本ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/11/19 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
たろちゃんさん
  • 情報提供「みんないってしまう」山本文緒 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 12編が収められた短編集です。昼下がりのデパートで年賀状のやり取りさえ途絶えてしまった幼なじみとばったり遭遇した主人公。二人は最上階の食堂に行き旧交を温めます。そんな中で出てきたのが中学で一緒だった成井君という男の子の名前。実は二人は同時期に彼と付き合っていたということが判明します。つまり二股をかけられていたわけで。憤慨した友人は成井君の実家に電話するのですが・・・・。(表題作)ちょっとせつないよ

2位
千世さん
  • 情報提供「羆嵐」 吉村昭 ちせ本の記録千世さんのプロフィール
  • 羆嵐(新潮文庫)著者 : 吉村昭新潮社発売日 : 1982-11-25ブクログでレビューを見る?開拓を始めてまもない北海道のある村落を、突如襲った羆。その羆と人間との戦いは、獣害事件として史上に残る実話だそうです。作者特有の淡々とした筆致が、恐怖心をあおります。 生きるための人と自然との闘い 大正時代の北海道は、まだ開拓を初めて間もない地でした。水害により田畠を失った東北地方の農夫たちが、新たに生きるための土地を

3位
かもめ組さん
  • 情報提供『幸いは降る星のごとく』 観・読・聴・験 備忘録かもめ組さんのプロフィール
  • 橋本治 『幸いは降る星のごとく』(集英社文庫)、読了。著者の小説作品はお初です。論評やエッセイは、ちょっと文章がくどいのが馴染みにくいと感じるのですが、はたして小説は・・・・?くどかったです(爆)。女芸人というポジションを作り上げていったというか、そこに祭り上げられていった女の物語。小説のように見えて、その実は、社会が女の存在価値をどのように規定しているのか、捉えているのか、という考察でした。くど
4位 こぶりさん
  • 情報提供読書 "The Friend" by Sigrid Nunez 過ぎ去りしdaysこぶりさんのプロフィール
  • 一昨日発表になった2018年National Book Awards。フィクション部門の受賞作品。実は偶然読んでいる途中の本だったのでちょっとびっくりしました。といってもロングリストに
5位 雑誌付録パトロール管理人さん
  • 情報提供美ST(ビスト) 2019年 2月号 付録 雑誌付録パトロール雑誌付録パトロール管理人さんのプロフィール
  • 2018年12月17日発売光文社990円VENEX ネックコンフォートベネクス・リカバリーウェアは「アスリートの疲労回復」に着目して開発されたリカバリーウェア。PHTという特殊な繊維により、寝つきがよくなったり、疲れが残りにくくなったりといったうれしい効果が。使いやすいマフラータイプのネックコンフォートがついています! 丈90cm×幅16cm 続きを読む
6位 雑誌付録パトロール管理人さん
7位 幻の民さん
8位 安物買いの銭失いさん
  • 情報提供ハーパーズバザー1・2月合併号 付録大好き♪おまけ大好き♪食玩大好き♪読書も好き♪安物買いの銭失いさんのプロフィール
  • 定期講読しているハーパーズバザーの1・2月合併号が届きました。何の気なしに見ていると…スターバックスカードが!!表紙に書いてなかったので付録つきだとわかりませんでした。しかもアニヤ・ハインドマーチとの限定コラボ柄です。オシャレで可愛いですね。↑こちらは表紙。スタバのスの字も無いんですが(笑)。ネット書店を見てみると定期講読とは表紙が違うようで、そちらにはカードが載っていました。定期講読って表紙違うん
9位 サスケサイゾウさん
  • 情報提供『山の単語帳』田部井淳子 気ままに帯文サスケサイゾウさんのプロフィール
