読書で手を繋ごう14トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 14名により 16年05月26日から16年05月30日の間に開催された読書で手を繋ごう14トーナメントの結果発表です。

読書で手を繋ごう14

  •  
読書で手を繋ごう14
トーナメント・テーマ
読書で繋がろう
読書で手を繋ごう
読書で
開催期間
16年05月26日 から 16年05月30日まで
参加カテゴリー
本, 小説, ポエム

読書で手を繋ごう14対戦スケジュール

  •  
第1回戦14名による総当たり戦 16年05月26日 00:00 ~ 16年05月27日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は17票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 16年05月28日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 16年05月29日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 16年05月30日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。

読書で手を繋ごう14トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 hokulaniさんのプロフィール
  • 「クリーピー」を読んで

  • 犯罪心理学の教授である高倉は、妻と二人、杉並の閑静な住宅街の一戸建てに住む。西隣には二階建てのアパートがあり、当の高倉家、東隣の西野家、そして向いの田中家、この3軒はそのアパートを隔てて孤絶した環境にあった。ある日、その高倉に野上という男が訪ねてくる。野上
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
準優勝 misachi68さんのプロフィール
  • 本『バラカ』

  • 私の「震災履歴」は、この小説と共にありました。重力に逆らい、伸びやかに書いたつもりです。まだ苦難の中にいる人のために、ぜひ読んでください。 桐野夏生今、この時代に、読むべき物語。桐野文学の最高到達点! 震災のため原発4基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一
  • よくばりアンテナ
3位 muumuuさんのプロフィール
  • 谷崎潤一郎の陰翳礼讃を読んで

  • 谷崎潤一郎の陰翳礼讃を読んで日本人の体型、肌の色など身体的な特徴を美しく見せるため昔の人たちは影を利用していたそうです現在の生活習慣は西洋式で兎に角室内が明るいですが、それでは白人の白い肌は美しく見えますが、僕ら日本人の肌は薄暗い影の中で境界線を暈すことで
  • ムーの叫び キタムラ洋品店のうぇぶろぐ
3位 Bachakovさんのプロフィール
  • 【書評】喜多喜久『化学探偵 Mr.キュリー2』(中公文庫)

  •  化学にまったく興味がない人にもお勧め。軽いミステリーが読みたいときに、ぜひどうぞ イケメンの化学者が探偵役を務める、シリーズ第2弾。化学者が、相棒(?)の庶務課職員が持ち込む奇妙な事件を次々に解決する。 第1弾に比べ、この二人のコミカルな絡みぶりや事件解決
  • 子育て競馬オヤジのブログ
5位 白亜ジュラさんのプロフィール
  • 空は水素で満ち海は素子で溢れる
  • 森 博嗣「スカイ・クロラシリーズ」のヒロイン草薙 水素(クサナギ・スイト)と士郎 正宗「攻殻機動隊」のヒロイン草薙 素子(くさなぎ もとこ)は名前が似ている。
  • miaou de chat
5位 wagahaさんのプロフィール
  • 日本国民の新教養
  • 日本国民の新教養 KAZUYA僕らがファミコンに夢中になっていた頃、戦前の小学生は人生を学んでいた。教養とは“生きる力"のこと。諸外国と対等以上に渡り合っていくために、現代社会をより賢明に生きていくために必要な新たな知識を1冊に。●KAZUYA:1988年生まれ。2012年、YouT
  • 吾輩と旅と副業
5位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】りぽぐら!
  • 西尾維新著。『リポグラム』という、使用する文字に制限を加える手法で書かれた実験小説。労作ではあるんだろうけど、読者としては『エンドレス・エイト』な気分。微妙な違いを精査して読もうと思うほどには興味が持てませんでした。これ、『幽遊白書』のタブーのテリトリーみ
  • 平穏な日常
5位 Harryさんのプロフィール
  • No.412【沈黙の王】
  •  評価:75点/作者:宮城谷昌光/ジャンル:歴史小説/出版:1992年 『沈黙の王』は、中国古代史小説の第一人者、宮城谷昌光氏による、短編小説集である。  本作に収録されているのは、『沈黙の王』『地中の火』』『豊饒の門』『妖異記』『鳳凰の冠』の五作品であるが、『
  • 【正義】と【平和】
9位 igpさんのプロフィール
  • 5月に読んだミステリ。麻耶 雄嵩著の2冊。
  • 麻耶 雄嵩(まや ゆたか)著「隻眼の少女」(第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞)「化石少女」どちらも題名に少女がつきますが、まったくの別物。図書館で「化石少女」を借りて読んで、そういえば数年前に文庫本で「隻眼の少女」を読んだな、とい
  • 記憶の中に
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 「な」さんのプロフィール
9位 kireix2さんのプロフィール
9位 bows-designさんのプロフィール

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
misachi68さんmuumuuさんkireix2さん
misachi68さんmuumuuさんkireix2さん
igpさんbows-designさんBachakovさん
igpさんbows-designさんBachakovさん
wagahaさん白亜ジュラさんhokulaniさん
wagahaさん白亜ジュラさんhokulaniさん
「な」さん
「な」さん