searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

日本文学、詩歌の世界 THEME

help
日本文学、詩歌の世界
テーマ名
日本文学、詩歌の世界
テーマの詳細
日本の素晴らしい詩歌、小説、戯曲などをご紹介下さい。 古典や近現代における日本文学に関することや、純文学の魅力などお気軽にトラックバックして下さいね。
テーマ投稿数
962件
参加メンバー
46人
管理人
こころ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「日本文学、詩歌の世界」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「日本文学、詩歌の世界 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

日本文学、詩歌の世界の記事

1件〜50件

  • ベルリンから立ち昇って来るもの
    2020/02/26 11:57
    ベルリンから立ち昇って来るもの

      『百年の散歩』多和田葉子(新潮社)  ドイツのことを何も知りません。 いえ、居直っているわけではありません。我ながら困ったことだなあとは思いつつも、何といいますか、なかなか、えいやっ!と、改めて西

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • スリリングで野心的な長編小説
    2020/02/17 09:40
    スリリングで野心的な長編小説

      『母の遺産――新聞小説・上下』水村美苗(中公文庫)  上下2冊の力作長編小説です。 といっても、この筆者の過去の作品『本格小説』などに比べたら、ほぼ半分の分量です。 この方は、天性の長編小説作家です

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • この「くったく」をどうしようか
    2020/02/10 09:00
    この「くったく」をどうしようか

    ​​​  『山椒魚』井伏鱒二(新潮文庫)  『山椒魚』の冒頭に「山椒魚は悲しんだ。」とあります。  また、この井伏鱒二の初期短編集には12の短編小説が収録されていますが、その多くの作品に「くったく」と

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 書かずに書かずに書く
    2020/02/03 09:42
    書かずに書かずに書く

      『影裏』沼田真佑(文春文庫)  3つの小説が収録されていますが、1つ目の小説「影裏」が芥川賞受賞作です。  冒頭から続く森の描写、これがびっくりするくらいよかったです。 明晰で透明感があって、何だ

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 太宰流青春文学の戸惑い
    2020/01/26 15:21
    太宰流青春文学の戸惑い

      『晩年』太宰治(新潮文庫)  以前より私は、太宰治は我がフェイヴァレット作家のひとりだと本ブログで書いてきました。今でも基本的にそう思っています。 この度、太宰治の第一作品集『晩年』を読みまして、

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 井伏作品の魅力と謎
    2020/01/18 18:39
    井伏作品の魅力と謎

      『山椒魚の忍耐―井伏鱒二の文学』勝又浩(水声社)  さて私は、井伏鱒二の小説とつげ義春の漫画はどちらを先に読んだのだろうと、ふと考えましたら、やはり、まー、つげ漫画が先だったかなと思います。  「

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 言葉の微妙なバランスを探って
    2019/12/26 12:31
    言葉の微妙なバランスを探って

      『アサッテの人』諏訪哲史(講談社文庫)  言葉にこだわった小説ですね。 しかし、まー、仮にも小説を書こうとする人なら、言葉にこだわらない人は、いませんよね。 小説を書きながら言葉にこだわらないとい

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 次は、いちおう、太宰治……かな
    2019/12/09 09:03
    次は、いちおう、太宰治……かな

      『三つの空白―太宰治の誕生』鵜飼哲夫(白水社)  この間まで森鴎外の伝記関係の本を何冊かまとめて読んでいましたら、結構おもしろかったものの、20冊近く読んだらちょっともう鴎外はいいかなという気にな

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 遊女世界の描き方
    2019/12/01 19:11
    遊女世界の描き方

      『ゆうじょこう』村田喜代子(新潮社)  このタイトルは漢字で書くと『遊女考』となるんでしょうね。 なぜ平仮名になったのかは、一応読んでみればそのニュアンスはわかります。 でも、……んんー、「なになに

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 鴎外という謎
    2019/11/11 06:52
    鴎外という謎

      『鴎外最大の悲劇』坂内正(新潮選書) 「街のごろつきのような言いがかり」(高橋義孝)「自己弁疏に寧日がない」(同)「自分の最も深い傷口を隠したとまでは言うつもりはないが、何か釈然としないものを感じ

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 「恋がかなう」と「恋愛が終わる」
    2019/10/29 16:39
    「恋がかなう」と「恋愛が終わる」

