searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

歴史 THEME

help
歴史
テーマ名
歴史
テーマの詳細
歴史に関する小説、エッセイ、評論などなど
テーマ投稿数
6,497件
参加メンバー
276人
管理人
からな管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「歴史」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「歴史 本ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

歴史の記事

1件〜50件

  • 探検408 奇襲の秘訣は装束にあり
    2020/02/28 12:09
    探検408 奇襲の秘訣は装束にあり

    たまたまのこと、TV番組でメッチャ古い映画に遭遇しました。1958年というから、半世紀どころか60年以上も以前に製作された大映による当時のオールスターキャストの作品「忠臣蔵」です。物語やその描き方は、当時の観客が安心して見られるようお約束通りの運びとなっていまし

    研修隊員

    日本史探検隊

  • No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十九
    2020/02/27 00:17
    No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十九

    カールが、イスラム教を国教とする、アッバース朝と友好関係を築こうとした、目的は、ビザンツ帝国=東ローマ帝国を、牽制するためであった。ビザンツ帝国とアッバース朝…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • No.448【世界史リブレット 44~日本のアジア侵略】
    2020/02/24 00:18
    No.448【世界史リブレット 44~日本のアジア侵略】

    評価:60点/作者:小林英夫/ジャンル:歴史/出版:1998年 『世界史リブレット 44~日本のアジア侵略』は、山川出版社の世界史シリーズである、「世界史リブ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】88.革命は終わった
    2020/02/23 06:22
    第3位【ナポレオン・ボナパルト】88.革命は終わった

    1799年12月12日、ブリュメール18日のクーデターの直後に発足した、臨時政府は、解体し、新政府が、誕生した。新政府は、「執政政府」、または、「統領政府」と…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 53.柴田勝家・七
    2020/02/22 00:09
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 53.柴田勝家・七

    蒲生賢秀は、嫡男の鶴千代を信長に人質として、差出した。そして、信長に忠節を誓い、家臣となったのである。信長は、主君の六角義賢・義治の父子の逃亡後、抵抗を続けた…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 玉姫社の巨石と箆取神社・倉敷に残る神秘のお社 その②
    2020/02/21 19:04
    玉姫社の巨石と箆取神社・倉敷に残る神秘のお社 その②

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 探検407 八百万神の限りなき融通性
    2020/02/21 08:35
    探検407 八百万神の限りなき融通性

    こうしたことを「宗教がらみの行為」と捉えるなら、ひょっとしたら日本人の宗教観は支離滅裂、言葉が失礼なら融通性豊か、と言えるのかもしれません。それが証拠に、年末年始の期間に限って眺めても、その雑多ぶりはハンパではありません。12月の終盤にさしかかると、まずは

    研修隊員

    日本史探検隊

  • No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十八
    2020/02/21 01:01
    No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十八

    皇帝戴冠による、カールの現実的利益は、東ローマ皇帝と対等な立場に立つことにある。東ローマ皇帝の称号、「バシレイオス」は、「諸王の王」の意味を持つため、フランク…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • No.914【世界史リブレット 117~ヨーロッパの家族史】
    2020/02/20 01:00
    No.914【世界史リブレット 117~ヨーロッパの家族史】

    評価:60点/作者:姫岡とし子/ジャンル:歴史/出版:2008年 『世界史リブレット 117~ヨーロッパの家族史』は、山川出版社の「世界史リブレット」シリーズ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】87.大選挙人
    2020/02/16 06:30
    第3位【ナポレオン・ボナパルト】87.大選挙人

    アベ・シェイエスは、憲法草案を作成したが、その最大の特徴は、「大選挙人」である。基礎を「国民」に頂点を「大選挙人」とする、ピラミッド型の寡頭体制を、シェイエス…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 52.柴田勝家・六
    2020/02/15 00:34
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 52.柴田勝家・六

    9月12日の早朝、織田軍は、愛知川を渡河すると、三隊に分かれた。稲葉良通の率いる、第一隊は、和田山城へ、柴田勝家及び、森可成の率いる、第二隊は、観音寺城へ、そ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検406 首都汚染を回避した女帝
    2020/02/14 06:58
    探検406 首都汚染を回避した女帝

