ワンダーな本を読んだよ!(4)トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 28名により 14年01月27日から14年02月01日の間に開催されたワンダーな本を読んだよ!(4)トーナメントの結果発表です。

ワンダーな本を読んだよ!(4)

  •  
ワンダーな本を読んだよ!(4)
トーナメント・テーマ
さあ、2014年もハリキッていきましょう!

初読みでは、20冊ものワンダー本がせいぞろい!
素晴らしい本ばかり。ご参加有難うございました。
そして今年も驚きの本でどしどしご参加ください。

世の中は驚き(ワンダー)に満ち溢れています。世の中のワンダーを描いた本を読んだ方。是非とも教えて下さい。みんなで、未知のワンダーな本を共有しましょう。フィクションでもノンフィクションでも、ワンダーな漫画でも歴史書でも辞典でも、大歓迎ですよ。
開催期間
14年01月27日 から 14年02月01日まで
参加カテゴリー
本, 漫画, 哲学・思想

ワンダーな本を読んだよ!(4)対戦スケジュール

  •  
第1回戦28名による総当たり戦 14年01月27日 00:00 ~ 14年01月28日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は46票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全8戦 14年01月29日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は28票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 14年01月30日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は13票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 14年01月31日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は7票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 14年02月01日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は9票となりました。

ワンダーな本を読んだよ!(4)トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 icyfireさんのプロフィール
  • ノンフィクションのお勧め

  • 小説(物語)から世の中への洞察を得るのもいいけど、ノンフィクションはインパクトの大きな事件や政治経済、国際関係におけるいろんな出来事についてファクトをベースに考察されているものなので、やっぱり世の中への洞察という意味ではより直接的。ノンフィクション、結構読み
  • 冷たい風のような火
準優勝 Yuminさんのプロフィール
  • 『ディズニーランドの秘密』

  • 皆様、こんにちは。年末から実家へ帰ったり息子がいきなり合気道を始めたりで、何かと慌しかった今日この頃。ここらでゆっくりとディズニーリゾートにでも行って、気分転換したいなーなんて思ってるんですが、なかなか都合をつけるのも難しく、そういうわけにもいかず。そこで
  • 気まぐれ♪ディズニー日記
3位 ハマの三文芝居さんのプロフィール
  • 毒吐姫と星の石

  • かの名作「ミミズクと夜の王」の続編です。続編って、どういう事だよ。と思って読みましたが完全な続編でしたね。ナンバリングされているタイトルではありませんが、前作を読まないと楽しめない内容でした。 毒吐姫と星の石 (電撃文庫) 著者:紅玉いづき イラスト:磯野宏
  • らじゃんせらぴ−Radjan Therapy−
3位 西村紅茶さんのプロフィール
  • 詩のおはなし