  • 山の言葉を知らなくても、山に登ることはできます。しかし山の言葉をひとつ知れば、その分だけ山の輪郭が立ち上がってくるはずです。山登りやハイキングを始め立てのころは、一緒に登っている仲間が使う用語がわからないことが多々あるものです。「山の専門用語」とでもいうべき言葉を当たり前のように使いこなしている友人たちを見ると、少しうらやましいと感じてしまいます。本書は、まだ山登りを始めたばかりの人にもわかりやす
10位 たろちゃんさん
  • 情報提供「天才たちの値段 美術探偵・神永美有」門井慶喜 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 本物の絵を見ると甘味を感じ、偽物だと苦みを感じるという天才美術コンサルタント神永美有。短大の美術講師である佐々木昭友との名コンビ(?)で美術に関する様々な難問を解いていきます・・・・。表題作「天才たちの値段」は画商に声をかけられた佐々木が故・子爵の館を館を訪れます。そこで出会ったのが神永です。子爵が秘蔵していたボッティチェッリの絵を見せられるのですが、それは本物なのか偽物なのか。本物なら世紀の大発
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 井之亀さん
  • 情報提供傾国の美女 驪姫9 〜竹取物語の謎をうら読みで解く#271 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
  • 『竹取物語の謎を「うら」読みで解く』 since 2013 〜 Weekly KAGUYA☆ ざっくりと このブログをご理解いただくために  竹取物語 あらすじ *  「うら」読みとは? *☆ 登場人物の名前から解く  竹取物語の登場人物、名前一覧 *  かぐや姫は、なぜかぐやという名前か 考察 *  かぐや姫はアマテラスに対応 *☆ 竹取物語と陰陽五行説  竹取物語の求婚難題の宝物 * にほんブログ村  ぜひ、応援お願いします。 ☆*゚ ゜
12位 kasuterakunさん
  • 情報提供「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝 おすすめ本の紹介ブログkasuterakunさんのプロフィール
  • 戦国時代の梟雄。宇喜多の捨て嫁 (文春文庫) 木下 昌輝 文藝春秋 2017-04-07 売り上げランキング : 22311AmazonKindle楽天ブックス by ヨメレバ娘の嫁ぎ先を攻め滅ぼすことも厭わず、権謀術数を駆使して戦国時代を駆け抜けた戦国大名・宇喜多直家。裏切りと策謀にまみれた男の真実の姿とは一体…。ピカレスク歴史小説の新旗手
13位 シカフさん
  • 情報提供伽藍堂の殺人.周木律 シカフ衛星Cシカフさんのプロフィール
  • Banach-Tarski Paradox2000.07藤衛主催のリーマン予想の講演会に招待された百合子。場所は沼四郎設計の伽藍島と聞いた宮司は無理矢理同行し、只野や善知鳥神と再会する。その夜行われた講演会の伽堂と藍堂で講演した二人の演者が、移動不可能な状況で伽堂で上下串刺しにされた状態で発見された。それぞれの思いを秘め、事件の謎を解く。もはや数学の話は理解しようとは思っていません。妄想していた方向とは角度をかなり変えてきた
14位 nishinayuuさん
  • 情報提供翻訳練習 課題18 晴読雨読ときどき韓国語nishinayuuさんのプロフィール
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.6.11&6.18)動詞6-言い聞かせる意味:타일다,설득하다原文1:ちゃんと鍵を閉めるように子どもに言い聞かせて、両親は急いで出かけて行った。訳文:문을 꼭 잠그라고 아이에게 다짐하고 부모는 서들러 집을 나갔다.原文2:バナナは貴重品だと言い聞かせられて育った世代訳文:바나나가 귀한 음식이라고 들면서 자란 세대   (1950年頃までの日本も同じ
15位 サニーさん