    ~第38代・天智天皇(626-672年)の娘(第二皇女)であり、  第40代・天武天皇(生年不明-686年)の皇后~これが、第41代・持統天皇(645-702年)のプロフィールです。皇女・皇后という立場も、またそれどころか夫・天武天皇の崩御の後には、自ら天皇にも即位したのですか

    研修隊員

    日本史探検隊

  • ウイルス
    2020/02/13 12:16
    ウイルス

    テレビのニュースを見ていると、どの放送局も、朝から晩まで、ずーっと、「新型コロナウイルス」の話題ばかりですね。 たくさんの人々が、気が付いていますが、こうやって、メディアが、一斉に騒ぎ立てる時は、政府が何かの意図をもっている時です。 それが、何かは、そのうち、わかってくると思います。 大切なことは、必要以上の恐怖心はもたないことです。 不安というのは、ある程度は、必要なものですが、過度な不安は、自分の心と体を蝕みます。 いつも思うのは、スピリチュアルなことを学んでいる人たちの中で、「死」を必要以上に怖がる人がいることです。 そもそも、なんのために、霊的な世界を勉強しているのでしょうか? 私は、…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 9 小さな光
    2020/02/13 12:16
    沖縄ライトツアー 9 小さな光

    前回からの続きの話です。 首里城の一番高い所から、首里の街を眺めていた時に、マイアさんが指さしたのは、一つの塔でした。 この塔です。 「この塔が気になります。ここから、何かを感じます」 マイアさんが、そう言うので、さっそく現場に向かいました。 途中の首里城内に、ガジュマルの木があったのですが、マイアさんは、なんと、この木に、 「首里城火災の犯人は、あの塔だと思うのですが、どうですか?」 こんなかんじで、質問したそうです。 その答えは、肯定的な答えだったそうです。 マイアさん曰く、 「人間や動物は、嘘をつくけど、植物というのは、何でも知っていて、しかも、絶対に嘘をつかないので、警察と協力してやる…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 8 首里城
    2020/02/13 12:16
    沖縄ライトツアー 8 首里城

    前回からの続きです。 久しぶりに、首里の街を訪れました。 この街は、私の青春時代を過ごした場所なので、思い出がいっぱい詰まっています。 去年の首里城の火災事件から、すぐにでも駆け付けたかったのですが、仕事が忙しくて、ようやく年末に、そこへ行くことができました。 まずは、琉球王国の王族の墓である、「王陵(たまうどぅん)」に行きました。 ここは、世界遺産登録もされています。 目の前には、首里高校があります。 私の母校です。 お墓に入りました。 王家の墓だけあって、威厳があります。 ここの「シーサー」は、ユニークです。 わかりにくいので、パンフレットの写真です。 私が、「ドラえもん」と呼んでいる狛犬…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 7 辺野古
    2020/02/13 12:16
    沖縄ライトツアー 7 辺野古

    以前にも書いた記事ですが、大切な情報だと思うので、こちらも再掲載します。いつも思うことですが、世界の裏事情の話などは、「悪い情報」ばかりが流れます。 表のメディアの核心をつかない報道も、偏っていますが、インターネットなどで流れてくる情報も、ある程度核心には迫っていますが、ネガティブに偏っているのです。 情報というのは、なるべく幅広く、いろいろな角度から分析された、ポジティブとネガティブのバランスのとれたものでないと、世界観が歪んできて、最終的には、自分という人間の存在そのものも、歪んできたりします。人格が偏ってしまい、社会性に乏しい人間になってしまうのです。それくらい、どういう情報を信じるのか…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 6 ニライカナイ
    2020/02/13 12:16
    沖縄ライトツアー 6 ニライカナイ

    ここで、知らない方のために、沖縄の「ニライカナイ」のことも、説明しておきます。 ネットで検索すると、こういう説明です。 「ニライカナイとは、沖縄や奄美群島で、遠い海のかなたにあると信じられていた楽土。記紀の神話に登場する、常世の国に相当する」この他にも、ユニークな解釈では、「ネガイカナイ」というのもあります。つまり、「願いが叶う世界」という意味だというのです。「どんな夢でも、実現する世界」ということですね。一言で簡単にいうと、「ユートピア」だということです。 数年前から調べている裏の日本史において、最重要な出来事である、「補陀落渡海」をネットで調べると、あるサイトに面白いことが書かれていました…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 5 龍
    2020/02/13 12:15
    沖縄ライトツアー 5 龍

