「必読書150」を読む

  • トラコミュとは?
「必読書150」を読む
○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された思想家、作家、学者たちの著作を読み、話題にしましょう。

・人文社会科学
プラトン、アリストテレス、アウグスティヌス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、マキァベッリ、モア、デカルト、ホッブズ、パスカル、スピノザ、ルソー、カント、ヘーゲル、キルケゴール、マルクス、ニーチェ、ウェーバー、ソシュール、ヴァレリー、フロイト、シュミット、ブルトン、ハイデッガー、ガンジー、ベンヤミン、ポランニー、アドルノ&ホルクハイマー、アレント、ウィトゲンシュタイン、レヴィ=ストロース、マクルーハン、フーコー、デリダ、ドゥルーズ&ガタリ、ラカン、ウォーラーステイン、ケージ、サイード、ベイトソン、アンダーソン、本居宣長、上田秋成、内村鑑三、岡倉天心、西田幾多郎、九鬼周造、和辻哲郎、柳田國男、時枝誠記、宇野弘蔵

・海外文学
ホメロス、旧約聖書『創世記』、ソポクレス、『唐詩選』、ハイヤーム、ダンテ、ラブレー、シェイクスピア、セルバンテス、スウィフト、スターン、サド、ゲーテ、スタンダール、ゴーゴリ、ポー、エミリー・ブロンテ、メルヴィル、フローベール、キャロル、ドストエフスキー、チェーホフ、チェスタトン、プルースト、カフカ、魯迅、ジョイス、トーマス・マン、ザミャーミン、ムージル、セリーヌ、フォークナー、ゴンブローヴィッチ、サルトル、ジュネ、ベケット、ロブ=グリエ、デュラス、レム、ガルシア=マルケス、ラシュディ、ブレイク、ヘルダーリン、ボードレール、ランボー、エリオット、マヤコフスキー、ツェラン、バフチン、ブランショ

・日本文学
二葉亭四迷、森鴎外、樋口一葉、泉鏡花、国木田独歩、夏目漱石、島崎藤村、田山花袋、徳田秋声、有島武郎、志賀直哉、内田百?、宮澤賢治、江戸川乱歩、横山利一、谷崎潤一郎、夢野久作、中野重治、川端康成、折口信夫、太宰治、大岡昇平、埴谷雄高、三島由紀夫、武田泰淳、深沢七郎、安部公房、野坂昭如、島尾敏雄、大西巨人、大江健三郎、古井由吉、後藤明生、円地文子、中上健次、斎藤茂吉、萩原朔太郎、田村隆一、吉岡実、坪内逍遥、北村透谷、福沢諭吉、正岡子規、石川啄木、小林秀雄、保田與重郎、坂口安吾、花田清輝、吉本隆明、江藤淳