16位 スナハラケンイチさん
17位 うさぎさん
  • 情報提供『2018年12月12日』雑誌付録:Sweet(スウィート) 2019年1月号★ 雑誌の付録.comうさぎさんのプロフィール
  • 雑誌「Sweet(スウィート) 2019年1月号」付録 MOOMIN SHOP HAWAIIアロハな詰め合せセット。ぞうバニティー・ミラー・ミニポーチの豪華3点が付録として付いてきます。 大容量バニティーバニティー:タテ13cm×ヨコ14cm×マチ13cm ベビーピンクの生地には海水パンツを履いたムーミンがたくさんプリント!可愛らしいムーミンと「ムーミンショップハワイ」のロゴがアクセントのバニティポーチです。可愛い見た目&実用性のある大容量サイ
18位 釣り竿さん
  • 情報提供青柳陽一「岩魚が呼んだ」 釣りの図書室〜雨の日の釣り師のために〜釣り竿さんのプロフィール
  •  酒と旅を愛した歌人、若山牧水の顕彰全国大会がみなかみ町で開かれた。シンポジウムに登壇したのは馬場あき子、佐佐木幸綱、伊藤一彦という歌壇を代表する重鎮3氏。初めて拝見したが、この3人の歌や評論をたくさん読んでいたので、旧知の人に再会したような親しみを覚えた。 牧水といえば 幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく 白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふという歌が有名。だが、
19位 古本あぶらやさん
  • 情報提供サー・コナン・ドイルの変心 古本あぶらやのあぶらや日常古本あぶらやさんのプロフィール
  •  1906年のベルリンから、百十年ほど後の現実世界に戻り、守護霊アドバイザー殿と霊的体験についての会話を交わしている新宿の小さな酒場に戻ると、屈託のない彼女の外見が「あの世」という陰翳の強い世界と結びつきがたくて、どんな神秘体験があったのですかと聞こうと思いながら、酔いに紛れてその機会を逃してしまった。そのうちにウィスキーの酔いによって、あなたにどんな契機があったのですか?そう尋ねたい気持ちさせる人物
20位 ねいねいさん
21位 こだいらぽんたさん
22位 雑誌付録パトロール管理人さん
23位 小夜さん
  • 情報提供衣・食・住 おとなの備え(1358) 風がページをめくる小夜さんのプロフィール
  • 読書散歩  1358歩 衣・食・住 おとなの備え渡辺有子 著カシミアを日常着に、おいしいものをがまんしない、これからのボディケア…。料理家の渡辺有子が素敵なおとなになるために、考えておきたいこと、備えておきたいことを、衣・食・住それぞれに分けて紹介。 全く知らない方です、ブランドものやカシミヤを普段着にとか・・・・、にはあまり参考にはならないことばかりですが、部屋着ではない中間服。宅配便や近所の人が来
24位 cyuukonosubaruさん
  • 情報提供感想「捜し物はたぶん嘘」大石塔子 あとがきは読まないcyuukonosubaruさんのプロフィール
  • 本の概要この本は2016年に刊行されています。帯を確認すると、『小説投稿サイト「小説家になろう」発大人気作!』とあるので、そちらのサイトで連載されていたものが刊行されているようですね。この本を知った切っ掛けというのがありまして、私はブログ更新報告のためにツイッターアカウントを持っています。そちらの方でフォローして頂いている方が、なんと作者の大石塔子さんだったんですね。これって考えてみれば凄いことですよ
25位 牛くんの母さん
  • 情報提供「記憶をあやつる」(井ノ口 馨) 心に残る本牛くんの母さんのプロフィール
  • 角川選書「記憶をあやつる」を読みました。 脳研究の歴史の話から始まり、脳に関する基礎知識、記憶の仕組み、連合する記憶など、脳科学の最新の知見と記憶について詳細にかつわかりやすく解説した本です。特に最後の章の「記憶研究のフロンティア」のところは、メモしておきたい所がたくさんありました。そのうちのいくつかをブログに記録しておきます。●神経細胞の自然発火何かを考えたり記憶しようとしたりするときには、脳内