    超巨大生物や巨人の化石の話の続きです。 実は、世界中の化石だと思われる岩石の中には、大蛇や龍の痕跡を残したものも、たんくさんあります。 たとえば、これなどは、「大蛇」か「首長竜」、もしくは、そのまま「龍」だと思います。 これは、明らかに「龍」ですね。 「ネッシー」や「クッシー」の正体も、これからもしれません。 背中は、「龍」そのものですね。 やはり、「龍」は実在していたのですね~! これも、「恐竜(龍)」の頭蓋骨を、横から撮った写真だと思います。 目玉と歯の痕跡も、ちゃんと残っていますね。 うわ~! これなど、感動しますね~! 間違いなく、「恐竜(龍)」の頭蓋骨が化石化したものですね。 これも…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 4 巨人
    2020/02/13 12:15
    沖縄ライトツアー 4 巨人

    世界中に、「巨人」の話が、神話や伝承として、語り継がれています。 そして、沖縄にも大昔から、「巨人」の伝説があります。 「伊是名島」の近くにある、「伊江島」という島の山、「伊江島タッチュウ」の頂上にも、その巨人の足跡が残っています。 沖縄では、郷土の芝居の舞台に、竹馬に乗って、「巨人」を表現した存在が、登場する場面もあります。 ここで、宇宙考古学の基本的なことを、もう一つだけ、おさらいしておきましょう。 「巨人」についてです。 これは、去年、沖縄県の伊計島に行った時の写真です。 「ワニ」か「カメ」ですね。 いずれにしても、爬虫類ですね。 近くで見ると、けっこう迫力があります。 ついでに、この岩…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 3 伊是名島
    2020/02/13 12:15
    沖縄ライトツアー 3 伊是名島

    いよいよ、本格的な沖縄の旅行記が始まります。 私たちは、沖縄本島の北部から、船で、「伊是名島」に向かいました。 「伊平屋島」と「伊是名島」は、前回書いた、「神武天皇」が生まれてから、幼少期を過ごした島だと言われています。 沖縄本島の北部から、船に乗って行く場所にある離島です。 本島の北部には、世界遺産にも登録された、今帰仁城址公園があります。 私は、前回紹介した、「アヌンナキ」のファミリーは、最初は、沖縄の「今帰仁城跡」のあたりで、人間を囲って、動物園や実験場のようなものをつくっていたんじゃないかと考えています。 ほんの少しだけ、地名に痕跡が残っていました。 ネットで調べてみると、面白いことが…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 2 神武天皇
    2020/02/13 12:15
    沖縄ライトツアー 2 神武天皇

    本格的な沖縄の旅行記に入る前に、まずは、宇宙考古学的な視点から考察した、「神武天皇」について、おさらいしながら、話をすすめていきますね。 日本国における、初代天皇だといわれている人物は、沖縄とも、深い関わりがあるからです。 ほとんどの宇宙人は、宇宙の法律のようなものがあって、地球への直接介入は、認められていないそうです。 しかし、「アヌンナキ」の一族は、地球にとっては、親戚のような存在だったため、太古の時代においては、わりと直接的に、人間に関わることが許されていたようです。 この一族は、シェイプシフト、つまり、変身能力があるために、いろいろな姿形になるので、この一族を論じる時には、話がとても複…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 沖縄ライトツアー 1 てぃんさぐぬ花
    2020/02/13 12:15
    沖縄ライトツアー 1 てぃんさぐぬ花

