読書で手を繋ごう25トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 19名により 16年09月02日から16年09月07日の間に開催された読書で手を繋ごう25トーナメントの結果発表です。

読書で手を繋ごう25

  •  
読書で手を繋ごう25
トーナメント・テーマ
読書で繋がろう
読書で手を繋ごう
読書で
開催期間
16年09月02日 から 16年09月07日まで
参加カテゴリー

読書で手を繋ごう25対戦スケジュール

  •  
第1回戦19名による総当たり戦 16年09月02日 00:00 ~ 16年09月03日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は18票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全8戦 16年09月04日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は15票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 16年09月05日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は8票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 16年09月06日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は7票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 16年09月07日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。

読書で手を繋ごう25トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 ぷちさんのプロフィール
  • 超・殺人事件 −東野圭吾−

  • 新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描
  • ☆毎日がハピネス☆
準優勝 misachi68さんのプロフィール
  • 本『海の見える理髪店』

  • 直木賞受賞作ってことで、楽しみにしてました。荻原浩さんの小説は読むのは2作目です。初めて読んだ作品が『二千七百の夏と冬』なので、ダイナミックなスケール感のストーリーがお得意なのかと思いきや、他の作品は、人情物的な繊細な感情表現で優しくて哀しい物語や、痛快で
  • よくばりアンテナ
3位 kireix2さんのプロフィール
3位 なに言うとりまんねん!さんのプロフィール
5位 ぶんぶんさんのプロフィール
  • もっと知りたい・・・
  • お出かけらしいことをしなかった8月ですが、図書館へは3回行きました。1日に30分でも、本を読むことが習慣になってうれしいです。図書館へ入ると気の向くままにうろうろします。読みたい本、興味のあるものを見つけるのは、ちょっとした宝探し気分です。最近気になって読んで
  • ていねいに暮らそう
5位 戸田聡さんのプロフィール
  • 「罪の言葉だけ」
  •    罪の言葉だけ  カインの末裔  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27657523.html 2016/8/27(土) 午前 10:23  彼、シャローム氏が、ようやく罪についての記事を書いたか、と思ったら、やはり前に書いた記事のコピーのようです。他者を断罪し、自分を責めない
  • ウソの国―詩と宗教
5位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
5位 popon-N0.7さんのプロフィール
  • 『飼育』  大江健三郎著
  • 大江健三郎氏初期短編集の3作目の短編です。昭和33年に書かれた作品で、大江健三郎しは、これで芥川賞を受賞しました。   簡単に粗筋を書きますと、第2次世界大戦の頃、田舎に住む少年の村に、米軍機が落ちてきます。3人の乗組員のうち黒人兵ひとりのみがパラショー
  • 迷走ライフ
9位 ゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんのプロフィール
  • ☆新作★
  • ETERNAL CHRONICLE聳え立つ過去と襲い来る未来向かう先に二つの城壁が立ち塞がる高過ぎる城壁の前に幾度も屈しては人々は永遠の超過を繰り返して迫り来る猛炎の中を走り続けるETERNAL CHRONICLEそれは苦楽と願望の煌く年代記次の頁は白紙に満ちていて最果ての頁は自らの生き
  • 〜闇と真実の扉〜
9位 miyazyさんのプロフィール
  • 宿題で読み聞かせ
  • 小学校の夏休みの宿題で、今年初めて「親子で本を読む」というのがありました。聞く母、聞く母、ブーブー言っていました。子供の宿題に親を巻き込まないでって。適当に終わらせたっていうママもいました。親が読み聞かせ、子が読み聞かせ、同じ本を読む、同じ時間にそれぞれ別
  • 燕な生活、時々スプーン
9位 サラヒさんのプロフィール
  • 女の運命は髪で変わる
  • 女の運命は髪で変わる佐藤友美★たちまち5万部突破! 14歳から67歳の方まで、感謝のお便りが殺到しています。「ふだん本を最後まで読めない私でも、スラスラ読めた! 」「髪を変えただけで、若返った。自分に自信が持てるようになった! 」と話題の一冊。各メディアでも取り上げ
  • 吾輩と旅と副業
9位 naomiさんのプロフィール
  • 『ロミオとジュリエット 』を読んだ。
  • ロミオとジュリエット(和書)2016年07月18日 01:312000 新潮社 シェイクスピア, 中野 好夫 この話を読んで思ったのは、ロミオの方が最初は別に好きな人がおり、そのロザラインが全然振り向いてくれないので、友人が別の女性に目を向けさせようとキャピレット家のパーティーに
  • ゆとり日記
9位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】風が丘五十円玉祭りの謎
  • 青崎有吾著。裏染天馬シリーズ。短編集。霊を怖がるシーンが印象的。表題作は、地味に悪質だなぁ。そして、初登場の父親がまた濃ゆい。勘当されたって、『俺の嫁』論争が原因とか?
  • 平穏な日常
9位 呼吸さんのプロフィール
  • 幸田露伴のスケールの大きさ
  • じつは、「 五重塔 (ごじゅうのとう ) 」(作:幸田露伴)という古い小説が大好きです。 露伴は骨太で饒舌という、現代小説家にはない面白さがある。露伴の娘の文、その娘の玉、そのまた娘の奈緒と文学者が続き、「だんだん小粒になっていく」と批評されると、奈緒さんが「時
  • 哲学日記
9位 Harryさんのプロフィール
  • No.419【奔馬〜豊穣の海(二)】
  •  評価:75点/作者:三島由紀夫/ジャンル:文学/出版:1969年 『奔馬』は、輪廻転生を描いた、三島由紀夫氏の四部作、「豊穣の海」の第二巻であり、『春の雪』の直接的な続編である。 『春の雪』が、明治末年から大正三年を描いているのに対して、本作は、その二十年後、
  • 『正義』と『平和』
9位 美音さんのプロフィール
  • 三島由紀夫著「美しい星」
  • ふらりと寄った本屋で、平積みの文庫の山の中で目についた一冊。その日は買わず、別の日に言ったら、ない・・・しかも、そのときタイトルも忘れ、本屋の店員さん巻き込んで検索。そのときのキーワード。「三島由紀夫らしくないタイトルだったんですけど」あとでネットでもう一
  • Etoile d'Image〜難病と生きる〜
17位 たかおじーさんのプロフィール
17位 「な」さんのプロフィール
17位 馬場 精子さんのプロフィール
  • 朗読と音楽で綴る〜文学と絵本散歩 vol.3 来月です
  • こんにちは京都の朗読家 馬場精子です今回3回目になります朗読と音楽で綴る〜文学と絵本散歩 vol.39月24日(土)午後に予定しております場所は小さな絵本美術館カフェ・響き館予約受付開始は9/10頃を予定しています詳細は改めてお知らせしますのでよろしくお願いしま
  • 朗読家 馬場精子 〜ことばの世界〜

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
たかおじーさん呼吸さんぷちさん
たかおじーさん呼吸さんぷちさん
ぶんぶんさんサラヒさん戸田聡さん
ぶんぶんさんサラヒさん戸田聡さん
popon-N0.7さん馬場 精子さんなに言うとりまんねん!さん
popon-N0.7さん馬場 精子さんなに言うとりまんねん!さん
美音さんmiyazyさん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
美音さんmiyazyさん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
「な」さんkireix2さんmisachi68さん
「な」さんkireix2さんmisachi68さん