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 雑誌付録ラボさん
27位 新サスケさん
  • 情報提供僕の未読全歌集 風の庫新サスケさんのプロフィール
  •  WindowsのUpdate等の為、時間が少ないので、僕の蔵書の未読全歌集を挙げる。 上段左より、「鈴木一念全歌集」、「吉植庄亮全歌集」、「太田水穂全歌集」、「佐藤佐太郎全歌集(生前版)」である。 下段左より、「葛原妙子全歌集」「山崎放代全歌集」、「都築省吾全歌集」、「葛原繁全歌集」である。 ここに載せていないが、存命の「福島泰樹全歌集(3冊本)」がある。 既読の全歌集では、「斎藤茂吉全短歌(4
28位 たろちゃんさん
  • 情報提供「活字の海に寝ころんで」椎名誠 おひまつぶしの読書日記たろちゃんさんのプロフィール
  • 「活字のサーカス」、「活字博物誌」に続いてシリーズ第3弾。サーカスと博物誌のあとは海に寝ころがりました。(笑)今回は『食』について書かれた本を多く取り上げておられます。最初に「辺境の食卓」ということで『極限地帯や極限状況に置かれた人間が何をどうやって食って生きてきたか』ということに興味があり、そのようなものをまとめたとあります。アマゾンやチベットではどのようなものを食べているのか。そしてオーストラ
29位 綾さん
  • 情報提供蜜蜂と遠雷(恩田陸) たまに更新 綾の読書日記綾さんのプロフィール
  • ・蜜蜂と遠雷(恩田陸)・幻冬舎 単行本・507ページ国際ピアノコンクールの話。コンテスタントはもちろん、審査員の視点も多く読みやすい。登場人物は多めだし、外国人の名前も多めだけど、それぞれの人物が目に...
30位 philosophiaさん
  • 情報提供【琉球グスク巡り〜勝連城跡編(^^♪】Vol.1215 知的好奇心の探究カフェ〜人間哲学の散歩道〜philosophiaさんのプロフィール
  • こんにちは、philospphiaです。 今年の社員研修旅行での 琉球グスク巡りの続編です。 中城城を下城した頃にはちょうどお昼ごろになり、次なる登城のためにもここで燃料補給!中城城近くにあるゴルフ場に隣接したレストラン<大西テェラスゴルフクラブ>本来なら沖縄の新鮮な刺身が味わえるバイキングをと思っていましたが、あいにくの天気でゴルフ場がクローズのため、バイキングは中止とのこと(^^; 「え〜!楽しみにしていたのに
31位 小夜さん
  • 情報提供40代がもっと楽しくなる方法(1353) 風がページをめくる小夜さんのプロフィール
  • 読書散歩  1353歩 40代がもっと楽しくなる方法中谷彰宏 著40代を楽しむ59の方法を具体的に紹介しています。楽しんでいる先輩を見つけよう。40代で楽しそうな人ですか・・・みなさん、大変そうな印象です。40代をもっと楽しむためには、みずから動いて、そういう人たちを探しに行くことが大切なのです。59の方法 気になったのは03.40代からは、モノが少ないほうが豊か。04.知識を見識に06.緊張することをしよう。40の手
32位 絵本@はるさくさん
  • 情報提供とびきり早起きして出かけよう?絵本?おさかないちば はるさく絵本〜毎日すくすく成長中〜絵本@はるさくさんのプロフィール
  • おさかないちば作・絵:加藤休ミ 出版社: 講談社『おさかないちば』あらすじお父さんがお寿司屋さんで注文した「タイラギ」って、どんな魚?「タイラギ」って、とっても大きい貝なんだって。お寿司屋さんの大将がいつも魚を仕入れている市場に行くと、それが見られるらしい。ぼくは朝うんと早起きして、大将に市場に連れていってもらうことにした。まだ暗い朝、船が市場に魚を下ろしていた。まず向かったのは、マグロのセリ。そこ
33位 梨子さん
  • 情報提供『完訳グリム童話集1』読了 家族のために本を読む梨子さんのプロフィール