    大変長らくお待たせいたしました~! いよいよ、去年の年末、故郷の沖縄を旅した時の旅行記を、書きはじめますね。 今回も、凄まじい内容です。 琉球の新たな真実の歴史を、初公開することになります。 ご存知のように、私の旅行記は、時系列ではなく、テーマごとのストーリー構成になっているので、実際にまわった順番ではなく、時間は前後しています。 宇宙考古学の旅は、いつもは、私が個人的な興味で行く場所を探して、それから目的地に行くのですが、今回は、ちょっと違いました。 去年の11月に、都内のザ・キャピトルホテル 東急で、マイアさんという方と会ったのです。 そして、その時に、「沖縄を光で浄化する旅に、一緒に出か…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関東ユニバーサルツアー 6 北極星
    2020/02/13 12:15
    関東ユニバーサルツアー 6 北極星

    さて、前回からの続きです。 関東平野に、「北斗七星」と「カシオペア座」があったという話をしましたが、もう一つ、肝心かなめの「北極星」もあったのです。 これも、友人の新井さんに、地図上に作図してもらいました。 「北斗七星」-「北極星」-「カシオペア座」 この三つの揃い踏みです。 「北極星」の位置を拡大しますね。 住所は、東京都足立区南花畑のあたりです。 特に変わった大きな建物などは、何もありません。 しかし、よく見ると、ここには、凄い地上絵が描かれていました。 いきますよ、いいですか? ジャ~~ン!! わかりましたか? この地図を、90度回転しますね。 そして、赤ペンで、ザックリと補助線を描きま…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十七
    2020/02/13 00:27
    No.003【ヨーロッパを分裂させた、フランク族の分割相続】五十七

    それでは、アインハルトの先の記述、「皇帝及び、アウグストゥスの称号を受け取った」の「皇帝」は、どの称号の翻訳なのか?筆者は、國原吉之助の翻訳の『カルロス大帝伝…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「偶然」01 赤穂事件は繰り返される
    2020/02/10 07:38
    日本史の「偶然」01 赤穂事件は繰り返される

    歴史用語としては「赤穂事件」というのだそうですが、その経緯は 日本人なら知らない人でも知っていると言われるほどに有名です。 もっとも、それは後になってこの事件をモデルにした芝居「忠臣蔵」が語る ところであって、当然ながら史実からは大きく離れた内容になっています。 

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • No.913【世界史リブレット 64~ヨーロッパからみた太平洋】
    2020/02/10 01:15
    No.913【世界史リブレット 64~ヨーロッパからみた太平洋】

    評価:60点/作者:山中速人/ジャンル:歴史/出版:2004年 『世界史リブレット 64~ヨーロッパからみた太平洋』は、山川出版社の歴史シリーズ、「世界史リブ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 関東ユニバーサルツアー 5 カシオペア座
    2020/02/09 09:06
    関東ユニバーサルツアー 5 カシオペア座

    ここで、またまた、おさらいです。 日本の天皇家は、宇宙のグループでいうと、「プレアデス」や「オリオン」とも関係しているようですが、一番関係が深いのは、「カシオペア」だそうです。 1990年代までは、この星座は、スピリチュアル業界でも、わりと多く語られていたのですが、21世紀になってから、宮内庁から圧力でもかかったかのように、書籍やネットでも、全く話題にならなくなりました。 実は、「日本語」というのは、この星座からきている単語も多いそうです。 平安貴族のようなファッションを好んで、皇室の方独特の話し方をするそうです。 「大嘗祭」でも、天皇陛下は、平安貴族の服装ですね。 この星座は、「ダブル(W)…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関東ユニバーサルツアー 4 北斗七星
    2020/02/09 09:06
    関東ユニバーサルツアー 4 北斗七星

    去年の秋から、「過越しの祭」を調べているうちに、「松尾大社」が、「マッツアオ」というパンを御神体とした、古代ユダヤに関わる神社だっということを突き止めました。 詳しいことは、去年の12月に書いた、「日本バイブルツアー」を読んでくださいね。 そして、このことを調べていくうちに、都内のある場所に、辿り着きました。 それが、知る人ぞ知るの「将門首塚」でした。 ここは、オカルトマニアの間でも有名ですが、最近では、いろいろな都市伝説が囁かれて、一般の人たちも、テレビや雑誌などで、目にする機会も、多くなっていると思います。 ここは初めて訪れたのですが、東京大空襲を調べているうちに、ここにたどり着いたのです…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関東ユニバーサルツアー 3 稲荷
    2020/02/09 09:06
    関東ユニバーサルツアー 3 稲荷

