本の力で23トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 17名により 16年08月01日から16年08月06日の間に開催された本の力で23トーナメントの結果発表です。

本の力で23

  •  
本の力で23
トーナメント・テーマ
本の力で笑顔を
貴殿のススメ
開催期間
16年08月01日 から 16年08月06日まで
参加カテゴリー
本, 小説, ポエム

本の力で23対戦スケジュール

  •  
第1回戦19名による総当たり戦 16年08月01日 00:00 ~ 16年08月02日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は22票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全8戦 16年08月03日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は14票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 16年08月04日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 16年08月05日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は3票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 16年08月06日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。

本の力で23トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 misachi68さんのプロフィール
  • 本『まく子』読んだ〜

  • 直木賞受賞後の書き下ろし作品。『サラバ!』は受賞作のため、人気がありすぎて図書館で予約するのも躊躇してしまう。いずれ文庫になったら買おう・・・実は西加奈子さんはもうすごい人気作家さんですけど、読むのは初めてです。小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子
  • よくばりアンテナ
準優勝 Bachakovさんのプロフィール
  • 【書評】東野圭吾『分身』(集英社文庫)

  • 突然、自分にうり二つの人間が現れたら 1993年刊行の医療ミステリー。「突然、自分にうり二つの人間が現れたら」という大胆な設定のもと、「もうすぐ実現されそうな架空の医療技術」を軸に展開される。この「もうすぐ実現されそうな」というところが東野氏のうまいところ。架
  • 子育て競馬オヤジのブログ
3位 TOMOWLさんのプロフィール
  • 直木賞

  • 芥川賞・直木賞の発表があった。 芥川賞はともかく、直木賞は荻原浩さんの作品。 彼...
  • ドカ乗り梟クロニクル
3位 wagahaさんのプロフィール
  • 「売り込まない」営業の技術―顧客の課題を発見し解決せよ!

  • 「売り込まない」営業の技術―顧客の課題を発見し解決せよ! 八幡紕芦史「ソリューション営業」を掲げる企業が増えているが、現場のセールスパーソンは具体的に何をしたらよいのかわからず、結局は目先の数字達成のための"お願い"営業に走ってしまう。著者は営業戦略策定のコン
  • 吾輩と旅と副業
5位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】Jリーグの戦術はガラパゴスか最先端か
  • 西部謙司著。戦術論をツールにしたJリーグ史。N-boxの解説とか、フリューゲルスの「早すぎたバルサ化」とか、興味深い。早すぎたと言えば、サンフのヤンセンも早すぎたんだよなぁ……。今なら、ヤンセンのやりたかったサッカーを体現できるんだろうか。結局、戦術も重要だけど
  • 平穏な日常
5位 naomiさんのプロフィール
  • 『くまモン、どこ行くの? 』を読んだ。
  • くまモン、どこ行くの?(和書)2016年05月13日 00:50飛鳥新社 2012年11月20日 熊本の観光地が、熊本のユルキャラであるくまもんと一緒に紹介されているという内容で、写真がとてもユニークで面白かった。  この写真では、モルモット達が雛壇みたいな段差にずらっと並んでいる
  • ゆとり日記
5位 酒そば本舗店長さんのプロフィール
  • 時代小説が好き PART129 「情愛の奸(かん)」
  • 人気時代小説作家上田秀人の「御広敷用人大奥記録」、シリーズ10話は「情愛の奸(かん)」という副題がつけられていました。「奸」を辞典で調べると、「邪悪であること、よこしまなこと」とあります。情愛が絡...
  • 酒そば本舗奮闘記
5位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 igpさんのプロフィール
  • 以前に読んだホラー。『残穢』小野不由美。
  • 読んだのは数年前ですが、今年映画化されて、最近DVDを見た『残穢(ざんえ)』『十二国史』(異世界ファンタジー)や『屍鬼』(ホラー)の作者で知られる小野不由美氏は主にホラー作家として有名ですが、『残穢』もちょっと不気味なホラー作品。(山本周五郎賞受賞)主人公
  • 記憶の中に
9位 戸田聡さんのプロフィール
  • 「引用と功罪」
  •    引用と功罪  聖句の引用についての注意点。聖句の恣意的引用について。 聖句の断片的引用は、解釈次第で、恣意的にカルトなどに悪用されやすく、また、自分を正当化するために都合の良い聖句を引用して並べるのも同じことです。前にも書いたことですが、聖句を示して
  • ウソの国―詩と宗教
9位 ゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんのプロフィール
  • ★新作☆
  • 善悪のBIBLE罪を犯した者は苦悩を背負い罪を犯さぬ者に幸せは訪れる悪い行いをすれば苦しんで良い行いをすれば癒されるそれは一つの道理だろうならば世界の幾つが道理に沿っている?罪悪を背負い苦しむ者が居るだけ悪行を弄んで笑っている者が居る罪咎を抱えぬ幸せな者が居る
  • 〜闇と真実の扉〜
9位 Harryさんのプロフィール
  • No.217【介子推】
  •  評価:80点/作者:宮城谷昌光/ジャンル:歴史小説/出版:1995年 『介子推』は、1995年に出版された、宮城谷昌光氏の歴史小説である。 本書の主人公、介推は、宮城谷氏の1993年の作品、『重耳』に登場する人物で、同氏は、その二年後に、本作を執筆している。 介推とい
  • 【正義】と【平和】
9位 高嶺さんのプロフィール
  • ”人間よ、忘れるかなれ” 中世イタリアの例え話から心性を読む 
  • 地獄と煉獄のはざまで―中世イタリアの例話から心性を読む [単行本]石坂 尚武知泉書館2016-04第43三話参照。 ・・「聖イシドルスはこう書いている。 コンスタンティノープルの皇帝が戴冠されるその日に、ある習慣が古くから行われていた。この最大の栄光の時に、ひとりの
  • 1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
9位 みやのひろさんのプロフィール
  • 【レビュー】異世界落語
  • 異世界×落語のファンタジーライトノベル。最近ラノベの世界でやたらと『異世界物』が流行ってるなーと思っていましたが、まさか落語まで登場するとはw落語が題材ならば買わねばならぬ!とばかりにさっそく手に取り読んでみましたので感想を記します。舞台となるのは剣と
  • GO!GO!言語聴覚士
15位 みずきさんのプロフィール
15位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
15位 「な」さんのプロフィール

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
igpさん「な」さん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
igpさん「な」さん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
misachi68さんwagahaさんみずきさん
misachi68さんwagahaさんみずきさん
酒そば本舗店長さんBachakovさんTOMOWLさん
酒そば本舗店長さんBachakovさんTOMOWLさん
戸田聡さん高嶺さん
戸田聡さん高嶺さん