      『マチネの終わりに』平野啓一郎(毎日新聞出版)  「失恋」という言葉がありますね。 あー、そういえば、若かりし頃、心ならずもこの語の現す事態に、何度も何度も引きづり込まれていたなぁ、と、わたくしは

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 鴎外を嫌いになるということ
    2019/10/22 16:58
    鴎外を嫌いになるということ

      『鴎外闘う家長』山崎正和(新潮文庫)  鴎外についての本をあれこれ読んでいますと、「扣鈕(ぼたん)」という詩がいろんなところに出てきます。それを何度となく読んでいると、とても哀感があっていい詩に思

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 太宰治 記念館 「斜陽館」 (青森県 五所川原市)
    2019/10/21 15:58
    太宰治 記念館 「斜陽館」 (青森県 五所川原市)

    先週、JR東日本の大人の休日俱楽部パスとレンタカーを使って、津軽半島を周ってきました。 天候にも恵まれ最高の旅でした。Photo by Kirishima太宰治 記念館 「斜陽館」 明治40年、津軽の大地主・大富豪の津島源左衛門(太宰の父)が今の金額にして約10億円をかけて建築した入母屋造りの大豪邸である。 旅館 「斜陽館」 として営業していたものを町が買い取り、1億円以上をかけて解体修復し、建築当時のままの姿によみがえらせた...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 竜飛漁港 と 太宰治文学碑
    2019/10/21 15:58
    竜飛漁港 と 太宰治文学碑

    Photo by Kirishima国道339号線、通称 「階段国道」  この国道を100メートルくらい下っていくと、竜飛漁港に出る。竜飛漁港、竜飛の集落。 高台に見える建物が 「ホテル竜飛」。 ここから300メートルくらい行ったところに太宰の文学碑がある。竜飛漁港にある太宰治文学碑。 太宰治をして 「ここは本州の極地である。この部落を過ぎて道はない。ここは本州の袋小路だ。」 と言わせた漁村である。 現在でもその面影は失わ...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 騎士団長をどう考える?(前半)
    2019/10/06 08:21
    騎士団長をどう考える?(前半)

      『騎士団長殺し・第1部第2部』村上春樹(新潮社)  この本の読書報告は2回目です。 2回目というのは、連続としてのものという意味ではなく、本ブログに2回別々の感想文を書いた、という意味ですね。つい

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • この小説がわかってたまるか
    2019/09/26 08:25
    この小説がわかってたまるか

      『死霊Ⅰ』埴谷雄高(講談社文芸文庫)  ……うーん、やはり。 ……やはり、第一次戦後派のあたりが弱い、な、と。  ……えっと、何の話かと申しますと、ははん、とお気づきの方もいらっしゃるだろうと思いますが

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • この徹底的な人間不在
    2019/09/17 18:53
    この徹底的な人間不在

      『ポトスライムの舟』津村記久子(講談社文庫)  休憩終了のベルが鳴り、ラインが動き始める。休憩前よりは軽く感じる手を上げて、流れてきた一本目の乳液のキャップを固く閉めて、表裏上下とひっくり返して確

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • カタストロフはなかなか困難だ
    2019/09/08 18:47
    カタストロフはなかなか困難だ

      『パンク侍、斬られて候』町田康(角川文庫)  冒頭しばらくして本書の重要な登場人物(というか、と「登場集団」)の「腹ふり党」の説明が出てきます。本作品は2004年に単行本として刊行されていますが、

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 森鴎外の『高瀬舟』はしみじみとした会話に胸を打たれる
    2019/09/03 23:47
    森鴎外の『高瀬舟』はしみじみとした会話に胸を打たれる

    ★商品を見る→デカ文字文庫 森鴎外 高瀬舟 626円 私は森鴎外の高瀬舟を時々思い出したように読む。 島送りになった罪人の喜助と、護送する同心の庄兵衛。 ふたりが高瀬舟の上で しみじみとした会話をする場面

    anzu_ame

    きれいの秘密を見つけよう♪

  • 文芸批評の大家が80歳で
    2019/09/01 11:29
    文芸批評の大家が80歳で

     『伯爵夫人』蓮實重彦(新潮文庫)  もうこの小説が発表されて3年にもなるのですね。文庫にもなってますし。  新潮文庫の裏表紙の文章に、こうあります。  東大総長も務めた文芸批評の大家が80歳で突