    またまた、おさらいです。 去年の「日本バイブルツアー」で、「戦争」の被害に遭わなかった建物に、「ペンキ」が、塗られていたものが多いという話をしましたね。 どうやら、「ペンキ」というのが、とても重要な意味をもっていることは、間違いなさそうです。 他にも、「レンガ造り」の建物が、被害を受けていなかったりしています。 戦前に、予め無事だとわかっていたかのように、しっかりと造られていたりします。 あとは、「十字架」がある所も、無事だったりしています。 それも、ただの十字架ではなく、「丸十字」みたいです。 たとえば、東京の「神田教会」も、東京大空襲の被害を受けていないようですが、ここも、「レンガ造り」だ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関東ユニバーサルツアー 2 イナンナ
    2020/02/09 09:06
    関東ユニバーサルツアー 2 イナンナ

    ここでも、ちょっと、おさらいをしておきましょう。 世界中どこに行っても、龍の神話や伝説、壁画などが存在しています。 特に日本には、龍を祀った神社も多く、神話も山ほどあります。不思議なのは、これほど身近な存在でありながら、ほとんどの人が、 「空想上の動物だ」 と思っていることです。 たとえば、 「干支の中でも、龍だけが空想の動物であり、架空の存在だ」 というのは、よく聞く話ですね。 しかし、世界中に龍に関する話が、たくさん存在していること自体、簡単に空想だけで終わらせてはいけないと思います。 「龍は実在の動物だ」 と考えたほうが自然なのです。 これはチャネリング情報ですが、ある本によると、宇宙が…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関東ユニバーサルツアー 1 鶴と亀
    2020/02/09 09:06
    関東ユニバーサルツアー 1 鶴と亀

    お待たせしました~! 年末年始に、「宇宙考古学」の調査のために、東京を中心に関東地方をまわった時の旅行記です。 今回のメインテーマは、「宇宙」です。 「宇宙」を意味する英語は、いくつかありますが、だいたい、3つの単語が使われるようです。 「space」、「universe」、「cosmos」 この3つです。 それぞれのニュアンスの違いがネットにあったので、紹介しますね。 〇「space」 「大気圏外の宇宙空間(outer space)」の意味で使われていて、「大気圏の外」というニュアンスを意識すると、わかりやすいようです。 〇「universe」 「地球を含む全てを指した宇宙」という意味で、「…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 歌の国・日本
    2020/02/09 09:06
    歌の国・日本

    あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。 数年前から、年末年始は、面白そうな番組は予約録画して、時間ができた時に、ゆっくり見るということをやっています。 いまさらですが、これをやると、時間が有効に使えます。 特に大晦日などは、大好きな格闘技はライブで観戦して、年が明けてから、紅白歌が合戦を見るようにしています。 今年も、1月2日に紅白を見終わりました。 やはり、面白かったです。 以前にも書いたのですが、いい話なので、この機会に再掲載させていただきます。 数年前に読んだ本で、面白いものがあったので紹介します。○「神話の時代から」 渡部昇一 著 WAC 920円 有名な渡部昇…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • スターウォーズ
    2020/02/09 09:05
    スターウォーズ

    12月29日(日)の東京セミナー&懇親会も、楽しく終了しました。 参加された皆さん、ありがとうございました。 二次会が終わったのが、午前2時でした。 最後は、人類創世の話題など、とても深い内容の会話になりましたね。 年末、映画「スターウォーズ」を観てきました。 都内の品川駅近くの映画館でした。 数年前から、古代史マニアの間で、不思議な仮説が、囁かれるようになっています。 これは、複数のチャネラーや古代史の研究家たちが、しめしあわせたかのように、同時多発的に言い出したようです。 その仮説とは、 「聖徳太子は、映画のスターウォーズに出てきた、ダースベイダーだった」 というトンデモない説です。 しか…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 「地球を創った魔法使いたち 2 ~人類創世~」発売中!!
    2020/02/09 09:05
    「地球を創った魔法使いたち 2 ~人類創世~」発売中!!

