五月の読書トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 38名により 14年06月02日から14年06月08日の間に開催された五月の読書トーナメントの結果発表です。

五月の読書

  •  
五月の読書
トーナメント・テーマ
最近、どんな本を読んでいますか?読みましたか?
開催期間
14年06月02日 から 14年06月08日まで
参加カテゴリー
本, 小説, ポエム, 漫画, その他趣味

五月の読書対戦スケジュール

  •  
第1回戦38名による総当たり戦 14年06月02日 00:00 ~ 14年06月03日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は74票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全16戦 14年06月04日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は81票となりました。
第3回戦第3回戦結果ページ 全8戦 14年06月05日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は39票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 14年06月06日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は25票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 14年06月07日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は11票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 14年06月08日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は8票となりました。

五月の読書トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 misachi68さんのプロフィール
  • 本『戦国時代の余談のよだん。』著・和田竜 読んだよ(*´∀`*)

  • 戦国時代の余談のよだん。(2012/10/26)和田 竜商品詳細を見る 『のぼうの城』も良かったけど、話題の本屋大賞を受賞した『村上海賊の娘』がめっちゃ面白くて、今なお余韻にひたれる私です。年末に『村上海賊の娘』を図書館で借りて読んでおきながらやっぱり手元においてまた
  • よくばりアンテナ
準優勝 健康マニアさんのプロフィール
  • 《本紹介》ドイツ人住職が伝える禅の教え 生きるヒント33