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • エロチックなヨッパ谷の家
    2019/08/25 11:10
    エロチックなヨッパ谷の家

      『ヨッパ谷への降下』筒井康隆(新潮文庫)  本文庫には、副題として「自選ファンタジー傑作集」と付いており、筆者の多くの新潮文庫の短編集から作品を集めた一冊という形になっています。筆者の新潮文庫の最

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 「いたちなく」はそんな小説ではない・後編の2
    2019/08/13 09:11
    「いたちなく」はそんな小説ではない・後編の2

    ​​​  『穴』小山田浩子(新潮文庫)  前回の続きです。「ゆきの宿」のクライマックスの部分。友人斉木君の家に泊まった翌朝、「僕」が雪の庭で斉木君に会う場面です。 斉木君は、昨晩僕が先に寝た後、妻が泣い

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 「いたちなく」はそんな小説ではない・後編の1
    2019/08/08 19:30
    「いたちなく」はそんな小説ではない・後編の1

    ​  『穴』小山田浩子(新潮文庫)​  ◎下記本文中に「sperm」という表現があります。私は最初「精〇」と書いてたんですが、「〇液」と書くと、アップデイトするときに「本文にわいせつ、もしくは公序良俗に反する

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 女流作家芥川賞絶好調、かな?・前編
    2019/08/05 07:24
    女流作家芥川賞絶好調、かな?・前編

      『穴』小山田浩子(新潮文庫)  最近、近年の芥川賞受賞の若い作家の作品をパラパラと呼んでいるのですが、タイトルのつけ方のセンスで言うと、この作家と津村記久子はその独創性において双璧のように感じます

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • わが青春の澁澤読書体験
    2019/07/21 17:04
    わが青春の澁澤読書体験

      『唐草物語』澁澤龍彦(河出文庫)  さて、澁澤龍彦です。 今回この報告を書くに当たって、一体私は何歳くらいまで澁澤龍彦の本(あの黒魔術がどうのこうのという本)を、追いかけるように読んでいたのだろう

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 関西人作家の関西弁小説を思う
    2019/07/16 08:22
    関西人作家の関西弁小説を思う

      『鬼の詩・生きいそぎの記』藤本義一(河出文庫)  この筆者は亡くなって6年ほど立つ方ですが、私は初めて小説を読みました。 わたくしは関西に住んでいますので、この関西人作家もすでに読んでいればよかっ

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • パワフルな中学一年生女子の姿
    2019/07/08 21:18
    パワフルな中学一年生女子の姿

      『ジニのパズル』崔実(講談社)  やー、なかなか元気な小説が出て来たぞと思いました。 主人公の中学一年生の女の子が、そこいらじゅうを走り回って飛び回っているような小説です。 といっても、もちろん能

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • どこをとっても小説的
    2019/07/01 08:49
    どこをとっても小説的

      『山の音』川端康成(岩波文庫)  本当に久しぶりにこの小説を再読しました。 前回読んだのは、恐らく私が大学の二年生か三年生くらいだったと思います。なぜそんなことが分かるかというと、その頃本書を読ん

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • この文体が気持ち悪い
    2019/06/24 21:11
    この文体が気持ち悪い

      『死んでいない者』滝口悠生(文藝春秋)  この小説も芥川賞受賞作品ですが、一種の実験小説ですね。 どんなところに実験性があるかといえば、まず、そのストーリーにおいて、一人の老人が死んだその通夜の晩

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 本書を巡る友との会話
    2019/06/15 07:55
    本書を巡る友との会話

    ​  『リア家の人々』橋本治(新潮社)  本年初め鬼籍に入られた橋本治の作品について、私は、やはりあまり読んでいないとしか言えないなーとは思いつつ、ここ半年ほどで、本書を含めますと、3冊読みました。後

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • むしろ古典的ビルドゥングス・ロマン
    2019/06/08 18:30
    むしろ古典的ビルドゥングス・ロマン

      『火花』又吉直樹(文春文庫)  この小説が芥川賞を受賞したのは、もう3年以上も前なんですね。 少し調べたのですが、2015年の上半期の芥川賞受賞です。 で、文庫本も入れると、300万部くらい売れた