  • 決定版 完訳グリム童話集〈1〉作者: Bruder Grimm,グリム兄弟,野村ヒロシ出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1999/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る こんな人向け グリム自身が書いたグリム童話を読みたい人 読んでよかった度:★★★★☆ グリム兄弟が執筆したグリム童話の最終形態の日本語訳の第一巻。今出ている絵本の多くがこの版を元にしたと思われる。収録されているのは『狼と七ひきの子ヤギ』『ラ
34位 梨子さん
  • 情報提供『カラス学のすすめ』読了 家族のために本を読む梨子さんのプロフィール
  • カラス学のすすめ作者: 杉田昭栄出版社/メーカー: 緑書房発売日: 2018/06/09メディア: 単行本この商品を含むブログを見る こんな人向け カラスのことなら何でも知りたい人 読んでよかった度:★★★★☆ 比較的嫌われ者のカラスだけど、私はけっこう好き。真っ黒で艶々で堂々としていて、かっこいいと思うんだけどな。 著者のカラス愛がすごい 著者は大学教授で医学博士で農学博士で解剖学者で…なんかすごいけ
35位 うきょうさん
  • 情報提供すぐに怒る人ですけど、なにか? 木かげ de えほんうきょうさんのプロフィール
  • うきょうは、すぐに怒ります。 ヘリウム並に沸点、低いんじゃね? って自分でも思っています。 家族もよくわかっているので、 ほんとによく怒るよね、と笑います。 アンガーマネージメントとか世の中にあって、 怒りをコントロールできないなんて、 知性がないんじゃない? って言われそうですが、 まあ、いいか、と放置しています。 知性ないまんまでいいです(開きなおる) 先日、書店に絵本を注文しにいきました。 その日は
36位 ブックマーケット尾道店さん
37位 massironaさん
  • 情報提供『エンリコ』 255字で巡らす愛おしい本たちmassironaさんのプロフィール
  • マルセル・ムルージ著『エンリコ』 安岡章太郎・品田一良訳 (中央公論社)* 日常のすべてが生きるためにあった。生きるためには、そこに身を置かねばならなかった。パリの貧民街に生きる少年の日常は、狂気と憎悪に満ち、どこか艶めかしいような色濃いものだった。先の見えない暮らしぶりは、今日さえ危うくある中で、何が起きているのか、少年が何を感じているのか、淡々と描かれれば描かれるほどに、物語る事柄に引き込まれ
38位 きなこさん
  • 情報提供最後にクレーム2件 きなこのブログきなこさんのプロフィール
  • 空港のタイ料理屋で何故かベトナム料理を食べ、デザートにかき氷で、このかき氷屋で商品が出来るのを待ちつつメニューボード見てたらかき氷を頼んだらコーヒーは1000wってなってたんで、あれ?私は普通に3800wも払ったけど?とお店の人に聞いたら「もうイベント(キャンペーン)は終わってるんですが、ボードを変えてない。」そうで「今からでも安くしようか?」って言ってくれたんですが、格好悪い気がして断りました。ボードを変え
39位 葉月さん
  • 情報提供「ツナグ」辻村深月 読書な毎日葉月さんのプロフィール
  • ツナグ (新潮文庫) [文庫]年齢を重ねていくと、死別の経験も多くなり、ふとしたときあの人はこんな時なんて言うだろう?とか、あの時どんな気もちだったのかなと、聞いてみたい衝動に駆られます。それがもはやかなえられないとわかった時の喪失感が、「死」というものなのでしょうか。「ツナグ」は、もう一度死者に会いたい人の願いをかなえてくれるシステム。○○の心得というタイトルで、死者に会いたい人が主人公の連作となって
40位 梨子さん
  • 情報提供エロール・ル・カインの『おどる12人のおひめさま』 家族のために本を読む梨子さんのプロフィール
