読書備忘録 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/13 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
koki2018さん

2位
りん♪さん
  • 情報提供マメに掃除しよう、排水口 「穏やかに、軽やかに、晴れやかに」暮らす。りん♪さんのプロフィール
  • こんばんは。 つい先日、気になっていたキッチンの排水口を掃除しました。実質5分ほどでキレイになるというのに、ついつい億劫で後回しになってしまうんですよね。 掃除中の写真は撮っていなかったので、元の家の排水口掃除後の写真を載せておきます。 今の家の排水口のかごはプラスチックですが、浅型なので前よりは掃除しやすいかも・・・。(←それなら億劫がらず、さっさと掃除しよう。ひとり言です) お読み下さって、あり

3位
philosophiaさん
  • 情報提供【入園者一億人突破!】Vol.1218 知的好奇心の探究カフェ〜人間哲学の散歩道〜philosophiaさんのプロフィール
  • こんにちは、philospphiaです。 社員研修旅行の続編です。 二日目は、朝の散歩からお天気に恵まれました!朝食は、レストランでしっかりと頂きました。まずは、目覚めの珈琲 まずはジャブ級で アイドリングも終わり、ガッツリ! 締めは、新鮮なフルーツ チェックアウト時に気付いたのが、 本物でした!!!(^。^)y-.。o○ そして、朝一でココは外せないという場所へ途中伊芸SAでトイレ休憩琉球王国のグスクのレプリカ 「祝1億人
4位 サヨリさん
  • 情報提供スマホがつかえない・・ サヨリのたわごとサヨリさんのプロフィール
  • びっくりしましたヘビーユーザーではないのであんまり影響はなかったのですが・・・使いたいときにつながらないのは困りものですソフトバンク(SoftBank)現在、携帯電話サービス、おうちのでんわ、一部地域でSof...
5位 ツキノさん
  • 情報提供【感想日記-15】三島屋変調百物語六之続 黒武御神火御殿 本のこと あれこれ since 2004ツキノさんのプロフィール
  • 毎日新聞朝刊で連載中の宮部みゆきさんの小説「黒武御神火御殿」。三島屋変調百物語シリーズの6作目になります。読んだ感想と簡単なあらすじを記録しています。第三話に入りました。 11月15日-103 第三話 同行二人(どうぎょうににん)三島屋の主人伊兵衛、白黒の間で富次郎とくつろぐ。ホトトギスの初音、亀戸天神、おちかにまつわる思い出話。 11月16日-104富次郎の心の内(すみません、と頭を掻く、なんてのが人のいいとこ
6位 shionさん
  • 情報提供2019年1月期冬ドラマまとめ 紫苑*Noteshionさんのプロフィール
  • 次々と冬ドラマが解禁になっているので、一度チェックしてみました。個人的にとても興味があるのは「トレース」錦戸亮「初めて恋をした日に読む話」深田恭子「グッドワイフ」常盤貴子「3年A組−今から皆さんは、人質です−」菅田将暉このあたりです。まだまだ今のドラマも楽しんでいますが、新しいドラマを想像するとワクワクします。待ち遠しいです。それでは、見るドラマの参考にしていただければと思います。「トレース〜科捜研
7位 アキラさん
  • 情報提供シャーロック・ホームズの冒険 愛蔵の小説目録アキラさんのプロフィール
  • シャーロック・ホームズの冒険  コナン・ドイルイギリスのスコットランド生まれ1859〜1930新潮社 新潮文庫古典探偵ミステリー505円394Pおすすめ度(4.5/5) ★★★★☆ 初版1953/本書1995 文体:常態誰もが聞いたことはあるだろう名探偵ホームズ。虫眼鏡、パイプが特徴。(鹿撃ち帽はネットによると、原作には登場せず、あるホームズ作品の挿絵に使われたのが始まりだとか。本書で見かけなかったのは気のせい
8位 ヴァルデマール・シュトルンクさん
  • 情報提供日航ジャンボ機墜落事故の闇 惨憺たるアンコウヴァルデマール・シュトルンクさんのプロフィール
  • 1985年8月12日の夕方、僕は家族旅行から帰る途中で父の運転する車で高速道路を走っている時に、ラジオでニュースを聞いたことを覚えている。旅行先が日光だったので、後からあの時走っていた場所からそう遠くないところで墜落したんだなぁ、と思ったりした。ずっと話題になっていた青山透子著「日航123便墜落の新事実、目撃証言から真相に迫る」を読んだ。 図書館で借りたんだけど、予約したのは初夏だったのに、80人待ち状態で
9位 ササキマコトさん
  • 情報提供タヌキとキツネ 5/アタモト マコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜ササキマコトさんのプロフィール
  • ◆本の内容ちょっぴり抜けてる天然タヌキさんとイジワルだけど優しいツンデレなキツネさんのほっこりほのぼの系日常マンガです。シリーズ五作目です。◆感想 癒されるわ〜(*´ェ`*) 疲れた心と頭に染みわたりますね。 読んでいると、ほっこりして優しい気持ちになれます。 殺伐とした日常に一服の清涼剤です。 ……と言うほど殺伐とした日常を送ってるわけでもありませんけどね。 お仕事が頭脳労働なので脳みそが茹っちゃ
10位 rainmanさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 shionさん
  • 情報提供『家康、江戸を建てる』ドラマ化!門井慶喜の歴史小説まとめ 紫苑*Noteshionさんのプロフィール
  • 2019年NHKの正月時代劇は、1/2・1/3、2夜連続放送で門井慶喜さん原作の『家康、江戸を建てる』が放送されます。そこで、門井慶喜さんの歴史小説をまとめました。『家康、江戸を建てる』「北条家の関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めつつ、関白豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、湿地ばかりが広がる土地と、豊穣な駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。家臣団が激怒する中、なぜ
更新時刻:18/12/13 12:30現在