    現在、私の著書である、「地球を創った魔法使いたち」の続編、第2巻が、12月16日から、絶賛発売中です!! 私の手元にも届きました。 私には、子供はいないのですが、この本が、子供みたいなものです。 包装紙を破って、取り出したときに、 「オギャー! オギャー!」 という赤ちゃんの威勢のいい泣声が、聞こえたような気がしました。 これを見て、 「ようやく、完成したんだな…」 と、しみじみと思いました。 とっても面白い内容です。 ぜひ、読んでみてくださいね。 すでに、お手元に届いた方々からも、素敵な感想をいただいています。 どこでも入手できない、私だけが実際に、日本全国を歩いて調査して、それをまとめた集…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 8 十字架
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 8 十字架

    前回は、京都の「松尾大社」の話題でしたね。 実は、もう一方の関西の「松尾」の拠点である、奈良の「松尾寺」には、2018年6月に訪れていました。 その当時の写真を見たら、面白い発見がありました。 まず、その当時は気づきませんでしたが、入口の門に、「ブラック菊家紋」がありました。 そして、本堂の柱は、血で塗られたような色の部分がありました。 また、後ろの文字の「厄除け」には、「焼く避け」の意味もあったことも、わかりました。 さらに、本堂の前には、「マッサンラッキー」と書かれた文字までありました。 どういう意味ですかね? 私には、「マッサン」=「マッツオ」だと思いました。 いや~、面白いですね~! …

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 7 松尾大社
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 7 松尾大社

    前回の続きです。 今年の9月に書いた旅行記、「九州ピースツアー」でも書いたのですが、大切なことだと思うので、もう一度書いておきます。 「最終兵器彼女」というアニメがあります。私は、テレビ番組で放映された作品を、全13巻、レンタルDVDで借りてきて、いっきに観ました。この作品は、どこにでもいるようなドジで、オッチョコチョイで、大人しい女子高生が、地球を破壊できるほどの最強の兵器に、ある日、生まれかわるというストーリーです。その女の子には、彼氏がいるのですが、その彼が、自分の彼女が、地球を破滅させるような武器、「最終兵器彼女」になって、とまどうというのが、全体の内容です。この天使のような風貌の女神…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 6 桜の木
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 6 桜の木

    「松尾神社」は、全国にありますが、他の神社の境内に摂社として、建てられているものも多いようです。 あとは、何かの理由で、名前が微妙に変わっていることもあります。 たとえば、関西において、ネットで検索すると、なぜか、大阪府に、「松尾神社」が無かったので、不思議に思っていたら、違う名前で存在していました。 ここです。 「御霊神社」という神社です。 門が赤いですね。 子羊の血を塗ったような色ですね。 さらに、名前の「御霊」は、「ごりょう」と読むそうですが、これは、「五稜」とも書きますね。 北海道函館市にある、「五稜郭」ですね。 五角形の敷地は、深い意味があります。 五角形や五芒星は、「キリスト」のシ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 5 松尾神社
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 5 松尾神社

    ここから先は、ジェットコースターに乗るかんじになるので、シートベルトの着用をお願いします。(笑) もう一度、今までの話を短くまとめます。 聖書の中に、「過越の祭り」の話があります。これは、古代にエジプトで、イスラエル人達が奴隷になっていた頃、神様が、モーセを使って、助け出します。その時に、エジプトに、十の厄災を起こします。最後の十番目は、全ての家の初子を殺すというものでした。 しかし神様は、イスラエルの人達だけは助けました。神様は、その日の夜に、家の門に羊の血を塗っておけば、その家の子供は殺さないと約束しました。それから、その夜は、「マッツオ」という乾いたパンを、食べるようにも指示しました。そ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 4 杉山神社
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 4 杉山神社