  • (海外秀作絵本)" title="おどる12人のおひめさま (海外秀作絵本)">おどる12人のおひめさま (海外秀作絵本)作者: エロールル・カイン,Errol Le Cain,矢川澄子出版社/メーカー: ほるぷ出版発売日: 2015/04/17メディア: 大型本この商品を含むブログ (1件) を見る 読んでよかった度:★★★★☆ 12人の姫の靴が毎晩ボロボロになる秘密を解き明かした者に姫を一人やるという王のおふれに、魔女の助けをえて兵士が挑戦する…とい
41位 山根厚介さん
42位 雑誌付録さん
43位 みっちゃんさん
  • 情報提供ヒトの寿命は、「進化の法則」から、大きくはみ出しています 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
  • 寿命(じゅみょう)とは、命がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のことである。生物学における寿命には2つの考え方がある。たとえばアユを海水で育てると2年以上生き延びることが知られている。そこで、アユの寿命は実は2年くらい、というのは確かに正しいのであるが、実際の河川では、アユはほぼすべて1年で死ぬ。一年草も自然条件では1年で開花・結実枯死するが、開花条件を満たさなければ何年も生きるもの
44位 ふゆきさん
45位 通りすがりさん
  • 情報提供破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(田中修治) 黒夜行通りすがりさんのプロフィール
  • いや、凄かった!ハイパーメチャクチャウルトラ破天荒に面白かった!!!なんだこれ、マジで!いや、もちろん、面白いだろうなぁ、とは思ってたんですよ。面白そうな匂いは、プンプンしてましたからね。でも、まさかここまでとは思わないじゃないですか!ちょっと衝撃的な面白さでした。久しぶりでしたよ。「ページをめくる手が止まらない」っていう感覚は。もう寝ようとか、もう風呂に入ろう、とか思っても、あとちょっと、あとち
46位 BATANQさん
  • 情報提供#各務葉月「食品工場の中の人たち」 本屋は燃えているかBATANQさんのプロフィール
  • 「食品工場の中の人たち」各務葉月 著(KADOKAWA)近頃注目の同人コミック。閉じた世界、好事家向けの印象を長らく引きずってきたこの世界も変革の動きが起きています。自主制作漫画の発表するメディアを同人誌と言います。その同人誌を持ち寄って売り買いするのがコミックマーケット。略称コミケというイベントです。このイベントの中心をになってきたのは二次制作いわゆる原作コピーコンテンツや幼女趣味オタク系の色彩が強い
47位 リナさん
48位 tsucchiniさん
  • 情報提供『イワン・デニーソヴィチの一日』ソルジェニーツィン すっぴんマスターtsucchiniさんのプロフィール
  • ■『イワン・デニーソヴィチの一日』ソルジェニーツィン著/木村浩訳 新潮文庫 イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)529円Amazon 「1962年の暮、全世界は驚きと感動で、この小説に目をみはった。当時作者は中学校の田舎教師であったが、その文学的完成度はもちろん、ソ連社会の現実をも深く認識させるものであったからである。スターリン暗黒時代の悲惨きわまる強制収容所の一日を初めてリアルに、しかも時には温もり
49位 cl36さん
50位 世玖珠ありすさん
  • 情報提供【凡人の怪談 不思議がひょんと現れて】 by工藤美代子 世玖珠ありすのマニアックな読書暦世玖珠ありすさんのプロフィール
  • 私自身も、こういう事がよくあるので、すごく共感できました。本当に「二度見するといない」とか、そんな感じです。現実世界とあの世の世界が、ほんの一瞬、時空の狭間で繋がるんでしょうね。「怖い」というより「あれ〜、おかしいな」程度です。緑色の人だの小さいオジサン見るよりは全然怖くな〜い(笑)まあ、実害がないから言えることですが…。だから、敢えて、わざわざ、いたずらに、会いに行くような事は致しません。にほ
更新時刻:18/11/19 20:30現在