856.html
    2017/04/01 06:37
    http://ufit.blog3.fc2.com/blog-entry-2856.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    ufit

    雨読夜話

  • http://uikoburi.jugem.jp/?eid=343
    2017/03/11 07:15
    http://uikoburi.jugem.jp/?eid=343

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

  • http://uikoburi.jugem.jp/?eid=144
    2017/03/11 07:15
    http://uikoburi.jugem.jp/?eid=144

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

  • https://echizenroom.wordpress.com/2017/02/02/%e3%80%8e%e9%87%91%e6%96%87%e9%80%9a%e9%87%8b%e3%80%80%e4%b8%80%e3%80%8f/
    2017/02/04 09:16
    https://echizenroom.wordpress.com/2017/02/02/%e3%80%8e%e9%87%91%e6%96%87%e9%80%9a%e9%87%8b%e3%80%80%e4%b8%80%e3%80%8f/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    えちぜん

    えちぜんのひとりごと

  • https://echizenroom.wordpress.com/2017/01/22/%e3%80%8e%e5%ae%8b%e8%a9%9e%e5%9b%9b%e8%80%83%e3%80%8f/
    2017/01/22 10:33
    https://echizenroom.wordpress.com/2017/01/22/%e3%80%8e%e5%ae%8b%e8%a9%9e%e5%9b%9b%e8%80%83%e3%80%8f/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    えちぜん

    えちぜんのひとりごと

カテゴリー一覧
商用