  •  今日は少し趣向を変えて、詩の話をしようと思う。 自分は詩とか興味ないですから、 という人もおられるだろうが、ちょっと待って聞いてほしい。 私も、ごく最近まで詩なんかに興味はなかったのだけれど、ちょっと考え方がかわったんである。 国語の授業で...
  • ワナビのための資料本とかオススメ本とか紹介空間
5位 読んだ本について語る僕さんのプロフィール
5位 kitabさんのプロフィール
  • 『ブタとおっちゃん』山地としてる
  • 『ブタとおっちゃん』アジアのどこかの国の写真集「ははぁ、インドあたりか。いや、インド
  • 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋
5位 uzak1803さんのプロフィール
  • グリード/真山仁
  • グリード 上(2013/10/30)真山 仁商品詳細を見るハゲタカシリーズ、前作から4年半ぶりの第4弾です。このシリーズを朝の通勤時間に読むと、ほどよい緊張感が体を巡り、身が引き締まるのを感じます。単行本に挟み込んであるチラシに、著者自身による本作品への寄稿文が掲載され
  • FXと読書で人生を変えようと目論むサラリーマンの…
5位 万葉樹(よろずは いつき)さんのプロフィール
  • 書籍『利己的な遺伝子』(後)
  • 「育ちそこねた子どもは回復できない時点に達しないうちは、彼は不断の努力をつづけるべきである。しかし、そこに達したら、彼はただちに努力を放棄せねばならない」?!──この言葉は、むやみやたらな弱肉強食論ではない。個体の生存をかけた遺伝子淘汰は、種の保存を願う道
  • 陽出る処の書紀
9位 the salarymanさんのプロフィール
9位 Toshiさんのプロフィール
  • 聖書とは
  • 皆様、聖書を読んだ事はあるでしょうか?読んだ方に聞きたいのは聖書って何でしょうか?まず漢字の聖からは王の上に耳と口が有りますね。王とはイエスキリストの事です。イエスキリストの事を口にし、耳にする事が聖く、その事が書かれている書物が聖書なのです。そして、聖
  • 日本は変わる、そして世界も変わる!
9位 naomiさんのプロフィール
  • 『犬になった王子――チベットの民話 』を読んだ。
  • 犬になった王子――チベットの民話(2013/11/16)君島 久子商品詳細を見る犬になった王子――チベットの民話(和書)2014年01月19日 02:25君島 久子 岩波書店 2013年11月16日 絵がとても良かった。絵の王子がイケメンだったのが良かった。民族衣装も綺麗に描かれているのも良い
  • ゆとり日記
9位 Bachakovさんのプロフィール
  • 書評 道尾秀介『ソロモンの犬』(文春文庫)
  •  男二人、女二人の大学生4人組が、知り合いの少年の交通事故死を目撃。一見、偶発的な事故のようだが、何かおかしい…。疑問を持った秋山は事故を掘り下げる。 一方、事件後にこの4人組が喫茶店で出会い、話をする場面が間に挟まれる。この二つのストーリーが並行し
  • 子育て競馬オヤジのブログ
9位 唯さんのプロフィール
  • 『貴族探偵』 麻耶 雄嵩 :読書感想
  • (集英社文庫) ¥ 693 内容紹介 信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か? 捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々
  • シナリオ(白いページ)
9位 pasageさんのプロフィール
9位 人生楽しみさんのプロフィール
  • 清水英斗 サッカー居酒屋論議は最高潮!
  • こんばんは。  ザッケローニ監督が岡田ジャパンの後を受けて日本代表監督に就任することが発表されたのは、2010年の8月でした。はじめて日本に来日したザックは、イタリア人らしく「ボンジョルノ」と軽やかにあいさつし、「バランスと成長」を合言葉に日本代表を率いてきま
  • 日々雑記
9位 瑠璃音♪さんのプロフィール
  • なんで英語やるの?
  • 久しくしてなかった本紹介。最近これを読み始めた方はしてたときを知らないかもね〜wwそんぐらいやってなかったww一応これ本ブログです。。題名にも本って入ってますww『なんで英語やるの?』    中津 燎子2ヶ月ほど前に読んだ本です。親が持っててそれを借りて読
  • 剣道vs本vs色々!?
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】キアズマ
  • 近藤史恵著。サクリファイスシリーズ。舞台が大学の自転車部に。自転車と向き合い、走る理由を自らに問い続けるひたむきさが爽やかでほろ苦い、青春スポーツ小説的な要素が色濃く感じられます。プロの、生活のかかった切実な重苦しさとはまた違った面白みがありますね。って、
  • 平穏な日常
17位 北のハリバットさんのプロフィール
  • 「グスコーブドリの伝記」と「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」
  • にほんブログ村  (今日の歌) 分かれ道  自分に課した  宿題の  決断のとき  後悔はせず                                               どちらも宮沢賢治の童話です。「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」は
  • 甲州の川柳日記
17位 Erbafさんのプロフィール
  • 夢幻花(むげんばな)/東野圭吾
  • 東野圭吾さんの小説「夢幻花(むげんばな)」を読了。 黄色い朝顔の花にまつわる話というのは事前に知っていて、そのために朝顔の栽培の歴史や多様な品種などに深く踏み込んだ物語を期待していたのだが、そういう意味では期待外れで、朝顔に関しては表面的にさらっと撫でるだ
  • 虫と鉄
17位 トートさんのプロフィール
  • 101匹わんちゃん 2
  • 1月15日の続きですが、本編の前にちょこっと。ダルメシアンのポンゴとパディータに生まれた子犬は15匹。なのに、なぜ、タイトルが「101匹わんちゃん」なのか ご存知ですか?映画を観た人なら、わかっていますよね。映画を観ていなくても、この絵本を最後まで読...
  • BOOKCOURiER「ブッククーリエ」店長日記
17位 tommyさんのプロフィール
  • ☆お気に入りの一冊☆
  • 私は昔から読書が好きです 最近ちょっとご無沙汰ですが・・・東野圭吾さんや、伊坂幸太郎さんは好きで良く読みます。主にミステリーを読むことが多いですね 歴史物とかはあまり好きではなく、ちょっと苦手でした。歴史物じゃなくても、年配の作家さんも苦手で・・・「白い巨塔
  • 『tommyのアロハ生活♪』
17位 阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さんのプロフィール
17位 伊藤哲郎さんのプロフィール
  • 読書「手入れという思想」養老 孟司 著
  • ベストセラーとなった「バカの壁」の著者で知られる解剖学者。高校生のときに読んだ「解剖学教室へようこそ」は独特な語りによる文章は読みやすく、解剖学の成り立ちから生と死に対する考え方まで述べられた良書ですね。本書は1999年頃に行われたいくつかの講演で話された内容
  • 聖心美容外科 伊藤哲郎
17位 かおりんちゅさんのプロフィール
17位 cosachiさんのプロフィール
  • あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。
  • こんばんは。人生をクリエイティブに! ライフオーガナイザーのcosachiです。   今,読んでいる本があります。 「ソース」〜あなたの人生の源は、ワクワクすることにある〜です。     すごく簡単に内容を説明すると、 夢を叶えるためには、ワクワクすることを
  • ハッピー!オーガナイズ・レシピ
17位 智さんのプロフィール
17位 紙製硝子さんのプロフィール
  • 村上春樹『アフターダーク』について。第三者視点という「つながり」
  • アフターダーク (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/09/16メディア: ペーパーバック購入: 7人 : 51回この商品を含むブログ (376件) を見る鳥瞰視点によって物語は語られる。正確に言えば、その視点から物語を見ている者達の視点から、物語は語ら
  • 机上の有論

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
uzak1803さんToshiさん万葉樹(よろずは いつき)さん
uzak1803さんToshiさん万葉樹(よろずは いつき)さん
紙製硝子さんtommyさんハマの三文芝居さん
紙製硝子さんtommyさんハマの三文芝居さん
智さんかおりんちゅさん伊藤哲郎さん
智さんかおりんちゅさん伊藤哲郎さん
北のハリバットさん唯さんpasageさん
北のハリバットさん唯さんpasageさん
瑠璃音♪さんkitabさん読んだ本について語る僕さん
瑠璃音♪さんkitabさん読んだ本について語る僕さん