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • キーンさん死去
    2019/05/03 18:49
    キーンさん死去

    ドナルド・キーン さんは、東北に深く関わりのある人でした。 「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」 (松尾芭蕉 「おくのほそ道」より) 「Such stillness-The cries of the cicadsa Sink into the rocks. 」 (ドナルド・キーン訳) 「おくのほそ道」、芭蕉を敬愛しているキーンさんによれば、この 「閑かさや。。。」の名句は、禅の思想の影響のもとに作られていて、東洋神秘主義の結晶的傑作だとのこと。 ちなみに、芭蕉は、江戸...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 相当にうまい短編が書ける人
    2019/04/27 16:24
    相当にうまい短編が書ける人

      『或日の大石内蔵之助・枯野抄』芥川龍之介(岩波文庫)  先日菊池寛の「無名作家の日記」と「半自叙伝」をセットで読んでいて(岩波文庫にこの二作が一緒になっているのがあります)、結局のところ、菊池寛は

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 中国の古代小説に描かれているもの
    2018/12/10 01:11
    中国の古代小説に描かれているもの

      『敦煌』井上靖(新潮文庫)  本小説のテーマというかモチーフは解説文にもありますし、何より本体の小説のエピローグ部にも書かれてあります。下記に、文庫の裏表紙の一文から取ってみました。 ​ 西夏との

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • 「大人の童話」なのかも
    2018/09/03 06:56
    「大人の童話」なのかも

    『ミーナの行進』小川洋子(中公文庫)  はやいもので、小川洋子氏が『博士の愛した数式』を書いてベストセラーになってもう15年になるんですね。(ネットでちょっと調べてみました。以下の年譜関係の部分もみ

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • https://tonikaku-read.hatenablog.com/entry/tomawarisuru-hina
    2018/08/28 01:52
    https://tonikaku-read.hatenablog.com/entry/tomawarisuru-hina

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    星見

    何か読めば、何がしか生まれる

  • 漱石漢詩入門に挑戦
    2018/07/09 02:29
    漱石漢詩入門に挑戦

    ​​​  『漱石の漢詩を読む』古井由吉(岩波書店)  漱石作品が好きなもので、漱石についての「第三次産業」のような書物も、けっこう読みます。(最近はそちらの本の方が多い感じで、それはちょっとよくないんじ

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201803170000/
    2018/03/18 07:36
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201803170000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201711250000/
    2017/11/25 22:21
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201711250000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201708060000/
    2017/08/06 17:38
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201708060000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • http://tonikaku-read.hatenablog.com/entry/shitayomidanshi-to-toukoujoshi
    2017/08/06 03:57
    http://tonikaku-read.hatenablog.com/entry/shitayomidanshi-to-toukoujoshi

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    星見

    何か読めば、何がしか生まれる

  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201706100000/
    2017/06/11 03:44
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201706100000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • http://hontama.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/2017.05.31%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%96%87%E5%BA%AB%E5%8F%A4%E6%9C%AC20%E4%BB%B6%E3%82%92%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
    2017/05/31 22:16
  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201705280000/
    2017/05/28 22:11
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201705280000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • http://hontama.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/2017.05.18%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%A6%E3%81%A8%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%A4%E6%9C%AC21%E4%BB%B6%E3%82%92
    2017/05/19 00:04
  • http://hontama.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/2017.05.15%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%AD%A6%E3%81%A8%E8%A9%95%E8%AB%96%E3%81%AE%E5%8F%A4%E6%9C%AC20%E4%BB%B6%E3%82%92%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
    2017/05/15 23:53
  • https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201703270000/
    2017/03/27 23:31
    https://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201703270000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • http://hontama.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/2017.03.22%E3%80%80%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB%E3%81%AE%E6%96%B0%E6%9B%B820%E4%BB%B6%E3%82%92%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
    2017/03/22 23:47
  • http://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201701160000/
    2017/01/17 02:40
    http://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201701160000/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    analog純文

    近代日本文学史メジャーのマイナー

  • http://hontama.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/2017.01.14%E3%80%80%E6%9C%AC%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%A4%E6%9C%AC20%E4%BB%B6%E3%82%92%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
    2017/01/14 23:42
カテゴリー一覧
商用