  • 前回の本の紹介で取り上げた「心配事の9割は起こらない」では、禅の教えをヒントに生き方について書かれていました。その本を読んで禅の教えにも少し興味を持ち、禅をテーマに探したのがこの本です。禅について日本よりも馴染みがないだろうドイツ育ちの住職が書いているとい
  • 健康マニア頑張りの軌跡
3位 Bachakovさんのプロフィール
3位 GEO(ジオ)さんのプロフィール
5位 まーちんさんのプロフィール
  • 災害時、生き残れない行動
  • 昨日の朝5時20分グラグラーーーッと強烈な揺れで目を覚ました。地震にはもう慣れているところがあってちょっとの揺れなら「あー揺れてる…震度3!」と自分の中で大丈夫そうだと判断して寝ることが多いけどさすがに今回のはしばらく起きていた。3.11以来、自分の震度センサーの
  • ヒビノタネ
5位 miki*さんのプロフィール
5位 bows-designさんのプロフィール
  • 「あと1%だけ、やってみよう」ドーンデザイン研究所 水戸岡鋭治
  • またまたフィーリングというか、ジャケット買いというか、さらさらっと前書きを読んで購入した書籍。 本を読むスピードが遅いですから、山積みになった本がなかなか読み終えることができません。 で、ようやくこの本に辿りついたわけで […]No related posts.
  • 神戸のデザイン事務所bow's Design(ボウズデザイン
5位 読んだ本について語る僕さんのプロフィール
  • 漱石批判 - 文鳥・夢十夜 (新潮文庫)夏目 漱石
  • 文鳥“飼っている文鳥に餌をやらずに死なせてしまうが、家の人のせいにする話”というあらすじを聞いて、これは面白そうだ、と読んだ。ところが、面白くなかった。なんじゃそりゃ!しょーもな!と思った。夢十夜“これだけは読んどけ”みたいな小説として、よく紹介されてる。
  • 読んだ本について僕の語ること
9位 jacksbeansさんのプロフィール
  • 843. 夏目漱石 草枕 (画家小説百選)
  • 「草枕」(1906)は、漱石流の芸術家小説である。といっても、ヨーロッパ流の教養小説、成長小説とは違うものであるから、むしろ小説の形式を取った芸術論であると言っておいた方がいいのかもしれない。    しかし、わたしが好きなのは、その芸術論の部分ではなく、こんな
  • 逆光の自転車屋 (bicycles in fiction)
9位 cooldaddyさんのプロフィール
  • 東野圭吾「手紙」
  • 思いっきり泣かされた。「赤い指」に続いての号泣であった。「赤い指」は父と子の話であったが、こちらは兄と弟の話である。そういえば、東野作品には家族を扱ったものが多い。これまで読んだわずかの作品のなかにも、家族のことを書いたものがいくつかあったことに気がついた
  • 風に吹かれて
9位 anzu_ameさんのプロフィール
9位 P.Dluckerさんのプロフィール
  • BOOKS 時間と自己
  • 「日本語には元来、事(こと)と言(こと)には区別がなかった。口に出した言(こと)はそのまま事(こと、出来事・行為)を意味していたした。言と事は未分化で両方とも同じものだと認識されていた。ところが奈良・平安時代以降になると言は事のすべてではなく、ほんの端にす
  • short story -考えるカブトムシ-
9位 ねりまさんのプロフィール
  • 2014年4月に読んだ本―哲学にちょっくら手を出してみた
  •  4月は3月以上にバタバタしていたので、あんまり読書が進んでない気がしたんですが、意外と読めたなというのが正直な感想です。 どんな本を読んだかというと、ウィトゲンシュタインの概説やらデリダやら、哲学方面に手を出してみたんですが、どうにもものになっていないよう
  • 宇宙、日本、練馬
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 Im.さんのプロフィール
  • .
  • これからはじまるガブリエル・バンサンという人の描かれたものとの散歩もしかしてとても有名な方なのかどこでどこに繋がっている人なのかぜんぜん知っていませんでもこの本の絵のすばらしさだいすきなタッチセレスティーヌとの出会いの本を最初に手にした幸運は朝の絶望的な目
  • 絵本を手にして
9位 レザレさんのプロフィール
  • 『監察医の涙』上野正彦
  • テレビなどでも事件について解説している姿を見たことある人は多いはず。2万体を検死した法医学の権威・上野正彦医師が、検死体だけではなく、事件を取り巻く社会や、自らの妻への思いなどを赤裸々に語っている。監察医が検死や解剖を行うのは、事件や事故に限らず、死因がわ
  • らんどくき
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 伊藤哲郎さんのプロフィール
  • 読書「頭の悪い日本語」小谷野 敦 著
  • たまに読んでいる日本語に関する内容の本。当ブログでも幾つか紹介しています。読書「カネを積まれても使いたくない日本語」内舘 牧子 著読書「その物言い、バカ丸出しです」梶原 しげる 著今回もインパクトのある題名につられて読みました。著者は小説、および評論家。wiki
  • 聖心美容外科 伊藤哲郎
17位 こまちさんのプロフィール
  • 異国情緒
  • トルコのカッパドキア地方が舞台の本を読みました。カヤという緑の瞳をした少年が主人公で
  • 本とパンのあるくらし
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 智さんのプロフィール
  • 文学閑話:ある小説譚×織布の戀
  • 時の交錯文学閑話:ある小説譚×織布の戀あんまり恋愛テーマの小説って読んでいないんですけど、高橋治が書いたものは好みなのが多いです、これも友達に勧められた一冊から入ったんですが。たまに書評で不倫文学とか書かれちゃってる高橋治ですけど、アアイウ評価は浅い読
  • 萬文習作帖
17位 naomiさんのプロフィール
  • めしあがれ (視覚デザインのえほん) を読んだ。
  • めしあがれ (視覚デザインのえほん)(2012/10/05)視覚デザイン研究所、高原 美和 他商品詳細を見るめしあがれ (視覚デザインのえほん)(和書)2014年05月24日 23:11視覚デザイン研究所, 高原 美和 視覚デザイン研究所 2012年10月5日 色々な美味しそうな食べ物の絵があって、それ
  • ゆとり日記