    6年くらい前に、小栗旬君主演の「リッチマン、プアウーマン」を、DVDで観ました。 とっても面白かったです。 アップル創業者のスティーブ・ジョブズが、モデルらしいのですが、起業家の心構えなどが、よく描かれています。 女性は、典型的なシンデレラストーリーの部分で、楽しめると思うし、男性は、ビジネスの真髄が、さりげなく描かれていて勉強になります。 夫婦や恋人同士などの男女で、同時に楽しめると思います。 小栗旬君の出演するドラマは、なぜか、私と波長が合うみたいで、「花より男子」も、感動したし、「貧乏男子」というドラマも、素晴らしかったです。 日本では、一時期、中性的な人物のドラマや映画が増えましたが、…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 3 過越しの祭
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 3 過越しの祭

    ここから、一気に佳境に入ります。 前回、「戦争」の被害に遭わなかった建物に、「ペンキ」が、塗られていたものが多いという話をしましたね。 どうやら、「ペンキ」というのが、とても重要な意味をもっていることは、間違いなさそうです。 他にも、「レンガ造り」の建物が、被害を受けていなかったりしています。 戦前に、予め無事だとわかっていたかのように、しっかりと造られていたりします。 あとは、「十字架」がある所も、無事だったりしています。 それも、ただの十字架ではなく、「丸十字」みたいです。 たとえば、東京の「神田教会」も、東京大空襲の被害を受けていないようですが、ここも、「レンガ造り」だったり、「丸十字」…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本バイブルツアー 2 レプティリアン
    2020/02/09 09:05
    日本バイブルツアー 2 レプティリアン

    11月中旬ごろ、東京都墨田区にある、「多門寺」というお寺を訪れました。 門の前で、記念撮影しました。 本堂の前です。 この境内に、とても興味深い石像が、置かれていました。 庭の片隅にあったので、あやうく見過ごすところでした。 わかりましたね。 そうです。 「レプティリアン(爬虫類人)」と呼ばれている宇宙人です。 頭から布を被っていますね。 何度も書いていますが、この存在の正体は、「イナンナ」であり、「聖母マリア」です。 そして、この石像の前には、「カエル」の石像が置かれていました。 これの正体は、「蘇る(よみガエル)」で、「イエス・キリスト」です。 だから、この寺の本当の御神体は、「聖母マリア…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】86.五百人会の武力解散
    2020/02/09 06:33
    第3位【ナポレオン・ボナパルト】86.五百人会の武力解散

    ナポレオンの議会突入命令に対し、議会親衛隊の動きは、悪かった。本来、議会を守る、任務の部隊のためである。最早、一刻の猶予も無かった。その時、馬上のリュシアンが…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本バイブルツアー 1 神の導き
    2020/02/08 12:04
    日本バイブルツアー 1 神の導き

    大変長らくお待たせしました~! 仕事が忙しくて、なかなか旅行記を書く時間がとれなかったのですが、ようやく、一息ついたので、ボチボチ書きはじめようと思っています。 今回も、「戦争」をテーマにした旅行記です。 今年の秋になってから書いた、「瀬戸内ピースツアー」、「九州ピースツアー」、「関西ピースツアー」、「東京ピースツアー」、「東京イナンナツアー」、この五つの旅行記の続編になります。 まだ、これらを読んでいない方は、ぜひ読んでから、今回のものを読むと、より理解できると思います。 11月上旬に、長崎県を旅して、それから、東京都、神奈川県、京都府、兵庫県、大阪府と、五つの都道府県をまわったのをまとめた…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 「地球を創った魔法使いたち 2 ~人類創世~」
    2020/02/08 12:04
    「地球を創った魔法使いたち 2 ~人類創世~」

    大変長らくお待たせしました~!! 私の著書である、「地球を創った魔法使いたち」の続編、第2巻が、12月16日に、いよいよ発売になります。 2014年から、宇宙考古学や古代史の勉強を始めてから、実際に自分の足で、全国各地をまわりながら、たくさんの発見をしてきました。太古の時代から現代まで、ずーっと静かに隠されてきた謎が、ようやく解けたのです。ぜひ、その秘密の扉を開いてみてください。 ご存知のように、2018年2月に、第1巻が発売になりました。タイトルは、「地球を創った魔法使いたち 1 ~天空より飛来した人々~」でした。 そして、今回発売の続編のタイトルは、「地球を創った魔法使いたち 2 ~人類創…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大嘗祭の秘密
    2020/02/08 12:04
    大嘗祭の秘密