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

analog純文さん
  • ヴィヨンのさっちゃんについて(前編)
  •   『ヴィヨンの妻・桜桃』太宰治(岩波文庫) 本短編集を読んでいて、なるほどそうだったかなー、と思っていたことがありました。 それは、作品の最後の一節についてで...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
analog純文さん
  • 書簡と日記、面白いのはどちら。
  •   『漱石書簡集』夏目漱石(岩波文庫) 今年来年は2年にわたる「漱石イヤー」ということで、「何を読もうか、そうだ、小説以外の漱石作品は如何」と思いつき、少々読ん...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
テックな書評さん
hustlerさん
  • 坊ちゃん/夏目漱石著
  • 「坊ちゃん」 夏目漱石 新潮文庫 1950年文庫化初版  高校時代に読んだことはありはするが、「赤シャツ」、「山嵐」、「野ダイコ」、「マドンナ」など、ニックネーム...
  • ためいき色のブックレビュー[書評・感想]
analog純文さん
  • 宮沢賢治の素朴すぎる童話集
  •   『銀河鉄道の夜』宮沢賢治(岩波文庫) ……だからどうだと言うつもりはありませんし、下手な考え休むに似たりということわざもあるのですが、ここ数日けっこう、ふと...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
analog純文さん
  • めでためでたの連続漱石イヤー
  •   『倫敦塔・幻影の盾』夏目漱石(岩波文庫) ……えー、聞くところによりますと、「漱石イヤー」だということで。 しかも、今年来年と2年続きということで。 なるほ...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
analog純文さん
  • 源氏・漱石本に外れなし
  •   『漱石とその時代・第一部』江藤淳(新潮選書) 例えばご婦人方がたまに甘いものが欲しいとお感じになるように(じゃないかと勝手に想像しているのですが)、わたくし...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
KOJIさん
analog純文さん
  • 日本のシュールレアリスム小説の第一人者
  •   『燃えつきた地図』安部公房(新潮文庫) 先日京都の美術館で開催していました「ルネ・マグリット展」に行ってきました。 マグリットと言えば、知る人ぞ知る20世紀...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
freshideasさん
メゾフォルテさん
メゾフォルテさん
  • 太宰治を読む〔132〕 国木田独歩 その13
  • 石川啄木の一生は、「窮」の人生であったといわれた国木田独歩よりも悲惨であったように感じる。石川啄木について こちら天才石川啄木は、国木田独歩に親近感をもっていた...
  • メゾフォルテからあなたへ
メゾフォルテさん
  • 太宰治を読む〔131〕 国木田独歩 その12
  • ジャーナリスト国木田独歩の抜群の勘なのか、それとも独歩没後の誰かの編集の手際の良さなのか独歩の短い一生はぎっしりと充実していたものとして感じられる。明治時代には...
  • メゾフォルテからあなたへ
analog純文さん
  • 「趣味」を描く話
  •   『花火・雨蕭蕭』永井荷風(岩波文庫) ……えーっと、あまりこんな話から書きたくはないのですが、すみませんが、一言断っておきますね。 「雨蕭蕭」の「蕭蕭」は、...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
桜田史弥さん
  • 谷崎潤一郎の創作ノートを発見
  •  作家・谷崎潤一郎の創作ノートを写した印画紙255枚が発見された。『細雪』執筆までの試行錯誤分かる資料だという。[共同通信・沖縄タイムス]春琴抄 (新潮文庫)(1951/02/0...
  • 歴史タイムズ〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
torres8さん
analog純文さん
  • 1959年への懐旧と隔世
  •   『第四間氷期』安部公房(新潮文庫) 「昭和文学」(こんな言い方があるのかどうか、……きっとありますよね)に興味がある人が(まぁ、その人は一応「純文学」に傾斜...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
じんのすけさん
  • 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
  • 耽美とロマン、そしてエロティズム神秘で怪奇な世界に誘うこれは江戸川乱歩の集大成のカルト映画! 今回は「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」です。監督 石井輝男。原作 江...
  • じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
akikaさん
aquaquiさん
analog純文さん
  • 谷崎の「ハッピーエンド」について
  •    『夢の浮橋』谷崎潤一郎(中公文庫)  本ブログあちこちで触れていますので、今さら何を隠そうという気はないのですが、何を隠そうわたくしは大学文学...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
ちーめろさん
クリスタルさん
  • 紅海における奇跡
  • 本日もご覧頂きありがとうございます。今回は、荒野の旅です。聖書該当箇所は以下になります。→ 出エジプト記14章 (文字を すると開きます。)神はモーセに引き返してバ...
  • 聖書早読み
空魚さん
  • 宮澤賢治先生のミニレターセットを更新しました。
  • こんばんわ。空魚です( ´▽`)ノシ昨日紹介した『賢治先生』のミニレターセットが完成しました♪夜空にグラデーションを加えたことで昨日よりも背景が暗くなったため...
  • Pocketbook of Soratoto - 空魚の手帳 -
空魚さん
智太郎さん
  • 近所で「新幹線」や「軽井沢」の地名をみつけた
  •  家から車で10分で着く函南町(かんなみちょう)は静岡県東部の町で神奈川県に接し、近隣の沼津市や三島市などとともに、県東部の中心都市部を形成するが、ココで「おもし...
  • 見えない障害と闘いながら
analog純文さん
  • 三島の「レシ」は……。
  •    『幸福号出帆』三島由紀夫(集英社文庫)  えーっと、世界文学の話を前振りにしようとして、しかしそのことに関して私はほぼ何も知らないもので、ちょ...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
桜田史弥さん
  • 石川啄木の史料を発見
  •  歌人・石川啄木が盛岡尋常中(現・盛岡一高)を受験、合格した際の席次表が発見された。 10位で合格しているという。[毎日新聞]石川啄木―漂白の詩人 (別冊太陽 日本の...
  • ☆歴史タイムズ☆〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
analog純文さん
  • 「×→○→?」
  •    『瘋癲老人日記』谷崎潤一郎(中公文庫)  読み始めはさほどでもなく、というよりいずれ説明されるのだろうと思いながら読んでいましたが、一向に説明...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん
  • [転載]「資本論」を読んでみませんか(1)
  • 資本論を経験科学の書として読むこと 現在、私を含めたほとんどの労働者は、より長時間のよりキツイ労働と増えない賃金、失業の恐怖の中でかろうじて生活を続けています。...
  • 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
analog純文さん
  • 絶品の原典に絶品の「リメイク」
  •    『新釈諸国噺』太宰治(青空文庫)  太宰治の上記作品は、十二作収録されてあるうちの半分が昭和十九年に雑誌に掲載され、残り半分は昭和二十年に書き...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
ぬえさん
analog純文さん
  • 心の中の深い闇
  •    『十九歳の地図』中上健次(河出文庫)  たぶんあの本にあったとは思いながら、探すのが面倒で、ごまかしごまかし書くのですが、三島由紀夫であります...
  • 近代日本文学史メジャーのマイナー
ベステックスさん
  • ━─『森鴎外 特別公開講座』━─
  • ━─『 森鴎外 特別公開講座 』━─本日は東京大学医学部を晩年を文京区で向かえた森鴎外公開講座のご紹介(`・ω・´)ゞ「森鴎外をめぐる文人たち 都市東京は...
  • 文京区・本郷三丁目の不動産会社
メゾフォルテさん
  • 太宰治を読む〔32〕
  • 私にとって旧制高校出身者たちはなぜ戦争をなぜ止められなかったのかということが大きな疑問であった。太宰治「苦悩の年鑑」は こちらこの「苦悩の年鑑」の結論に賛成する...
  • メゾフォルテからあなたへ