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 Wet Rushさんのプロフィール
  • Transcendence
  • Amazon Japan | Amazon U.S. 著:Shay Savage あらすじ: 遥か昔、まだ人類が原始人と呼ばれていた時代。一族を火事により失った若い青年エド(Ehd)は1人寂しく洞穴で生活していた。ある日… Read more ›
  • エロチカロマンス / 官能小説レビュー Wet Rush
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】CARPはなぜCSに出られないのか…
  • 北別府学著。CSに出場した後で「なぜも何も、出られてるし」と突っ込みつつ読むという。印象的だったは福井、斎藤という早稲田組への期待感の高さ。今シーズンこそ裏切られないといいですね。ハンカチ王子はヨソのチームなのでともかく、福井は本当にやってもらわないと……
  • 平穏な日常
17位 こげぱんさんのプロフィール
  • 植物図鑑 / 有川浩
  • あらすじ。お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。感想。面白かった。そしていつもの有川節炸裂の糖度の高い作品でした。タイトルから想
  • あんどぱん
17位 ImaIkuさんのプロフィール
  • 無職になったときもまじめに無職をやろうとする。
  • 群さんの作品は2つ目。「あと、数ページで終わってしまう」 そうちょっと切なくなった本だ。あらすじ主人公キョウコは、大手広告代理店に勤めて、気づけば結婚もせずに45歳になっていた。誰もが嫌ってしまうキャラとして登場するのが、主人公キョウコの母。益田ミリさんの「
  • 26さいのわたしのイマ。
17位 Erbafさんのプロフィール
  • 九十九怪談 第五夜/木原浩勝
  • 「新耳袋」シリーズの続編的な実録怪談集「九十九怪談」の5巻目を読了。 今巻の話は、偶然や見間違い、機械の故障など、理屈をつけて説明できないこともない話が多かったように思う。もっともそうした偶然に意味を見出すなら紛れもなく怪異譚なのだが。漫画「xxxHOLiC」の侑
  • 虫と鉄
17位 阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さんのプロフィール
  • 国法論批判における主・述転倒論
  • 主語・述語転倒論は、確かにフォイエルバッハによって提起された方法的ヘーゲル批判の適用である。しかし、マルクスは、彼独自の地盤の上でこの方法を駆使しているのであって、フォイエルバッハと同様の手法を用いながらも、フォイエルバッハとは異なる原理から自説を展開して
  • 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
17位 トートさんのプロフィール
  • 7羽のからす(1981年版)が再入荷
  • さすが、ドイツのピクシー絵本。あまり知られていない、マニアックなグリム童話のお話がけっこう揃っています。この手の絵本はめずらしいだけに、その上カワイイとくれば、すぐ売り切れてしまうんです。こちらも、そんな1冊。「7羽のからす/1981年版(Die sieben...
  • BOOKCOURiER「ブッククーリエ」店長日記
33位 masaさんのプロフィール
  • デビクロくんの恋の魔法 中村航
  • デビクロくんの恋と魔法posted with ヨメレバ中村 航 小学館 2013-11-27 Amazonで探す楽天ブックスで探す7netで探す 紀伊國屋書店で探す 絵本作家になることを夢見て上京してきた光(ひかる)は、大型書店で勤務しながら絵本を作るつもりでいた。
  • 良薬は口に苦し 良書は心に甘し
33位 りんりんさんのプロフィール
  • 通信制大学オタクの看護師、宮子あずさにハ...
  • 勉強や仕事の息抜き&面接対策に本を読んでます。読んだ本は、こちらのページにまとめてあります。(携帯からは正しく見れません)本日1冊追加しました。まだ5冊しか読んでないん...
  • 看護学校受験記
33位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
33位 joshさんのプロフィール
  • 在原業平はひとりじゃないのかも…ということ
  • ちょっと前に千代田区立千代田図書館での企画展示 を見て、どうにもこうにも日本の古典の知識がないものだ…と思ったものですけれど、その後にアーサー・ビナード さんのエッセイなんかを読みますと、アメリカ人でもこれだけいろんなことを吸収消化しているのに…とも思うわけ
  • josh's journal
33位 VERANDAHERさんのプロフィール
  • モノトーンの収納&インテリアが人気!「love・HOME Style」
  • [インテリア] ブログ村キーワード100均や無印の商品を使いながら、モノトーンでスタイリッシュな収納&インテリアをされている人気ブロガー「Mari」さんの本の第2弾が発売されました〜!タイトルは「love・HOME Style」で、出版社はKADOKAWA、お値段は1,296円です。ブロ
  • VERANDAHER -ベランダガーデニングの作り方と雑貨-
33位 pasageさんのプロフィール
  • 『ヒト、動物に会う―コバヤシ教授の動物行動学』小林朋道(新潮新書 557)
  • 『ヒト、動物に会う―コバヤシ教授の動物行動学』小林朋道(新潮新書 557)著者は、鳥取環境大学教授の動物行動学者。これまで『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』など動物と人間の奇妙な行動を紹介する本を多数執筆している。本書は、著者と動物たちの出会いを動物
  • 昼食難民の新書生活

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
misachi68さんWet Rushさんmiki*さん
misachi68さんWet Rushさんmiki*さん
レザレさんjoshさんIm.さん
レザレさんjoshさんIm.さん
健康マニアさん智さんErbafさん
健康マニアさん智さんErbafさん
まーちんさんBachakovさんこまちさん
まーちんさんBachakovさんこまちさん
トートさん伊藤哲郎さんmasaさん
トートさん伊藤哲郎さんmasaさん