    大嘗祭も終わりましたね。 いよいよ、本格的な令和の時代がやってきますね。 新時代は、激動の時代になる予感もしますが、同時に新しいことが、どんどん起こり、素晴らしい未来が待っている気がします。 今から楽しみです。 気が付いた方も多いと思いますが、天皇陛下が歩いている時、ぞの頭上にあった「傘」のようなものが、特に目立ちましたね。 平成の時代にも、同じ「傘」がありました。 いつ頃から、この傘があったのかはわかりませんが、明治2年(1865年)には、すでに、明治天皇が、同じ「傘」を頭上に掲げて、伊勢神宮の内宮、玉垣御門を参進する光景が絵に描かれています。 では、これを宇宙考古学的に解釈してみましょう。…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京イナンナツアー 7 木漏れ日
    2020/02/08 12:04
    東京イナンナツアー 7 木漏れ日

    東京を調査している時、たまたま、アメリカから東京に滞在していた読者の方と、会う機会があり、一緒に都内の神社をまわりました。 ここも、とても大切な所なのですが、詳しいことは、いつか別の機会に書こうと思います。 行ったのは、「亀岡八幡宮」でした。 その境内の摂社、「茶ノ木稲荷神社」に感動しました。 わかりましたか? 「茶色の木」に磔になり、頭上に、「稲荷(INRI)」も文字を掲げている人物は、古今東西、一人だけです。 そうです。 「イエス・キリスト」です。 拝殿の90度になる、御神体の位置には、「十字架」も隠れていました。 この神社は、「キリスト」を祀っている神社だったのです。このように、日本中の…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京イナンナツアー 6 汐入公園
    2020/02/08 12:03
    東京イナンナツアー 6 汐入公園

    「伊勢」と「東京」の繋がり、とても面白いです。 この二つのエリアは、「姉妹都市」と呼んでもいいくらい、宇宙考古学的にセットになっているようです。 「外宮」=「東京カテドラル聖マリア大聖堂」 「内宮」=「皇居」 こういうふうに、対応することは、前述しましたね。 好奇心で、伊勢の他の地点とも、東京のどの街が対応しているかどうか、調べてみました。 まず、気になったのが、有名な「二見輿玉神社」です。 これも、友人の新井さんが、調べてくださいました。 下記が、その対応する地点を、並べた地図です。 「内宮」:「二見輿玉神社」=「皇居」:「?」 になりますね。 この「?」にあたる地点には、何があるのでしょう…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京イナンナツアー 5 三ツ星
    2020/02/08 12:03
    東京イナンナツアー 5 三ツ星

    「東京カテドラル聖マリア大聖堂」と「世田谷教会」、この二つの教会に、「ルルドの洞窟=被爆マリア」があることを書きましたが、友人の新井さんが、またまた面白い発見をしました。 この二つの教会の地点を、ラインで結び、それから、さらに、「皇居」と「東京カテドラル聖マリア大聖堂」という東京において、重要なライン、つまり、伊勢では、「内宮」と「外宮」に当たるメインのラインを、繋げてみたそうです。 すると、下記のようなトライアングルが、またまた浮かび上がってきたそうです。 そして、さらに、前述のメインのラインを基準にして、線対称にしてみたそうです。 すると、「世田谷教会」の反対側に、面白い地点が、浮かびあが…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 51.柴田勝家・五
    2020/02/08 00:20
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 51.柴田勝家・五

    1565年(永禄八年)、十三代将軍の足利義輝は、松永久秀及び、三好三人衆の三好長逸、三好宗渭、岩成友通に殺害された。永禄の変である。義輝の弟の義昭は、興福寺一…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検405 なぜ八が選ばれたのか
    2020/02/07 07:44
    探検405 なぜ八が選ばれたのか

    日本神話の世界では、大きい・多い・立派を示す数字として、「八」が頻繁に使われています。 たとえば、八百万神・大八洲国・八岐大蛇・八色雷・八咫烏などがその例であり、三種の神器にも八尺瓊勾玉・八咫鏡の名が付いています。その名残りなのか、後世にも同様な表現を見

    研修隊員

    日本史探検隊

カテゴリー一覧
商用