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

じんのすけさん: 映画やドラマや芸能などの話題を沢山のキャプチャー写真からめてアップしています。
analog純文さん: 「純文学」読み始めはや数十年。病膏肓に入る状態。でも、「純文学」以外が嫌いなわけではないんですがね。クリスタルさん: 聖書は世界のベストセラーで、世の中の問題の根本原因と解決法が書いてありますが、難しいので解説します。
じんのすけさんanalog純文さんクリスタルさん
テックな書評さん: 毎日更新。実用書からビジネス書、小説、マンガまでジャンルを問わず紹介しています。cooldaddyさん: 映画、音楽、読書、落語、テレビ番組、ガーデニング、愛犬、薪ストーブ、テニス、アートなど桜田史弥さん: 日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。
テックな書評さんcooldaddyさん桜田史弥さん
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん: 自虐史観の葬送のために
サヨリンさん: 専業主婦から離婚!いつの間にか日本製を追及するレオタードメーカー経営者。永遠に続くブランディングakikaさん: ノーリスク・ハイリターンの投資は
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さんサヨリンさんakikaさん

関連トラコミュ

  •  
書評、レビュー書物、書籍、本読書
書評、レビュー書物、書籍、本読書
ジャンル関係無しなんでもレビュー読書好き集まれ〜ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
ジャンル関係無しなんでもレビュー読書好き集まれ〜ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
オススメ本読書日記、読書記録、覚え書今日の読書日記
オススメ本読書日記、読書記録、覚え書今日の読書日記
外国映画、洋画本・感想・評論・レビュー歴史好き (ジャンル不問)
外国映画、洋画本・感想・評論・レビュー歴史好き (ジャンル不問)
一般社会・社会全般漫画、マンガ、まんが、コミック日記・ひとり言 なんでも話題
一般社会・社会全般漫画、マンガ、まんが、コミック日記・ひとり言 なんでも話題
本が好き。生き方、人生訓、成功哲学何でもブログ
本が好き。生き方、人生訓、成功哲学何でもブログ
読書感想文オールジャンル日記日記、ダイアリー
読書感想文オールジャンル日記日記、ダイアリー

新しく参加したメンバー

  •  

「必読書150」を読むトラコミュについて

  •